goo

今頃2008年のデンマーク旅行記 最終回 デンマークよいとこ一度は…

2008年2月22日13時、ホテルに集合すると、この旅でとてもお世話になったバスの運転手さん、Mr. CARSTEN さんが迎えに来た。この人のおかげでどれだけ楽しい旅になったことか…感謝感謝。みんなそろっているのを見て、慌ててネクタイをする姿も愛嬌がある。空港に着くと、みんな運転者さんと一緒に写真を撮りたくて順番待ち。帰りは、15:40発スカンジナビア航空SK983 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

今頃2008年のデンマーク旅行記 五日目 とにかく歩くのが旅の基本

2008年2月22日6:30、レストランオープンと同時にデンマーク最後の朝食。このホテルの朝食はおいしかった。この日の午前中は自由行動。前日、みんな最後の買い物をしたいということになり、添乗してくれた伊藤さんがフロントに聞いてくれたスーパーへ行くことになっている。公共のバスと地下鉄で行くことにした。バス停もおしゃれ。清潔な車内で、赤ちゃんも安心。バスを降りて地下鉄に乗り継ぐ。このショッ . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

今頃2008年のデンマーク旅行記 四日目 その3 最後の晩餐はローソクの下で

2008年2月21日トゥナーからコペンハーゲンまでは300km強。夕食はホテルではなく、人気のレストランを予約してあるということで、間に合わせるため運転手さんは努力してくれたみたいだ。努力の甲斐あって、20:30にコペンハーゲンのレストラン「Restaurant Sankt Gertruds Kloster」に到着。デンマークでは、ドライバー一人あたり一日のバス運転時間が決められて . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

今頃2008年のデンマーク旅行記 四日目 その2 ハンス・J・ウェグナー博物館の巨神兵

2008年2月21日昼食はECCOデザインセンター内にあるカンファレンスセンターで。いつもは社員用の食堂だが、この日は私たちのためにデンマーク料理を特別に用意してくれていた。至る所にオブジェや芸術品?が飾ってあった。まるで小さな美術館みたいで、とても食堂と思えないくらいステキなところだった。運転手さんはパンにたっぷりのバター、そして一面にニシンの酢漬けを敷き詰めたオープンサンドを食べて . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

今頃2008年のデンマーク旅行記 四日目 コウノトリの巣があるリーベ

2008年2月21日バスはデンマーク最古の交易都市リーベに到着。8世紀初頭にリーベの町は建設されたというその歴史は古い。この日はとても寒く、風も強い。やっと北欧に来た…と実感させられた瞬間だった。そんな極寒の中でも小さな花が咲いている。リーベを案内してくれたのは、ガイドのHANS DAUGAARD PETERS さん。赤ら顔のいい感じのおじいさんで、親戚には三つ編みのひげ . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

今頃2008年のデンマーク旅行記 三日目 その4 今日のホテルはHotel Koldingfjord

2008年2月20日オーデンセのあるフュン島からドイツの先にあるユトランド半島へ入る。この日のホテルは「Hotel Koldingfjord」このホテルは、デンマーク初のクリスマスシールサナトリウムとして建設された療養所を改装したホテルである。クリスマスシールとは、エイナー・ホルブルというデンマークの郵便局員の発案で、クリスマス・カードの切手の横に貼るシールを販売した収益で結核で苦しむ . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

今頃2008年のデンマーク旅行記 三日目 その3 美しいオーデンセの町並み

2008年2月20日オーデンセという町の名前の由来は、北欧神話のオーディン(北欧神話の主神にして戦争と死の神)の妻フリッグ(愛と結婚の女神・豊穣の女神)が、この地の美しい景色を見て「見て、オーディン(Odin, Se)」といった事からオーデンセになったらしいが…、眉唾である。しかし、町並みは確かに美しく、アンデルセン博物館を出た後、しばらく路地裏やオーデンセ川沿いを歩いた . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

今頃2008年のデンマーク旅行記 三日目 その2 アンデルセンは背が高い

2008年2月20日お昼は海岸沿いの道をしばらく走ったところにある小さなレストラン。オーデンセまでの移動時間があるので、少々急ぎ気味で昼食をとった。メニューは、野菜のスープと肉料理にポテト、デザートにアイスクリームだった。こちらの主食はジャガイモらしく、この後、何処でも食事の時にはジャガイモが別盛りで出てきた。なつかしいFIAT147。こちらはレストランの隣の家。いい雰囲気。食事を終え . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

今頃2008年のデンマーク旅行記 三日目 英雄ホルガー・ダンスクはいつ立ち上がる

2008年2月20日9:30 ホテル出発。今日は、コペンハーゲンから北上しクロンボー城を見学後、フュン島に渡りアンデルセンゆかりの地オーデンセを訪問、宿泊はユトランド半島のコーリンという、かなりの距離を移動する予定。まずはコペンハーゲンから北へ約1時間、クロンボー城へと向かった。途中で大型バスがやっと通ることの出来るような裏道に入り、茅葺き屋根を保存している集落を通ってくれた。なかなか . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

今頃2008年のデンマーク旅行記 二日目 コペンハーゲンで石探し

2008年2月19日朝食はホテルのレストランmama's & papa'sにて6時30分から。定番のスモークサーモンとニシンの酢漬けもあり、5~6種類あるパンから好きなものを選び即席オープンサンドのできあがり。集合時間まで時間があったので、ホテルの廻りを散策した。北欧デザインのシンプルで機能的な建物が並んでいる。街灯が道の真ん中にぶら下がっているのもこの時始めて見て感動した。野鳥も沢山 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

今頃2008年のデンマーク旅行記 一日目 初北欧はすべてが北欧だった

2008年2月18日5年半とずいぶん前になってしまったけれど、2008年2月18日から23日までの4泊6日間、デンマークへ行ったときの旅行記を今更ながら書き始めた。旅のきっかけは仕事がらみ。ECCO日本上陸25周年記念企画「ECCOの故郷デンマーク4泊6日間の旅」プレゼント…という企画に関わっていた関係で、当選者のアテンド…といっても何の役にも立たないけ . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

アンデルセン生誕205周年

デンマーク旅行記 仕度噺 その0をかねて…鬼の霍乱? めずらしく熱が出て。といっても37度代だが、平熱が一般の方より1度ほど低いのでかなりつらい…。今日(2010年4月2日)は、アンデルセン生誕205周年。5年と中途半端だがいくつになってもHappyBirthDay。ということで、2008年に行ったデンマーク旅行のアンデルセン関連を少々。旅行記としてちゃんとまとめるつもりが、なかなかき . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )