『しむしむ言わせて』2

フジファブリックの志村正彦さんをめぐる、私の喜怒哀楽日記をお届けしております。シーズン2。

セルフカット『桜の季節』仕様

2014年09月28日 | もうしむさん

こんばんは、おはようございます、こんにちは。


皆様いかがお過ごしでしたでしょうか。


本日はお休みで、お昼間にひとりでぶらぶらお散歩しておりました。…街中に金木犀の香り。


毎年この季節になると『赤黄色の金木犀』という曲を聴き、金木犀の香の中で、秋を感じながら街を歩きます。


花の香と素晴らしいBGM。気分が良いなぁと。日本は四季があって良いなぁと。


そして家に帰ってDVD鑑賞するという。本日は『FAB BOX ドキュメンタリー』。来月復刻版が発売ですね、いよいよ!


素敵な休日です。実に癒されます。


正彦に…



…ふふ♡


全速力で階段登って捕まえたい♡(←怖)


恐らくだけど、めちゃくちゃ早く走れると思う、正彦が前にいたら。(←怖)


絶対間違いない…と妄想しつつ。


週末また、もう1人のしむしむさんの盗撮をしてきました。というか、もう面倒臭いので動画撮影してました。もう変態を隠しません。


動画だと撮ってることが解らないよね!(←怖)


動画から画像抜き出せば完璧だよね!(←怖)


何だか変態であることに磨きがかかっていると感じる今日この頃。


というか、髪をね、切ってらっしゃいました。あぁ、おかっぱの夢破れる…残念無念…




セルフカットです。もちのろんです。そういうところも好きです。(これはもう1人のしむしむさん)


イメージ的には『桜の季節』くらいでしょうか。



↑これくらいの短さの様な(これは本人)…





ボーリングをね、してきました。(これはもう1人のしむしむさん)


…あれ?こうやって見るとあんまり似てないかもしれない。顔はよく見ると似てないからなぁ~…佇まいを伝えるのは難しいですね。


恋は盲目的なオチか。


私はと言えば、もう1人のしむしむさんの動画撮影しながら(しかも無言)1人でビールを飲み…酔っ払いながらすごいスピードで玉を転がしガーターになる、ということをしてました。

もういい加減嫌われるよね。


…なんて、どーでもいいお話。






































コメント (15)

あれから10年

2014年09月27日 | 私のつぶやき

いよいよ来月からフジファブリック秋ツアーが始まりますね。


ドキドキわくわく。どんなライブツアーになるのだろう。


11月28日には武道館。武道館ですよ、武道館。すごいよね。


11月28日…と言えば。


今から10年前の2004年、記念すべきフジファブリック初ワンマンが行われた日もこの日だったそうですね。





小さなライブハウスからスタートし、10年後には武道館。


いやぁ、すごいよなぁ。重みがあるよなぁ。


10年で色々な事があったけど(私は途中からファンになったので偉そうには言えませんが…)、続けてくれてありがとう。この一言に尽きます。


2009年12月24日に志村君が突然居なくなってからの5年間、どんな想いで3人は音楽をやってきたのかなぁと。


当然批判もあっただろうし、天才の跡を引き継ぐには色々な葛藤や重圧があったのだろうと。


志村君が突然死してしまった時『周りの人は何でもっとちゃんと彼を見てあげなかったの?』と少なからず思ってしまったことがありました。


『もっとちゃんと寝なさい』『もっとちゃんと食べなさい』と言ってくれていたら…と。


しかし色々と知っていくうちにある事を考えるようになりました。


『本人が寝たくない、食べたくないって言ったの?』


ということです。



うーん。そう考えるとそんなはずないんですよね~…。


寝たくない人なんて居ないし、食べたくない人なんて居ない。

したくないのではなくて、出来ないのだと。


そんな人に対して、無責任に『ちゃんと寝なさい』『ちゃんと食べなさい』なんて事言えないなぁ…と。近くに居れば居るほどそう言い切ることが逆に無責任な様な気がしてくる。そう考えると、見守ることしか出来ないなぁと。


頭に過ぎった程度とは言え、何て浅はかだったのだろうと思います。関係者のみなさんに謝りたい。


今の状況はあくまで、たまたま起きてしまった事で、誰の責任でもない。誰も悪くない。誰のせいでもない。


『ECHO』という曲を聴くと、3人の気持ちがものすごく伝わりました。葛藤も。


志村君亡き後、ここまでフジファブリックを続け、しかも進化させてきてくれたことを本当に感謝したい。ありがとうございます。


本当に本当にありがとうございます。


人は誰かの人生を代わりに生きることは出来ない。自分は自分の人生を生きているんですよね。


武道館でのライブ…場所と日程(勿論経済的にも)が厳しいなぁと思っていましたが、今となってはもう、何が何でも行きたいと思っております。


10周年。見届けたい。
















コメント (14)

記憶の中に生きているということ

2014年09月24日 | 私のつぶやき

皆様いかがお過ごしでしょうか。


本日はお彼岸、ということで祖父のお墓参りに行ってきました。

隣で泣きながらお経を上げる祖母の姿を見て、何だか胸に込み上げるものがありました。


私は現在月に1度、祖父のお墓参りをしています。


その話をすると『偉いね~』なんて言われたりしますが、以前はそんなに頻繁に訪れてはおりませんでした。

というのも、私は実は祖父のお葬式に出ておらず(当時留学していた為)それがあって何となく後ろめたさがあり、行き辛かったんですよね。


それが何故こんなにも頻繁に会いに行くようになったのか…というと、きっかけは志村君でした。


彼を好きになって、本当の意味の死というのは、この世から肉体が無くなった時ではなく、誰からも思い出してもらえなくなった時なんだ…という事を感じ、それから行くようになりました。


今ではお墓参りが大好きに。


お花を持って、祖父に会いに行く…という感覚になりました。行くと何だかとても清々しい。


だから志村君に会いに行ったときも、嬉しさの方が大きかったのかなぁ…と思います。

今日は志村君の所にもきっと沢山の人が訪れているのだろうなぁ…と。富士山の見える素敵な場所。




話疲れたでしょうか。ふふ。


彼を好きになったことで得たものはとても大きかったなぁ…と感じる今日この頃。











コメント (6)

ナンバー1よりオンリー1

2014年09月21日 | どーでもいいお話

いきなりですが、私は変わっています。


…というか、正確に言うと変わっていると言われます。


本人的には至って普通だと思っていますが、変わっていると言われます。ナンバー1よりオンリー1。


『内弁慶だよね。』


『近づいたら逃げるし、離れたら近づいてくるし猫みたいだね。』


『場の空気読まないよね。』


『取り扱い説明書が欲しい。』


等々言われたりします。毎度の事ながらとても複雑な気持ちになります。自分では全く解らないから返す言葉が見付からない。『は、はぁ…』となる訳です。


先日、会社の飲み会にて同僚の1人にこう言われました。


『俺は性格が普通の美人より、顔が普通でも変わってる子の方が良いと思うよ。面白いしさ。だから自信持って大丈夫だよ!』


…という。


何故わざわざそれを本人に…


別に相談した訳でも何でもないのに、顔が普通であるという事の念押しありがとうございます。


念押しして頂かなくても承知しております。


ほっといておくれよ。


と、些か不快な気持ちになりつつしかし、この言葉を受けまして私はある事を考えたのです。


『性格が普通の美人より、顔が普通でも性格が変わってる方が良い。』


…ということは、詰まるところ『顔が美人で性格が変わってる人』は最強なのではないか。



顔が美人で性格が変わってる人といえばやはり…





…WAO!

これは確かに最強だ!


ドアップで見るとより、美人である事が判りますね。彼の毛穴は一体どこにあるのかしら。


あぁ、素敵だなぁ。とっても素敵。


何やかんや言われても結局、志村君が最高だという事に落ち着く私の脳内であった。



…なんて、どーでもいいお話。























コメント (8)

食欲の秋、読書の秋、スポーツの秋

2014年09月18日 | 私のつぶやき

今日はお部屋でゆったりと『渋谷公会堂』を拝聴しております。

良いな良いな。

相も変わらず1曲目の『陽炎』で胸が締め付けられてしまいます。登場シーン…胸いっぱい。


いやぁ、しかし。すっかり秋ですね。

ここ最近、日が落ちるのが早くなってきたなぁ、と感じます。夜風が涼しい。鈴虫の音色がとっても心地良い。


秋と言えば、言わずもがなで『赤黄色の金木犀』です。

私がフジファブリックの曲の中で1番好きな曲です。秀逸です。

そもそもオレンジ色を《赤黄色》と表現する辺り、センスを感じるなぁ。造語だよね、赤黄色。



そうそう。秋、と言えば。


やっぱり食欲の秋。そして読書の秋。


そしてそして。

何と言っても、スポーツの秋!




(画像が悪くてすみません)


はい、そうです。


散々前置きをしましたが、ただ単にこの赤ジャージ姿を載せたかっただけです。ただそれだけです。


登場回数3回。やっと本来使うべきテーマに登場。

スポーツの秋。ぴったり。


こんなに赤ジャージが似合うロックミュージシャンがいますか。


…います!フジファブリックです!


いやぁ、とってもかわいいです。皆かわいい。お茶目。


しむしむのおかっぱ…。私はおかっぱしむしむ派なのである。この時辺りの志村君が心の底から好きだ。



こんな動きもしちゃったりする。





……(゜ω゜)


…早い。


動きが早すぎてぶれまくっている。


『ほらほら~撮れるもんなら撮ってみろ!』的な感じである。


赤富士通信に載せる写真を撮っている、ということなど志村さんには関係ない。写真より早く動ける事を見せつける。どうだ、すごいだろう!の方が大事。


…ふふ。そんなあなたが大好きです。



ということで。


今日の記事はただ単に赤ジャージ姿を載せたかっただけでした。


よって、内容はあまり無い。



草々。











コメント (4)