信の信州からの贈り物

信州で単身生活 6年、その間に魅せられた信州の大自然。そして関東周辺の自然と花々を織り交ぜて発信しています。

2016/11 丹沢ユーシン渓谷を往く(その1)

2016年11月17日 | 丹沢山系

こんにちは、信です。
昨日はお休みをもらって、この時期、平日しか行けない西丹沢のユーシン渓谷を歩いてきました。
天気予報は晴れ。

家を出て始発に乗り込もうと、西の空にまだスーパームーンが見えて快晴の兆し。





新宿で小田急に乗換え、山旅の起点、新松田駅はこの混雑。
満員ギュウギュウ詰めのバスに乗り込みました。
ちなみに絵にあるレトロバスではありません。普通のバスでした。




結局乗り切れない人が沢山いて、急遽増発バスを手配したようです。
AM 9:20 玄倉バス停着。新松田駅から50分くらいでした。
ここから歩き始めます。




ここは玄倉キャンプ場があって、富士山も見えるようです。天気が良ければですが・・

ちょうどバス停前に玄倉荘ロッジがあって、飲み物やちょっとした食べ物は調達出来るようです。





今日歩くルートを確認。往復20km、気合を入れます。
分かり易く工夫されたガイドマップです。




どうも天気予報が外れてどんより雲。
晴れていればもっと素晴らしい景色なんでしょうが・・





しばらく歩くと




すぐに現れました。
玄倉第一発電所の手前。





今日のお目当て、ユーシンブルーその1。





昨日の雨で水量も多いようです。





しばらくこんな車道を歩いて行きます。




砂利の採掘場があるので、時折ダンプカーが通ります。
左側の山肌の紅葉に気をとられて、これは要注意です。




30分ほど歩くと小川谷出合の分岐路





左へ降りていくと県民の森です。




左の山肌、えぐられて大きな溝が出来ていました。



昨日の雨でところどころに、水溜まりが出来ています。
まったく気にはなりません。



眼下に玄倉川の清流。




開けた場所に出ますが、行く手の山々はガスで巻かれています・・
ちょっとモチベが落ちます。




AM10:12 歩き始めて45分、3km地点のゲートです。

今年6月に熊に襲われた事件があったようです。熊鈴はしっかり持ちましょう。
皆さんここで立ち止まって、熊鈴を出しておられました。





河原にゴロゴロと石が落ちていますが




あれは上から落ちたものですね。
実際、落石が多そうなのでこれも注意が必要です。





こんな景色を楽しみながら





歩きますが・・晴れて欲しかった。。




中州の小島。
これは綺麗でした。








AM10:34 一つ目のトンネル。境隧道です。




これは短く、まったく問題ありません。




ちょっとだけユーシンブルー。





ここからトンネルを抜ける都度に色が増していきます。





出ました新青崩隧道、370mあります。
中でS字カーブがありますから、ヘッデン必須です。
真っ暗で何も見えません。




これを出ると






絶景が待っています。





その絶景は次回に。

それでは皆さま、ご機嫌よう。







コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 2016/11 世界遺産 日光を歩く... | トップ | 2016/11 丹沢ユーシン渓谷を... »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (はりさん)
2016-11-17 05:49:17
丹沢には行ったことがありません。
関西人にとっては遠い山域です。
平日なのによく混んでいますね。
人気の場所なんですね。
ユーシンブルーってはじめて聞きましたが
たしかに美しいです。
絶景、楽しみですね。
丹沢 ()
2016-11-18 05:37:47
関東人には高尾に次ぐ人気の山系でしょう。
とにかく公共機関の移動が大変です。
駅でバス待ち行列、そして満員バス。
歩いてる間は良いのですが・・
また帰りのバス停で行列。
老体には帰りのギュウギュウ満員バスが応えます。足の踏ん張りが効かない。
平日でこれですから土日では・・
昨年の塔ノ岳も大変でしたが、想像を絶します。
万一出掛ける際は、必ず平日をお選び下さい。
コメントありがとうございました。

コメントを投稿