さとし & まさとし

さとし&まさとし はとっても仲の悪い親子

おウチな日 vol.13

2019年09月07日 | 住宅
仲の悪い親子です。

皆さまは、如何お過ごしでしょうか。

今住んでいる住宅ですが、中古購入し、2017年10月に引っ越しました。

当初から水廻りが大分劣化していたので、重点的にリペアして来ました。

これまでに、雨樋清掃/交換、キッチン・浴室・洗濯機水栓の交換、給湯器~浴室水栓バイパス増設、シンク交換、浴室・側壁・屋根シーリング、生活排水角枡リークの順にリペアをして来ました。

で、またもや水廻りに不具合が発生しました。

今回は、上水の漏水です。



先週、笛吹市水道課の方が2名、量水器を確認しに来られました。

確認の理由は、水道の使用量が7月に比べ、異常だったためです。

ちなみにマッピーは出勤していたため、Qさんが対応しました。



7月度は、56㎥使用で8,030円の請求、何と9月度は、157㎥使用で27,240円の請求でした…

水道課の方に指示され、屋内の水栓金具を全て締めましたが、パイロットメーターが2秒間で1周のペースで元気良く回っていました。

「修理が終わるまで、水道を使わない時は大変面倒ですが、元栓を締めてください。」と指導を受けたそうです。

で、漏水修理ができる笛吹市の水道業者さんを紹介してくれました。

早速、Qさんが㈲〇〇設備さんに電話連絡したところ、「只今、立て込んでいるため、2日後に漏水調査に伺います。漏水検査は時間2000円、2時間を超えて漏水箇所が見つからない場合は、実作業に入ります。工事費用ですが、20~30万円掛かることもあります。」と…

2日後の漏水調査が、遙か先のことのように感じました。

で、マッピー決断、いつもお願いしている甲州市七日市場の廣瀬設備(090-2151-7738)さんに電話し、漏水の現状を説明し、漏水箇所の“修理のみ”を依頼しました。

漏水検査をお願いした御坂町の㈲〇〇設備さんは、Qさんが丁重にお断りしました。

掘削作業を行う前に、キッチン床下収納の箱を取外し、キャップ、LEDキャップライト、ヤッケ上下、長靴、膝パッドを装着し、狭い床下を這いずり回り、屋内に漏水が無いことを確認しました。

先ずは、“立ち上がり”と“折れ曲がり”箇所を疑いました。

先日、排水角枡をリペアしたばかりなので、それ程は考えずに地面を掘り出しました。



こちらは、給湯器の下側です。

GLから50~60cm辺りにVP管(内径13mm)を発見しました。

エルボ、チーズ、ソケットの何れもリークなしです。



こちらは、給湯器から量水器方向に2mの位置です。

リークはなしです。



次は、樹木の散水に使用する“屋外手洗い場”を疑いました。

インターロックを外し、掘り進みました。



排水角枡が上にあったため、2方向を掘りましたが、リークはありませんでした。



給湯器と屋外手洗い場の交点エルボもリークはありませんでした。

そして、交点のエルボから給湯器に向かって約3m、やっと手応えが…

キッチンに入るチーズが割れて、リークしていました。

チーズ折損の原因は、先日リークした排水桝と共に地盤が下がり、VP管が引っ張られてしまった感じです。



ここで早速、廣瀬設備さんにお越しを頂き、修理をお願いしました。

チーズは現状使っていないため、ストレートで接続してもらいました。

工事時間は僅か1時間弱、あっという間に引き上げて行ってしまいました。

廣瀬設備さんには、笛吹市への漏水分の減免申請もして頂きました。

埋め戻しは、勿論、マッピーが全て行いました。

で、数日後、請求書を催促したらやっと重い腰を上げ、「はいはい、マッピーさん、請求書!」。

何と何と、たったの7500円で仕上げてくれました。

これでは減免の申請代行費にも満たないくらいです。

「廣瀬社長、いつもお安くして頂いて、申し訳ありません。次は、給湯器が壊れそうなので、沢山請求して頂いて構いませんから…今回も、早急なご対応をありがとうございました!」とお礼を言いました。

ちゃんちゃん。

コメント   この記事についてブログを書く
« アマチュア無線な日 | トップ | 音楽科な日 vol.5 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

住宅」カテゴリの最新記事