露花便り

福山市の庭師のブログです。庭師の仕事や日々の生活の中からやさしさに包まれる出来事や気付きを綴っていきます。

アンティーク鉄錆レンガのテラス完成!

2014-06-22 15:26:30 | お庭の施工例
最終日は雨になりましたが、やっと完成しました!



アンティーク鉄錆レンガのテラス。


形も厚みもバラバラのため、敷並べる作業に加え、目地詰めに時間がかかりました。




敷き並べ作業の様子。





三種類の大きさをミックスしています。



敷き並べたところから順に目地を詰めていきます。

この目地詰め工、どんなに頑張っても見積り通りに終わった試しがない。

見積りが甘いのか、手が遅すぎるのか・・・





一人で作業のため写真はありません










たこ焼き・・・というより、抑えに力が相当必要です。
休憩も取らず一日中しゃがみこんで目地を抑えているので、肩と腕、指などが痺れて動かなくなります。





目地を入れたところ。
このあと少し時間を置き、目地ゴテで抑えていきます。



親方が京都時代からの目地ゴテ4種。 右から二番目を使用中。



タイミングが難しく、欲張って広い面積に一気に目地を入れると、抑えが間に合わなくなります。




抑えた後さらに時間を置き、ワイヤブラシでかき落としていきます。

重量感のあるアンティークレンガに合わせて、目地も表面を荒れた感じに。使い込んだ風合いに仕上げます。


レンガはキワを特に綺麗にかき落とし、際立たせます。

このとき目地の深さがとても重要です。

目地が浅すぎるとレンガが立体的でなくなり水はけが悪くなりますが、深すぎるとチリが付きすぎて足を取られてしまいます。


かき落とした後刷毛で綺麗に掃除し、レンガを一つ一つ丁寧に洗っていきます。







完成!!




施工前





施工後


2、3年はレンガから鉄分が出てくるので、時間をかけてどんどん詫びた感じになっていきます。


家の前にゆったりとしたスペースが生まれ、家族でお茶をしたり団欒を楽しむ空間になりました。



Oさま、長らくお待たせしてすみませんでした

作業中いつもやさしいお心遣いありがとうございました!


田んぼに水が入ったため、今回の工事は一旦終了して、秋の稲刈り後から再び庭のリフォーム工事に入る予定です




ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 2014年 里山工房で開花した... | トップ | サーモウッド板塀施工中 »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
イラスト新鮮(笑) (かっつん)
2014-06-27 10:10:17
そんで、上手
暑い中、お疲れさんでした
いい感じ!
かっつんへ (Lucy)
2014-06-29 10:18:33
お久しぶりかっつん♪
毎日暑いね
相変わらず外で頑張ってるよ。
イラストエッセイ露花劇場が人気なので
今回もイラスト入れてみました

いつもありがとね

コメントを投稿

関連するみんなの記事