さとし & まさとし

さとし&まさとし はとっても仲の悪い親子

不思議な日 vol.4

2011年02月16日 | わたしの知らない世界
仲の悪い親子のマッピーは、不思議な体験をした事があります。

それは15年程前の事でした。

マッピーと会社の友人6名は、南伊豆に海水浴に出掛けました。

時期は、お盆だったと思います。

マッピー一行は午前中は弓ヶ浜で遊び、午後は大瀬に移動して来ました。

海水浴をしたり、釣りをしたりと行楽を満喫しました。

夜はテントを張って野営する事になりました。

明るい内に高台にテントを2張りしました。

夕食を終え、防波堤に夜釣りに出掛けました。

2~3時間で釣りを終え、やっとテントで寝る運びとなりました。

床に着きました。

何十分かして、皆が寝付いた頃です。

「ザクザク、ザクザク」、テントの周りを誰かが歩く足音。

マッピーは半寝状態でしたが、足音がうるさい事だけは覚えていました。

朝になりました。

朝食時に昨夜の一件が話しに出ました。

「昨夜、テントの周りを歩き回ったのは誰だったの?」



反応はナシ。

他の皆もうるさくて眠れなかったみたいです。

「???」

テントを張った場所は、診療所の隣りでした。

昨今ではトイレになっています。

昨夜の一件を浜のラーメン屋のおばちゃんに告げたところ、「おまえさん達がテントを張った裏の浜で、少し前に後手に縛られたドザエモンが流れ着いただよ」って…
コメント

不思議な日 vol.3

2011年02月09日 | わたしの知らない世界
仲の悪い親子のマッピーは、不思議な体験をした事があります。

それは15年程前の事でした。

マッピーと会社の友人10名程で宮城県の牡鹿半島に海水浴に出掛けました。

時期は、お盆だったと思います。

マッピー一行は、飛び込みで宿を探しました。

定かではありませんが、女川港の「おんまえや」周辺の宿で宿泊させてくれる事になりました。

夕食を済ませ、各部屋に移動しました。

皆、床に着きました。

マッピーは中々寝付けずにいました。

と言うより、上の部屋の宿泊者の足音がうるさくて眠れませんでした。

何時しか眠り込んで朝を迎えました。

皆、朝食に集まりました。

皆は、「ここでもう一泊したネ!」何て話していました。

マッピーが何気に、「昨夜は上階の連中がうるさくて眠れなかったさ!」と言いました。

皆は口を揃えて、「えっ?」っと言いました。

「何で?」とマッピーは尋ねました。

「マッピーの部屋の上には部屋はないよ…」って。



マッピーは気付きませんでしたが、その通りだったようです。

その朝、全員一致で旅館をチェックアウトしました。
コメント (2)

不思議な日 vol.2

2011年01月31日 | わたしの知らない世界
仲の悪い親子のマッピーは、不思議な体験をした事があります。

それは15年程前の事でした。

静岡県西伊豆戸田に海水浴に行った時の事でした。

時期は、お盆だったと思います。

夕方、戸田港近くの「壱の湯」に立ち寄りました。

熱い風呂につかり、海水を流しました。

友人と夕涼みに近くの河原へ出掛けました。

大して広い土手道ではありませんが、両脇に白いパイプの立った舗装道路でした。

辺りは大分薄暗くなっていました。

マッピーと友人のふたりは上流に向けてゆっくりと歩きました。

その時です。

左前方の橋辺りの急な土手を白い衣服(着物)の二人連れが川に向かって下って来るのが見えました。

額には黄色いキャップライトのようなモノを着けているように見えました。

マッピーは、「川の中洲の葦の中にウナギの掛けバリでも仕掛けに来たのかぁ?」などと考えました。

ふと右を見ると小さな交差点脇にバイクを停め、青年がうつむいて道端の白いパイプに寄り掛かり座っていました。

「ツーリングで疲れたのかなぁ?」などと友人と話しました。

数秒後、左側の河原に目を戻しました。

???

先程、土手を下って来た白い衣服(着物)の二人連れ見当たりません。

川の中洲には2mほどの葦が生えていましたが、大して広くない河原です。

橋を渡りながら、川の中洲辺りを覗き込みました。

目を凝らしましたが、二人連れの姿が見えません。

マッピーと友人は、橋の真ん中に立ち尽くしました。



そして反対側の土手道をただひたすら下流に向け走り続けました。

「何だったのだろう?」

未だに解決しては、おりません。
コメント

不思議な日

2011年01月23日 | わたしの知らない世界
仲の悪い親子のマッピーは、不思議な体験話を聞いた事があります。

それは子供の頃、母親から聞かされたお話でした。

〇〇叔父さんが危篤で、親戚衆が実家に集まったそうです。

親戚衆が雑談していると、地震でもないのに仏壇が揺れ、位牌が倒れたそうです。



その時間、他県で危篤状態だった〇〇叔父さんが亡くなったそうです。

と言った、不思議なお話でした…
コメント