安 曇 野 天 然 温 泉 宿   心やすらぐ森の宿・ノーサイド  

天然温泉付きの宿を営みながら、田園生活・スローライフを満喫する私達

安曇野の宿から・美しい言葉

2024-07-12 10:45:34 | 季節のお知らせ
 
週末は雨模様です。
ゆっくりかみしめたい言葉をどうぞ。
 
オードリー・ヘップバーンが、亡くなる数日前に息子たちに読んで聞かせたという詩が素晴らしいです。
 
『時を越えた美しさの秘密』
"Time Tested Beauty Tips" ―Sam Leveson
 
魅力的な唇であるためには、美しい言葉を使いなさい。
For attractive lips, speak words of kindness.
 
愛らしい瞳であるためには、他人の美点を探しなさい。
For lovely eyes, seek out the good in people.
 
スリムな体であるためには、飢えた人々と食べ物を分かち合いなさい。
For a slim figure, share your food with the hungry.
 
豊かな髪であるためには、一日に一度子供の指で梳いてもらいなさい。
For beautiful hair, let a child run his fingers through it once a day.
 
美しい身のこなしのためには、決してひとりで歩むことがないと知ることです。
For poise, walk with the knowledge you'll never walk alone ...
 
物は壊れれば復元できませんが、人は転べば立ち上がり、失敗すればやり直し、挫折すれば再起し、間違えれば矯正し、
People, even more than things, have to be restored, renewed, revived,
何度でも再出発することができます。
reclaimed and redeemed and redeemed ...
誰も決して見捨ててはいけません。
Never throw out anybody.
 
人生に迷い、助けて欲しいとき、いつもあなたの手のちょっと先に助けてくれる手がさしのべられていることを、忘れないで下さい。
Remember, if you ever need a helping hand,
you'll find one at the end of your arm.
 
年をとると、人は自分にふたつの手があることに気づきます。
As you grow older you will discover that you have two hands.
ひとつの手は、自分自身を助けるため、
もうひとつの手は他者を助けるために。
One for helping yourself, the other for helping others.
 
女性の美しさは 身にまとう服にあるのではなく、
The beauty of a woman is not in the clothes she wears,
その容姿でもなく、髪を梳くしぐさにあるのでもありません。
the figure that she carries, or the way she combs her hair.
 
女性の美しさは、その人の瞳の奥にあるはずです。
The beauty of a woman must be seen from in her eyes,
そこは心の入り口であり、愛情のやどる場所でもあるからです。
because that is the doorway to her heart,
女性の美しさは、顔のほくろなどに影響されるものではなく、
The beauty of a woman is not in a facial mole,
その本当の美しさは その人の精神に反映されるものなのです。
but true beauty in a woman is reflected in her soul.
それは心のこもった思いやりの気持ちであり、時として見せる情熱であり、
It is the caring that she lovingly gives, the passion that she shows,
その美しさは、年を追うごとに磨かれていくものなのです。
and the beauty of a woman with passing years only grows!
 
 
   
 
 
 
コメント (2)
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

安曇野の宿から・杏のケーキ

2024-07-03 16:59:06 | 季節のお知らせ

緑まぶしい季節。杏のケーキがおいしいです。食品廃棄物を堆肥化して育てた巨大ミントを添えて

コメント (2)
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

安曇野の宿から・簡単おいしいタマネギパンケーキ

2024-06-26 20:40:01 | 季節のお知らせ

梅雨、雨で買い物に行くのも面倒なとき、軽食にもなる簡単料理です。 

タマネギをスライスし、大きめのボウルに入れ、塩・胡椒・お酢を数滴いれて混ぜ、そこに片栗粉小さじ1とタマネギ全体がまとまるくらいの小麦粉を入れてよく混ぜたものを、オイルを熱したフライパンにいれて薄くのばし、蓋をして焼き、焼き色がついたら裏返して焼くだけ。

お皿にのせて、あれば分葱やクレソンをのせたり、パルメザンチーズを振りかけたりして熱い内にどうぞ

http://www.no-side.com

コメント (2)
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

安曇野の宿から・さわやかな一日

2024-06-05 14:47:50 | 季節のお知らせ
  
   
 
   
 
    
 さわやかな一日、ミントハーブティにケーク・サレ(塩ケーキ)でランチです。
お庭のイチゴも添えて。
 
コメント (2)
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

安曇野の宿から・初夏の花便り

2024-05-27 20:00:50 | 季節のお知らせ

安曇野初夏の花便り、えごの花・スノーベルです。そしてその花めがけて飛んでいくマルハナバチ。羽音の大きさに驚きます。

https://toyokeizai.net/articles/-/754965?fbclid=IwZXh0bgNhZW0CMTEAAR1fxVle8PMESW9oeiM6yHrst_f8etNC-hyoaN4V6nxUzbFB4Vleia2mfQM_aem_AQx_tDCjLmEuACdPsV8en29-3xnIY99nkSEYMH5jWI-AYljejxP1t9CSUp8ZcICAOqFouNJC0tNwNtWsapOlHPR2

むずかしいけれど心がけたい

http://www.no-side.com

コメント (2)
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする