goo

東トルコ旅行記2014 4日目 アタチュルクダム湖をフェリーで渡る

2014.09.198時30分、ホテルを出発。鍵が閉まらなかったり、お湯が出なかった部屋もあったそうだが、泊まった部屋は特に問題なし。猫が沢山いたのでなかなかいいホテルだった。ネムルートからディヤルバクルに行くには、アタチュルクダム湖をフェリー(と言う名の渡し船)で渡らなければならない。陸路だけだと一度ウルファまで戻るためかなり時間がかかってしまう。現在、橋を造っている最中で、もう少し . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

PowerShot G7 X 星空夜景モード

2015.1.28冬は星がきれいに見える。特に宵の明星はこの季節ならでは。今は金星のすぐそばに火星が見えるので探しやすい。PowerShot G7 X のシーンモードには「星空夜景」というのがある。ちょっと試してみた。1月20日16時47分頃。日没。1月13日17時30分頃。金星と水星。縦にすると左上に火星。左側の大きい光はヘリコプター。1月14日1時52分頃。中央にオリオン座、左 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

巡礼の旅 2014 2日目 伊勢~広島 カキ入りそば肉玉子そば入り 1,300円

2014.11.0711時過ぎ、A1駐車場に入る車の待ち行列はかなり長くなっていた。今日の宿泊地は広島。いつもなら、奈良、大阪へ一般道を使い通り抜けるのだが、時間もないので伊勢自動車道、新名神高速道路、名神高速道路、中国自動車道、山陽自動車道を通って広島へ急ぐ。新名神高速道路から名神高速道路に入ったあたりで、支線から合流してきた車がいきなり2車線分車線変更してきてぶつかりそうになった。 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ツタンカーメンのあごひげが外れた!黄金のマスクに接着剤の痕…の記事

ツタンカーメンのあごひげが外れた!黄金のマスクに接着剤の痕昨年、照明を修理するためにマスクを展示ケースから出す際、マスクがケースに当たり落ちそうになったので学芸員が腕でマスクを抱えたところ、あごひげの部分が外れてしまった…という。あんな価値のあるものを、何とも雑な扱いをするところはとてもエジプト人らしい。問題はその後。ひげを落としたことに怖くなった学芸員が、自分で「直して . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

巡礼の旅 2014 2日目 伊勢 内宮

2014.11.07ホテルを早めにチェックアウトして、内宮へ向かう。8時過ぎに内宮A1駐車場に車を駐める。今回A1駐車場にしたのは、その裏手にある神社にも行きたかったから。混まないうちに内宮へお詣り。宇治橋は少し前に架け替えられ、平成21年11月に宇治橋渡始式が行われた。木除杭饗土橋姫神社のお札「萬度麻(まんどぬさ)」が納められている擬宝珠(ぎぼし)。五十鈴川。よく見ると桜が咲いている . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

PowerShot G7 X ズームで撮影

2015.1.20PowerShot G7 Xのズームで撮影してみた。PowerShot G7 Xのズームは、35mmフィルム換算で24mm-100mm(光学4.2倍ズーム)、画面の粗さが目立たないプログレッシブファインズーム(デジタルズーム)を使うと35mmフィルム換算で200mm相当(8.4倍)、(画面が粗くなる)通常のデジタルズームで17倍までの撮影が可能。自宅からいずれも撮 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

東トルコ旅行記2014 3日目のホテル ホテル ユーフラット(Hotel Euphrat)

2014.09.18真っ暗な中チェックインしたのは今晩のホテルホテル ユーフラット(Hotel Euphrat)。廊下に電気がつかないので、鍵を開けるのも一苦労。荷物を置いてお湯が出るかなどチェックしたら、すぐに夕食の時間が近づく。今度はドアの鍵が閉まらない部屋もあり、慌ただしいチェックインとなった。平屋のホテルなので部屋は全て1階。ドアからすきま風、窓から冷気。かなり寒かった。 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

古代神話のオシリスの墓、発見… の記事を読む

古代神話のオシリスの墓、発見 スペイン&イタリア合同考古学調査チームにより、ルクソール西岸シェイフ・アブデル・クルナで、オシリス神の墓にそっくりな3200年前の墓が発掘された。構想的には、アビドスにあるセティ1世葬祭殿に隣接するオシレイオンとほぼ同じだそうだ。ナイフを持った悪魔のレリーフが刻まれた霊安室があったそうだ。エジプトの壁画で悪魔は珍しいような気がする。造った王の名前など . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

東トルコ旅行記2014 3日目 ネムルート山 西のテラスから日没は見られず

2014.09.18北のテラス北のテラスには、長さ80mの壁の跡がある。祭の際に控えの場として使用されたと考えられているそうだ。また、アンティオコス1世以降の王国の後継者のためのスペースとして準備されていたが、結局使われることはなかったらしい。大量の材木が積み重ねてあったので、今後、東と西をつなぐ木製の通路が古墳をぐるっと囲むのかもしれない。中央の古墳は、このようなこぶし大の石を積 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

東トルコ旅行記2014 3日目 ネムルート山 東のテラス

2014.09.18ネムルート山も今回のツアーの目玉の一つ。旅行会社の企画するツアー内容によって、山頂で日の出を迎えるツアーと夕日を眺めるツアーがある。山頂で日の出を迎えるためには、早朝の寒い時間に起きて真っ暗な山道を登らなければならない。当然、そんな朝早く起きるのは嫌なので、夕日を眺める日程だった事がこのツアーを選んだ理由の一つでもある。ネムルート山は標高約2,150m。ネムルー . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ホレンディッシェ・カカオシュトゥーベのミルフィーユクランチ

ホレンディッシェ・カカオシュトゥーベのミルフィーユクランチ ホレンディッシェ・カカオシュトゥーベという絶対覚えられない名前のお店は、バウムクーヘンで有名な1895年創業のドイツの老舗菓子店。舌を噛みそうな店名は「オランダ風のカカオのお菓子屋」の意味らしい。我が家ではケーニヒスクローネさえ覚えられず「熊さん」と呼んでいるくらいだから、この店の名前を正確に呼ぶことは今後もきっとないだ . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

東トルコ旅行記2014 3日目 カラクシュ、ジュンデレ橋、エスキ カレとイェニ カレ

2014.09.18午後からはミニバス(ワゴン)2台に分乗し、コンマゲネ王国の遺跡を巡り、ネムルート山に向かう。とても言いにくい「コンマゲネ」は、南東アナトリアの一画、ユーフラテス川の上流にあった国の名で、現在はアドゥヤマンという都市である。紀元前9世紀にこの地方にあった「クンムフ」という小王国がギリシャ風に発音されて「コンマゲネ」となったという説もある。コンマゲネ王国の最初の都は「サ . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

PowerShot G7 X がやって来た

2015.1.9PowerShot G7 X普段の買い物の時なんかに持ち歩いていたPENTAX Optio RZ18に物足りなさが否めなくなり、年末、使わない諸々の家財道具をオークションに出して手に入れたPowerShot G7 X。まだ、説明書も読んでいないけれど、これがなかなか良さそうだ。最大80%OFFに釣られてダイバーシティ東京へ行ったついでにちょっとだけ試し撮り。ダイバー . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

あけましておめでとうございます

2015.01.01あけましておめでとうございます「新年特別ライティング」今年が皆様にとって良い年でありますように… にほんブログ村 フォートラベル海外ツアーの検索旅の質問がありましたらコメント欄からどうぞ . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )