信の信州からの贈り物

信州で単身生活 6年、その間に魅せられた信州の大自然。そして関東周辺の自然と花々を織り交ぜて発信しています。

武蔵嵐山 大蔵館へ

2021年11月28日 | 街紀行




お早うございます、信です。
昨日はからっ風が吹き抜けて、体感温度が低くなる、北風小僧の寒太郎な一日でした。
今朝も放射冷却でキンキンに冷えた関東です。

あれほど猛威を振るったコロナウィルスも、嘘のように鳴りを潜め、全国で25,000人を超えた新規感染者も、昨日は161人と0.6%にまで下がっています。
それでも南アフリカで発生した変異株「オミクロン」が、また世界的に猛威を振るいそうな気配で、各国とも水際対策に躍起です。

安倍・菅内閣はゴテゴテでしたが、果たして岸田内閣は大阪・吉村知事のように、危機感を国民と同じように共有し、納得できる一手を打ってくれるのでしょうか。
それはまだ未知数ですが、10日間隔離だけで良いのか・・不安です。


さて11月21日の嵐山渓谷ウォーキングです。
ススキの原っぱが良い感じでした


1


昔はどこも、こんな感じの原っぱが広がっていたと思いますが、今では貴重な風景です。





展望台に戻ります


2







相変わらず展望台は「三密」状態です


3








先ほどとは、反対側の川沿いに行ってみます


4










5







槻川の畔に出ました。
先ほどより、やや上流です


6







意外と流れは速いです


7







澄んだ水が滔々と流れていきます


8







丘に上がれば


9








良い色のモミジです


10










11







太平山に登ります。狂い咲きの山ツツジ


12







うちのクマさんに先を越されました


13







どうしてこんなに元気なんだ


14







頂上からの展望はイマイチ


15








頂上の雷電神社にお詣り


16


やはり雨乞いの神を祀ったようです 




椿の花が綺麗でした


17







大平山を後にします


18








この後、いったんは駅の方へ向かったのですが


19







「大蔵の館」の看板を見て、寄ってみることに


20







今は日枝神社になっており山王鳥居が玄関です


21


大蔵館跡の案内 

何と源為義の次男、源義賢(よしかた)の居館です。
あの木曽義仲の父親で、近くには義仲が使った産湯の跡が残っています。




「いざ鎌倉」と駆け抜けた、武士の棟梁たちを思い浮かべました


22



敷地もかなり広かったようです 



明日は森林公園のミミジを見にいきます。


 撮影日: 11月21日
 撮影場所:比企郡嵐山町 嵐山渓谷・大蔵館跡


それでは皆様、ご機嫌よう。









コメント (2)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 嵐山渓谷を歩く | トップ | 錦秋の森林公園を歩く »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (takayan)
2021-11-28 10:29:38
おはようございます。
嵐山渓谷の風景、今朝は2017年11月の紅葉風景や、2019年のバードウオッチングの記事も併せて拝見しています。
1番のススキの風景は、日本の初冬の原風景のようで、
おにゅう峠の麓で見る原っぱにも似ています。
昔は自宅の近所でもこんな風景が広がっていたのですが、
大津の片田舎でも住宅開発が進み、すっかり様子は変わってしまいまいました。

展望台では混雑しているようですが、ウオーキングでは三密も回避できて、
紅葉狩りも楽しそうです。
4番の紅葉もいい感じですね。
槻川の流れは清らかで、夏にも多くの人が訪れるのでしょうね。
ツツジがこの季節にも時々花を咲かせますが、
12番のような満開の山ツツジは初めて見ます。
奥様はますます元気そうで、何よりです。

17.18番は山茶花かな?
日吉山王大権現、大津市坂本の日吉大社が総本宮ですね。

今日も朝から良い天気になりました。
関西の紅葉の名所もそろそろ終盤です。
今日は京都、滋賀の紅葉スポットは多くの人で賑わっていると思います
嵐山渓谷 ()
2021-11-29 06:41:21
takayan師匠>

お早うございます。
見る人をして京都嵐山を連想させたという嵐山渓谷。
槻川の曲折して流れたところが、昔からの手付かずの雑木林が残ったということでしょうか。
イロハモミジは後から、かなり植えられたようでした。
武蔵嵐山もかなり様子が変わり、駅の周辺は土地を広くとった新興住宅地が広がり、毎年形を変えているように思えます。
何とかこのまま、この自然を残して、孫の時代まで身近な豊かな自然を残せていければと思います。

椿と山茶花の区別は難しいですね。
コメント有難うございます。

コメントを投稿