彩雲弦楽器工房

山形市にあるギター等の弦楽器工房です。製作、メンテナンスや修理、改造はお任せください。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

製作過程を動画でお届けします

2021年05月24日 | 新作楽器

毎度の事ながらオーダーを頂いている方々にはお待たせしてしまい申し訳ないです

 

オーダーを頂いてから納品まで長いと1年以上かかってしまう事もあり

お客様には「ほんとに作ってるのか?」とご心配になられる方も多いかと思います

 

このブログもなかなかアップ出来なくてさらに疑惑は深まる・・・

 

という訳でその疑惑を払拭すべくyoutubeで製作工程をお届けする事にしました

ブログで画像と文章でお知らせするよりもより伝わりやすいかと思いますので

よろしければご覧ください。

 

チャンネル名は

「彩雲の楽器製作風景」

今日アップした動画はこちら↓

https://youtu.be/SUKQT0F6nfs

 

 

コメント

三浦コースケ氏の「浮雨-ふう-」

2021年05月01日 | 製作日記

三浦コースケ氏が弾いてくれている「浮雨-ふう-」

またアップグレードしました

 

今回は指板にインレイを入れたのと

 

 

Rolandの「GK-3」というピックアップを取り付けました

いよいよサイバーになってきた

 

 

ちなみにこのギターのオリジナル状態はこんな感じ

1枚目と全然違いますね(笑)

コメント

しっかり進んでます

2021年04月08日 | 製作日記

なかなか更新できなくてオーダー頂いている方々には申し訳ない気持ちです

 

ブログは更新していなくてもしっかり製作進んでいますのでご心配なく

 

今日は表板の状況をご報告

 

こちらはS様オーダーの「浮雨-ふう-」

サウンドホール周りにこういった装飾をするのは初めてなので

楽しみながらやらせて頂きました

 

 

 

こちらは福島のC様オーダーの「栗坊-くりぼう-」(左)と

滋賀県のN様オーダーの「粒鉄-つぶてつ-」(右)

栗坊はウクレレベース、粒鉄は全長約70cmのミニアコースティックギターです

 

 

 

こちらは「豆鉄-まめてつ-」です

右の表板はK様のオーダー品です

左のは特にオーダー品ではありません

豆鉄はミニガットギターです

 

 

 

こちらは真ん中が台湾のM様オーダーの「ら風楽-らふら-」

右のは寒河江のK様オーダーの「葫呂-ころ-」

左のはオーダー品でない「ら風楽-らふら-」です。

今回の「ら風楽-らふら-」は2本とも山口岩男さんの30周年記念モデルとほぼ同じ仕様です

「葫呂-ころ-」は「ハワイのどストレートのウクレレ」の音色をイメージして製作しています

 

 

まだ完成まで時間がかかってしまい申し訳ありませんが

もうしばらくお待ちください

 

 

 

コメント (2)

楽器の紹介

2021年02月24日 | 工房内の紹介

山口岩男さんの動画で使用楽器の紹介をする

「IWAO's Buddy」というシリーズでうちの楽器をご紹頂きました

 

まずはウクレレ「ら風楽-らふら-」

 

そしてミニギター(ガット)の「豆鉄-まめてつ-」

 

弦以外は全て木製のウクレレとレギュラーチューニングのミニガットギター

どちらもあまり世の中に出回っていない仕様かと思います

 

ご興味ある方は是非ご覧ください

コメント

今年もよろしくお願いします

2021年01月08日 | つれづれ

遅ればせながら明けましておめでとうございます

 

毎日バタバタで新年のご挨拶の投稿も出来ずにいました

 

今年の抱負をぼんやり考えていましたが

何といっても住まいも仕事場も新しい土地で始まりましたので

ここでの生活のペースをつかむというところでしょうか

 

仕事に関してはまだ作業場がしっかりと整っていないので

より仕事がしやすいようにブラッシュアップしていきたいですね

 

オーダーもたくさん頂いていますので

良い環境での作品作りを気合入れてやっていきます

 

とまぁ抱負と言えるかどうかよく分からない事をつらつらと書きましたが

本年も何卒宜しくお願い致します

 

 

 

 

コメント

1年振り返って

2020年12月31日 | つれづれ

今年もあとわずか数時間となったところでこの文章を書いています

 

