さとし & まさとし

さとし&まさとし はとっても仲の悪い親子

資格な日 vol.34

2019年01月19日 | 資格
仲の悪い親子です。

毎日寒い日が続いています。

皆さまは、如何お過ごしでしょうか。

マッピーは、南アルプス市の㈱日立建機教習センタ 山梨教習所さんで、“高所作業車”の技能講習を受講して参りました。

㈱日立建機教習センタ 山梨教習所さんでの資格取得は、4回目になりました。



自宅雨樋の補修・メンテナンス時には、高所作業車のレンタルが必要だと以前から考えていました。

マッピー、2~3連の伸縮梯子を2F屋根に掛け、作業する度胸はございません。



正しい使い方をマスターすれば、高い所まで移動し、安全に作業ができます。

講習(学科・実技)は2日間でしたので、短期間に覚えなければならない事柄が沢山ありました。

受講者は、12H・14Hコース合計、10名でした。

マッピーは、小型移動式クレーンの資格を持っていたので、12Hコース(2日間)、費用は41,000円でした。

1日目は、8:00~16:10までの学科講習でした。※14Hコースの方は、18:30まで。

2日目は、8:30~9:10までの学科試験、9:20~16:45までの実技講習、16:45~18:45までの実技試験でした。

実技試験に要する時間は、1名10~13分程度でした。

実技講習は明るい時間帯、実技試験は照明を点灯した暗い時間帯でした。

実技試験の本番、明るい時間帯に覚えた移動点の目安やマーキングがハッキリ見えず、ミスを連発しました。

と・ほ・ほ…



今回は、技能講習を選択しましたので、“作業床の高さが10m以上の高所作業車の運転(道路上を走行させる運転を除く)の業務”が可能になります。※特別教育は、“作業床高さ2m以上10m未満”の業務が可能となり、費用は18,000円です。

高所作業車レンタルの際、技能講習修了証の提示を求められることと思います。
コメント

少林寺拳法な日

2019年01月14日 | 少林寺拳法
仲の悪い親子です。

皆さまは、如何お過ごしでしょうか。

マッピーは昨日、少林寺拳法の門を叩かせて頂いた“山梨石和道院”のお餅つき&鏡開き会に参加しました。



少年拳士、一般拳士、拳士先生、少年拳士ご父兄、ご招待客、約60名の方々が集まりました。



こちらは、山梨石和道院の道院長“福沢昭文 少法師”です。

道院長は初対面のマッピーに対し、入門・入会、稽古日程などについて、大変丁寧に優しく説明してくれました。

とても気さくな方ですので、初めての方も気軽にお問い合わせをください。

お問い合わせ先は、電話番号 055-263-8302、携帯電話番号 080-7690-8229、E-mail fukuzawa-szf@pref.yamanashi.lg.jp です。



こちらは、道院長が自宅南隣り(笛吹市御坂町成田2845)に個人的に建設された道場です。

道場内の床全面には、“柔法マット(FJ1000-B)”が敷き並べられているため、安心して受け身等の練習ができます。



道場の外でも、30名程が並んで稽古ができます。

当日、笛吹市 山下政樹市長さまにもご参加を頂きました。

日頃は“石和清流館”で、火曜日と木曜日に、少年の部 18:40~20:30、一般の部 20:00~21:45(合同練習:20:00~20:30)の時間帯にお稽古が開催されています。

次回お稽古ですが、明日は石和清流館の都合によりお休みですので、2019年1月17日(木)になります。

女性拳士も多数、修養されています。

お稽古の見学は、ご自由にどうぞ!

出来れば、下記連絡先にご一報を頂ければ、幸いです。

ひと声掛けるのが面倒な方は、窓越しに外からでも見学可能です。



 ※上記画像は、オンマウス+クリックで正規HPにジャンプします!

ではでは。
コメント

ミニボートな日 vol.47

2019年01月01日 | ミニボート
あけましておめでとうございます!

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

仲の悪い親子です。

皆さまは、如何お過ごしでしょうか。

親子はいつもの由比沖に、“ミニボート釣り”に行って参りました。

朝から晩まで遊んで来ました。

前日の天気予報では、あまり凪が良さそうではなかったので、ふたりともに心配していましたが、波、風もなく、逆に“べた凪”に近い感じで、楽しい時間が過ごせました。



で、結構良型、48cmの“黒鯛”が出ましたよ!



いつもの40m棚真鯛ポイントで、フロロカーボンハリス3・4号テーパ5ヒロ9号1本ハリのコマセ釣りを始めましたが、刺し餌のオキアミが毎回残って来る状況で、中々喰わせることができませんでした。

こちらのポイントでは、結局、黒鯛が1匹釣れただけでした。

気を取り直し、70m棚ポイントに移動しました。

こちらは、“イトヨリダイ”ポイントですが、一応、コマセ釣りを始めましたが、イトヨリダイが喰って来ないため、天秤からサニービシを取り外し、60号のオモリを取り付け、2ヒロ2本ハリに仕様変更しました。

底付きの向こう合わせで待つこと30秒、いきなり穂先がツッコミました。

のった感じは、あまり良型な手応えではありませんでしたが、予想通りの“甘鯛”が顔を出しました。

本命、真鯛や青物には出会えませんでしたが、まぁまぁの釣果でした。

次回は、内浦湾から8名乗りレンタルボートで出撃予定です。
コメント