猿八座 Saruhachi-za

佐渡の人形遣いの独り言

追悼 鳥越文藏先生

2021-04-08 11:15:38 | 日記

4月5日、恩師・鳥越文藏先生が亡くなられた。ご冥福をお祈りする。大学の演劇科、中退して入門した文楽、文弥人形に惹かれて移住した佐渡、思い切って進んだ遥か遠くの世界は、お釈迦様の掌の如く全て先生の研究分野であった。1998年、私が住む佐渡の山里、猿八に「鳥越文庫」が出来たことで止めを刺された感がある。主に近世演劇関連の蔵書2万数千冊は一生かけても読み切れない。先生が大英博物館で発見された古浄瑠璃『弘知法印御伝記』を初演した時は「上演してみると面白いね」と仰って下さった。最後に御目にかかった昨年2月、『説経・をぐり』を稽古中とお伝えすると「東京で上演するなら劇場を紹介しよう」と仰って下さったが、旅立たれてしまった。鳥越文庫と私の中で先生は生きている。これからもどのような解答を下さるか難題を問いかけてみたい。

  

2008年6月新潟市音楽文化会館練習室で『弘知法印御伝記』の稽古をご覧になった先生に全座員の芸名を付けていただいた。当時の座員、永野八尋、堀八島、逸見八里、高橋八重、金子与八が今も活動中。

コメント

「をぐり」前半試演など   

2021-03-24 15:44:27 | 日記

 コロナ禍で公演がままならぬ中、「説経・をぐり」通し上演を2年がかりで準備中ですが、昨年12月20日予定通り前半1.5時間を試演しました。今年は2月から後半を準備中です。

  行商人の後藤左衛門は小栗判官に相模国の照手姫を紹介し、恋の仲立ちをする。 2020年12月20日稽古場にて 撮影:笹川浩史氏

 

 サントリー地域文化賞は昨年12月に受賞5団体の発表がありましたが、東京での贈呈式がコロナ禍で中止となり、3月21日、サントリー文化財団の尾崎勝吉専務理事が大阪から稽古場にお出でになり贈呈式が行われました。公演が出来ない今の時節、大きな励みになります。座を支援して下さる皆様と喜びを共にしたいと思います。有り難うございました。

写真向かって左から二人目の石井久美子さん、篠田美麗さん、篠田敏規さんの3人の遣い手が新たに入座しました。撮影:藤田雅善氏

コメント

サントリー地域文化賞

2020-12-07 21:25:51 | 日記

[佐渡の文弥人形を継承するとともに、古浄瑠璃の復活上演を通じて人形浄瑠璃の魅力を発信している]ことが評価され、猿八座の受賞が決まりました。これまで様々な形で座を支援して下さった方々、各地で公演を引き受けて下さった皆様に感謝申し上げます。

 一月から稽古を始めた「説経・をぐり」前半の稽古を年内に区切りを付けようと、道具作りも大詰めとなりました。

         

               秣の替わりに人を喰い、人を乗せたことが無い荒馬「鬼影」も出来ました。撮影:笹川浩史氏

コメント

新たな担い手

2020-10-20 11:19:03 | 日記
 柏崎市高柳町では'17,'18年に続けて公演しましたが、公演の実行委員長今井伸治さんのお世話で今年3月から地元の方が人形遣いの修業を始めました。三五麻里江さん、小柴康隆さん、大橋拓哉さんの三人です。
 高柳は「狐の夜祭」で有名ですが、これに因んで説経の名作「信太妻」を地元の方だけで上演することを目標に、9月21,22日ギャラリー姫の井「酒の館」での公開稽古で初舞台を踏みました。

         
         初めて人形を遣う新人二人 3月20日新発田市の稽古場にて  笹川 浩史氏 撮影




コメント (2)

説経「をぐり」稽古中

2020-07-28 17:30:57 | 日記
 4月の新発田公演に続き、今年予定していた3公演が中止、延期になりました。
幸い今年は公演を少なくして、新作を2年がかりで完成させる計画で、説経「をぐり」の稽古を続けています。
 小栗判官と照手姫の壮大な恋物語、じつは猿八座の旗揚げ公演の演目です。25年前、古屋和子さんの琵琶弾語りで、冒頭から「照手車曳き」まで3人の遣い手で演じましたが、全編通して上演したい最大の演目でした。
 台本は絵巻「をぐり」全15巻を底本に、各巻のごく一部を割愛して原文のまま6段組に構成しました。渡部八太夫は既に全段の節付けを終えていますが、前半3段を第一部として今年中に、来年中に第二部後半3段の完成を目標にしています。
 公演をお待ちの皆様にはご迷惑をお掛けしていますが、只々コロナ感染の終息を願うばかりです。
  小栗判官と照手姫 稽古中 新発田市の稽古場・心萃房にて  笹川浩史氏撮影
コメント