Randonneur旅日記

おじいちゃんの自転車一人旅
輪行サイクリングと
のんびりポタリング

手賀沼、秋 Ⅱ            2021年9月10日 金曜日

2021-09-11 15:29:06 | サイクリング・自転車旅
 6月の4日に今年初めて鉢植えの朝顔が咲いた。それから3か月、数日おきに一つまた一つと涼しげな花を見せてくれた。
 もうおしまいだろうと思っていたら、思いがけなく今朝、また一輪咲いていたので嬉しかった。
 花は咲き初めのころの半分ほどの大きさで、色はいくらか薄く見えるが、みずみずしさは変わらずに形もしっかりしている。3か月以上も楽しませてくれた。



 天気がいいので、今日もまた手賀沼へ向かう。
 秋の空は高い。日差しが気持ちいい。



 道のわきの草むらに珍しい(?)蝶を見つけた。ヒョウモン蝶というらしい。
 なにも昆虫に興味が移ったわけではないが、見ているうちに感傷のようなものが生まれてきたのだ。過ぎていく時間と季節の中で、この蝶もまた二度とこの世界に生まれてくることがない。そう思うと、こうして生きている姿が妙にいじらしく思えてくるのだ。



 たくさんのヒメモロコシの花の揺れる道を行く。大津川沿いのこの道は秋になるといつもこうだ。



 手賀沼は今日は日差しが明るい。





 風もほとんどなく、のどかな日差しに満ちている。



 木下にあるひょうたん池から山道を上る。ミンミンゼミとツクツクボウシがやかましいほど鳴きしきっている。彼らもやはり精一杯生きているんだね。



 昨日の雨もまだ乾かず、しっとりと濡れた路面の木陰はとても涼しい。



 家の近くまで戻ってきた。今まで、いつも何気なく通り過ぎていた道だが、こうして写真に写してみるとなかなかいい景色だ。新しい発見だね。


コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

手賀沼、秋の始まり           2021年9月7日 火曜日

2021-09-08 15:58:48 | サイクリング・自転車旅
 久しぶりに晴れの予報だ。ランドナーで出かけた。サドルの取り付け角度も確認したかった。
 手賀沼へ向かうときは必ず立ち寄る場所だ。一年を通して四季折々の景色の変化を確かめる場所なのだ。稲穂を見れば、やはり秋が始まっていることが分かる。



 大津川の川筋から少し離れたところにある田んぼと森に挟まれたダート道だ。たまに、ごくまれに散歩する人を見かけるだけの静かな、忘れられたような道だ。
 空はなんだかすっきり晴れない。雲の多い空だ。



 いつも立ち寄る公園も人が少なく、涼しい風に運ばれてくる微かな人の声にも、静かな秋の始まりを感じさせる。



 ほら、見つけた。赤トンボの仲間だよ。これはウスバキトンボというらしい。止まり方が他のトンボと違うということだよ。他のトンボは水平に止まるが、このトンボは斜めにしがみつくように止まる。



 手賀沼も、今日は静かだ。







 雲がいいねえ。雲の隙間に見える青空もいい。



 手賀川堤防上の自転車道からの景色だよ。田も空も広々としている。この
景色も季節ごとに異なる姿を見せてくれる。



 稲刈りは田のあちこちで進んでいる。昔は手作業だったが、今はみなコンバインで収穫する。倒れた稲でも無理矢理引き起こして刈り取っていく。ものすごい機械だ。



 おや、白鳥のたちを見つけた。たぶん今年誕生した幼鳥を交えた家族だろう。
 「ああ、元気そうだな」と、ホッとする



 亀成川の谷津の田んぼだ。
 きれいに実った稲穂だね。





 ここでも大きなコンバインが活躍している。見ているのはちょっと楽しい。



 静かな眺めだなあ。心も静かになるなあ。




 田の畔にはたくさんのニラの花が咲いているよ。ちょうど今頃、8月の終わりから9月の初め頃に咲く花だ。





 秋の空だ。きれいだなあ。



コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

8月最初の日曜日           2021年8月1日 日曜日

2021-08-03 15:42:23 | サイクリング・自転車旅
 コロナの感染が爆発的に増えてきた。
 めちゃくちゃ暑い8月に入ったよ。自転車に乗るのが恐ろしいほどの強い日差しだ。それでもちょっと走りたい。新しいタイヤで。
 最近発見して気に入っている吊り橋だ。橋の途中、真ん中より左岸寄りに展望台のような場所がある。そこは日陰もあり、とても気持ちのいい川風が抜けている。



 吊り橋の上でしばらく涼しい川風を楽しんでから、いつものように花見川サイクリングロードを走って、検見川浜へ出た。
 検見川浜はかなりの人出だ。
 海辺ではマスクをしている人はまずいない。こんなところでも、もしかしたら感染者が出てくるのかもしれないなあ。



 美浜大橋の上から見る海はとても静かだ。涼しげでもある。



 幕張の浜へでて、帰りは花見川右岸の道をたどって戻ってきた。
 夏の雲が素敵だ。ここは一面緑で涼しげだが、じつは熱風が吹き寄せてくる。



 夏の雲は力強い。だから好きだ。


コメント (4)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

クロスバイクのタイヤを替えてみた   2021年 7月28日 水曜日

2021-07-30 10:52:10 | 自転車いじり
 クロスバイクを買って間もないのに、前輪がいきなりパンクした。ガラス片を拾ったのだ。そんなに遠くまで行くつもりではなかったので、運悪くその時はパンク修理キットを持っていなかった。5キロほどの道を自転車を引っ張って、汗だくになって帰って来た。パンクしにくいタイヤが欲しいと思ったのはこの時だ。
 最初からついていた純正タイヤはやたら重い。量ると575グラムもあった。



 さて、どのタイヤにするか迷った。人に聞くと、だいたいシュワルベのマラソンがいいという。それで気持ちが傾きかけたが、シュワルベのマラソンというタイヤもかなり重いようだった。みみ爺はその名の通りおじいちゃんだ。重いタイヤより、軽いタイヤに越したことはないと思ったんだ。
 交換する新しいタイヤはパナレーサーのタイヤだ。量ってみると254グラムしかなかった。軽い。純正のタイヤの半分以下だよ。



 しかし、この蛇の開きのようなタイヤを扱うのは、みみ爺は初めてだ。うまく交換できるかな。



 あれ?? チューブがリムの外周より長いよ。空気はほんの少し入れただけなんだが。



 戦いの末、蛇の開きのようなタイヤの片側はなんとかリムにはめ込むことができた。しかし、そこにチューブを入れるのがまた大変だった。



 この余ったチューブはどうするのかな。なかなか入らないよ。



 ぐしゃぐしゃと押し込んで何とか形にはなったが、無理やり押し込まれたチューブはタイヤの中でどうなっているのかな。ちょっと心配だ。



 フレームに戻して完成だ。2時間半もかかってしまった。



 昼過ぎに新しいタイヤを試すべく出かけた。暑い夏の日差しが首の後ろを焼く。夏の空と雲が素晴らしい。



 このタイヤは道を選ばないそうだ。初めての未舗装路だよ。
 初めはちょっと心配だったが、少し走るうちに何の心配もいらないことが分かった。がんがん走れる。もちろんタイヤは何ともない。





 タイヤの重量のせいか、とにかくペダルが軽くなった気がする。ペダルを回すのが楽しくさえ思えるんだ。タイヤを替えただけでこんなに違うのかと、なんだかすごく嬉しかった。



 この林の中の道は、まだ7月なのにヒグラシが鳴きしきっている。



 向日葵がたくさん咲いている。


 
 みみ爺は向日葵が好きで、家の庭の片隅にも種から育てたのが何本かあるが、まだ咲いていない。


コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

八千代市にも吊り橋があったんだ        2021年 6月28日 月曜日

2021-07-01 09:04:38 | サイクリング・自転車旅
 新川に架かる「ゆらゆら橋」という吊り橋を渡ってみた。床版は板張りで、なかなかいい雰囲気の橋だよ。今までなんで一度も渡ってみなかったんだろう。名前の通り立ち止まると確かに揺れているよ。



 つり橋の上からの上流の眺めだ。空は晴れているが、恐ろしくたくさんの雲が浮かんでいる。



 花見川サイクリングロードを通って検見川浜へ出る手前で、美浜大橋をわたり幕張の浜へ出た。検見川浜は土日に限らずいつ来ても人の姿を見かけるが、こちらはほとんど人影がなく寂しいくらいに静かだよ。
 釣り道具を載せた老人の自転車が一台、のんびりと通り過ぎて行った。



 たくさんの雲の下にスカイツリーが見える。


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする