Goo・ちょき・パーで、なに作ろう!

定年退職も近い年になると、人生を考えてしまいます。やはり、好きなことをやることが悔いのない人生になるのではと思います。

初めてのダイコン漬け!

2019年01月07日 20時55分35秒 | Weblog

2019年1月6日

僕の母は、自家製の美味しいダイコン漬けをする人で、近所や親戚から喜ばれていました。
でも入院や死去により、すでに4年間自家製ダイコン漬けを食べていません。

それからというもの、一人暮らしの高齢親父の世話もあり、週1は実家に帰るようになる生活になっていました。
草ボーボーだった菜園を復旧させ、土づくりにも熱心に取り組みました。
おかげで野菜の生育は良好となり、今年はたくさんのダイコンが育ち、処分に困るほど出来ています。

そこで、自分でダイコン漬けを作ってみることにしました。

その前哨戦が、この台車っていう訳ではありませんが。



ちょうど良い、干し台になりました。



一人暮らしの親父に、(天気の良い日の朝、日向に出して、夕方に納屋に移動を繰り返して~)と頼んでいました。



そうやって年を越した、1月6日朝。
弓型に曲がる程度乾燥が進みましたので、実行です。

準備段階として、皮むきです。
これは、母親がやっていた方法で、面倒ですが味が良く染みて、食感も柔らかいメリットがあります。
歯の弱い高齢者にも噛めるダイコン漬けになり、喜ばれていました。



長期保存のためには、《丸くなるまで乾燥》ですが、表皮が皺皺になると、ピーラーで剥くのは難しくなりますので、今日の決行としました。



この日は天気が良く、皮を剥いて更に4時間天日に干しました。
漬け樽も綺麗に洗って、良く乾かしました。



母親の技術伝承はされていませんので、『タクワン漬けの素』に印刷してある漬け方に従いました。
中期漬けーー15kg--弓型ーー塩1kg--米ぬか1.5kgを準備しました。



早朝、コイン精米機から集めた、新鮮な米ぬかです。



塩は、にがり塩を選びました。

各分量を、別の容器に入れ~



良くかき混ぜました。
ぬか床では、黄色いターメリックの色が無くなりました。



いよいよ、漬け開始です。
一番底に、ぬか床を敷いて、ダイコンを並べていきます。
真ん中には、実験的にカブを入れてみました。



ぬか床をまぶしました。



さらに、ダイコンを並べ重ねます。



また、ぬか床をかけて、次のダイコンを重ねます。



最後の一番上のぬか床は、(一番量を厚く)とありましたので、計画的にたくさん残しておきました。



ダイコン漬けの変色防止と品質維持のため、一番上をダイコンの葉で覆いました。



ここは、母が使っていた4畳半くらいの『漬物小屋』です。
たくさんの樽や重石がありますが、今まで開かずの間でした。
そこに運び込みました。
さて、重石ですが、30kg材料で、40kgの重石
15kgなら20kgかなと考えました。
母には無かったアイデアとして、重石は重いので、やや小さな樽(40リットル)に水を溜め、重石にしました。



浸透圧で出た漬け水が、うまく上がってくるのかの確認は1週間後しか出来ないので、6kg重石と水20リットルくらいとしました。
漬物石の重さ調整は大変です。
水であれば、重すぎたホースを使って『サイフォンの原理』で排水し、軽ければ水を追加すれば良いし、自由に調整できます。



さて、1週間後が楽しみです。
また、報告します。

最後に、投票ボタンを、『ポチッ!』とお願いします。

お願いイイネなら、『熊本情報』をクリックして、投票して下さい。

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 熊本情報へ

 ランキングに参加中です。

現在、15位に上昇中です。
引き続き 
~クリックして応援お願いします!
 

コメント

掃除機ノズル・タービンブラシの修理!

2019年01月04日 23時33分54秒 | Weblog

2018年末のこと!

妻は年末年始も忙しく仕事に出て行って、旦那はアレして、コレしてと言われた事をさばいていました。
ところが掃除機かけで、掃除機のノズルのタービンブラシが回らない事に気づきました
タービンの回転軸を見ると、長い糸がギッチリ絡まっていました。
原因が分かれば、取り除けば良いはずです。

カッターナイフや千枚通しを使って、綺麗に取り除きました。



ノズル後ろの平らなコロにも、ペットの毛がぎっしりと絡まっていました。



『これで良しさあ、回るかな』と、写真右上のタービンスイッチのコロを押そうとしたら、そこにあるべき小さなコロがありません
軸受けの2つのプラスチック支柱があるだけです
『外れて、無くしたんだ



(・・・最近使った時に、外れて吸い込まれたのかもしれない・・・・)という淡い期待をして、袋を解体し、埃っぽいゴミを分解し探しました。
なかなか見つかりません・・・(何かわからず、捨てられたか・・・既に捨てた袋の時に外れたのか・・・)不安な想像だけ埃のようにわき立ちます。
(もしも見つからないなら、小さな代替えコロと軸を作らなければならない・・・この忙しい時に、厄介な事になった~・・)など思いながら、ゴミを漁りました。



『あった~良かった
フェルトのペットの毛に絡まっている塊を見つけ、その中にコロが。
ペットのトイレチップに混じって、光る軸が見つかりました。



ところが、軸は『横刺し』でコロを固定するのではなく、2本の軸受けの2つのプラスチック支柱を広げて押し込むタイプの様です。
しばらく外から嵌めようとしますが、固くて入りません。
仕方なく、分解することにしました。
開けてびっくり中も埃に毛だらけです。
ところが、開けている時に、何かピーンと飛び去るものがありましたが、想定外の飛翔物の行き先を目で追うことが出来ませんでした。
この部品探しに、とんだ時間を費やしました。



不安な中にも、ともかく回転ブラシを洗剤洗いし、それぞれの部品も刷毛と掃除機で綺麗にしました。



タービンスイッチのコロは、ラジオペンチを使って、2本の軸受けの2つのプラスチック支柱に押し込めて何とかはまりました。
こんな固いのがどうして外れたのか分かりません。



ピーンと飛び去ったのは、このバネでした。
ノズルを使っているときには、重さでタービンスイッチのコロが押し込まれ、スイッチが入り、ノズルが空中に上げられている時にはコロが飛び出て、タービンブラシのスイッチが切れる仕組みです。
コロを戻すバネなので、無くす訳にはいきませんので、這いつくばって探し、やっとの思いで見つけることが出来ました。
見つかったものの、どうはまっていたのか分かりませんが、試行錯誤でやってみて、こうしなければ、コロが戻らないので、この様に取り付けました。



スイッチも、どうはまっていたのか分かりませんが、試行錯誤でやってみて、ここでなければ、スイッチの入り切りが出来ないし、取り付ける位置も無いので、この様に取り付けました。



開けたら、蓋をすれば元に戻りそうですが、モーターがはずれる・タービンのコロもスイッチも、バネも外れる・やっとはまったと思ったら、電線を噛みこんで、1mm位閉まらないので、またやり直し・開けたらまた、モーターがはずれる・タービンのコロもスイッチも、バネも外れる・・・を何度か繰り返し、やっと綺麗に元に戻せました。



スイッチオン
勢いよく回りました。
2時間もかかって、やっと掃除の再開になりました。
もう、すっかり疲れてしまいました。





最後に、投票ボタンを、『ポチッ!』とお願いします。 

お願いイイネなら、『熊本情報』をクリックして、投票して下さい。

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 熊本情報へ

 ランキングに参加中です。

現在、36位に落ち込んでいます。
引き続き 
~クリックして応援お願いします!
 

コメント

金床(かなとこ:アンビル)づくり!

