『しむしむ言わせて』2

フジファブリックの志村正彦さんをめぐる、私の喜怒哀楽日記をお届けしております。シーズン2。

10th anniversary LIVE@武道館 2014

2014年11月30日 | フジライブ

2014年11月28日。武道館ライブ行ってきました!


フジファブリックがデビュー後初ワンマンを行ったのが、2004年11月28日。


丁度10年後のこの日、武道館ライブが行われました。



…いやぁ。とにかく最高でした。



もう、最高でした。何なんだこれは…というくらい最高でした。


志村君風に言うならば、ベストアクト更に更新。更新しまくり。




生まれて初めての武道館。

…人が多い。初詣的な感じ。とっても多かった。今までと全くもって規模が違う。
 

『おぉ…何かスゴいことになってるなぁ…』と感じつつ。緊張しつつ。


人でごった返す会場。会場内に入り、席につき、わくわくドキドキしながらその時を待つ。


会場の明かりが落ち『リバース』が流れ、その音楽に合わせてステージ前方スクリーンに映像が映し出されました。





…志村君だ。


10年の歴史のフラッシュバック。


あぁ、まんまと泣きました。胸がいっぱいになった。


胸いっぱいで、ステージから聞こえてきたのは『桜の季節』!


やはり10周年と言えばこれ、と思っていたのでテンションあがる。嬉しい。やっぱりそうだよね!


その後『陽炎』『シャリー』『Sugar!!』と続く。因みに衣装はお揃いのスーツ(?)。ビートルズ的だ、と感じました。かわいかったなぁ。やはり武道館だからか。


『武道館ですよ。いやぁ…感慨深いものがありますね…』と語るそーくんの目に、涙が滲んでいるように見えました。


そりゃそうだよね。10年かけて武道館まで上り詰めたんだもんね。色々な事があって…感慨深いよね。


その後『徒然モノクローム』『WIRED』『地平線を越えて』。


因みに今回の武道館ライブでは、志村君のストラトキャスター(そーくんに相談して買ったらしい)、アンプもステージにありました。『一緒に舞台に立ちたいから』という言葉と共に。よわった。また泣いてしまう。


そして『赤黄色の金木犀』『ブルー』…そしてそして、次の曲へ…。


『この曲は、志村君と一緒に演奏したいと思います。』


というそーくんの言葉の後、かとをさんがマイクスタンドをステージへ運び、そーくんがそこに志村君の帽子を置き演奏がスタート。


『茜色の夕日』




…あぁ、嬉しい。私はこれが聴きたかったんだ。

本音を言うと、志村君が歌う『茜色の夕日』が聴きたかったなぁと。


遂に、そーくんがこれを歌う時がきたのか…!と感傷的になり聴いていたら…あれ?何か声が違う。


『…あ、これそーくんじゃない。志村君の声だ。』


と気が付き、涙腺が崩壊。


志村君の声に合わせ、メンバーが演奏してくれていました。


志村君の『茜色の夕日』が武道館に響きわたる。


私はそれが本当に聴きたかったから、ずっとずっと涙が止まらなかった。この曲の演奏後、しばらく会場中の拍手が鳴り止みませんでした。


そーくんがMCで、


『この10年間、色々な事がありました。…元々は志村君のボーカルに惚れてフジファブリックに入って、今僕が歌ってるんですけど…何故フジファブリックを続けているのか、を考えてたんです。で、今回ツアーで色んな場所を回っていくなかでその答えが見つかりました。』


『フジファブリックが大好きなんです!志村君が大好きなんです!…だから、フジファブリックを無くしたくなかったんです。ずっとこれを面と向かって言いたかった。』


と語ってくれました。志村君の話を沢山してくれるのが、何か嬉しかったな。


その後『若者のすべて』『卒業』『カタチ』『夜明けのBEAT』『バタアシParty Night』『Magic』 『星降る夜になったら』『LIFE』 とMCを挟みつつ歌い上げ、ここで一旦終了。


から、アンコール。


アコースティックギターを持って、1人で舞台袖から出てきたそーくん。

『僕が何故今、歌っているのかを歌にしました。』と言って演奏したのは『sing』。

歌い終わった後、『みんな(聴いてくれるファン)が居るから歌うんだよ!』と言ってました。


そしてその他のメンバーも再登場。『Gum』を歌った後、この日の為に作ったという新曲『はじまりのうた』を歌いました。


そして『銀河』『STAR』で終了。


実に3時間に渡る素敵なライブとなりました。


久しぶりにカトークがあったり、ダイちゃんから志村君の話があったり(PCで曲を作るやり方を教えて欲しい、とダイちゃんちに突然来た志村君が『1人暮らしペット』という本をただ読んで帰ったというw)


…10周年に相応しい本当に本当に素敵なライブでした。


そして、こんなに泣いたライブは初めてだった。遠かったけど、無理してでも来て良かった…と心から思いました。


最後のメンバー紹介。勿論『志村正彦』と共に。


ありがとうフジファブリック。私は、志村正彦が大好きだけど、フジファブリックも大好きです。これからも応援します!


実に良き時間でした。



3月の全国ツアーでまた、お会いしましょう。ありがとうございました。



☆★セトリ★☆

1*桜の季節
2*陽炎
3*シャリー
4*Sugar!!
5*徒然モノクローム
6*WIRED
7*地平線を越えて
8*efil
9*赤黄色の金木犀
10*ブルー
11*茜色の夕日
12*若者のすべて
13*卒業
14*カタチ
15*夜明けのBEAT
16*バタアシParty Night
17*Magic
18*星降る夜になったら
19*LIFE

☆★アンコール★☆

1*Sing
2*Gum
3*はじまりのうた (新曲)
4*銀河
5*STAR

コメント (30)

いよいよ大舞台

2014年11月28日 | 私のつぶやき

いよいよですね。


いよいよ本日ですね。


今年はデビュー10周年…ということで、色んな嬉しい事が沢山ありました。


その締め括りに相応しい大舞台。


嬉しい、楽しい、という感情よりも今大きいのは緊張、です。


この日を迎えて嬉しいけれど、終わってしまう寂しさや切なさの様な感情も混在するなぁ。変なの。


志村さん、まだ間に合いますよ。そんな悠長に構えてないで、そろそろ起きてリハーサルの準備しなくちゃですよ。




ほらほら、前に志村さんが話してた『もう1度生き返れるパスポート』。あれ、もうそろそろ使う時じゃないですか?


何て想いながら、密かにボーカルギター志村正彦の登場を期待しつつ。


余談ですが、今日帰りに会社の人に(予想通り)明日のことを突っ込まれましてね。


私はその方に対しまして、180℃のお辞儀と共に『調子に乗っててすみません…』と謝った訳です。(本当に180℃)


するとすぐさま『顔めっちゃ嬉しそうやし!』と突っ込まれました。速攻で。


心から謝罪してないのすぐバレたよ。本当はもう心此処に在らず、だったよ。皆の冷たい目線も何のその、だよ。


武道館に参加される方、皆さんそれぞれ色んな想いをお持ちでしょう。


明日(というか今日)は目一杯、フジファブリックというバンドの10周年をお祝いましょう。


明日が皆さんにとって幸せでありますように。













コメント (14)

朱色の紅葉、秋

2014年11月26日 | もうしむさん

紅葉の季節ですねぇ。




いいな。いいな。


真っ赤に色付く葉っぱ達。お花みたいにお綺麗です。





いかにも朱色。水に映る姿もまた、をかし。秋を感じます。


四季があるっていうのは本当に素晴らしいですね。日本人で良かった。


綺麗な景色を見ていると、心が豊かになります。


からの、風情を感じながら景色撮るふりして盗撮。





からの、風を感じながら歩くふりして盗撮。






何だか志村さんのことも感じることが出来た山道でした。



変態。









コメント (10)

たまには真面目なことも書く

2014年11月24日 | 私のつぶやき

お察しの通り、私は志村正彦という人が大好きです。想いだだ漏れしてます。


大好き…というよりかなり尊敬してます。


恐らく『尊敬の念』を抱くというのは…自分が彼と同世代である、ということが非常に大きいのかなぁ…とは思いますが。


彼の作品と出会う前、私は『毎日同じ事の繰り返しでつまらない…』と思いながら、日々を過ごしておりました。何となーくでそつなくこなし、毎日を消化。本当《消化する》という言い方がドンピシャな感じ。


そんな日々の中で彼の作品と出会い、かなりの衝撃を受けまして。そして彼を深く知り、


『この人は私と同じ歳の時にこういうことしてたんだ…すごい。』


と思ったんです。そりゃもうかなりの衝撃でした。


志村君って、死んでしまった後も着実にファンを増やしてるじゃないですか?まぁかく言う私もその1人な訳で。


それっていうのはやはり、それに見合うだけの努力をしていたからこその結果なんですよね。


志村君を深く知っていく内、自分が大した努力もせずにただ、不満ばかり言いながらのうのうと生きている…ということを改めて思い知りました。


周りのせいにしながら生きること程楽なことは無いですからね。そんな事を頭では解りながらつい、やってしまっていました。


と、同時に『今もし私が死んでしまったとしても、何にも残らないんじゃないかな…。私の存在意義って一体何なんだろう。』と考えるようになりました。


29歳で死んでしまうこともあるんだ、という恐怖も感じたりなどして。


志村君みたいな人にはなれないし、まぁある種これは極論なんですけど…。


『私も何かを残したい!』等と考えたりしつつ…でも今までのうのうと生きてきたから、頑張り方がよく解らない。悲しいことに。頑張るって何?…みたいな。

色々と自分なりに悩んだ結果、『とにかく先ずは目の前の事を一生懸命やってみよう』と思うようになりました。


目の前の事をきちんとすると、自ずと次の目標が見えてくるんですよね…不思議なことに。


そうやって『今』が繋がって何かカタチに成ってくれれば良いなぁと、今はそう思って頑張ってます。


そんなこんなで現在は、割と充実した日々を送れるようになったんですね。


今自分がやっていることが正解かなんて事は判らないですけど(ただの精神論だと言われたらそれまでですし)…


ただ、少なくとも志村君と出会ってからは『毎日同じでつまらないなぁ…』なんてことはあまり考えなくなりました。(全くない訳ではないけど、確実に減りました)


そういう背景がありつつ…私は心から志村正彦という人が大好きで、尊敬してるんです。そして何より感謝してます。


ファンになった当時、志村君より年下だった私も今や彼より大人になってしまいましたが…彼に出会えた事は、相も変わらず私の中でかなり大きな意味を成しています。信念というのは不変。







ありがとうございます。本当、あなたには感謝しかない。


そして頑張ります、私。


何て言う、たまには真面目なことも書いたりするよ。たまには良いですかね。















コメント (2)

ファンブログ5選

2014年11月21日 | どーでもいいお話

先日、インターネットのとあるページを見ておりましたら…『フジファブリック、ライブに行く前にチェックしておきたいファンブログ5選』というのを発見しまして。


これは見ておかなくては!と思い、私はその記事をクリックしたのです。



…ふむふむ。



…ふむふむ。 






あった(笑)


ありましたよ、皆さん!おめでとうございます!(←え?)


しかもしかも。


《志村さんへの想いが溢れるブログ》


こんな素敵な紹介のされ方。(他の方のブログに比べて名前が飛び抜けてダサいけど)


そんなに想いが溢れまくっていたのかぁ。あらいやだ♡





この人に…(やっぱり安定の可愛さ)


どこのどなたか存じませんが、選んで頂きましてありがとうございます。嬉しいです。これを励みにもりもり頑張りたいと思います。



はい。ということで。


武道館ライブまでいよいよ残り1週間となりましたね~。


どきどきワクワク。わくわくドキドキ。


今回の武道館ライブ参戦にあたりまして、地方民である私は会社をお休みして東京へと向かうわけですけどね。


私の仕事は、月末最終日にお休み(しかも私用)するというのは何と言いますか…かなり調子に乗っている行為なのです。誰も口には出しませんが、かなりのものなのです。


その事もありまして一旦はライブ参戦を諦めておりました。


がしかし、しかしです。


色々悩みました結果、今回のフジ武道館ライブは私の人生において有益になると思いまして思い切って休みを取った訳です。


目立たないように、こっそりとお休みしよう…と。あまり人に言わずこそこそとその日を迎えよう…と。


そんな中、昨日ある一通の社内メール(一斉送信)が送られてきましてね。



《11月28日合同懇親会のお知らせ》


という。



……(゜ω゜)あ。



合同懇親会…これはかなりの社内イベントなのでは…参加マストなのでは…


と思いつつ読み進め、最後の一文に目が止まりました。


《※○○さん(私の名前)は有給でお休みの為、欠席となります。》



……(゜ω゜)あぁ。



何てご丁寧な補足をしてくださるのかしら…



声を大にしてこう言いたい。



…ぎゃふん。



こっそりと水面下で動いてきたのに容易く露呈。人生なんてそういうものだよね、やっぱり。


もし何故休むのか訊かれたら『調子に乗っててすみません』と180℃近くのおじぎと共に謝罪しよう…そうしよう。



こうなったからにはもう、何が何でも楽しんでやろうと思うのでありました。



参加される皆さま、楽しみましょう。参加できない皆さま、私、レポート頑張ります。



草々。




















コメント (15)