さとし & まさとし

さとし&まさとし はとっても仲の悪い親子

読書な日 vol.140

2017年02月13日 | 読書
仲の悪い親子のマッピーです。

読書をしました。



太陽黒点 【森村 誠一】 角川文庫
------------------------------------------------------------
浅見隆司には、派手好きだが美しい妻がいた。

だが同窓会をきっかけに、彼女は浮気を始めた。

しかも相手は、浅見が学生時代筆舌につくしがたいほど虐げられ、今は八幡商事に勤めている江木だった。

八幡商事は、詐欺同然の手口で、父祖伝来の財産を奪い、父を死に追いやった元凶だった。

自分の怨念を風化させてはならない。妻を離婚し、浅見は復讐のため、立ち上がるが…。

新本格推理。
------------------------------------------------------------
多作同様、描写がとても細かいので、物語の場面が連想できました。

最初に話が行き詰った場面で“むささび小僧”出番!

次に話が行き詰った場面で“那須、草場刑事”出番!
コメント

読書な日 vol.139

2017年01月16日 | 読書
仲の悪い親子のマッピーです。

読書をしました。



黒い墜落機(ファントム)【森村 誠一】 集英社文庫
------------------------------------------------------------
最新鋭戦闘機「ファントム」が、南アルプス山中に墜落した。

その任務は極秘、事故は絶対に隠蔽せよ!

自衛隊首脳部は、秘密裡の機体撤収と目撃者の抹殺を命じる。

現場近くの寒村には、老いた村人と、それぞれの過去を持つ旅行客がいた。

突然、彼らを襲う理不尽な暴力。戦争のプロに対する、弱い市民のサバイバルをかけての絶望的な戦いが始まった。

息を呑む展開、怒涛の迫力。

「軍」の正体を余す所なく暴く社会派エンターテイメントの傑作。
------------------------------------------------------------
自衛隊が“悪の枢軸的存在”に画かれています。

森村 誠一氏が“自衛隊嫌い”ということが良く分かりました。

確かに武器を保持した集団は恐ろしい…
コメント

読書な日 vol.138

2016年12月16日 | 読書
仲の悪い親子のマッピーです。

読書をしました。



ガラスの密室 【森村 誠一】 光文社文庫
------------------------------------------------------------
東京・中野のアパートで七条由香の絞殺死体が見つかった!

この残忍な事件の解決は一見早そうだった。

第一発見者・北前真司の靴に由香の体液が付着しており、逮捕されたからだ。

だが、北前犯人説に疑問を抱く棟居刑事は、由香の部屋の天井にある覗き穴を発見、意外な目撃者の存在に気づく…。

最大のヤマは衆人環視の殺人事件!

森村推理の傑作長編。
------------------------------------------------------------
とても読み易く、楽しく読書ができました。

ストーリーの進捗も無理が無く、印象深かったです。

次は“森村推理”、何を読もうかなぁ…
コメント

読書な日 vol.137

2016年11月22日 | 読書
仲の悪い親子のマッピーです。

読書をしました。



滅びの宴 【西村 寿行】 角川文庫
------------------------------------------------------------
突如大発生し、甲府市を殱滅した数十億匹のネズミの大群は、二年前に滅び去ったはずであった。

しかし、強靭な生命力をもつ彼らは、歳月を経て蘇った。

二十億のネズミが、ついに多摩川の防衛ラインを突破!

さらに過激派の破壊工作により、首都・東京は火の海と化した…。

『滅びの笛』に続き、鬼才が世に問う衝撃の長編警鐘小説。
------------------------------------------------------------
全475頁、読み応えがありました。

しかし、ネズミは止まらい…
コメント

読書な日 vol.136

2016年10月21日 | 読書
仲の悪い親子のマッピーです。

読書をしました。



特攻(コンバット)刑事 -「複合監禁」を暴け!- 【南 英男】 祥伝社文庫
------------------------------------------------------------
短機関銃の連射音がテレビ局のスタジオに響き渡った。

首相弾劾の生放送を要求する武装集団が、女性歌手らを人質に占拠したのだ。

極秘指令を受けた警視庁の“特攻班”班長郷原力也は、悲鳴と銃弾の行き交うテレビ局にただちに潜入した。

さらに、次々と人質が凌辱される中、種子島宇宙センターを視察中の首相が何者かに拉致される!スリリングな警察小説の傑作。
------------------------------------------------------------
完読するまでに、とても時間が掛かりました。

毎回、南氏ファンをがっかりさせるような否定的な感想はいけませんネ…
コメント

読書な日 vol.135

2016年09月22日 | 読書
仲の悪い親子のマッピーです。

読書をしました。



刑事魂(デカだましい) -新宿署アウトロー派- 【南 英男】 祥伝社文庫
------------------------------------------------------------
二年前の誤認逮捕によって、警視庁捜査一課から新宿署生活安全課に飛ばされた生方猛刑事に、殺人の嫌疑がかかった。

あろうことか殺人現場で昏倒させられ、犯人に偽装されたのだ。

しかも被害者は生方が密かに思いを寄せていた女流ピアニスト。

自らの嫌疑と彼女の無念を晴らすため、生方は彼女の故郷である雪の札幌へ飛ぶ。

そこでさらなる偽装工作が待ち受けていた。
------------------------------------------------------------
同じ語句が繰り返し、文章に登場しました。

意外性もなく、淡々と思い付いたような出来事を重ねて張り付けて行ったような物語のような感想をもちました。

既に購入してしまった在庫がありますが、次回は多分手にいたしません。
コメント

読書な日 vol.134

2016年09月02日 | 読書
仲の悪い親子のマッピーです。

読書をしました。



蛇蝎 (『毒蜜』多門剛シリーズ)【南 英男】 祥伝社文庫
------------------------------------------------------------
ホテルのラウンジに銃声が轟いた。

ヤクザ同士の抗争ではない。

多門剛(たもんごう)は犯人の拳銃を見て訝った。

素人が入手できるものではない、と。

その直後、「ネット・オークションで拳銃を売っていて、俺たちのシノギができなくなる」とヤクザが泣きついてきた。

インターネットを使った新手の商売か?

やがて捜査に乗り出した多門を狙う、美貌の女殺し屋とは?
------------------------------------------------------------
多門剛シリーズを初めて読みました。

シュワちゃん映画並に「弾は当りましぇん、多門氏に…」。
コメント

読書な日 vol.133

2016年08月06日 | 読書
仲の悪い親子のマッピーです。

読書をしました。



神話の里 殺人事件 【西村 京太郎】 双葉文庫
------------------------------------------------------------
大手銀行監査役を退職し、歴史研究会で活躍していた桜井信行が自宅で自殺した。

そこには元警視庁刑事部長・塩田久男宛に「神話の里で、人を殺してしまった」という遺書が残されていた。

捜査に乗り出した十津川警部は遺書に書かれた事件を追う。
------------------------------------------------------------
文章がくどくどと重複していました。

ハッキリ言いますが、オススメしません。
コメント

読書な日 vol.132

2016年07月18日 | 読書
仲の悪い親子のマッピーです。

読書をしました。



オホーツク殺人ルート 【西村 京太郎】 講談社文庫
------------------------------------------------------------
北海道の観光地めぐりだけ、という好条件のアルバイトに狂喜した女子大生ふたり。

存分に旅を楽しんだあと、彼女らは別行動をとる。

ところが直後、ひとりはサロマ湖畔の砂丘に埋められた!

同じ頃、伊豆下田では女性作詞家の死体が発見された。

二つの事件の背事に浮かんだ人物とは?

新境地をひらいた旅行ミステリー秀作。
------------------------------------------------------------
読んでいるうちに誰が何日に殺されたのか分からなくなってしまいました…
コメント

読書な日 vol.131

2016年07月02日 | 読書
仲の悪い親子のマッピーです。

読書をしました。



青に染まる死体 勝浦温泉 【西村 京太郎】 文春文庫
------------------------------------------------------------
日下刑事は困惑していた。

大学時代の友人浜田に誘われ、紀伊勝浦温泉を訪れた日下は、そこで起きた溺死事件の容疑者として浮かんだのが浜田であることを知る。

しかし、そのアリバイは日下自身によって証明されていた。

浜田は犯罪者なのか。

表題作ほか、十津川警部の推理が冴えるトラベル・ミステリー傑作集。
------------------------------------------------------------
1.愛と死 草津温泉
2.友の消えた熱海温泉
3.青に染まる死体 勝浦温泉
4.偽りの季節 伊豆長岡温泉

短編集ですので、残りの頁数で勝手に推理をしてしまいます。
コメント

読書な日 vol.130

2016年06月13日 | 読書
仲の悪い親子のマッピーです。

読書をしました。



葬った首 【清水 一行】 徳間文庫
------------------------------------------------------------
ともえ建設不動産部の及部は、病院を経営する黒田が所有する不動産を巧妙に処分し、儲けた腕を見込まれ、黒田の私腹を肥やす裏金作りの手伝いをすることになったが…。

表題作他、経済社会を通し、現代に生きる人間の姿を活写した傑作集。(『財界重鎮』改題)
------------------------------------------------------------
とても読み易い短編集でした。

1.財界重鎮
2.救済者(メサイヤ)
3.葬った首
4.事業への野望
5.妄想の城
6.足音
7.猟犬の眼
8.崩落の歯止め
コメント

読書な日 vol.129

2016年05月12日 | 読書
仲の悪い親子のマッピーです。

読書をしました。



秘密な事情 【清水 一行】 角川文庫
------------------------------------------------------------
早朝、オーナー直々の電話を受けた東京広報部次長の堀川は、誘いのあった転職のチャンスがとおのいたことを感じた。

活発な宣伝活動を支える巨大な予算枠のかげでおきる不正。

社の暗黒面を、オーナー命令とはいえ、のぞく結果となった堀川は、自らの足許の崩れゆくのを知りつつも、社のイメージを守るために、ウラ広報に徹する以外にすべはなかった。

大企業の暗部を守るウラ広報の実態と中堅管理職のやり場のない苦悩を赤裸に描く長編企業小説の野心作。
------------------------------------------------------------
【読書感想】

いままでに拝読した清水一行氏の作品の中で最低…

文字サイズが大きく、会話が多いため、1頁当たりの文字総数は極度に少ない感じ。

物語のスケールが小さくて、やたらと貧乏臭い。

方言が多く、読むのに手間取る。

コメント

読書な日 vol.128

2016年04月14日 | 読書
仲の悪い親子のマッピーです。

読書をしました。



動機 【清水 一行】 角川文庫
------------------------------------------------------------
本州銀行取締役・亘理靖皓は、手にしたナイフを「週刊内外」記者・中西の心臓に深々と突き刺した——。

二年前、取締役昇進目前の亘理に、愛人と子供の存在を掴んでいるという中西からの電話が。

そこから彼の苦悩が始まった……。

傑作長篇。
------------------------------------------------------------
やったネ、報復!
コメント

読書な日 vol.127

2016年03月10日 | 読書
仲の悪い親子のマッピーです。

読書をしました。



新人王 【清水 一行】 集英社文庫
------------------------------------------------------------
ベテラン競輪選手の事故死。

若手逸材を巡って交錯する男たちの情念。

ひとりの記者が惨事の背景を追うが…。

秘められた過去がまねく悲劇を描き、人間の本質を鋭く見据えた迫真のミステリ長編。
------------------------------------------------------------
競輪のルーツが勉強できたカモ…
コメント

読書な日 vol.126

2016年02月07日 | 読書
仲の悪い親子のマッピーです。

読書をしました。



紙の月 【角田 光代】 ハルキ文庫
------------------------------------------------------------
ただ好きで、ただ会いたいだけだった。わかば銀行から契約社員・梅澤梨花(41歳)が1億円を横領した。正義感の強い彼女がなぜ?そしてー梨花が最後に見つけたものは?!第25回柴田錬三郎賞受賞作。
------------------------------------------------------------


ちと重いカモ…


コメント