goo

エジプト旅行記 - 目次

エジプト旅行記 - 目次エジプト旅行記の目次を作り直しました。これからエジプト旅行に行く人の、少しでも役に立ったのなら幸いです。 エジプト旅行記 2008   エジプト旅行記 - 仕度噺その1JTB「悠久の大地 エジプト縦断の旅11」に決定JTB「悠久の大地 エジプト縦断の旅11」スケジュール持ち物リスト旅の準備 2 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

エジプト旅行記 - 仕方噺 10日目 いよいよエジプトを後にする

2008年11月14日 カイロ国際空港 - 15日 成田国際空港10日間のエジプト旅行もついに終わり。バスはカイロ国際空港へと向かう。空港に着くと、駐車場でテレビの撮影をしていた。くりぃむしちゅーの番組かと思ったが、日本人のスタッフが見あたらないのでどこか違う国の番組撮影らしい。 カイロ国際空港は、建物に入る時点でセキュリティチェックがある . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

エジプト旅行記 - 仕方噺 10日目 カイロ考古学博物館見学

2008年11月14日 カイロ考古学博物館11時前にカイロ考古学博物館に到着。予定では3時間、見学できることになっている。残念ながら、現在は館内での写真撮影は禁止。まずは主だった展示物について、小牧さんの説明を聞きながら見て回った。特に印象に残ったのは、やはりツタンカーメン関連の展示品。ツタンカーメン王墓の副葬品まず、玉座の美しさには驚いた。これを一日見ていろと言われても、きっと苦にな . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

エジプト旅行記 - 仕方噺 10日目 カーペットスクール

2008年11月14日 カーペット屋さんに立ち寄るサッカラをあとに再びカイロへ向かう。次はカイロ考古学博物館。その前に、すぐそばにあるカーペット屋さんに立ち寄った。サッカラ近辺は、よく見ると遺跡だらけ。途中、バスの窓からも「何の跡だろう…?」みたいなところがいっぱいあった。 数分で着いたのは「AKHNA . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

エジプト旅行記 - 仕方噺 10日目 サッカラ観光 その2

2008年11月14日 サッカラこの日、本当に雲一つ無い良い天気。今日も、小牧さんの回りには犬がいっぱいいる。今回、ほとんど全てと言っていいほど遺跡に(野良)犬がいっぱいいたけど、みんなおとなしい犬だった。観光客慣れしているようだ。 さすがに暑さでばてている。ルクソールやアスワンに比べると涼しく感じる。太陽の日差しも . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

エジプト旅行記 - 仕方噺 10日目 サッカラ観光

2008年11月14日 サッカラ次に訪れたのは、ジュセル王(在位:紀元前2668年~2649年)の階段ピラミッドが有名なサッカラ。サッカラは、古王国時代の首都メンフィスのネクロポリスとして築かれた街。サッカラの広大な遺跡群には、階段ピラミッドを中心としたピラミッドコンプレックスの周りに、セケムケト王(在位:紀元前2649年~2643年)のピラミッド、ウセルカフ王(在位:紀元前2498年 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

エジプト旅行記 - 仕方噺 10日目 メンフィス観光

2008年11月14日 メンフィスいよいよ最終日、10日目の朝がきた。モーニングコールは5:00、6:00にスーツケース回収、7:00に集合しホテル出発となる。今日のスケジュールは、メンフィス、サッカラ観光と、昨日の予定からずれたカイロ考古学博物館見学の後、17:50カイロ空港発のエジプト航空MS964便にて帰路につくことになる。カイロから1時間ほどで古王国時代のエジプトの都だったメン . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

エジプト旅行記 - 仕方噺 9日目 ディナークルーズ ベリーダンスとタンヌーラ

2008年11月13日 ナイル川ディナークルーズクルージング・レストラン「NILE MAXIM」は、マリオットホテルが所有する船で、マリオットホテルの道を挟んだ向かい側、ナイル川沿いに停泊している。さほど混み合った感じはなく、空席もかなりあったようだ。船が出航すると、最初は女性のツインボーカルで生バンド演奏が始まる。曲目は、アバとかの有名な曲が多かったと思う。 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

カイロ マリオット ホテル&オマル ハイヤーム カジノ その2

2008年11月13日 カイロ マリオット ホテル&オマル ハイヤーム カジノホテルの紹介の続き。「カイロ マリオット ホテル&オマル ハイヤーム カジノ (Cairo Marriott Hotel Omar Khayyam Casino)」は、ナイル川の中州、ゲジーラ島にある。元々は、ナポレオン三世の皇后、ユージェニーの為に建てられた宮殿ゲジーラ・パレス。そこに20階建ての2つのタワ . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

カイロ マリオット ホテル&オマル ハイヤーム カジノ

2008年11月13日 カイロ マリオット ホテル&オマル ハイヤーム カジノハーン・ハリーリから30分もかからず、今日の宿、「カイロ マリオット ホテル&オマル ハイヤーム カジノ (Cairo Marriott Hotel & Omar Khayyam Casino )」に到着。チェックインの手続きが終わるまで、ロビーでしばしの休憩。その時、ホテルの隅で立像と会話する小牧さ . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

エジプト旅行記 - 仕方噺 9日目 ハーン・ハリーリ散策

2008年11月13日 ハーン・ハリーリ昼食後エジプト考古学博物館へ行き、夕方からハーン・ハリーリ散策の予定だったが、エジプト考古学博物館を明日に廻し、すぐにハーンハリーリ散策へ行くことにスケジュールが変更になった。カフェなどがあるフセイン広場から数本の小道がバザールに延びている。2009年2月24日に爆発事件があり、フランス人観光客が亡くなったニュースはまだ記憶に新しい。あんなに狭く . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

エジプト旅行記 - 仕方噺 9日目 再びカイロへ

2008年11月13日 アスワン~ルクソール~カイロアブシンベル神殿を後に、バスでアスワン空港へ移動する。さすがに朝が早いので空港内は人影はまばら。7:45発のルクソール行きMS246便に搭乗する。 従業員もまだ見あたらない。 尾翼をよく見ると錆びているような… . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

エジプト旅行記 - 仕方噺 8日目 アブ・シンベル神殿 その6

2008年11月12日 アブシンベル神殿 エピソード編アブシンベル神殿でちょっとした出来事が起きた。最初の観光と音と光のショーとの間、一度ゲートの外に出るために集合場所に集まりかけていたとき、一人の警官が近づいてきた。日本人観光客が神殿の内部で撮影していたという情報があり、それを確認しに来たという。確かに2~3歩入ったところまでビデオを撮っていて、ツアーの一人が注意されていたのを覚えて . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

エジプト旅行記 - 仕方噺 8日目 アブ・シンベル神殿 その5

2008年11月13日 アブシンベル神殿 日の出今日は、アブシンベル神殿で日の出を見た後、8日ぶりにカイロへ向かう。モーニングコールは4:15、朝食およびスーツケース回収が4:50、ホテル出発が5:30と、さすがに朝が早い。夕べの食事で懲りてしまい、朝食は日本から持参したカップおかゆとSOYJOYで済ます。朝食に行かなかったので添乗員の鈴木さんが心配して電話をくれた。薄暗い中、再度アブ . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

エジプト旅行記 - 仕方噺 8日目 アブ・シンベル神殿 その4

2008年11月12日 音と光のショー音と光のショーを見るため、一度ゲートの外に出てから再入場となる。この日は(ほぼ)満月がきれいで、ショーが始まる少し前までの時間を楽しませてくれた。月が沈んでからは星がきれいに見え、ショー向きの暗さが訪れた。ゲートから神殿の後ろ側を通る。神殿内部への入り口が数カ所ある。 神殿はすで . . . 本文を読む
コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