ウッドなベースのギター弾き

ウッドベースとギター使いのJAZZCATの、音楽どっぷりの雑話。プレイヤー受けを狙っている。

譜面は参考程度に・・・・

2017-04-19 21:11:27 | ジャズ

これまでも感度か発言してきたんだけどね、
売り譜面のオタマジャクシを鵜呑みにするのはどーかな・・・
という意見なんですよ。
最近も新曲に挑戦しようとしてて、手持ちの譜面集をいろいろ確認したんだけど、
YOUTUBEとかのオリジナル音源の聞こえ方と、譜面集が食い違ってる点があったりしてね。
もしかしたら、譜面集の採譜が、オリジナルでなく、アレンジされたバージョンの採譜かもしれない。
でも、

やっぱ、参考書だからねぇ、
「これはオリジナルからでなく、誰々のレコーディングバージョンを採譜しました」
とかも記載してくれればいいんだけどもネ。

最終的にはやはり耳コピですなぁ。
昔も、やはり今も~。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今後の演奏予定

2017-04-19 21:11:17 | 今後のライブ予定

月のカケラ・ラテン・ボサ・JAZZ・Kitei 等の予定です~  

4月~

28(金)山形市七日町の演奏酒場「八陽館」にて、夜20時頃から「オープンマイクの日」です。
 ジャンルに関係無く、ソロ演奏や各グループでの演奏などでお楽しみ いただけるイベントです。
 和洋ポップス、歌謡曲、Jazz、ボサノヴァ、ロック、なんならマジックやコント・落語まで・・
 ソロ演奏やユニット等で各団体6分~8分程度のステージパフォーマンスを、次々マワしていきます。
 参加者・観客とも、お一人につき1500円(ドリンク&プチディッシュ付)です。
 歌だけ歌いたいんだけど・・・という方も、ご相談いただければスタッフがギターでサポートできます。

29(土)東根市三日町のけやき交流広場にて開催の「大けやき音楽祭」にて昼12時頃から月のカケラの演奏。観覧自由です。
   また同日、18時半からホテルキャッスル1Fカフェラウンジ「PATIO」にて、カクテルJazzのMikiDuo(Pf&Bass)のスペシャルJazzライブ。
ライブチャージは無料ですがドリンクオーダー等をお願いシマス。

5月~

5(金)恒例の働くクルマイベントで、朝10時から七日町AZビルから東へ入る「一番街」での屋外ステージ演奏。
  10時からアコーデオン&ギターの「月のカケラ」
  11時から歌謡曲バンド「QPバンド」
  11:45から PF&BassのDUO「Jun」
  12:30から高橋玲子PFトリオ&Sax&GtのJazzUnit
  13:40からPopsバンド「奏芸」
  14:45から山形ラテンプロジェクト Tp・Tb・FL・PF・Bass・Perc等
 元気に一番街ストリートで演奏します。もちろん観覧自由です。

8(月)~10(水)山形市植木市にて夕方より「
月のカケラ」がストリート演奏予定。
  薬師神社隣護国神社正門わきの海鮮茶屋「まみがさき」(薬師町2-8-77 TEL622-2704)の前で
  18時30頃から演奏スタート。日替わりゲストもいろいろ予定してます。雨天時はお店で演奏。
  もちろん観覧は自由ですー。
12(金)夜7時45分からライブハウスMercyにてJazzBaseTrio(Bs YoKo・Pf ヒロキ・Drs 勲)がホスト中級ジャムセッション。
     強力なPfトリオをバックに、自分の大好きなナンバーを存分にプレイできまーす。チャージは1500円。
13(土)寒河江の寿司銀にて、月のカケラのお寿司ライブ。
16(火)夜7時30分からライブハウスMercyにてバイオリンJAZZカルテットVinoMusica」の定例ライブ。
  大変珍しいジャズヴァイオリンのユニット。クラシックの名曲やシネマ音楽、歌謡曲をJAZZアレンジでやったりしています。
  チャージは1500円。
18(木)夜7時30分から山形市Mercyにて、ボーカルナイトをやります。
   ジャズやポップス(和洋)シャンソン、などの歌に、アコーデオン&ギターのハイパーDUO「月のカケラ」が生伴奏をつけます。
        また、月のカケラDuoもミュゼットやジプシースイングなどを
スペシャルアレンジして演奏します。チャージは2000円です。
20(土)山形駅前メンバーズ天で、19時頃からVinomusicaのスペシャルライブ。チャージはお店へ聞いてみてー。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

えっ?ゲイリーバートンが来るの?

2017-03-28 23:07:51 | ジャズ

5月30日、山形テルサにゲイリーバートンと小曽根Duoが来るようだ。
あの、世界のバイブのゲイリーバートンです。
いやはや、あり得ませんナー。
山形で彼を見れるとは。
いきさつは知りえませんが、こんな機会は二度とないでしょうから
皆様、チケットのお求めはお早めにーー。

なんとチケットは一般4000円です!


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

火曜夜の「カルテット」終わっちゃったですネ・・・・

2017-03-22 23:06:15 | ひとりごと

自分たちのような立ち位置のアマチュア奏者が4人も出てくるストーリーだったからか
割と好んで毎週見ていました。
アマといっても番組のクラシック畑と我々ポピュラー畑の違いはあれど、
ストリートでの演奏シーンも随所にでてきて、結構みんな楽しそうに演奏してましたよねー。
最終回の展開では、カルテットのアンチファンから手紙が届き、
「あなた達は演奏レベルが低い、選曲もよくない、魅力はどこにも感じない、また聞きたいと思わせるところが無い。スキルの向上もない、将来も感じられない。名のある一流の演奏家と比べ、あなたたちが存在する意味は感じられない、まさに
ケムリのような存在だ。そんなあなたたちが、何故奏者をいまだにやっているのか、自分には理解できない。
(そういう自分も奏者を目指していたが、なかなか評価されない境遇のため、数年前に奏者を辞めた)
何故、評価されない状況に漬かりながら、いまだに奏者をしているのかー?どこに意味があるのか、私にはわからない・・・
というくだりがあって、
思わず自分の立ち位置を再考させられました。
こういう立場の奏者は、世の中にはホントたくさんいるんだよね。
プロとしてソレだけで生活できる奏者の下には、ソコを目指す(憧れる)何倍もの奏者がいると思いますヨ。
それぞれ、自分なりの演奏の意味合いを感じながら、納得しながら、生活しているんだよね。

「カルテット」番組最終回としては、明確な終止感があまりなかったように感じたけど、
トニックというより、いわばサブドミナントのメジャーセブンでエンディング みたいな。
なかなかに楽しませていただいた番組でしたー。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

琴とギターのDuo楽しかったっス

2017-03-12 22:31:09 | ひとりごと

先日、ノイジーダックにて琴とギターのDuo演奏をやりまして。
お相手が仙台在住の琴の先生でした。
一応自分も少々小型の13弦琴を所持してて、アソビ程度で鳴らしたことはあったので、
楽器の特性とかも事前にわかっていたのもあり、
納得いく演奏になったかなぁ。
例えばベネズエラやアイリッシュのハープと音の雰囲気は似ているところはあるので、
ギターとは合わないワケが無く-。
曲は、荒城の月、蘇州夜曲、コーヒールンバ でした。
演奏後、先生に、
爪を指先に長時間つけてて、指、痛くならないんですかー?
ときいたら、
「慣れですよー。ギター弾きと同じですぅ」
だって。
自分なんか、5分以上付けてたら、指先がうっ血してくるんだけどねぇ。
聞けば小学生のころから、琴を習い始めたとのこと。
そですかー、うらやましいというか・・・・
山形には勿論古典ものをやる先生は結構いるけど、ポピュラーまで弾く方は
滅多にいないんですよー。
また山形にこないかなあー。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加