安 曇 野 天 然 温 泉 宿   心やすらぐ森の宿・ノーサイド  

天然温泉付きの宿を営みながら、田園生活・スローライフを満喫する私達

安曇野の宿から・新タマネギ

2019-03-25 21:19:15 | 季節のお知らせ

新タマネギの季節です。

一番簡単なのはスライスして軽く水にさらし、おかかをかけてレモンとお醤油を混ぜたタレを

かけると、お酒にもご飯にも合うおかずになります。

当館は特製ダイエットキッシュになります。キッシュは生地にバター、中身は生クリームに卵とカロリー高めの食品です。

そこで、まず生地のバターを8割にして残り2割を酒粕とオリーブオイルにして作ります。

から焼きした生地に入れる中身です。

ベーコンと豚挽肉少々を炒めお酢を少々加え、新タマネギのスライスをたっぷり入れて水気がなくなるまで炒めます。

冷ましてから、卵と生クリームを混ぜたものを加え、生地に流し込んで焼きます。

当館では新タマネギに、白インゲン豆のピューレを加え、さらにカロリーダウンしつつ植物性タンパク質を補います。

http://www.no-side.com

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

安曇野の宿から・美味しい春

2019-03-20 10:21:07 | 季節のお知らせ

暖かくなってきました。

きょうは春にふさわしい献立

*深川飯

あさりを酒蒸にして汁とともに身をとっておく。米を昆布を細かくした物とともにひたひたの水につけておく。

米を炊飯器か土鍋に入れてあさりの汁だけ入れ、水加減して醤油少々と塩で調味して炊く。

分葱をきざんでおく。

炊き上がって蒸らし終わったらあさりと分葱をいれて混ぜる。

*新タマネギの和風サラダ

薄切りにした新タマネギにレモンと鰹節、醤油でタレを作って和える。

*豆腐とわかめの味噌汁

*うどの天ぷら

 

http://www.no-side.com

 

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

安曇野の宿から・春のスタートに寄せて

2019-03-07 10:05:11 | 季節のお知らせ

イギリスのニュース特集でこんな言葉を耳にしました。

「憎しみに支配されることを拒否する」

これは、かつてのアイルランド紛争の際、兵士に自分の父親を殺された女性の言葉です。

「行為自体は憎むべきことだけれど、その感情に自分を支配され続けたくない」

というコメントを残しています。

「支配」も「拒否」もマイナスイメージを起こす言葉ですが、毒をもって毒を制す、ごとく

掛け合わせるとプラスになることもあるのですね。

**に自分を支配されることを拒否する。

**には自分にとって負の感情をあてはめることができるでしょう。

 

自分自身に、そして、これから新たな人間関係を作る若い人へ、別れと出会いの季節にこの言葉贈りたいと思います。

 

http://www.no-side.com

 

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

安曇野の宿から・ひな祭りに寄せて

2019-03-02 16:31:10 | 季節のお知らせ

もう譲ってしまったけれど、七段飾りの古い雛人形があった。

長い間放置されていたのを押しつけられたような形で引き取ったのだが、昔の物だけに、人形の顔立ちが大人びて、道具の仕様もなかなか凝っていたので、何度か飾ったことがある。
 飾り方を知らなかったので、説明書を見ながらどうやらこうやら形にしたが、収納は飾るときの数倍時間がかかり、ひどく疲れて、これほどに手間ひまのかかる作業に毎年取り組んだ昔の人にあらためて敬意を表したものだ。


 しかし最近、雛人形を飾るのはその過程に意味があると思うようになった。小さな人形をひとつひとつ箱から出し、細工を痛めないよう丁寧に飾り、またひとつひとつ埃を払って整然と仕舞う。
 母から子供たちへ、物を愛おしみ、支度し、始末し、片づける、という物と心を通わせる仕方を、言葉ではなく、形で伝えつつ顔を合わせては言いにくいことをさりげなく語り合う。
 春を迎えたばかりの明るい部屋の片隅に流れるそんな優しいひとときを、雛人形が醸し出してくれるだろう。


 男女の役割も変わり、女性の幸せがいわゆる「嫁入り」ではなくなった現代、雛祭りは、娘や息子との取り戻すことのできない貴重なひとときを過ごすものと考えても良いのではないだろうか。

 でも、春の衣装をまとった様々な年代の女たちが、雛壇を前にひそやかにささやきあう谷崎潤一郎の世界も捨てがたい。中身は聞かぬが花。(笑)

http://www.no-side.com

 

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする