TOKIDOKI 日記

日々のなかで、「へぇ~」「ふぅ~ん」と思った、
私につながるステキなコトやモノ、そしてヒトたちの記録です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

おとんの背中で山デビュー

2016-07-07 | ぴよぴよ隊

ご無沙汰つづきのピヨピヨ隊いろいろあって月日は流れ、ニューフェイスの登場


弱冠8ヵ月のまとクン、
離乳食もよく食べて元気いっぱい、いっつもニコニコ笑顔をふりまき
周囲にカタルシスをあたえてくれる存在です

猛暑の予報が出ている今年の夏、はやくも蒸し暑さ全開
涼を求めて西沢渓谷へ。まとクン山デビューと相成りました。

経路をよく確認して、いざ出発じゃ
まとクンのおかんは他所へお出かけなので、心強い助っ人をお願いしての4人隊。

サンドイッチマン スタイルのおとんに、
「重いけど がんばってね~」と、まとクンからエール。。

 

30分ほどで   
滝(大久保の滝・夏と秋)も見えてきて、、、涼しい~~(^^♪

 

渓谷入口に 英文学者で登山家の田部重治の文学碑がある。
大正5年に日本山岳会の機関紙に掲載された紀行文「笛吹川を遡る」
その一節が刻まれている。

  笛吹川を遡る

 見よ 笛吹川の渓谷は
 狭まり合って 上流の方へ
 見上げるかぎり峭壁をなし
 其間に湛える永の紺碧の色は
 汲めども盡きぬ深い色をもって
 上へ上へと続いて居る
 流れはいつまで斯の如き峭壁に
 さしはさまれてゐるだろうか

田部重治が山行を始めた24歳から10年あまりの紀行文と随筆がまとめられた
「山と渓谷」では、秩父の山、そして渓谷の魅力を余すところなく
インパクトある文章で綴り、読むものを山へと駆り立てる。
東沢初遡行においての記述「笛吹川を遡る」は、初夏の渓谷美を驚きをもって見つめ
る著者の遡行する喜びがよく伝わってくる文章は素晴らしく、とても刺激を受けて、
1994年夏に東沢から甲武信岳へ向かった。
  

道らしい道もない山の中を歩き、丸木橋をビクビクしながら渡り、沢へ降り立つまで
もたいへんだった。(*´Д`)

けれど、そうした大変さなど 
東沢の自然美に触れ、渓谷に佇むことで帳消しになる、、、。

 

 スタスタ快足ペースで先を行く親子
しか~し、まとクンの頭は後ろにそっくり返ったまま、、、ん??!


小走りして追いついてみると、
なぁ~んと、彼は爆睡中
ほんわか伝わってくる背中の温もりと、心地よいリズムを刻む揺れが子守歌
気持ちよさそうに眠っています。

 

 

  

渓谷の奥へと進むにつれて、細く歩きにくい岩ゴロ道になっていく。

 

 下の2枚の画像は29年前10月に西沢渓谷を訪れたときのもので、

  

当時、小学3年と1年の子どもを連れて行ったときのスナップショットで、
橋こそ架け替えられて新しくなっているものの、景色はさほど変わっていない。
大きく変わったのは、自分が歳をとり、スタコラサッサと歩けなくなったことだ

 

それにしても、 
はるか以前に子どもを連れて歩いた道を、いまやその子が親となって赤ん坊を背負い
自分の目の前を歩いている。そのことがなんだか不思議だ、、。

 

 

 シートを広げて休憩

 

寛ぎのひとときうれしそうなまとクン。

 

  

オムツ替えもニコニコおりこうさん お尻もスッキリきれいになって
渓谷遊歩道最奥にある七ツ釜五段の滝へと歩き出す。

 

西沢渓谷のシンボル・七ツ釜五段の滝
周囲が紅葉で色づく秋は、滝も一段と美しい!

滝からは山道に入り、その昔まだ林業が盛んだったころ、木材搬出に
使用されていた三塩軌道の一部が残っている。

 このトロッコ道を下って無事、
渓谷入口に戻ってきた。周遊コースの標高差300m
距離約10km、時間にして4時間弱かかる。
いやはやお疲れさま!
まとクン、ぐずることもなく始終ゴキゲンで山デビューを終えました。

メデタシ、メデタシ

 



 

コメント (4)