TOKIDOKI 日記

日々のなかで、「へぇ~」「ふぅ~ん」と思った、
私につながるステキなコトやモノ、そしてヒトたちの記録です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

房総ドライブ 棚田から海へ

2009-06-21 | 写真日記

梅雨の晴れ間が広がった土曜日、アクアラインの休日割引を利用して、房総をドライブするにはいいタイミング 

アクアラインができた頃の通行料金といったらバカ高くて、それが値下げされたとはいうものの、まだお気軽に行ける料金ではない。休日割引の1,000円が妥当な額だと思う。はやく平日も1,000円にならないかな。

さて、行きたい場所はいくつかあるものの、今回は南房総・鴨川に焦点を合わせ出発。ここには首都圏にいちばん近い棚田「大山千枚田」があって、以前から気になっていた場所なんです。
アクアラインから山側の道で、館山道、房総スカイライン、鴨川有料道、長狭街道と走ると、2時間足らずで「大山千枚田」に着きました。

 

  

 

平坦な土地が少ない南房総の山間部では、山の斜面を利用した棚田がつくられ、この千枚田の起源は不明としながらも、江戸時代まえからのものと推測されています。


 

  

 

県内最高峰の愛宕山(あたごやま)標高408mから北西約2kmに位置する「鴨川大山千枚田」は、標高90~150mの斜面に、大小の水田が、東西約600mの範囲に連なり、田んぼの数は375枚ということです。田んぼの最高部に立って棚田を眺めると、その景観は美しく、田植えがすんで間もない田んぼは、目にも鮮やかな緑の段々が広がり、心地いい風がわたってきます。

 

  

 

現在は、地元農家の協力により「棚田オーナー制度」が導入され、景観の保持とともに、都市市民の農業体験の場としての活用が行われています。
平成11年には「日本の棚田100選」に認定され、また14年には千葉県の指定名勝にもなって、この日も観光バスやマイカーで訪れた人たちが、長閑な風景のなかに溶け込んでいました。

 

   畦道ではしゃぐ子ども

 

     
  絵を描く人                      これがライスの草か・・・
                               (
ブロンドの髪がきれいな男の子の感想?)
                               

 

棚田の風景は、季節によって、また一日のなかでも光によって、さまざまな表情が見られ、それぞれが美しいことと思います。いつかまた、季節を変えて、訪れる時間を変えて来てみたいなぁと思いました。

棚田のある周囲をすこし歩いてみました。
ぽつんぽつんとある民家、その入口はどの家も花が植わっていて、いまは紫陽花がきれいに咲いています。ゆったりとしたスペースと緑に囲まれた山間の暮らしもいいですね。
気温はぐんぐん上昇して夏日となりましたが、山から吹き下りる風が気持ちいい棚田です。

 

 

  

景色はガラッと変わって、山から海に下りてきました。
鴨川のビーチ周辺には公共の駐車場が見あたらないので、横道にとめて小走りして海へ。

さえぎるものない開放的な空間、空と海のブルー、白い波、やっぱりいいですね。

                  

 

 

ビーチからすぐのところにある国道沿いに、ステキな造りのショップがありました。

  

 

                  

サンタフェ風の建物のショップは、「ルービーハウス」といって、ナチュラル・アウトドア・ブランド<ルールズピープス>のコンセプト・ショップです。

2階の屋根には雑草が茂り、店のまわりでは花が海風にそよいでる、、、曲線をとりいれたデザインに、木の温もりが感じられる建物、ステキですね。
これらの建材には、地元産のものとリサイクル素材が使われているんですって。

  

壁に埋め込まれたビーチグラス、川で拾った石は石積みされてと、楽しくて夢のあるアイディアがいっぱい。さらに、階段と手すりの一部には、拾い集めた約400個のコーヒーの空き缶が埋め込まれて強度を保ち、重さを軽減しているそうです。

屋根のソーラーパネル、コンポストトイレ、雨水利用、熱を遮断するための草屋根、浄化システムなどなど、徹底した自立・循環型の店舗は、ほんとうにすみずみまでよく考え工夫されています。既存のインフラに頼らない、これぞホンモノのエコといえる建物は、これからの家づくりに大いに参考になりますね。

 

            

気になるショップの中ですが、オーガニック・コットンやヘンプ素材で作られた服や小物が並べてあって、無添加のパンやスィーツなども販売しています。

  地元アーティストによるアクセサリー

          

            

今夜はライブがあるとのことで、お庭にも売り場が移動。ライブにどうぞと言われたけど、夜までいるわけにもいかないしで、またいつかの機会に。。

このあと勝浦まで足を伸ばそうかと考えたけど、いきなりの暑さにバテ気味だったこともあって、早目に引きあげました。 横浜着15時、約半日ながら十分たのしめた房総のプチ旅でした。。

コメント (2)

森の温泉 石遊の湯

2009-06-17 | 写真日記

信州の森へ花を探しにいった帰り道の蓼科で、「石遊の湯」と書かれた看板が目にとまり、温泉に寄ってきました。看板の矢印にしたがって道を進むと、道はどんどん狭くなって、これでもかと奥の方へ続いています。舗装はされていますが、すれ違いにもやっかいな細い道で、少々不安になってきた頃、民家が何軒かある先の行き止まりに、「石遊(いしやす)の湯」がありました。

 

                           

「石遊の湯」は、森の中の温泉といったふうで、建物の手前を小川が流れ、その小川に架かる小橋を渡ると、男湯と女湯に分かれた小さな建物があります。こじんまりした温泉で、半露天の浴槽が二つ、その間に洗い場の小屋があるという、ちょっと変わった造りです。しかも、洗い場が独立した小屋になっているのは、寒い日のためのものでしょう。中には蛇口が4つしかないので、体を洗うには順番待ちです。 湯は鉱泉で、鉄分を含むため、岩風呂の表面は黒く錆がついています。八ヶ岳山麓の温泉は鉱泉が多く、唐沢鉱泉・赤岳鉱泉など、名前も湯にちなんだものが多いなと思いました。

 湯舟に浸かっていると、おばちゃんが「こんにちは」といって入ってきました。私も挨拶を交わし、そしていつもながらにインタビュー おばちゃんはこの温泉に週に何度か通っているそうで、自宅から30分ほどクルマを運転してくるのだそうです。お米屋さんを営んでいて、店はすでに息子さんの代になっていますが、いまでも手伝っているそうです。私は70歳くらいかなと思いましたが、今年で80歳になると聞いて、お若いのに驚きました。「80歳にはとても見えませんよ」といったら、おばちゃんは、そんな~と笑って手をふりましたが、いまも現役でお仕事なさっているからでしょうか、考え方も若く、溌剌としていらっしゃいます。

この温泉に通うきっかけとなったのは、重い米を扱う仕事柄、腕の痛みが激しくなり、どうしようもなくなってきたとき、富士見(クルマで20分くらいのところ)に住む86歳のかたが、骨髄炎で手術をしなければならなくなったとき、高齢で手術をするには不安があり、それではと、この温泉に毎日のように通い、2年ほどしたら病気がよくなったと聞いたからでした。そのかたは、いまではすっかりお元気になられたそうです。おばちゃんも、それからせっせとここへ通い、いまでは腕の痛みもすっかりなくなったということです。

お湯のパワーって、スゴイですね!

いまのように医学が発達するまえは、湯治が盛んに行われていました。
「天然温泉は病気には効かぬが、病人には効く」 といわれ、新鮮な源泉のみが含有する人間の治癒能力への刺激作用は並々ならぬものがあります。湯が治すのではなく、湯で治す。温泉の恵みを借りながら自らの治癒能力を活性化させて、もとの健康体を回復する。これが、湯治本来の意味なのですね。

病は気から、病気という字の成り立ちがそうであるように、病気に負けない治癒能力を高めるためにも、温泉を活用したいです。そして、温泉の効果を見事に実感できた話を、湯舟に浸かりながら聞けたのは大きな収穫でした。 目には見えない自然のパワーを体内に取りこむ、これは温泉ばかりでなく、自然に接することすべてから可能です。これからもできるだけ自然にふれ、温泉にも入って、自らの治癒能力を高めていきたい、そんなふうに思いました。

 

石遊の湯へ行く途中にあった池にはコウホネが咲き、  

                   

              近所の民家の庭には、マツムシソウオダマキが咲いていました。

コメント