2018年12月27日 21時51分13秒 | Weblog

2018年12月24日(天皇誕生日振替休日)

今日は天皇誕生日の振替休日で、近所の2つの事業所も休み
それに、一番怖い妻は仕事で不在、誰もいません
チャンスを活かすべく、午前8時には作業に取り掛かりました

ところで、金床(かなとこ)とは、アンビルとも言われています。

鍛冶屋さんで、焼けた鉄を鍛造する時に、焼けた鉄をこの上にのせて叩くための鉄の塊です。
写真は、3年間通った鍛冶屋・人吉市の岡秀(おかひで)さんの金床です。
コンクリート台に埋まった金床は、たぶん30~40kgあるのでしょう。
いくら叩いても、ビクともしません。



素人がこんな立派な金床を必要とする訳でもありませんが、趣味で鍛冶屋まがいのことをしようとすると、何らかの金床が必要となります。
実家で、昔の管理機のウェイト(エンジン前方の重し)を見つけ出し、金床にしていました。
ところが、面が狭くハガキの半分くらいの幅で、それも曲面なのです。
これを駐車場のコンクリートの作業場で叩くと、跳ね上がり、すぐに倒れます。

仕方なく、木枠で囲い、左足で木枠の端を挟んで固定して、叩いていました
根性でこれを使って、すでに数作品を作っていましたが、次の作品構想に備えて、どうにか金床を改善したいと思っていたのです。



そこで見つけたものは、『H形鋼』と言われる端材。
鉄筋コンクリート建物の支柱や、鉄骨ハウスの柱に使われるものですが、すっかりサビてます。

JIS規格 H-125X125X6.5X9 で、50cm、15kg程あります。
実は、前回の鍛冶で使ってみたのですが、カンカンうるさく、T字の羽に弾かれて使い物になりませんでした。




改善策として、手持ちのウェイトをこのHの隙間に挟み込んで、跳ね上がりのない金床にリニューアルする作戦です。
ところが写真のように、ウェイトの高さが勝り、ハマらないのです。
そのハミダシの厚さ、2mm。


金属を2mm削るのは大変ですが、やるしかありません。
最初は、直径10cmあったディスクグラインダーのディスクも、みるみる減っていきます。

叩きこんで、外してみて・・・また、削っては、はめてみて・・・



H形鋼の方も削ります。



半分位埋めると、何度も繰り返してもなかなか入らなくなりました。



おかしいなあ~と思って横からよく見ると、Hの軸に向かって、狭くなっているではありませんか!
つまり台形的に削らねばなりませんでした。




ギッチリと叩き込んだのは、しっかり噛み合って外すのも一苦労です。
手持ちのバール(釘抜)と角材で、テコの利用で外しました。



キズが付いているところが、キツイ処
そこを重点的に、かつ、台形的に削りました。



格闘の末、やっとフラットに入りました。



この後の溶接のため、接触面のサビを綺麗に落としました。
ディスクがずいぶん小さくなりました。



金属同士の接着は、溶接しかありません。
そのために作った、『36V、バッテリー溶接機』



久々の出番ですが、前回から勉強していました。



ゴーグルをして、いざ、溶接開始
左手に溶接棒、右手にスマホでカメラ撮影は、シャッターチャンスが難しいです。
アークが発生すると、おそらく5,000度を超える中で鉄材が熔けて、くっつけます。

 

あまり綺麗とは言えませんが、まあ、くっつけば良いです。



ウェイトが1個しかなく、半分の面積ですが、中央の一部部分の広さでも、これまでと比べると使いやすいはずです。
表面のサビを落とします。
もう、ディスクもすり減って小さくなり見えません。

師匠の金床は、いつも使っていることもあり、ピカピカでしたので、仕上げに荒砥石、中砥石で研ぎました。 

この日はポカポカ天気だったので、綺麗に洗って天日で乾かしました。 

研いだ後の表面です。
これだけツルツルなら問題ありません。

この後、オイルを塗って防サビをしました。
待ち遠しいですが、出番まで収納しておきます。

 皆さんには、全く関係のない『金床づくり』の紹介でした

最後に、投票ボタンを、『ポチッ!』とお願いします。 

お願いイイネなら、『熊本情報』をクリックして、投票して下さい。

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 熊本情報へ

 ランキングに参加中です。

ずいぶん投稿を休んでいたので、現在、奈落の底に落ち込み中です。
引き続き 
~クリックして応援お願いします!
 

コメント

インパクトドライバー永久バッテリー!

2018年10月20日 22時33分26秒 | Weblog

2014年頃

日曜大工をする者にとって、ドリル穿孔やネジ締めの電動ドライバー系は必須アイテムです。
現在、電動ドリルは2台、インパクトドライバー2台を使用中です。
インパクトドライバーはバッテリー式なのですが、難点は使用途中のバッテリーの放電や、寿命です。
バッテリーだけ、別に購入すると、1個で元の本体セット購入価格の半額にもなります。
しかも、この機種は既に在庫無しの製造中止でした。

 

本体は十分使えるのに、バッテリーが無いだけで使えないのは我慢できない
そこで、車のバッテリーを繋ぐことを思いつきました。
実験で、コードでインパクトドライバーの電極に繋ぎ、スイッチオン
ちゃんと動きました。



14.4Vに12Vの電源を繋いでも大丈夫か
そう思いながらも、インパクトドライバーのバッテリーの中身の蓄電池や配線を全部取り出し、電極を半田づけしました。



コンセントを利用したのは、収納ケースに収めるには長いコードはじゃまだからと、取り外し式にしたかったからです。



次に、車のバッテリーの+-を間違えないように繋ぎました。



大丈夫、ちゃんと動くし、力も余計にあります。
実用でも、車のバッテリーはへばることなく、十分使えていました。




実家の親父が一人暮らしとなり、実家での日曜大工のために、車のバッテリー式は実家に置くことにしました。

2017年頃

間を置かず我が家のために、新しいインパクトドライバーを買うことにしました。
ホームセンターでは、今や力の強い24V、18Vが主流になっていました。
でも、先々のことを考えると、電源を車のバッテリーから引ける事が経済的と考えました。
時代遅れ?の12Vが、特別安かったので、これにしました。
素人の日曜大工にはこれで事足ります。
バッテリーの予備も付いていました。




2018年10月

彫刻の穿孔作業で、予備のバッテリーの充電が間に合わない事がありました。
1年経過して、早くも充電能力が落ちてきたのでしょうか
そこで、こちらも車のバッテリーから電源を引けるように改造に取り組みました。2回目のトライです。
2個のバッテリーはまだ健在なので、1代目の改造の様に中身を取り出すわけにはいきません。

この電極と似たようなモノを作り、繋げなければなりません。
似たような形状で、口径のパイプを見つけました。




購入したのは、バッテリーに繋ぐ、クリップです。
規格30アンペアあれば十分です。




問題は、本体電極に接する電極でしたが、無用となった1代目インパクトドライバーの充電器が残っていましたので、それをバラして磨き電極にしました。



家庭用電灯線延長コードのオスコンセントに、半田付けすることにしました。
フラックスを塗り



半田付け。
綺麗に固定が出来ました。



半田ごて置きも、市販品はいろいろありますが、これが一番安くて安定も良いので使っています。



+・-極を付けました。



パイプの縁に切れ目を入れて、ズレ無いようにその凹窪みに電極を挟みました。



その電極が外れないように、内側から押さえる径のちょうど良いビー玉を見つけて、接着剤で固定しました。



クリップと電線との半田づけです。
プラス極完了



マイナス極完了



電源取りだしコードと、本体に接続する電極が繋がりました。



+・-極を絶対間違わないように符号を書き、車のバッテリーに繋ぎました。



元気よく回転しました。
成功です



これで、途中バッテリーがくたばっても、予備のバッテリーが製造中止になっても、車のバッテリー・車さえあれば安心して使い続けられます。

最後に、投票ボタンを、『ポチッ!』とお願いします。 

お願いイイネなら、『熊本情報』をクリックして、投票して下さい。

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 熊本情報へ

 ランキングに参加中です。

いったん一桁まで上昇して、また現在13位に下降中です。
引き続き 
~クリックして応援お願いします!

