安 曇 野 天 然 温 泉 宿   心やすらぐ森の宿・ノーサイド  

天然温泉付きの宿を営みながら、田園生活・スローライフを満喫する私達

安曇野の宿から・オードブル

2013-03-28 21:40:48 | 食・レシピ

1
当館のオードブルをipadでご紹介するため、撮影をしました。
そのためこの日の夕食は、各種オーブルに、ゴルゴンゾーラのパスタ、サラダ
ワインが進みますね・・
http://www.no-side.com

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

安曇野の宿から・春が来た

2013-03-24 14:17:45 | 食・レシピ

Photo
安曇野もようやく日向ぼっこが楽しい季節となりました。

冬の間、雪の下で押しつぶされていたイタリアンパセリが芽をだしています。丈夫ですね。


テラスも準備出来ました。あとはお庭の手入れです。

http://www.no-side.com

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

安曇野の宿から・25周年のご挨拶

2013-03-21 07:25:01 | イベント

*25周年のご挨拶

 2013年、数多くの素敵なゲストに支えられ、ゲストハウス・ノーサイドは
開業25周年を迎えました。皆様に心より御礼申し上げます。

 北アルプスが聳える美しい風景に加え、清らかな水と空気を湛えた安曇野。その素晴らしさを生かした宿でありたいという想いに賛同してくださるゲストの方々と共に歩んだ歳月は、私たちにとって宝物となりました。
 「ノーサイド」とはラグビーの試合終了後、互いに相手をたたえ合い交流する、という意味であり、この館の中では、国籍、文化、社会的地位、その他すべての差異を互いに認め合い、交流して欲しいという願いを込めた名前です。

 そして、訪れてくださるゲストの方々に喜んでいただきたいと、拙いながら努力を重ねた結果、ノーサイドは
2人の「辰さん」を手本とする宿となりました。

 お一人目の「辰さん」は
元朝日新聞論説委員で天声人語の筆者でもあった辰濃和男さんです。辰濃さんは著書「ぼんやりの時間」(岩波書店)の中で、豊かな創造・発想力はよりよい仕事の礎であり、それには、自然の中で心身を休息させ、ぼんやりと無為な時間を過ごすことが大切なことを、丁寧に説かれています。

 様々なストレスに疲れている心を癒し、小鳥のさえずりや、風にたなびく木立など豊かな自然で五感を磨いていだけるよう、私達は自然本来の美しさと静けさを大切にしています。そのため、
テレビなどの人工物をできるだけ避け、騒音に囲まれた都会では味わえない本当の「ぼんやり」をご提供できるよう心がけてきました。
 ただ、現在は災害時等の情報収集に不備がないよう、無線LANは設置しております。

 そして今一人の「辰さん」は
料理研究家の辰巳芳子さんです。
辰巳さんは「食べることは生きること」と、
食を通じて人の営みの大切さを説かれています。
 飲食店としてお料理を提供する場合、どうしても見た目の華やかさや、品数にとらわれてしまいがちです。しかし、人手のない個人の宿でそのようなことばかり追求すれば、食の質を保つことは困難となります。

 そこで私達は、
辰巳さんの、食物本来の淡味を生かし、滋養に満ちた真に豊かな食事を大切にする、という考え方の下に、原材料や調味料の吟味、野菜などの丁寧な下拵え、栄養吸収を考えた素材の取り合わせなど、見た目にはわからない地味な部分に手間をかけた良質のお料理をご提供して参りました。
 残念なことに、旅行サイトでご予約された一部の方にはご理解いただけない時期もありましたが、リピーターの方々のお顔を思い浮かべながら、辰巳芳子さんの考え方を守って参りました。

 御来館時はどことなく顔色のすぐれなかったゲストの方が、翌朝、「何となく体調がよくなりました」と晴れ晴れした表情でお帰りになる姿を見送るときの安堵に満ちた心持ちは、何ものにも代え難い嬉しさです。
 
素材本来の力で人の心身を健やかにするための手助けが「料理」であると私達は考えており、これからは病気予防などより明確な視点でお食事のご提供を試みたいと思っております。

