露花便り

福山市の庭師のブログです。庭師の仕事や日々の生活の中からやさしさに包まれる出来事や気付きを綴っていきます。

アンリ・ル・シダネル展

2012-08-16 02:20:30 | 旅行


ひろしま美術館で開催中の「アンリ・ル・シダネル展」に行きました。
待ちに待った日本で最初の本格的な個展です。








私にとって、シダネルは特別な存在です。
ちょっと長くなりますが、不思議な縁を感じる出来事があったので、お話したいと思います。


16歳の誕生日、私は倉敷にある「大原美術館」を初めて訪れました。
数々の名画に感動しましたが、この絵の前に立った時、強い衝撃と懐かしさを感じました。





        「夕暮れの小卓」{ヌムール}   アンリ=ル=シダネル



あぁ、この絵の中の場所に私は居たな。

この光景はよく見た懐かしい景色・・。

ごく自然にそう感じて、この絵の前に立ち続けました。
人は描かれませんが、さっきまでここに居た気配と遠景の窓からこぼれる明かりが水面に移り、
泣きたいような懐かしい感覚。


それから何度この絵に会いに行ったかわかりません。
インターネットなどない時代でしたから、「シダネル」という人がどんな人かも
どんな作品があるのかもわかりませんでしたので、大原美術館に会いにいくのみ。
小さな複製画を購入し、部屋に飾っていました。


月日が経ち、30歳の誕生日。
お世話になった方より「フランスの美しいバラの村、スミレの村」という本を頂きました。



当時ガーデナーとしてもてはやされ、テレビや新聞に取り上げられて
自分のアイデアで何でもできるというような錯覚に取りつかれていた私は、本からのインスピレーションを嫌いました。
美しい写真集として本を開くことはありましたが、文章をじっくり読んで共感してしまうと、
なんだか負けたような敗北感を感じる気がしていました。
未熟者の私は文章を読むこともなく、でもどこか不思議な魅力の詰まったこの写真集を大切にしていました。



そして三年前、親方と出会って沼隈に越してきました。
親方はこの写真集を見るなり、美しいバラの村「ジェルブロワ」に感動されました。
古い石畳、煉瓦と左官の溶け込んだ壁、歴史を刻むこの村の美しさと、
壁を覆う生命力に溢れたツルバラ。
「正直、バラを美しいと思ったことなかったが、バラに対する考えが180度変わった」
と言われました。
親方の言葉に影響を受けた私は、頂いてから6年も経ってから初めて全ての文章を読んでみました。


読み進むと、衝撃を受けました。

「ジェルブロワ」は中世の時代、フランス王とイギリス王に覇権を争われ、
500年もの間破壊と再建が繰り返された町でした。
殺戮や戦火、略奪などの幾多の苦難と波乱の歴史を乗り越え、1592年に休戦協定が結ばれました。
要塞が取り壊され、急に静かになった町は人も減り、滅びゆきつつありましたが、
20世紀初頭、一人の芸術家がこの町を訪れ、町に生気を取り戻させるのです。



その芸術家が、「アンリ・ル・シダネル」でした。
シダネルはジェルブロワの素朴な美しさに魅了され、バラを植えて村を再建していきます。
彼の努力と功績でジェルブロワは生まれ変わり、今ではフランスでもっとも美しい村の一つに選ばれています。
シダネルは過去の事物を愛し、賞賛しました。




「私が追及し続けた道は、おそらく、しかしそれが目的ではないが、
現代の様々な研究と対立する。実際は私が追及した道は自然の流れをたどり、
私が得られた共感もまた、我々の道に付随する光なのである。」
(小林晶子翻訳「アンリ・ル・シダネル」カタログより)




何気ない庭の片隅や植物、自然の穏やかさとやさしさ、そこに人が介入することで
生まれるあたたかい調和と安心感。


庭もそうでなければ意味がない。
どれだけ立派で、斬新で、かっこいいかではなくて、どれだけ愛情を注いで管理していけるか。
植物と造形物の調和ではなく、植物と人間の調和が優先です。
没後73年経っても全く色褪せないシダネルの精神を受け継いでいきたいです。