コメント

袋猫彫刻(仕上げ彫り編)

2018年10月15日 21時23分09秒 | Weblog

2018年9~10月

気づけば、半年も過ぎて季節も秋になってしまいました。
気温もやっと適温になり、やる気も加速度的に出てきました。
いよいよ仕上げ彫りに取りかかりました。



そろそろグローブの様な手に爪を付けなければなりません。
モデルのトラ君の再登場です。
何度も噛まれながら、指や爪を観察しました



既に老眼ですが、最近特に小さな作業が極端に辛くなっています。
そこで、妻のハズキルーペを借りて彫ることにしました。
テレビCMを称える訳はありませんが、こりゃ、優れものです



指は前に4本、親指は極端に後ろに付いていると、あらためて知らされます。



写真のように実際の爪は細いですが、細いと欠けやすい~そこでデフォルメ
イグザジェレイト 『exaggerate』的な誇張表現にしました。
実際は半分の厚みでしょう



右手の爪に取りかかりました。
が、またやっちゃいました。
薬指の爪が欠けてしまいました
破片はすぐに見つかりましたが、接着しても爪はたぶん取れると思いました。
トラの日頃の悪さの落とし前として、指を詰めてもらうことにしました。
(切っ先が折れた爪)



猫の指が開くところはあまり意識しませんが、本気で獲物を狙うときには、爪掛けの確率を高めるかの様に、本当に指を広げて爪を立てるんですよ



爪も終わり、表現箇所はだいたい終わりました
今度は、紙袋です。
平面の板ならカンナかけが出来ますが、曲面となればそうはいきません。
槍ガンナやノミで基礎彫りまでしましたが、仕上げとしてノミの刃を90度に立てて、引っ掻くようにし、なめらかな表面にしました。



ツルツルにする必要は無いと思いましたが、80番のサンドペーパーでざらつきだけ落しました。



たかが紙袋ですが、猫が入っている背骨の膨らみの尾根は表しました。
ホントはもっとグジャグジャの袋が常ですが、ドンマイでいいでしょ



爪の仕上げです
『トラ君、ネイルサロンで爪を研ぎましょうね~』と独り言を言いながら、尖らせました。



facebookには途中経過を何度かアップしていましたが、その反応の言葉の中に『画竜点睛を欠いている』という指摘がありました。
「(竜)りょうを(画)えがいて(睛)ひとみを点ず。」という読み方で、物事を完成するために、最後に加える大切な仕上げの例えで、『欠いている』とは、目(瞳)という最後の仕上げが不十分で、肝心なところが欠けていて、精彩がないと言われた事になります。 



まあ、自分でも分かってました。
瞳とは、『虹彩』と言われる絞りカメラのが、『水晶体』に入る光の量を調整している訳で、『角膜』の下にありますが、実際はなんの凹凸もありません。
彫刻刀の曲刃のRを使って、虹彩の縁取りを彫りました。



薄暗いリビングや玄関に放置した紙袋の中では、瞳孔は膨らんで通りかかる”獲物”を狙っています



確かに『画竜点睛』の仕上げです。



床の上に紙袋に入って、上の獲物の動きを追っているので、仰角30~45度かなと思っていましたが、猫目線で見るとだいたいそんな感じで見上げています
爪には、アドレナリンが行き渡っています




9月中旬には仕上げ彫りを終わっていましたが、休みの度に台風24号、25号と九州・熊本にも接近し、雨ばかり

2018年10月8日(体育の日:寒露)

朝から快晴、湿度45%と最適条件です。
艶出しニスor艶無しニスにするか悩みましたが、艶出しにしました。







半日で完全に乾いたので、玄関に飾ってみました。
気になるのは、妻の反応です。



夕方、ドアベルが鳴り、妻の帰宅です。
ドキドキ
玄関で何か言ってますが、聞き取れません。
再びドアベルが鳴りました
追いかけるように玄関に行くと、案の定、トラが居なくなっています
なんと、無造作に玄関ポーチに出されていました



半年もかかった『袋猫』は、とんだ結末になってしまいました。
まあ、これにめげることなく、また次の作品に向かいます。

『袋猫(中彫り編)』

『袋猫(粗彫り編)』

最後に、投票ボタンを、『ポチッ!』とお願いします。 

お願いイイネなら、『熊本情報』をクリックして、投票して下さい。

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 熊本情報へ

 ランキングに参加中です。

現在13位に上昇中です。
引き続き 
~クリックして応援お願いします!

コメント

袋猫彫刻(中彫り編)

2018年10月13日 20時46分59秒 | Weblog

2018年6~8月

耳が欠けたこともあり、梅雨に入ったらやる気もなくし、ずいぶんと放置していたら、なんと、カビが生えて情けない顔に



そろそろ、耳を付けないと・・・と思いながらも、耳が付けば彫りにくくなる後ろをせっせと彫りました。

木工ボンドをたっぷり塗って、ラチェットバークランプで挟みまた放置。
普通、あふれ出た余分のボンドは布で拭き取りますが、彫刻の場合は乾いて削り取るので、あふれるほど塗っています。



十分乾いたので、作業開始です。



修復した耳に注意しながら、『煩のくど(ボノクド)』を彫ります。



深いところは狭くて、彫りにくい



左手は袋の縁から出ていますが、手が欠けないようにと、縁紙を今まで残していました。
本来の縁まで削っていきます。



上から見たところ。
左手も、シッポも紙袋の縁から出てきました。



袋の中で、体と接する部分の彫りです。
今年の夏は猛暑で、うだる駐車場での作業は自殺行為でした。



主に休日の早朝の作業となりました。
紙袋と体の隙間は、鋭角になっていますが、奥の方なのでなかなか進みません。



ノミの穂先・首の長いのを選んで、奥を彫り進みます。



首の横も彫りにくい。



削り屑はすぐにたまって、彫りにくくします。
そのたびに重たい塊をひっくり返し、綺麗にしてまた彫ります。
ところが、この時とんでもない事をしでかしていました。



ふと右耳を見ると、ちょっとだけ欠けているではありませんか
いつだろ全く気づかなかった



この削り屑の中に、欠けた破片があるのは間違いありません。
作業を中断して探すけど、なかなか見つからない。
切りつめて、小さな耳に彫り直すか
別の木片で、欠けた形を彫り、それを接着するか
そんな葛藤をしながら、この削り屑を10分割にして、怪しい破片を拾っては当ててみて、ダメを繰り返しました。



警察の遺留品現場捜査の様に、10分割したものを一つずつクリアして、30分後やっと見つけました



接着するまで、また数日中断。



ホントは、あまりの暑さで、すっかりやる気をなくしていました。



今回はここまで。
9~10月の仕上げ彫り編も、お楽しみに。

『袋猫彫刻(粗彫り編)』

最後に、投票ボタンを、『ポチッ!』とお願いします。 

お願いイイネなら、『熊本情報』をクリックして、投票して下さい。

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 熊本情報へ

 ランキングに参加中です。

現在16位に上昇中です。

コメント

袋猫彫刻(粗彫り編)

2018年10月11日 23時04分55秒 | Weblog

2018年3月~5月

2代目トラはやんちゃ者で、紙袋が大好き
こっそり潜んで、通りかかる者に爪をかけるのが大好きです。
いつか、この可愛い仕草を彫ってやろうと思っていました。



材木は、高校時代の友達の連絡で伐採し貰った、直径60cm位もある柿の大木でした。
1月の吹雪の中、やっと一人で軽トラックに積み込み、実家に保管していたモノです。
これは、ほんの一部です。




チョウナで樹皮をはつり、大まかに木肌を出しました。



底面は、チェーンソーのバーを水平に当ててスライドさせたら、平面にすることが出来ます。



やっと、紙袋の四角い素地の準備が出来ました。



モコモコと波打っている木肌なので、ネコの入った紙袋の形に削っていきます。



凹の窪みは、予めチェーンソーで浅い・深いの切り込みを入れてカーブの曲面を出し省力化します。



溝底までガンガン削り取っていきます。



ノミと木槌でバンバンはつっていて、自分の親指を直撃してしまいました。
イターッ



紙とビニルテープで応急の手当てをしました。
関節まで痛み、ズキズキしてます。




暇暇の作業で、ここまで1ヶ月経過しました。



いよいよ、ネコを彫り始めました。
ざっとした輪郭を刳りぬき始めました。



まだまだ先が長いので、早々と手を細めると、欠けてしまう心配がありますので、今は棒状に止めておきます。



樹皮を剥いで乾燥が進むと、1ヶ月でヒビが目立ち始めました。



深いヒビなので、ここで切り落とすことにしました。
なんとかトラは収まる袋になりそうです。



さて、立体的なネコをどう彫り込むか



イメージの助けに、粘土でトラを作りました。



座右の粘土ネコを見ながら、奥行きを彫り込んでいきます。



鉛筆で描いては削って無くなり、を繰り返しながら、だんだんと彫り出します。



ざっと目を縁取り、鼻、口も猫らしくしました。



ネコと袋の隙間空間は深いので、ドリルで省力化。




そこにノミを入れて、だんだんと深めていきます。

 

少しずつ深めていきますが、深くなればなるほど、ノミの動く角度は狭くなります。



耳の後ろにノミを打ち込んだ時でしょうか
気づいたときには、欠けていました。



二つくらいの欠片を屑の中に見つけました。



欠片を大事に保管して、かえって彫りやすくなった耳の裏を深めました。
すぐに接着するよりも、今のうちに奥へ彫り込むことにしました。




シッポの方にも彫り進みました。



気分転換に、袋にも手を付けます。
大工道具の歴史では最も古くから使われてきた、手作りの『槍がんな』です。



これからの本格的な細部の彫りを前に、ある日は研ぎの一日になりました。



今回はここまで。
6~8月の中彫り編も、お楽しみに。

『袋猫(中彫り編)』

最後に、投票ボタンを、『ポチッ!』とお願いします。 

お願いイイネなら、『熊本情報』をクリックして、投票して下さい。

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 熊本情報へ

 ランキングに参加中です。

現在17位に上昇中です。
引き続き 
~クリックして応援お願いします!

コメント

ナタの柄を作りました!

2018年10月09日 21時56分48秒 | Weblog

2018年10月

僕の周りには仕掛品(作りかけ)が多い
例えばこれは、昔、ワラやトウモロコシ等の牛の餌を短くカットしていた、カッターの刃。
これをナタの刃にしようと柄に取り付けるためにと、厚さ6mmの板金をはめるためにディスクグランダーで コの字型 にカットしたのは1年以上も前の事



そのために家庭用溶接機を買ったり、結局使い物にならなくて処分。
それから、バッテリー溶接機を完成させるにも数ヶ月かかり、やっと溶接が完了



溶接したものの、適当な柄が見つからないので、また放置
9月になって2回の3連休で、偶然薪のストックの中から枝振りの良い樫の木を見つけました
さっそく電気カンナで柄を削り出しました。



イメージはこんな感じです。
ナタと柄の角度を、いろいろ考えました
刃先と取り付け軸と手元で結ばれる直角三角形が、
刃先と軸と手元=軸角 60~70度
軸と手元と刃先=手元角 20~30度
手元と刃先と軸=刃角 90度 
の三角形が一番効率よく打ち込めるとしました



柄に厚さ6mmの板金が通る穴を線引きし、ドリルで穿孔しました。
ミスした穴が2カ所あります。
この様に、わずか5~6cmの厚さの棒でも、見えない出口の向こう側に綺麗に貫通させるのは難しいことです。



ノミで、縁割れ防止に、数ミリ切り込みを入れます。



5mmの彫刻用ノミで、6ミリのほぞ穴をくり抜いていきます。



穿孔できました。
ケバケバのバリは気にしません。



さっそく、打ち込んでみました。



先の角度を念頭に、打ち込む長さを決めました。
キッチリ入って、このままでも抜けない感じです。



やはり、ピンが必要です。
6mmのドリルで柄と共に板金まで一緒に穿孔しました。



2カ所以上の穿孔の場合、2カ所目が振動でズレることがあります。
見えませんが、最初の穴には6mmのネジを裏からねじ込んで固定しています。



2カ所とも、綺麗にそろって穿孔できました。



6mmの真鍮棒を打ち込み、リベット頭づくり部分を考えて、2mm程長くカットします。



金床の上で、真鍮棒の頭を叩き、リベットの頭を両側に作ります。
これで、ピンが抜けることは絶対ありません。
万が一ピンを抜くときには、一方の頭を削り、ポンチで叩き出せば抜くことが出来ます。



完成といえば完成ですが、折角ですので、マイフィットグリップを作ります。
利き手の右手で握り、柄を包んでいる指の縁をトレースします。



手型がとれました。



ナイフで、大まかに凹くぼみを彫ります。



グラインダーで凹くぼみをなめらかに仕上げます。
熱で焦げますが、焦げ色も味にします。



柄を包む360度の凹くぼみをがつきました。



テニスラケットのグリップもテーピング等で、自分のフィットの型を作りますが、アレと同じ事です。



♪ ジャストフィット
山仕事で、刃物のケガで多いのは、力任せの振り下ろしで、遠心力負けによる『抜け』で刃物が手を離れて飛び去り、自分の足や周囲の者を切ってしまうことです。
ですから、グリップのジャストフィットには拘ります



完成です
約40年眠っていた、カッターの刃が、ナタに生まれ変わりました。



刃のカバーを付け。



刃のカバーにヒモを付けて完成です。
こんなナタは、世の中に、一つしかありません
自己満



さあ、今年もこれで頑張るぞ


 最後に、投票ボタンを、『ポチッ!』とお願いします。 

お願いイイネなら、『熊本情報』をクリックして、投票して下さい。

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 熊本情報へ

 ランキングに参加中です。

現在29位に下落中です。
引き続き 
~クリックして応援お願いします!

コメント

カケヤを作り直しました!

2018年10月08日 22時42分50秒 | Weblog

2018年9月~

今年の夏は異常に暑かったのですが、2020年オリンピックの年に燃やす、巻きストーブの薪伐採や薪割りをボチボチと続けていました。

カケヤとは、杭を打ち込む木製の大きな木槌ですが、薪割りでも使います。斧の割れ目に、くさびを打ち込み、カケヤで叩き込み割ります。
『矢(くさび)の、(掛ける(作用を及ぼす))=カケヤ』。

昨年作ったカケヤ(椿材)が、2個とも疲労により割れてしまいました。



カケヤがないと薪割りは進みません。
薪のために貰った、イチョウと思われる玉切り丸太を材料に、作り直す事にしました。



エンジンチェーンソーは近所迷惑のため、電動チェーンソーの出番です。



4辺をカットし、ざっとした矩形のハンマーの頭にしました。



週末の実家で、エンジンチェーンソーで、爆音を気にすることなく、平面にしました。



電気カンナで、一応のツルツル面にしました。



商品では無いので、まあだいたいの仕上げです。
各辺:22cm×長さ:30cm 1個
各辺:24cm×長さ:32cm 1個 を作りました。



省力化のために、電気ドリルで穿孔します。
しかし、ドリルって垂直に入れるのは本当に難しいんです。



ドリルで一方から24cmも貫通できなく、丸い穴なので、ノミと木槌で裏表側から四角に開けます。
この木槌(サルスベリ)も手作りです。



今回の穿孔の難しいところは、柄の先と手前では大きさが違うことです。
同じ大きさの四角い穴なら抜けやすいため、先が大きく、手前が若干(約5mm)小さくなっています。
つまり、穴をどちらかを小さく掘れば抜けにくくなりますが、これを24cm角材に穴を通すのは難しいんです。



トンネル掘りは、両側から掘り進められますが、山の地下で穴を合流させるのは高度な測量技術が必要と聞きます。
曲げ尺で表裏から正確に□四角を描いても、ドリルやノミが曲がって入ったらずれてしまいます。
表側、裏側の両方から彫り進め、なんとか綺麗に貫通しました。



さっそく柄を通してみますが、一度では入りません。



抜いてみると、色鉛筆の赤が着きますので、そこがキツイところです。



そこをノミで削ります。



何度か繰り返すと、だんだん入っていきます。



これくらいで良いかな
最初から緩いと、どうしようもありませんので、キツイ位がちょうどいい




カケヤの作用面は、縁が欠けやすいので、L字金具で絞りを付けました。



商品では、こんな大きなモノは見かけません。
樫製ではありませんが、壊れたらまた作ります。
ちなみに、この大きさなら市販品で幾らくらいするのでしょうか
各辺:22cm×長さ:30cm 1個 10,000円
各辺:24cm×長さ:32cm 1個 12,000円 かな
取らぬ狸の皮算用でした。
さあ、オリンピック目指して、薪割り頑張るぞ





 最後に、投票ボタンを、『ポチッ!』とお願いします。 

お願いイイネなら、『熊本情報』をクリックして、投票して下さい。

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 熊本情報へ

 ランキングに参加中です。

現在14位に上昇中です。
引き続き 
~クリックして応援お願いします!

コメント

長崎県 ハラサンギョウ(産業廃棄物等処理業)視察

2018年10月01日 22時03分54秒 | Weblog

2018年9月28日

僕たちの生活は、陽と陰、動脈と静脈、表と裏の関係に囲まれています。
スーパーでパックに入った鮮やかな肉を手に取るのは誰でも好きでしょう。
この様に普段は当たり前に、表の綺麗な世界・美味しく清潔な世界を享受しているのですが、実は裏方的に3K的な業があるから清潔で健康な環境が成り立っています。


今回は、長崎県川棚町にあるハラサンギョウ(産業廃棄物・一般廃棄物消却処理場・化成製造事業)の視察に来ました。



綺麗な事務所の横には、動物の霊を祀った神社がありました。



事務棟、2階の会議室に通され、説明を受けDVD視聴をしました。
ハラサンギョウの受け入れる廃棄物の大部分は、下水処理場の汚泥です。
他に、牛・豚・鶏など家畜が食用と加工される時に出る、不可食残渣と言われる、内蔵・血液・脂肪・皮・骨などです。



ハラサンギョウは、受け入れるこれら廃棄物の約99.9975%を飼料・肥料・建設資材、あるいは油は自社工場の稼働エネルギーとして再利用をしている優秀な工場で、循環型リサイクルに取り組んでいます。
化成工場部門では、飼料・肥料・ペットフードの原料を製造し、関連メーカーに出荷しています。



質疑応答をした後、いよいよ工場視察です。
タンパク質の異臭が立ちこめるため、不織布の防除衣を羽織り、ヘルメットかぶります。



工場の入り口です。死んだ家畜の持ち込みの場合、脳や骨髄を採取して、BSE検査(クロイツフェルトヤコブ病:狂牛病)が行われます。





取扱量の一番多いと聞いた、下水処理場の汚泥の搬入と遭遇しました。
生活廃水を出さない人は居ないから(洗濯もウンコをしない人)、誰一人自分には関係ないとは言えません。
汚泥ピットにダンプが持ち込みます。



投入ホッパーで、流動床敷き焼却炉へ投入され、800℃以上で焼却されます。
焼却灰はさらに1,400℃で液状に溶かし冷却固形化、最終的には石状の溶融スラグとして、アスファルトの砂利や建設資材として利用されています。



さて、動物の分類を初めて知らされました。
事故死や病死での家畜や、獣害駆除で殺されたイノシシ等の個体状態一般廃棄物として扱われます。

一方、屠畜場(トチクジョウ)で解体された、不可食の内蔵等。あるいはイノシシを解体して出た不可食の内蔵等の既に個体の形を無くしたモノは、産業廃棄物として扱われます。※豚も牛も食べられるのは体重の半分以下。

ちょっと悲惨な映像ですが、畜産業で無病や事故死、経済動物的からの老廃処分は避けられません。
知りたくも、見たくも無い部分ですが、こうやってどこか(業者)が処分することで清潔な生活環境が維持されているのです。



業界用語:カンカンと呼ばれる鉄製のボックスに、牛や豚が積まれています。





イノシシのウリボウです。
実は今回の視察目的は、害獣駆除により殺したシカ・イノシシ等の適正な処理方法の検討のためでした。
年間
何万頭も殺処分されていますが、ジビエ料理等食べられる個体は18%くらいで、個体を解体すると、さらに半分は不可食部ですので、駆除した害獣の91%は埋設、焼却処分されていることになります。



カンカンは、ローダーで運ばれ、原料ホッパーに投入され、細断されます。



ミンチ状に砕かれたモノは、ラメラポンプで処理工程に運ばれます。



これはクッカーと呼ばれるモノで、150℃の蒸気で1~2時間加熱し、水分が飛ばされます。
その蒸気は、クーリングタワーで水になり、浄化槽で処理されます。




次に、パーコレーターで、固形分と油分に分離されます。
固形分は圧搾機でさらに油分が搾られ、固形分は粉砕器で粉状にし、振動篩いでタンパクミール製品となります。
油(油脂・骨油)は、飼料の原料や、工場の燃焼油に使用されています。




立ち込める匂いと操業音がうるさい中、一生懸命聞き取りました。



営業的に可食部分を取り除いた、バラバラの鶏や豚等の産業廃棄物の処理工場です。
鶏の足や皮が見えます。



内臓、皮、頭です。



処理の流れはほぼ同じです。





固形分が粉砕され、粉状になったモノが貯まる貯蔵瓶です



振動篩いにかけられた後、フレコンバックに詰められ、関連工場に出荷されます。



初めての工場視察は、いろいろ勉強することが多く、非常に参考になりました。

昼食は、肉類はちょっと食べる意欲が落ちましたが、おおむら夢ファーム・シュシュ でバイキングで満腹。
ここは、大村海軍カレーが人気商品だそうです。

 


午後は諫早市へ移動。
貝津町にある、長崎県農林技術開発センターで、《鳥獣被害対策の捕獲・利活用を支援する新技術の確立》の視察です。




研究員のお二人から、長崎県の取り組みを聴きました。
・公共の研究機関で、イノシシ研究は10人位しかいない。
・長崎県は、年間3.5万頭のイノシシを捕獲しており、全国1位。
・狩猟免許所有者はH27年度で、網ワナ=2,571人 銃=726人    
   合計3,297人
・しかし、440人はなんの実績もない、タンス免許状態。
・捕獲隊は500チームあるが、捕獲のテクニックや質を高める、人の育成が課題。




・2012年度に狩猟免許所有者を対象に、捕獲従事作業で負担に感じている作業のアンケートを行った。
・有効回答 1,311件 Q:捕獲従事作業で負担に感じていることのトップは、止め刺し(技術)、止め刺し(精神的)、いわゆるトドメを刺す合わせて51% だった。
・そこでナイフを使わない、『電気止め刺し器の実証開発』に取り組んだ。



・バイクのバッテリーを使い、イノシシの心臓付近を狙い刺すと、19秒で失神、71秒で死亡させることが出来た。
・現在、スマート捕獲とスマートジビエ技術の確立に取り組んでいる。
・スマート捕獲は、運搬車両へのウィンチ装着、アシストスーツによる搬出負担軽減。
・スマートジビエ技術の確立は、狩猟後の感染症簡易検査キット。
・ICTを使った、個体情報のトレーサビリティ(捕獲場所・体長体重・解体精肉情報・消費者反応情報)を一貫して行える、ジビエツールのソフト開発に取り組んでいる。


以上です。
いかがだったでしょうか?
見たくも、知りたくもないところですが、知らないところで恩恵にあずかっている立場と、その様な業界・会社の頑張りに感謝しなければならないと思いました。


 最後に、投票ボタンを、『ポチッ!』とお願いします。 

お願いイイネなら、『熊本情報』をクリックして、投票して下さい。

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 熊本情報へ

 ランキングに参加中です。

現在15位に上昇中です。
引き続き 
~クリックして応援お願いします!

コメント

冷蔵庫のプラスチック棚修理!

2018年09月23日 22時25分41秒 | Weblog

2018年9月23日

冷蔵庫の中には、何枚もの仕切り板やプラスチックのトレー棚があります。
今朝、冷凍庫を閉めるときに『ガリガリッ』と音を立て閉まらない事態に。
もしやと引き出してみると、やはり
右奥の角がすでに重症的に割れていました。

放っておく訳いかないから、朝から修理にかかりました。
冷凍食品をクーラーボックスに一時避難させます。



歴代の冷蔵庫の棚も数年使う内に割れて、その度に修理していたので、特段難しい修理でもありません。
先ずは、綺麗に洗って、乾燥



修理は色々な方法をしてきましたが、割れた破片に小さな穴をあけ、糸で縫い合わせ、接着剤で固める方法が一番です。

穴を開ける予定個所に、マジックで印を付けて行きました。
割れの長さが広範囲だったので、全部で200箇所くらいの穿孔作業となりました。



人力のキリで開けると大変なので、ミニドリルを使いました。
が、プラスチックなので、7箇所も開けると、摩擦熱で溶けたプラスチックがドリルにまとわり付くので、それをラジオペンチで取るのが大変です。
面倒だけど、これを取らないと摩擦が増し、穴が ▼状に広がってしまいます。



全部の穴が開いたら、縫う準備です。
糸は、テグスを使います。(これは、鳩よけのテグスです。)



こんな感じで、破片を縫い合わせていきます。



ヒビはヒビを招くので、全部追いかけて縫い合わせます。



重症の右側奥を縫い合わせました。



左奥も割れて、ヒビが成長していましたので、こちらも縫いました。



接着剤は、透明な接着剤でも良いのですが、硬化まで時間がかかります。
冷めたら即固定出来る『グルーガン・ホットボンド』が一番良いと思います。



前面ベッタリでなくても、テグス糸を固定するくらいの塗布接着です。

 左奥角も接着しました。



全部の縫い合わせ接着が出来ました!



冷凍食品を戻して、完成です。


妻は喜んでくれましたが、『またfacebookに投稿したっじゃなかろうね余計な事アップせんでよ
余計な一言のゴッスン釘を撃ち込まれました
(参考になるなら、良いじゃん


最後に、投票ボタンを、『ポチッ!』とお願いします。 

お願いイイネなら、『熊本情報』をクリックして、投票して下さい。

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 熊本情報へ

 ランキングに参加中です。

ひと月投稿休むと、急落のランキングの世界。
現在42位に落ち込んでいます。
引き続き 
~クリックして応援お願いします!

コメント

ベランダ床下収納庫

2018年08月14日 12時40分50秒 | Weblog

2018年7~8月

我が家の花部門は妻の趣味ですが、培養土や堆肥等の袋があちこちに散在し、どうにかしようと思っていました。
しかし田舎の家のように余裕ある格納場所もありません。



そこで、目をつけたのが、サンルーフベランダの床下
しかし、40cmの床下高があるものの、15cmの枕木を敷いているので、出入り口は25cmの余裕しかない。
でも培養土や堆肥等の袋は15cmの厚さがあれば十分なハズ。
幅は床下の土台柱の間隔、58cmは取れそうだ。



実は、一番の抵抗は妻だったのです。
『床下にモノを入れると風通し悪くなるから、ダメ!』がその理由。
でも、ベランダの前は、植物の鉢で埋めてしまっているのは妻。
そこで強行した
ハンズマンから、カラーコンパネ・垂木タルキ等を買った。



問題は、可動をいかに軽くするか・・で、実家の一輪車のタイヤをノーパンクタイヤに交換した時に出た不要のタイヤ2個を利用した2輪の台車を作る事にしました。



正確に計っておかないと、出来上がっても入らないなら困ったことになるので、床下に潜り込み、タイヤ軸の高さや台車の大きさを決めました。



潜ったついでに、いろいろ押し込んでいる邪魔者を運び出し、地面を均平にしました。
もう、胸も背中も泥だらけです。



いよいよ、カラーコンパネの裏に線引き。
この当たりは、計測しているので迷ってもしょうがないから早い。



丸鋸で、台車の枠板を切り出しました。



ネジ止めするために、組み立て前に実際に入れてみました。
・横、大丈夫です。



長さ4m垂木の利用はこんな感じです。
一輪車のタイヤは、水道の塩ビパイプ等を止める、曲げ金具にしました。
垂木に19mmの軸穴を開ける事も考えましたが、外で取り付ける作業になり、出来上がってもタイヤが入りません。
タイヤは床下に潜って取り付けないといけない条件です。



コーススレッドをジャンジャンねじ込み、台車の枠を作りました。



垂木を受けにして、頑丈な台車が完成しました。



ひっくり返して、タイヤを挟む4本の垂木の間隔を決めました。
一輪車の軸と曲げ金具の Ω に隙間があったので、水道ホースを軸に突っ込みちょうど良くしました。
この段階では、タイヤは仮止めです。



タイヤを挟む4本の垂木の間隔が決まえば、またひっくり返して、底板のネジ止めです。
長い線引きには、墨壺が一番です。



表から見えない、タイヤを挟む4本の垂木に、ジャンジャン台車の底板を止めていきます。



さて、床下から引っ張り出す取っ手の作成です。
飛び出した垂木をそのまま利用しました。
18mmのドリルで穴を開け、鉄パイプを通す計画です。



鉄パイプの径は19mmなので、20mmのホールソーでさらに広げました。



1つ穴を開けて、手順の間違いに気づきました
外側から2本目には、ドリルが入らないのです。
とりあえず、1本目の穴にパイプを突っ込み、2本目に印をして、1本目の垂木のネジを全部外して、2本目の垂木を穿孔しました。



これを繰り返し、4本の垂木に鉄パイプを通しました。
が、4本をまっすぐ貫く穴を手に持つインパクトドライバーのドリルで垂直に開けるのは、実は至難の業かもしれません。
径のアソビの余裕は1mmですが、コンコン叩き込んでやっと貫通出来ました。



いよいよ、床下に持ち込み、タイヤの取り付けです。
曲げ金具 Ω で軸を押さえて・・・インパクトドライバーで・・・



狭くて、インパクトドライバーが入らない
高さが足りないのです。

また地上に這い出て、ユニバーサルジョイント(スネークアタッチ)を持ち込みました。



これでなんとかタイヤ2本を取り付けることが出来ました。
ところがこの時、2つのタイヤの径が違うことに気づきました。
なんと左の方が2cmくらい大きいのです。
これは、想定外でした。



2つのタイヤの轍の向こう側を2cm位掘り下げて溝を作れば解決出来ると思い、移植ゴテで少し掘り下げましたが・・・・



外に出てみると、やはり右側の大きなタイヤ側が上がって、全部引き出してみると、数カ所上に擦れるところまで現れました。



ギーギー擦れている



問題は、枕木にもありました。
向きの違う、写真右側の枕木が2cmくらい高いのです。
『こらーおおごて、しにゃた!』



ギッチリ敷き込んだ、枕木はビクとも動きません。
それに枕木の両小口も挟まれているので、まっすぐ上にしか出せません。
1本60キロくらいある枕木をなんとか引っ張り出し、中の敷き煉瓦を掘り下げ、土も掻き出す羽目になりました。
外部は35℃くらいの猛暑の中での作業で、もう滝のように汗が流れます。
のトラが目ざとくヒンヤリとした地面を見つけて寝そべり離れません。
猫の手も借りたいのに、邪魔になって仕方ありませんでした。



完成
と思い、あちこちの用土袋を詰め込みました。
ところが、重たくて仕方ない。
背筋力テストの器具みたいに力が要るし、あの中腰体制で引っ張り出しと押し込みの移動をするのは、絶対無理と悟りました。



それから、思案の日々がしばらく続き、解決策を考えました。
台車を持ち上げ引き出す、コロ付き器具を作る事にしました。
厚みのある三角板を切り出し、コロの軸穴を開けました。




平垂木と、コードの巻かっていたロール(100円)をコロ台車にしました。



台車の鉄パイプを引っかけ引き出す金具を、L字曲げ金具を叩き伸ばしてフックにしました。



こんな感じです。



引っかかりに、ボルトナットを付けました。



さっそく実験してみると、ボルトが長すぎて鉄パイプに引っかけるのに、クネクネと台車を動かさないと入らない。
引っ張り出すには問題はないのですが、これでは妻から『使い物にならん!』
のゲキが飛ぶこと間違いなし。




そこで、またハンズマンから、直線の金具を買ってきて、フックになるように先を叩き曲げました。



今度はどうだ



堅いと思っていた金具は、ぐにゃりと曲がり、引き出すことも出来ません。



そこで、補強として最初の金具と二重にしました。



引っかけやすいフックのR(アール)を持った金具と、強い金具の組み合わせです。



引っかかりはOKです。

今度は曲がることも無く、引き出すことが出来ました。



右側の余裕がありませんが、擦れる事はなくなりました。



出し入れを少しでも軽くするため、1方向キャスターを枕木側に取り付けました。



引き出しもずいぶんと楽になりました。



台車を持ち上げ引き出す、コロ付き器具とのセット利用とはなりましたが、これで見えない場所に収納することが出来る様になりました。



残念なことに、とうとう妻は喜んでくれませんが、袋の散乱が無くなっただけでも満足です。

最後に、投票ボタンを、『ポチッ!』とお願いします。 

お願いイイネなら、『熊本情報』をクリックして、投票して下さい。

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 熊本情報へ

 ランキングに参加中です。

現在 ランク15~17位を行ったり来たり。
引き続き 
~クリックして応援お願いします!

コメント

大葉・青じそジュースで夏を乗り切る!

2018年08月13日 11時45分21秒 | Weblog

2018年夏

まさか今年がこんなにあつい夏になるとは思いませんでした!
実は、青じそジュースをたくさん飲もうと去年から種を取り、春に種を蒔いていました。順調に大きくなり、ツマとしても生食に事欠きません。
本命のジュース作りは、6月から実家に帰るたびに作っています。



青じそには、緑のバッタやカメムシがついたりしますが、あまりの暑さで今年はほとんど被害がありません。
もちろん、被害が出ても農薬散布はしないし、ジュースには囓られた葉でも、古い葉でもかまわないので、選別も要りません。自給が一番安心安全です。

最初は、一枚一枚摘み取っていましたが、今では間引きも兼ねて、株を刈り取って、葉を採取する豪快さです。



1週間分4リットルの原液づくりには、おそらく何百枚と摘んでいます。



じゃぶじゃぶと洗って、籠で水切りします。



以前は洗った葉を、そのまま大鍋で煮ていましたが、今では包丁でザクザク刻んで入れています。
この方が、成分のβカロテンが良く出るようです。



鍋に入りきれない量でも、煮えた葉は容積を減らして、鍋に収まります。
クックパッド等では、煮る時間は5~10分とありますが、量が多いので15分くらい煮ています。
熱で栄養価が失われるのでは?と心配しますが、βカロテンは熱には強いそうです。
油との相性が良く吸収されやすいそうです。
大葉のテンプラや肉巻きあげは吸収が良いようです。



問題は、どうやって搾るかですが、果実搾汁器をもっていますので、熱いうちに搾っています。



ぺちゃんこになって、有効に搾れます。



包丁で刻むため、搾り汁を濾す行程が入ります。
原液の出来上がりです。
以前は、ここで砂糖やクエン酸を入れていました。
しかし、砂糖の量が半端ないことから、βカロテンよりも糖分の摂りすぎが心配になり砂糖を止めました。
でも、甘みと、酸味が合わないとおいしくありません。
今では、カロリーオフ炭酸飲料やジンジャーエールなど、2リットル100円位の一番安いのを買って、原液と炭酸飲料とを、6:4や7:3の割合で飲んでいます。



どんな効能があるかは、いろいろなサイトに書いてありますし、摂りすぎの弊害も無いそうです。()は、僕の感想です。

1.夏バテに効果的(ぜんぜんバテていません。)
2.糖尿病予防や便秘改善(全て良好。)
3.シミ撃退で美肌効果(加齢のシミまでは消えていませんが、肌は艶っぽいです。)
4.更年期障害や子宮筋腫などの婦人病(男の更年期障害?まあ、元気元気!)

パックに5枚くらい入って100円のシソとかとても使えませんが、菜園をお持ちなら、是非とも来年挑戦してください!

しそジュースの4つの凄い効能

しそジュースの作り方


最後に、投票ボタンを、『ポチッ!』とお願いします。 

お願いイイネなら、『熊本情報』をクリックして、投票して下さい。

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 熊本情報へ

 ランキングに参加中です。

現在 ランク15位まで、戻ることが出来ました。
引き続き 
~クリックして応援お願いします!

コメント

人吉海軍航空基地資料館 完成しました!

2018年08月04日 23時41分04秒 | Weblog

2018年8月4日

ここは、熊本県球磨郡錦町の高原台地(タカンバルダイチ)で、広大な台地が広がっています。
その昔、1205年頃、長頼と義高の決戦がこの辺りで行われ、台地が血の海になった事から、血敷原(ちしきばる)の戦いと呼ばれています。
武士の幽霊伝説もある所ですが、今日は心霊スポットが目的ではありません。



それはつい先日、8月1日にオープンしたばかりの、人吉海軍航空基地資料館に行きたかったからです!
ラジオで着工を知っていたので、完成を待ち望んでいたのです!



アスファルトのコールタールの色も臭いも新鮮で、内部も新築の匂いでした。
残念ながら、館内は撮影禁止でした。

知覧の記念館と較べたら小さいのですが、展示物や説明をじっくり読むことが出来ました。
特に、基地建設や、事務員として直接関わった、今は90歳代の3人の人の証言映像には、涙を誘うものがありました。



炎天下に外に出て、案内スタッフによる、飛行場滑走路の説明です。
『1943年(昭和18年)、当時、日本の戦況は悪くなり、多くの航空機生産と搭乗員の養成が急務となっていました。そこでこの平坦の台地に飛行場と基地建設の計画が持ち上がりました。』



『この年の11月から郡内各地から多くの民間人が徴用され、突貫工事で飛行場や倉庫、住宅等の建設が開始されました。 この道路が実際の滑走路の一辺で、下の方へ50mの幅の滑走路が延々と向こうの台地の端まで作られました。』



『当時はミキサー車も無く、砂と、セメント、水をスコップでこねて舗装されました。今は、畑の基盤整備で、段々と階段状に下がっていますが、当時はこの道路の高さで、水平でした。』



さらに、地下魚雷調整場の見学ツアー?があり、この山を徒歩で降りていきました。



山の中に作られた、真新しいコンクリートの階段を、約300m移動しました。



降りてしまうと、木上加茂(キノウエカモ)神社がありました。





いよいよ到着しました。
全員ヘルメット着用です。
『南方の制空権を無くした日本は、アメリカ海軍機による本土攻撃を受けるようになりました。そして先ほど見た人吉海軍航空基地も機銃掃射や空爆を受けるようになりました。1945年3月18日の攻撃では、航空隊9人が戦死し、この集落の4人(子ども2人)の民間人も機銃掃射で亡くなりました。この攻撃の後、またまた突貫工事によるトンネル掘りが始まりました。わずか数ヶ月で掘ったそうです。』

上の台地の母岩となっている断面に、横穴が掘られています。



『こっちと向こう側に開口部があり、直径5mのかまぼこ型のトンネルです。当時は、竹やスダレでカモフラージュされており、両側の1mほどの隙間から出入りしていたそうです。この看板の下の90cm四方のコンクリートは当時のモノで、多分歩哨の小屋があったのではと、思われています。』



『この岩肌を見てください。これは約9万年前の阿蘇山の大噴火による火山灰と軽石の堆積物です。(Aso-4期のモノ)温度が高いと、溶け合って溶結凝灰岩となり、柱状節理が出来たりします。溶けるまで高くないと、このように崩せる固まりになります。強度はありますが、ツルハシで掘れることで、数ヶ月で掘れたようです。』



いよいよ内部の魚雷調整場に入りました。



『ここの魚雷調整場は、このような通路、配置になっています。魚雷はこのコンクリートのドームに下で調整されていました。天井に穴がありますが、金属のフックが朽ちて残っています。これにウィンチ等で吊したりしたと思われます。』



『魚雷調整場は、一直線上にはありません。田の字型に掘られていますが、ズラシて作ってあります。これは万が一に爆発が起きたとき、誘爆を避けるためです。あと、ここで調整されていた魚雷は、飛行機の腹に取り付ける、直径50cm長さ5mの魚雷です。』



『この岩肌を見てください。ツルハシの後が残っているのが分かります。全て人力ですので、大変だったろうと思います。』



『これは、現代のモノで、コンバイン等を運ぶ、キャリアー(台車)です。このトンネルの所有者は数名いらっしゃいます。地下の所有権は、地上の山林の所有者が地下まで及ぶとう解釈です。ですから、私たちは許可を取って、視察コースにしています。今、このトンネルが現存しているのも、所有者が使って管理してこられたおかげと思います。』



この他にも、たくさん面白いお話をしてくれました。
記憶にはありますが、全部書くと見物人が減るかもしれないので、ほんの一部の紹介にとどめておきます。

興味持たれたら、是非とも行ってください。
入館料大人500円です。
カーナビ情報:〒868-0301 熊本県球磨郡錦町木上西(大字)
0966-28-8080

https://g.co/kgs/cwYvFg

参考のサイトです。
秘密基地

最後に、投票ボタン、『熊本情報』を、『ポチッ!』とお願いします。 

お願いイイネなら、『熊本情報』をクリックして、投票して下さい。

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 熊本情報へ

 ランキングに参加中です。

一ヶ月投稿を休んでいたので、表示外になってしまいました。
引き続き、
~クリックして応援お願いします!

コメント

バッテリー式溶接機完成!

2018年07月12日 21時02分03秒 | Weblog

2010年7月~

僕の工作技術に足りないのは、溶接技術です
それを克服しようと、今年3月には売り出し広告の家庭用の溶接機を、ホームセンターで買ったものの、家の契約アンペアが40アンペアで使えるハズだったが、たびたびブレーカーが落ちて結局、使い物にならなかったのです。
この投稿を見たfacebook友達の自宅は、6
0アンペアだそうで、幸いにもその溶接機を買い取ってくれました。

しかし、それからも頭の隅っこでは、中断された溶接行為が火花を散らし続けていました。


ある日の就寝時、YouTubeを何気なく見ていたら、『手作り溶接機』の動画が目に飛び込み、一挙に目が覚めました。
なんと、車のバッテリー3個を使った、手作り溶接機だったのです
『これなら自分でも作れる
それから1ヶ月間は、何人かの投稿動画を研究し、何を、どんな規格を買えば良いかを整理しました。

構想は固まり、いよいよホームセンターで買い物です

1:ホルダ 300A (溶接棒を挟むホルダです。規格は大電流に耐えられる300A)=1,700円
2:アースクリップ (ホルダと似た挟むクリップ式もありますが、C型クランプのネジ止め式にしました。)=2,500円
3:バッテリーターミナル(バッテリーの電極を繋ぐターミナル+-極セット)=429*3=1,287円




4:黒コード・マイナス極使用(規格は大電流に耐えられる200A)=1m743円*3m=2,229円
5:赤コード・ プラス極使用(規格は大電流に耐えられる200A)=1m743円*3m=2,229円
実は、最初の来店で黒コードの在庫が無く、約1mのぶつ切れコードだけが5本ほど残っているだけでした。
店員のお姉さんに、『今度入荷したら必ず買いに来るから注文しておいてでも今日のうちに繋がないといけないから、この1mの端切れをちょうだいよ』とオネダリして、税込み800円相当のぶつ切れコードをゲットしました。
もちろん、バッテリーどうしを繋ぐ明確な使い途のためです。( ´∀` )



6:防災面 (溶接アーク光から目を護るヘッド式メガネ)=3,050円
7:低電圧電気溶接棒(直径 3.2mm)=1,096円
:低電圧電気溶接棒(直径 2.0mm)= 620円



 9:固定車(溶接機を収納する移動式収納ボックス 固定型 50mm)=172*2=344円
10:自在車(溶接機を収納する移動式収納ボックス 自在型 50mm)=229*2=458円

以上、15,513円  税込みで 16,754円の買い物となりました。



とある休日、いよいよ組み立て開始です。
200Aコード黒の被覆を3cm位剥いて電極を、ホルダに繋ぎます。
200Aとなると、銅線もデカい 



200Aコード赤の被覆を3cm位剥いて電極を、アースクリップに繋ぎます。
ここで、疑問が湧かないでしょうか
普通、アースはマイナス極で、色は黒と思いがちですが、YouTubeの記事では、赤プラス極をアースにするとありましたので、そうしました




これで、両極が揃いました。



次は、バッテリーの電極を繋ぐ、ターミナルです。これも電工ナイフで被覆を剥いで、挟み込みます。



塩を吹いた中古バッテリーの鉛の電極をワイヤーブラシで綺麗にします。



実は、この作業で初めて、ターミナルの直径が  と  で違うことに気づきました。
マイナス極=12mm プラス極=14mm で、バッテリーの鉛の極も違うのです
プラス極が2mmほど大きく、間違うと使いものになりません
ばら売りのターミナルを買う時には、必ず+-を確認する必要があります。




電極どうしが200Aコードで直列に繋がれました。
この約20cmのコードは、あのお姉さんから貰ったものです。
別売りで、この接続コードの商品があるのですが、1本1,400円もしてました。




12ボルトの直列3連結なので、36ボルト、この短絡ショートでは、200A近くの大電流が流れるそうです。
コードの電流規格が低い50Aや100A規格は、単価も安いのですが、ここは安全第一でケチる所ではありません。



さて、出来る前から収納を考えて、ローラー(自在車・固定車等)を買ったのですが、このバッテリー3連と、コードをスッキリ収納する箱の構想がありました。



さて、このバッテリーもそうですが、一般に広く使われている 40B19L・Rのサイズだと、1個のバッテリーの重さは、約10kg もあります。これが、3個に、ターミナル、コード等合わせると、40kgになると予想していました。
つまり、収納ボックスには相当頑丈な板を使うべきと思いました。
そこで、不要の2つ折りの碁盤と将棋盤がありましたので、これを使うことにしました。
碁盤の線が目印になり、コーススレッドのねじ込みも、確実に出来ました。
収納ボックスの外枠の出来上がり、これを当てて底板を線引きしました。




丸のこで切り出します。



台車の自在車と固定車を、垂木(タルキ)にネジ止めし、さらに底板に固定しました。
これで、軽々と移動でき、40kgを支えられるハズです。




出来上がった収納ボックスに入れてみました。
+とーの電極ターミナルとコードを鋭角に曲げることなく、収納したかったので、思いどうりになりました。




コード類も、スッキリと収まりました。



早速の試運転
去年の夏の、薪ストーブの雑木伐採の枝打ちでヒビが入り、修理しなければならない手作りナタがありました。




保護の黒サビを削って落とし、綺麗な金属を出し溶接面を準備しました。



アースとなる+極は、刃先を磨いて、バイス的に挟みました。



いよいよ、アーク溶接開始
溶接棒からアークの火花が出ますが、なかなか撮影タイミングが合いません



これはうまく撮影できました。
以前買った、家庭用の溶接機と比べて、全然アークの強さが違います。
これは使えると確信出来ました




ところが、バッテリーの消耗は激しいらしく、数回のアークの放電で急激に蓄電量が減少していきます。



とりあえずの成果です。
満足とはいきませんが、ヒビへの『溶け込み』は出来ているようです。




欲を言えば、『溶け込み』『盛り』がもう少し必要です。



でも、バッテリーさえ十分に蓄電されていれば、これは使えると確信を得ました。
また、挑戦し、溶接技術も会得したいと思います。


家庭用溶接機の使用結果について
3月投稿のfacebook

もともと折れやすい原因となった理由について 
手作り腰ナタ製作ブログ

最後に、投票ボタンを、『ポチッ!』とお願いします。 

お願いイイネなら、『熊本情報』をクリックして、投票して下さい。

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 熊本情報へ

 ランキングに参加中です。

一ヶ月投稿を休んでいたので、表示外になってしまいました。
引き続き、
~クリックして応援お願いします!

コメント

counter

無料・カウンター
Today:

Yesterday:


出会い出会い系出会い系結婚相談ライブチャット 無料