vagabond moon

BLOG OPEN

おじさんたち元気。

2012-07-29 06:12:47 | ライブ
アルフィー夏のイベント、
埼玉スーパーアリーナ。
三時間以上の長丁場を、
動き回り、唄いきる。
見事なパワー。


終演後、控え室を訪ねたら、
お三方ともまだまだ元気。
とりわけ高見沢さんは、
あれだけのステージの後にもかかわらず、
ギラギラメラメラしていて、
まさしくロッカーの鑑です。
いつも教えられることばかり。


日頃、トレーニングを欠かさないらしいです。
積み重ねの結果なのですね。
オリンピックも始まったことだし、
俺もジムに行く回数を増やそうかと思いつつ、
窓の外、
今日も暑そうな東京です。
コメント (3)

またまたギターを手に入れた。

2012-07-27 11:51:02 | ギター
やってしまった。
またギター、ゲット。
Guild F-20。
手狭な我が家に、
新しい面子が加わった。
そこらじゅうギターだらけ。


塗装が溶けてボロボロの1964年製。
見た目は貧相だが、抱えやすくて弾き心地が良い。
なにより素晴らしいのはそのトーン。
乾ききったマホガニーの明るく温かな音がする。


スモールボディのアコギは、
余計な響きが無いのでレコーディングに向いている。
はやくこいつで録音してみたい。
ずっと欲しかった音、
頭で思い描いていた音がするはずだ。


すこし弦高が高めなのと、
ヘッドに剥がれがあるので、
シャーウッドギターに入院させることにした。
太田さんの手を経ると、
さらに良いギターになるだろう。


楽器との嬉しい出会い。
音は金には替えられない。


コメント (2)

暑さ対策あれこれ。

2012-07-26 12:53:38 | ライブ
田中ミリの船上ライブを覗きに、
東京湾納涼船へ。
海の上なのに、
やはり暑い。


懸案のTバック、
ついに購入、装着。
確かに体感温度がグッと下がる。
お気に入り。
すでに6着持っております。


いいよ!、と勧めたら、
田中みり、ギターの西島ライトマン、
二人がTバックの仲間入り。
半ケツ友達。


毎朝のウォーキングもプールに変更。
行水気分でバチャバチャ歩いています。
暑さ対策、
他になんかないかな?


さて、納涼船のテーマソングを田中ミリと一緒に仕上げました。
近日公開。
にしても、写真の田中の手、モアイみたいにデカイっす。
ビンタされたら、
気絶しそう。
コメント (2)

ライブ用マイク。

2012-07-22 15:28:59 | ライブ
今年はトムペティのツアーに行けなかった。
ギミックのないロックショーであれほど完成されたものを俺は知らない。


行けなかったぶん、ゆかりの品が本日到着。
トムがツアーで使用しているボーカル用マイク、
HEIL SOUND PR-35であ~る。


トムのようにライブでも太くて抜ける声を再現できるのか、
明日にでもスタジオで早速チェックしてみたい。
良さそうだったら、
8/5高田馬場monoで使ってみよう。


禁煙続行中。




コメント (2)

壮年Tバック。

2012-07-21 11:14:49 | 人間は考える葦である
よしよし、この二日間の天気。
気温がグッと下がって気持ちが良い。
来週あたりから、また暑くなるとの予報。
対策を練らなくては、と思っていたところへ朗報。


聞いた話によれば、
下着をTバックにするだけで体感温度が約1℃違うらしい。
もともと俺はトランクス派。
デニムの下のモコモコ感は気になっていたところだ。
よしっ、この夏はTバックに挑戦!、とアマゾンを眺める。


あ、結構小さいのね。
スースーしそうね。
不安感…あるね。


自分が穿いたところを想像する。
う、
井手らっきょ。

コメント (3)

まだまだ暑くなるんです、か?

2012-07-17 21:34:45 | 
溶けそう。
なので、近所のガストで冷麺。
盛岡冷麺ほどではないが、
それなりにイケる。


この先、地球温暖化はどこまで進むのだろう。
東京がナイロビやジャカルタ並の気候になる、
そんな日が来るのだろうか?


東京の緯度なら、行ってもせいぜい那覇くらいです。
とか、
最高でもマニラ程度です。
とか、
専門家の方々に是非とも教えていただきたい。



東京の気温が、この先まだまだ上昇してゆくのだったら、
渡り鳥のように、北へ移住したいと思う。
北と言っても、館林や伊勢崎や熊谷とかではないよ。


コメント (4)   トラックバック (1)

本文とあんまり関係ないトムぺティのポスター。

2012-07-10 06:33:22 | 人間は考える葦である
夏風邪でノドが痛い。


テレビで原発反対デモのニュースが流れている。
立ち上がる時だと多くの人が感じている。
当たり前だ。
俺たちの手の届かないところで、
大事なことが次から次へ、危ないほうへ決まって行く。


原発止めたら日本経済がうんぬんとぬかす奴がいる。
却下。
そもそも、サイフの中身が最優先の国作りには反対。
世界一の金満国家の気持ちよさは、
80年代あたりに一度味わい、
バブルがはじけて泣きべそをかいたではないか。
辛抱の時だ。


そこそこの経済力を無くずに、
教育や環境に金をかけたほうが長期的には良い。
10数年後にはきっと結果が生まれる。
第二のソニー、京セラ、
日本人は優秀なのだ。


いま楽したいと言う人間の気持ちが水を差す。
いや、そうではない。
向こうに光が見えたほうが、
今日一日笑って過ごせるではないか。
そのほうが懐も暖かくなるよ、きっと。


コメント (6)

音楽と腰痛。

2012-07-08 09:38:11 | スタジオ
色々、楽器をぶち込みつつ、
加藤いづみオケ作りは一旦終了。
残すはボーカル関係のみ。
本人忙しいので、
スケジュールと体調待ち。


ずっとコンピューターと向き合っているので、
首、肩、腰、がバキバキであ~る。
プロスタジオ並のクオリティで自宅録音できる時代。
便利になったが、人間様の身体は1900年代仕様のまま。
同じ姿勢でいると、すぐにガタがくる。


とは言え、
腰痛持ちになったのは、
バンドレコーディング真っ盛りの頃。
30代前半。
今はなき観音崎マリンスタジオ。
レンタルしたレスリースピーカーを持ち上げた瞬間、
バットが折れたような音とともに、
私の腰は「く」の字になったのでした。



以来、数十回のぎっくり腰を経験し、
疲れがたまるとピキピキと危険信号が鳴る始末。
さらなる老化を迎えた時を思うと憂欝です。


本日の教訓。
音楽は腰に悪い。
コメント (9)

狩野ちゃん、ギター弾く。

2012-07-02 21:04:41 | スタジオ
加藤いづみレコーディング。
ギターの狩野ちゃん、我が家へ来訪。
頑張り演奏。
なかなか良い仕上がりになりました。


しばらく一人の作業が続くと、
着地点を見失ったりします。
途中経過を誰かに聞いてもらうのは、
必要なことですね。


本日は、狩野ちゃんの実家から出てきたという、
ヤマハのフルアコを持参してくれました。
ジャパニーズビンテージ。
とても丁寧な作り。
いいなぁ。



また、ギターが欲しくなりました。
コメント (4)