vagabond moon

BLOG OPEN

音楽の忘れていた歓び。

2018-09-27 23:44:54 | リハーサル



下北沢lownへの最終リハーサル。
木曜日バンドは他の二人もメインで歌うので、
サブに回るのがなんとも楽しい。
バッキングのギターを弾いたり、ハーモニーを付けたり、
新米のミュージシャンのように工夫している自分が
新鮮で嬉しい。



高校生の時もこんなだった。
大学生の時もこんなだった。
みんなであれこれ言い合いながら、
サウンドを組み上げてゆく。



ずうっとソロで活動してきたから、
リーダーシップをとる宿命に縛られてきたようだ。
少し自由になって、
忘れていた世界に遊んでいる。




9月29日(土) 下北沢 lown
自由形演奏会 GS篇
木曜日バンド(Vo.Gt.高橋研 Vo.Gt.狩野良昭 Vo.Ba.吉岡誠司)
open 17:30 / start 18:00
adv ¥3,500 / door ¥4,000 (+1drink)


コメント

東京流れ者。

2018-09-20 20:01:41 | リハーサル
9/29下北沢lownライブに向けて、
木曜日バンドのリハーサル。
グループサウンズの名曲をやってみようぜ~!
意気込み通りの楽しい仕上がり。
メンバーそれぞれのオリジナル曲も、
だいぶ形になりました。



こじんまりしたスタジオで、アコギを抱えて歌いだすと、
二人もハモってついてくる。
シンプルなスタイルは、
息づかいが頼りの、人肌の音楽です。
秋の夜に似合いのバイブレーション、
時間があったら、
ぜひ参加してください。



9月29日(土) 下北沢 lown
~自由形演奏会 GS篇~
木曜日バンド(Vo.Gt.高橋研 Vo.Gt.狩野良昭 Vo.Ba.吉岡誠司)
open 17:30 / start 18:00
adv ¥3,500 / door ¥4,000 (+1drink)
コメント (2)

札幌の秋に歌う。

2018-09-18 08:06:04 | ライブ



札幌 musica hall cafeライブ、
参加してくれた皆さん本当にありがとう。
居心地の良い店ならではのアットホームなライブになりました。
エネルギーの交換は楽しい。
笑顔と歓声をたくさんいただきました。



北海道の短い旅、
いつもホッとした気分になるのは、
わたくしが北国生まれということもあるのでしょう。
ススキノの秋の風に吹かれていると、
震災があったことを忘れてしまいそうになりました。



コンビニの品ぞろえは数が少なく、
観光客の数は寂しいものでした。
それでも、
聴きに来てくれた皆さんは一様にほがらかて、
その明るさに救われたのはコチラのほうでした。



一日も早く復興復旧が叶いますように。
また、歌いに来ます。
楽しかった!
コメント (2)

小樽、きれいな青空だ。

2018-09-17 11:13:15 | ライブ
小樽


小樽CRU-Zライブ、
参加してくれた皆さん本当にありがとう。
3年ぶりのCRU-Zなのに、
まるで昨日も遊びに来ていたようなホーム気分。
暖かいお客さんに包まれて、
最後は総立ちで盛り上がりました、



近藤高橋は共演してくれたMOCKのボーカル大内くん宅に寄宿。
酒、風呂、寝床、完璧なホスピタリティに感謝。
丘の上の家から見下ろす海と空の広がりには圧倒されました。



2枚目の写真は急遽MOCKに参加した、
札幌のスーパーギタリストのおにぎり、もとい山本厚志くん。
さまざまなテクニックを駆使してステージと打ち上げを盛り上げてくれました。



さて、
本日はツアーラストの札幌ライブ。
残ったエネルギーすべてを歌に託そうと思います。



9月17日(祝月) 札幌 musica hall cafe
近藤智洋 (GHEEE, ex.PEALOUT) / 高橋研
open 18:30 / start 19:00
adv ¥3,000 / door ¥3,500 (+1drink)
札幌市中央区南3条西6丁目10-3 長栄ビル3F
(問)011-261-1787
コメント

大食いシンガー。

2018-09-16 12:41:07 | ライブ
苫小牧JAMライブ、
参加してくれた皆さん本当にありがとう、
お店が移転してから初めての訪問、
車座になって、一体感満載の夜でした。
盛り上がりましたね。


その後、
近藤高橋は深夜移動で小樽入り。
本日は早めの昼食で回転寿司。
真っ昼間からビールと日本酒でご満悦の近藤くん、
平らげた皿を獲物のようにディスプレイして自慢げです。
この客はよく食う客だ。
エネルギーを蓄えての小樽ライブ。
どうぞ、よろしく!



北海道ツアー「ふたつの風、ふたつの唄」


9月16日(日) 小樽 CRU-Z
近藤智洋 (GHEEE, ex.PEALOUT) / 高橋研
open 18:00 / start 18:30
adv ¥3,000 / door ¥3,500 (+1drink)
小樽市稲穂3-15-13
(問)090-2813-7757

9月17日(祝月) 札幌 musica hall cafe
近藤智洋 (GHEEE, ex.PEALOUT) / 高橋研
open 18:30 / start 19:00
adv ¥3,000 / door ¥3,500 (+1drink)
札幌市中央区南3条西6丁目10-3 長栄ビル3F
(問)011-261-178
コメント

張り紙。

2018-09-14 19:45:42 | 人間は考える葦である
プールの帰りに見つけた張り紙。
明日からは北海道ツアー。
「為になる人」になれるように、
心から歌って来ます。



北海道ツアー「ふたつの風、ふたつの唄」
9月15日(土) 苫小牧 JAM
近藤智洋 (GHEEE, ex.PEALOUT) / 高橋研
open 19:00 / start 19:30
adv ¥3,000 (+1drink)
苫小牧市錦町1-2-15 ジョイナスパルコ2F
(問)0144-34-1725

9月16日(日) 小樽 CRU-Z
近藤智洋 (GHEEE, ex.PEALOUT) / 高橋研
open 18:00 / start 18:30
adv ¥3,000 / door ¥3,500 (+1drink)
小樽市稲穂3-15-13
(問)090-2813-7757

9月17日(祝月) 札幌 musica hall cafe
近藤智洋 (GHEEE, ex.PEALOUT) / 高橋研
open 18:30 / start 19:00
adv ¥3,000 / door ¥3,500 (+1drink)
札幌市中央区南3条西6丁目10-3 長栄ビル3F
(問)011-261-178
コメント

完成までの遥かな道のり。

2018-09-08 10:45:42 | スタジオ
加藤いづみ、カバーアルバムの制作再開。
スケジュールの都合で一時中断していたけれど、満を持しての再スタート。
前回までのあらましを忘れがちなので、
今後はサクサク進行したいものだ。
健忘と闘いながら、
わたくしは今日も生きてゆくのである。




コメント (2)

なまら楽しみです。

2018-09-05 06:17:32 | ライブ




先日アップしそこなった写真を2枚。


さて、盛り上がった渋谷ライブの残り火が消えないうちに、
来週末は北海道へミニツアー。
ロック小僧、近藤智洋くんと久しぶりの二人旅。


ホッキカレー、カニ、サンマ、スープカレー、ホッケ、
ジンギスカン、ラーメン、ETC.
考えるだけで胃が引き締まるけれど、
それよりなにより北海道のみんなに会えるのが嬉しい。


初秋の空気を身体に浴びて、
思い切り歌って来ようと思います。
どうぞ、よろしく!



北海道ツアー「ふたつの風、ふたつの唄」

9月15日(土) 苫小牧 JAM
近藤智洋 (GHEEE, ex.PEALOUT) / 高橋研
open 19:00 / start 19:30
adv ¥3,000 (+1drink)
苫小牧市錦町1-2-15 ジョイナスパルコ2F
(問)0144-34-1725

9月16日(日) 小樽 CRU-Z
近藤智洋 (GHEEE, ex.PEALOUT) / 高橋研
open 18:00 / start 18:30
adv ¥3,000 / door ¥3,500 (+1drink)
小樽市稲穂3-15-13
(問)090-2813-7757

9月17日(祝月) 札幌 musica hall cafe
近藤智洋 (GHEEE, ex.PEALOUT) / 高橋研
open 18:30 / start 19:00
adv ¥3,000 / door ¥3,500 (+1drink)
札幌市中央区南3条西6丁目10-3 長栄ビル3F
(問)011-261-178









コメント (2)

ライブ、終わってしまったな。

2018-09-01 22:33:33 | ライブ



渋谷ライブ「再会の時」、
参加してくれた皆さん本当にありがとう。
会場入りの午後2時半~打ち上げ終了の午前4時、
たっぷり音楽に包まれた幸せな一日でした。
バンドメンバー、スタッフ、会場の笑顔、
みんなで作り上げた極上の2時間は、
ロックンロールのように駆け足で過ぎてゆきました。
昨日のことなのに、幻のようです。



久々の中村あゆみ。
相変わらずのシャウトを響かせてくれました。
初参加の松本淳。
腰の据わったロックドラムでバンドを導いてくれました。



初体験に出会うのは、
なんとも嬉しい喜びです。
音楽の旅は、
まだまだ続くみたいです。
感謝。


コメント (4)