私としては今年ほどあっという間に過ぎ去った一年は無かったかと思います

 

誰が何を狙っての事かは一般庶民の私は存じ上げませんが「コロナウイルス」なるものが蔓延し

マスク大嫌いな私としてはお店に入るのも億劫になりました

 

そんな中、公私共に色々と大きめな動きがありました

その中でも工房の移転はなかなか大変でした

 

数年前から移転の計画を進めてきてようやくという感じでしたが

いやぁ~ 進まない進まない

一応新しい工房で仕事はできていますが

まだまだやらなくてはいけない事が盛りだくさんです

納期が遅れる事が多くお客様にもご迷惑をおかけしてしまう事もしばしば

 

「あれもしなくては、これもしなくては」

なんて思っているうちに大晦日(苦笑)

 

まぁ 元気に働けているので「良し」として今年1年の総括にしたいと思います

 

この面白くもないブログを読んで下さっている方々にも御礼を申し上げ

暮れのご挨拶とさせて頂きます

 

来年もどうぞご愛顧の程よろしくお願いいたします

 

彩雲弦楽器工房 下嶋隆弘

 

 

 

 

コメント (2)

震災応援企画の終了

2020年12月12日 | 工房内の紹介

2011年3月11日  東日本大震災発生

震災発生後「震災応援企画」としてピックの販売売上を寄付させて頂きました

ご協力いただいた方々に感謝申し上げます。

この企画を始めた当初半永久的にやる予定でしたが私の力不足もあり
ほとんど売上があがらない状況が続いていますのでこの企画はここで終了とさせて頂きたいと思います

長い間ご支援のほどありがとうございました。

 

最後に集まった売上は前回同様「みんな共和国」さんに寄付致しました。

コメント

再開

2020年11月03日 | 工房内の紹介

1週間以上移転作業をしていますが

全く終わる気配がありません・・・

果たして終わる日が来るんだろうか・・・

 

そんなこんなで展示室等はまだ全くできていませんが

一応メインの作業場だけはなんとか形になってきたので仕事の受付を再開致します

 

しかし塗装場等の設備がまだ出来ていないので一部出来ない作業もあります

その為少し納期を頂く事になる場合もあります

何卒ご理解の上、ご了承いただければ幸いです

 

今日ちょっとだけ作業してみましたが

 

良い

 

すごく作業しやすい気がする

一つ一つの道具の置き位置をいちいち考えながら配置していったので

その効果が出ているんだと思う

 

でも、それじゃあ時間かかる訳だ(苦笑)

 

 

新しい工房の情報はこちらをご覧ください

 

http://saiun-koubou.com/shopdata.html

 

 

 

今後とも何卒よろしくお願いいたします

コメント

引っ越しにつきしばらく工房を閉めます

2020年10月20日 | 工房内の紹介

いよいよ25日に工房引っ越しします

 

というわけで突然ですが今月いっぱいは修理の受付は中断させていただきます

お客様には大変ご迷惑をおかけしてすみませんが何卒ご理解いただけますと幸いです

 

 

こちらは新工房の外観

 

毎日バタバタしていますがオーダー品もしっかり進めています

 

こちらは宮城のY様の「椎華-しいか-」

 

こちらは米沢のI様の「夜菜-よな-」

 

こちらはO様の「粒鉄-つぶてつ-」

 

いづれも塗装前の写真ですが実際は塗装の終盤に入っています

 

 

 

コメント (6)

もうちょっと・・・

2020年09月23日 | 工房内の紹介

久しぶりの投稿になりましたが

いまだに移転完了していません(苦笑)

 

お客様方には大変ご迷惑をおかけしていますがもう少しお待ち下さい

 

改装はほぼほぼ終わっておりますがなんせやらなくてはいけない事が多すぎて

 

こちらは工房の展示室になる予定の部屋

なかなかいい感じかと

近所の山で切って頂いた木を使用しています

これぞ地産地消

 

 

 

合間にオーダー品も進めています

 

こちらは宮城のY様オーダーの「椎華」

 

こちらはO様オーダーの「粒鉄」

 

こちらは米沢市のI様オーダーの「夜菜」

 

 

コメント

お知らせとお願いとお詫び

2020年07月14日 | つれづれ

皆様には日頃からごひいき頂き誠にありがとうございます

 

今日はタイトル通りお知らせ&お願い&お詫びを申し上げます

 

ただいま工房移転作業に伴い、非常に立て込んでおります

 

オーダー品や修理をご依頼頂いているお客様にはお待たせする事になり

非常に心苦しい状況となっております

 

また工房を留守にする事が多く

いらっしゃるお客様にもなかなか都合を合わせる事ができずにいます

 

大変恐縮ですが恐らく8月いっぱいまでは移転作業を主にする事になり

従来の仕事は移転作業の合間にする事になりそうです

 

いまお受けしている仕事はできるだけ早くさせていただきますが

これからお受けするご依頼は納期は未定とさせて頂きます

 

ご迷惑をおかけしてすみませんが何卒ご理解の程を頂けますと幸いです

 

新工房が出来た暁にはがっつり仕事させて頂きますので今しばらくご勘弁下さい

 

 

以上誠に勝手ではありますがお知らせ&お願い&お詫びでした

 

新生彩雲弦楽器工房に向けて邁進中!

 

コメント

箱になりました

2020年06月16日 | 製作日記

たまに雨の日もありましたが晴れの日を狙って無事ボディを箱に出来ました

 

こちらはY様オーダーの「椎華-しいか-」

スペイン式ですのでネックがくっついています

 

 

こちらはO様オーダーの「粒鉄-つぶてつ-」

 

こちらはI様オーダーの「夜菜-よな-」

正面から見るとノンカッタウェイっぽいですが

しっかりカッタウェイ仕様です

はみでた部分は後で削ります

 

とりあえずここまで来たら一安心

 

 

続きもしっかり進めます

コメント

なんとか梅雨前に・・・

2020年06月07日 | 製作日記

今の季節は暖かく、乾燥しているので箱物の接着作業にはうってつけの季節です

梅雨に入る前になんとかボディを箱にしたいと思います

 

というわけでこちらはブレイシングの成形作業

O様の「粒鉄-つぶてつ-」です

 

こちらはY様の「椎華-しいか-」

ネックをトップに接着しています

 

今週いっぱい晴れが続けば大丈夫

 

 

*ギター、ウクレレの製作をウェブでも受け付けています。
 詳しくはこちら
http://saiun-koubou.com/weborder.html


*ギター、ウクレレの修理・調整も随時受け付けています。
 お気軽にお問い合わせ下さい。
 http://saiun-koubou.com/index.html

 

 

 

コメント (2)

今夜が山田

2020年05月24日 | 製作日記

有難い事に、頂いているオーダー品の製作に取り組んでおります

 

こちらはネックのヒール加工

ドイツ式ダブテイルのセットネックはボディとネックを別々に作った後に

「がっちゃんこ」とくっつけるので比較的製作工程全体の後半にあります

ところがスペイン式のスルーネックだとかなり初期の段階でネックとボディを接続します

 

どちらの方式でもネック接合の工程は神経を使うのでギター製作の山場になります

 

ドイツ式だと

「あぁ、この後ネックセットがあるんだよなぁ」

 

となりますが、スペイン式だといきなり山場が来るので

「もう終わったもんね~」

となる

 

学校で注射を受ける時に

列の最初に並ぶか後ろに並ぶかの精神的な違いのようなもんです

 

どっちがお好みでしょうか?

 

 

 

久しぶりの今日の一枚

「カマキリの赤ん坊」

カマキリの赤ん坊、初めて見た

どこにいるわかりますか?

 

 

コメント (2)

豆鉄-まめてつ- 百弐拾八号

2020年05月01日 | 新作楽器

今日ご紹介するのは以前ご紹介したミニギターと一緒に制作した楽器です

 

上記のギターとの違いはネックにスプルースを使ったのと塗装です

スプルースネックにしたせいか、ほんのり温かみがあるような気がします

気のせいかもしれませんが、やはり個人的には針葉樹が好きなんです

 

仕様はこんな感じ

--------------------------------------------------------------------------------------

弦長・502mm

表板・イングルマンスプルース
側、裏板・インディアンローズウッド
ネック・スプルース
指板、ブリッジ・インディアンローズウッド
塗装・ラッカー(ヴィンテージフィニッシュ)
ペグ・ゴトー ステルス

--------------------------------------------------------------------------------------

 

このギターも「ら風楽」同様、岩男さんに弾いて頂いております

感謝

コメント