            「離れ屋」{ジェルブロワ}





16歳のときには庭に携わるなんて思ってもみませんでした。
仕事で庭に携わるようになっても、若い私にはシダネルの精神は理解できなかったと思います。

あの日から23年経ち、たくさんの方との出会いから、いろんなことを教わり、
この時期、このタイミングで気付くことができたんだなと思います。
数々のご縁に感謝します。

今はばらばらだったパズルの一つづつが繋がってきたことをじっくり噛み締めています。
ゆっくりちょっとずつしか進めませんが、これからも本物のちいさなかけらを見つけていきたいです。

長々となりましたが、最後まで読んでくださってありがとうございました


会期中に行けて本当に良かった~

画像や画集では細部の色使いがはっきりしませんが、生で見ると引き込まれるような
美しさですよ。

ひろしま美術館では9月2日まで開催で、会期中は無休です。
お近くの方は是非足を運んでみてくださいね。



あっという間にお盆休み終了です~

コメント (2)

フクロウと野ウサギに会う。

2012-08-15 01:28:31 | 庭仕事
一週間ほど前から朝晩は涼しくなり、秋の気配を感じるようになりました

今日から露花もお盆休みを頂いています
親方はお盆も里山工房で注文品の樹箱の製作をされてますが、私は休むよ~~
ブログを紹介しておきながら、毎日バタバタでなかなか更新できなくてすみません
久しぶりのブログ更新です!

昨日まで続いた結婚式場の散水工事も無事終了しました。



タイマーで水やりの間隔と散水時間をセット。




植込みの株もとはバークチップでマルチングし、乾燥や泥はねを防ぎます。


草も生えにくく、夏の暑さや冬の寒さから植物の根を守り、地表の温度調節をしてくれますよ。
見た目にも美しく、植物が潤って喜んでるように見えるホッ。


花壇や植込み、寄せ植え鉢にもマルチングが効果的です。


昨日は仕事で遅くなり、山道をトロトロ帰っていると、フクロウに出会いました。
人生二度目の遭遇ですが、すごい威厳というか、オーラを出してます。
近くでみると感動します~

その先で今度は野ウサギにばったり!
20メートルぐらいずっと車の進行方向にぴょんぴょん走って逃げるので、
追いかけず車を停めると、崖の急斜面を登っていきました。

可愛い~~なんかラッキーな一日の締めくくり


フクロウと野ウサギに出会ってから食物連鎖について考えてみたりします。


この地区は平家谷といい、日ごろから谷の上空を猛禽類が頻繁に滑空しています。

カメラを向けるとすばやく飛び立つトビ。大迫力なんですが、携帯じゃなかなか撮れません

そのためか、カラスが少なく、畑の作物がカラスに荒らされることはありません。
縄張り意識の強いカラスは小さな野鳥を追い回しますが、カラスが少ないので、
小さな野鳥が多種飛び回っています。
野鳥が集団でやってくると、樹についた虫を捕食してくれるので、
虫が来ても丸坊主にされるほどには葉を食われない。
そして鳥たちは樹の足元にフンを落して土を肥やし、充実した樹は花咲き実をつける。
肥えた土地は下草を育て、それらを食べるウサギやネズミ、モグラなどの小動物を育てる。

そして、小動物は猛禽類に捕食されるから困るほどには増えすぎない。


深く考えていくほど、いろんなことに思い当り、発見と驚きの連続です。
何でそうなるのかと自然の中に問いかけ、答えを探す時間はとても楽しい
本やデータ、先人の知識も大切で貴重ですが、自分の経験と感覚でつかんだものは、ゆずれない感じがします。
なんていうか、確信したというか。
間違っているかもしれませんが(笑)



植物や動物との出会いは毎日毎回、新鮮であたたかいです。
物言わぬ植物や動物、自然の中からの言葉を理解できるのが、「庭師」だと思っています。
里山であっても街中であってもそこが人間と共存する「庭」であるなら、そのことが一番大切です。



自然界のピラミッドが正常に保たれていると、人間にとっても、植物や動物にとっても暮らしやすい環境になるんでしょうね。



それではそろそろこのあたりで

お休みの間に施工例など更新していきますね
コメント