信の信州からの贈り物

信州で単身生活 6年、その間に魅せられた信州の大自然。そして関東周辺の自然と花々を織り交ぜて発信しています。

嵐山渓谷を歩く

2021年11月27日 | 紅葉狩り



お早うございます、信です。
季節は進み11月霜月は小雪の次候、第五十九候 朔風払葉(きたかぜ このはを はらう)になりました。

もう標高1,000m以上の山は落葉して、寒々しい山景が広がっているのでしょうか。


先日4年ぶりに武蔵嵐山の槻川渓谷を歩いてきました。
バードウォッチや、花を見には来ているのですが、紅葉狩りは4年ぶりです。

東武東上線 武蔵嵐山駅から歩いて約30分です


1







一人ならば、迷いなく登っていく道ですが


2






     今日もうちのクマさんと一緒です

     
     3






これは南天かな?


5






     槻川の飛び石橋です。
     この左手にバーベキュー場があります

     
     6







槻川の清流


7






澄んでいます


8







モミジの色づきは


9






     まだやや早いか

     
     10





     

     
     11






この赤い実は?


12









13







展望台に来ると人が多いてビックリ


14







早々に退散して


15







奥へ進みます


16










17









18







まだ見頃には早いか。12月初旬がピークでしょうか


19






与謝野晶子の歌碑です


20







さらに入って河原に降りてみましょう


21







ススキの原っぱに季節を感じます


22







槻川の畔に降りて来ました


23








水はどこまでも澄んでいました


24







流れる水の美しい、嵐山渓谷でした


25



明日は反対側の水辺に降りてみます。

足を伸ばして、戦国時代の大蔵の館跡まで歩いてみました。


 撮影日: 11月21日
 撮影場所:比企郡嵐山町 嵐山渓谷


それでは皆様、ご機嫌よう。









コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 平林寺・もみじ山 | トップ | 武蔵嵐山 大蔵館へ »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