 開業25年という節目の年を迎え、今後は
自然環境を守るため、環境負荷をより低減すること、そして脳機能を守ることにより、認知症をはじめとするあらゆる病気の予防に取り組みたいと考え、その一環として新たに「語りの履歴書」という企画も始めました。
 良質をご理解くださる素晴らしいゲストの方々とともに、真の豊かさを次世代へと伝えて参りたいと思っております。

http://www.no-side.com

コメント (4)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

安曇野の宿から・災害時の生活を考える4

2013-03-13 09:06:43 | 食・レシピ

災害時生活を考えるシリーズは今回で最終です。

<style>@font-face { &nbsp; font-family: &quot;Century&quot;; }@font-face { &nbsp; font-family: &quot;MS P明朝&quot;; }@font-face { &nbsp; font-family: &quot;@MS P明朝&quot;; }p.MsoNormal, li.MsoNormal, div.MsoNormal { margin: 0mm 0mm 0.0001pt; text-align: justify; font-size: 14pt; font-family: &quot;Times New Roman&quot;; }p.MsoListParagraph, li.MsoListParagraph, div.MsoListParagraph { margin: 0mm 0mm 0.0001pt 48pt; text-align: justify; font-size: 14pt; font-family: &quot;Times New Roman&quot;; }div.Section1 { page: Section1; }ol { margin-bottom: 0mm; }ul { margin-bottom: 0mm; }</style>

1 日常の心構え

発想の転換

 非常時には、食べるものさえままならないことがあります。しかし、こういうとき、「食べるものがない」と考えると不安で惨めな気持ちになります。しかし現在の日本では、災害時でも数日で物資の供給が始まると考えられます。だから、こういうときは「食べられない」ではなく「いずれ食べられるから、今は断食して体をきれいにしようと思う」ことで、ストレスが軽減されます。

 現代は飽食の時代と言われ、多くの人は栄養の採りすぎといわれています。もちろん断食は、本来医師の指導の下に行わなければならないのですが、「食べ物がない」という事実の捉え方を変えることにより、精神的に前向きな気持ちになれると思います。

 なお、数日食物を食べられないと体は実際に断食状態になります。断食の後、大切なのはその直後の食事の取り方です。断食後は胃が小さくなっていたりしますので、塩分や脂質を多く含むものをいちどきにたくさん食べようとすると、体調を崩すおそれもありますので、事情が許す範囲で医師や自分の体と相談しながら、食べ方を工夫する必要があります。

習慣の見直し

 「片付けられない」ことをお悩みの人も多いことと思います。しかし、災害時に、思い出の品々が、不用なものと混じり合ってしまったら、本当に大変な思いをすることになります。そうならないために、日頃から「断捨離」をすすめ、身の回りを整理しておくことが大切です。

 例えば思い出の品は一定の分量にしてまとめておいたり、着られなくなった洋服や書籍は寄贈したり、中には処分したほうがいいものもあるかもしれません。なくしていたものがみつかったり、しまいこんで忘れていたものを有効活用するきっかけになりますし、家の中がすっきりすると気分も良くなります。

 私達はいずれこの世から去らなければならないのですから、特にある程度の年齢になったら整理整頓をこまめにしておきたいものです。自分亡き後、愛着のある品々が、ゴミのように扱われたりするくらいなら、大切にしてくれる人に譲った方が物も喜んでくれるのではないでしょうか。

2 まとめ

 非常持ち出しの中身や家族との連絡方法などは、それぞれの家庭によって異なりますので、それは、家族の皆で話し合って決めておくことが大切です。

そして、災害時の生活を考えるということは、日常の生活を見直すことに尽きるのです。

http://www.no-side.com

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

安曇野の宿から・災害時の生活を考える3

2013-03-11 22:01:32 | 食・レシピ

きょうは震災の日です。お亡くなりになられた方のご冥福と、被災された方の復興を心よりお祈り致します。

<style>@font-face { &nbsp; font-family: &quot;Century&quot;; }@font-face { &nbsp; font-family: &quot;MS P明朝&quot;; }@font-face { &nbsp; font-family: &quot;@MS P明朝&quot;; }p.MsoNormal, li.MsoNormal, div.MsoNormal { margin: 0mm 0mm 0.0001pt; text-align: justify; font-size: 14pt; font-family: &quot;Times New Roman&quot;; }p.MsoListParagraph, li.MsoListParagraph, div.MsoListParagraph { margin: 0mm 0mm 0.0001pt 48pt; text-align: justify; font-size: 14pt; font-family: &quot;Times New Roman&quot;; }div.Section1 { page: Section1; }ol { margin-bottom: 0mm; }ul { margin-bottom: 0mm; }</style>

1 依存を見直す

 現代はとても便利な時代です。しかし、その便利に頼り切ることによって、私達は「○○がなければ困る」という生活になりがちです。便利は私達が主人となって使いこなすものであり、いざというとき便利がなくても生活できる、便利に支配されない生活を考えてみましょう。

シンプルな生活

 世の中には様々な商品が溢れています。中でも家事・生活関連の商品は多種多様です。洗剤ひとつとってみても、食器洗い、洗濯、お風呂掃除用、住居用、トイレ用、台所用、等々多種多様な商品が売られています。もし、しばらく買い物に行かれない、もしくは商品が手に入らないことになったらどうしたら良いでしょうか。

 家に重曹とお酢があれば、洗濯・掃除の洗剤としてほとんどの汚れを落とすことができます。ひどい油汚れには、固形の洗濯石けんや化粧石けんを少量使いましょう。さらに、ヨーグルト・納豆・砂糖・イーストで作った乳酸菌溶液は防かび・消臭効果がありますので、洗濯機に入れればカビ防止・排水溝の臭い防止にもなります。さらに、「使い捨てクリーナー」ではなく、古着やシーツを切って雑巾替わりにする習慣をつけます。

 これだけでも家の中の買い置きスペースが減り、少しすっきりしますし、家にほうきやモップを1本備えておけば、停電時でも掃除できます。

 つまり「専用の○○」という考え方をやめ、できるだけ汎用性・代用性を考えたシンプルな生活を心掛ければ、ゴミも減り、家計の節約にもなります。極端なことをいえば、トイレットペーパーはティシュの代わりになり、トイレに流すこともできるのです。

「あれば便利」は「なくてもいい」であり、無駄な買い物をしないようになります。

健康的な生活

 災害時にもっとも気をつけなければならないのが健康です。加齢と共に薬を手放せなくなってしまうこともあるでしょう。非常時にすぐ持ち出せるようにしておく品目のひとつが薬です。しかし、できることなら、日頃からできるだけ薬に頼らない生活をしたいものです。

 持病だから仕方ない場合もありますが、それぞれの人に合った適切な食事・運動療法で改善できる生活習慣病なら、お医者様とよく相談し、完治しないまでも薬を減らすよう努力しましょう。良いお医者様なら、親身に相談に乗ってくれるはずです。「判っているけどなかなかできなくて」という人もいるかもしれませんが、災害時の不安を考えれば、始められるのではないでしょうか。

 そして、一番大切なのは、日頃から病気にならないよう、自分の体調を食事・運動で管理することです。日常、突然で有無をいわさぬ、出費が医療費です。医療費を節約して他の楽しみに使えると思えば、日々努力する動機になると思います。


脱・依存

 災害時は、携帯がつながらない、テレビがみられない、インターネットができない、等々さまざまな不便が強いられることがあります。しかし、本当にそれらはなくてはならないものなのか、一度見直すのも必要なことだと思います。

 電話がつながらないときのため、公衆電話の場所の確認、連絡を取れる場所の確保を考えておいたほうがいいでしょう。そのことが人とのコミュニケーションを円滑にしていくきっかけになるかもしれません。

 また、ときにはテレビ・インターネットから離れた生活をしてみると、読書その他、いつもと違う時間の使い方や、新たな興味を発見し、自分の新たな能力を伸ばし、家族のコミュミケーションを円滑にすることもあるでしょう。なくてはならないと思っていたものが、あれば便利だけれど案外なくてもいいものと思えてくるかもしれません。

http://www.no-side.com

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする