『しむしむ言わせて』2

フジファブリックの志村正彦さんをめぐる、私の喜怒哀楽日記をお届けしております。シーズン2。

2015ホールツアー終わり!

2015年11月30日 | 私のつぶやき

ホールツアー最終日、NHKホールとても素晴らしかったようですね。

特別な時間になって何よりでございます。

メンバー、関係者の方々、そして参戦された皆さま、本当にお疲れ様でした!

私も行きたかったなぁ…NHKホール。(かとをさんのミステリーツアーも)やっぱり遠い、TOKYO。


私は、映像化に激しく期待を寄せています!


ホールツアーが終わってですね、各公演のセトリをチェックしてたんですけど…日比谷野音のセトリはやはり特別だったみたいですね。参戦出来て本当にラッキーだったんだなぁ…としみじみと。感謝しなくちゃ、と思いました。


こうやって毎回ツアーが終わって思いますが、本当にじわじわと『フジファブリック』は進化してますよね。


どんどんどんどん大きくなってる。


志村君が両国で『一回り大きくなりました』ポーズをしていたけれど、それから更に大きくなった。一回りも二回りも。スゴいなぁ…と改めて思います。


わびさび日本系、ちょっと捻れていて引っ掛かる声。中毒性。危ないかほり。(性癖丸だし)

から、スッキリ爽やかキラキラバンドへの進化。


キラキラ煌めいてる感じ。やっぱりそーくんが爽やかなんですよ~…何なんだろう、歌声が爽やか過ぎますよね。笑顔とかステキだし。足長いし。

『夜明けのBEAT』は何で志村君とそーくんであぁも違うんだろう…といつも不思議に思いますね。半音違うのもあるんでしょうけど。

志村君の声で聴くとぞわっとするんですよね~…これが。そこが良いのです。


(志村さんのうしろに…!w)


あぁ変態…。素晴らし過ぎるアングル。変態ロッカーが恋しい。


すごく素敵なライブを目の当たりにして、志村君が生きていたら…と悔しく思うことはごく自然なことですよね。

そういう風に思う事が多ければ多いほど良いライブが出来ているってことで=フジファブリックがどんどん成長して素敵になっていってるって事なのかなぁとか。


悔しいって思ってることって実は、喜ぶべきことなのかもなぁとか。


今の爽やかフジに志村君が居たらどうなるんだろうなぁ…とか私はいつも思っていたんですけど、いつぞやの私の夢の中に出てきた志村君は、爽やかに馴染んでました。意外と。


ハットかぶって全身白なんて着て、目をキラキラさせていたよ。


今のフジファブリックに居ても全然違和感ありませんでしたよ。


フジファブリックはやっぱりフジファブリックなんだよなぁと思う訳です。うまく言えないんですけど。


とにかくとにかく。2015ホールツアー本当にお疲れ様でした。

次のツアーではこちらにも来てほしいなぁと思います。是非。






































コメント (19)

ドラゲナイではない

2015年11月24日 | どーでもいいお話

ずっと欲しいなぁと思っていたこれを、遂に手に入れました。


モッズコート!

ずっと前から欲しかった、緑のモッズコート。今日やっと買えました。

うふふ♡

すごく嬉しくなって、家に帰ってすぐ着替えて、家族に見せに行ったんですね。そしたら、

『何それ、ドラゲナイやん。完全にドラゲナイ意識やん。』

という感想のみ。(もっと何かないんかい)

胸を突き刺すような吐き捨て感。さすが私の家族だと思った。(ドS)


でも違うもん…『ドラゲナイ』やなくて『クロニクル』だもん…。


志村君が『クロニクル期』でいつも着てた、緑のモッズコートのつもりなんだもん!


(↑これ!)

よって、FUKASEではなく正彦(´・_・`)私は正彦を激しくリスペクトしている (´・_・`)



(調子に乗って自撮りしたオタク)


あれ…?

こうやって見ると、何か色違うような…もしやしむしむのやつ緑やなくてカーキだったのか…?(←え?)


いや、大丈夫。大事なのは気持ちよね。うん。


部屋に戻り嬉しさの余り、一人でくるくる回りました。高揚。


私は寒いのが大の苦手なんですけど、これがあれば今年の冬はうきうき過ごせそうな気がします。


とりあえずは明日から、また頑張ろう。


コメント (7)

SINGLES 2004-2009(FAB CLIPS 2)

2015年11月22日 | フジ作品の諸々

お休みです。ゆるゆるしてます。


目覚まし時計をかけずに昼過ぎまで寝ました。寝溜め。


遅く起きた今日は、こちらを観ました。


『フジファブリックSINGLES 2004-2009』


聴く、ではなく観る…?と思われた方。

FAB BOXと同時期に発売されたこちらには、実は特典として『FAB CLIPS 2』という素晴らしすぎるDVDがついているのですね。うふふ。

1*Surfer King
2*パッション・フルーツ
3*若者のすべて
4*Sugar!!
5*Anthem
6*花屋の娘

のPVと、 それぞれのメイキング映像入りです。

『花屋の娘』のPVのグダグダ感…たまりません!そして、『Anthem』のほのぼのメイキング…たまりません!

そんでそんで、TV SPOTというアルバム(シングル)発売時に流れていたCMも入ってます。志村君の声のテンションの違いをお楽しみ下さい。( Sugar!!のテンションの低さが半端ない件)

『Surfer King』に至っては何と、60パターンもあります。《フジファブリックを探せ!》と銘打って作られたものなんですけどね。

最早ファンの域を越えている(宗教がかっている)オタク女子の私と言えど、途中で見るのがしんどくなりますよ…忍者。メロディが頭から離れないよ。


PVもキラキラしまくり。夢に出てきそう。


とにかくオススメです。復刻版が出ているので、お持ちでない方は是非是非。

ということで、フジファブリックをじっくり探して満足(ぐったり)したので、今から映画DVDの鑑賞します。

今日は『のだめカンタービレ』(ヨーロッパ編)を。有名過ぎる作品ですね。

以前ちょこっと触れていましたが、私は学生時代に管弦楽をしておりましたので、ドラマ化される前からこの作品がとても好きでした。

話も面白いので、クラシックに馴染みのない方も楽しめると思います。

実は志村君も『のだめカンタービレ』の読者で、のだめのモデルになった方(リアルのだめさん)もフジファブリックのファンだったとのこと。

それを知った時、嬉しいなぁと思った記憶があります。だから志村君の作る音楽ってオーケストラみたいなのかな、とか。

何だか今日は、やけに音楽熱がふつふつ。

音楽熱ふつふつの勢いに任せて、今日ピアノ教室の体験レッスンの予約をしてみました。ドキドキ。久しぶり人に習うのちょっと楽しみ。






コメント (8)

悩んで立ち止まること

2015年11月21日 | どーでもいいお話

もう午前3時です。夜更かししてます。


前回はネガティブ指数高めの記事で、ご心配をおかけしたみたいで…すみません。

何だかずっとモヤモヤしてて、どこかに吐き出したくて仕方なくなっちゃって、結局その媒体がここになってしまった訳なんですけど…。

ものすごく私的な感情だし、そんなものにコメントを頂こうだなんとんでもない!ってことで敢えてコメント設定しなかったんですね。

それが何だか、逆にすみません状態でした。本当申し訳ない。

こんな私の事をお気遣い頂いて、本当に有り難かったです。人って温かいなぁと。

皆さんの素敵なアドバイスを見ながら、やっぱり私は少し休んだ方が良いんだろうなと思いました。

実はこの3連休も、2日は仕事をする予定だったんですけど…この際思いきってそれをやめます。

もう何にも考えずに好きな音楽をガンガンに聴いて、好きな本を読んでコロコロ転がったりとか、映画をじっくり観たりとかしようと思います。

今日は仕事が終わって久しぶりに、TSUTAYAさんに寄って帰りました。


そしたらね、また志村さん。


また志村さんがいたよ。


素敵なハニカミのミニーちゃんTしむしむだよ。



あなたはいつも絶妙なタイミングで出てきてくれるんだよね。ありがとう。


日々過ごしていると、何か結果を出すことで自分の存在価値を見出だそうとしがちで、とにかく前に前にいかなくちゃって自分を追い詰めたりします。

『悩んで立ち止まるのは勿体ない、悩みながらでも進んだ方がいい。』

という志村君の言葉が私はとても好きだし、そうありたいなぁと思ってます。

だけど…志村君の事を想った時に、『ちょっとで良いから休んで欲しかった』って実は思うんだよなぁ…とか。


悩んで立ち止まるということも、時には必要なのかもしれないですね。なかなか勇気の要ることですけど。


3連休はゆっくりして、とにかく頭をからっぽにしたいと思います。

皆さんも良い休日をお過ごし下さい。





コメント (14)

心情を吐露する

2015年11月18日 | どーでもいいお話

ここ何ヵ月かで自分を取り巻く環境が少し、変わりました。


その流れに付いていこうと必死ですが、正直しんどいものがあります。


弱音を吐いても『君なら大丈夫』で済まされてしまう現実と、『期待している』という体の良い言葉で、動かざるを得ない状況を作られてしまう。


どうしてそうなるんだろう。


少しで良い。ほんの少しで良いから、私の話を聞いて欲しい。


笑顔で話しても本当は笑ってないことに、そろそろ誰か気付いて欲しい。


もし私がミュージシャンならこの気持ちを曲にしたためたいところだけど、私は残念ながらミュージシャンではないので、悶々と。


何かちょっと疲れてる。休みたい。