少年の日々

はじめて考えるときのように

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

めくれたオレンジ

2007年07月23日 | Weblog
昇格試験に向け、過去の研修の感想文みたいなものを読み返している。

随分と崇高なことを言っているなあ、と思いが、当時の自分の想いは確かに反映されている。

「仕事とは付加価値であって、それを創出するためには知識と想像力が必要である。」

確かにそう考えて仕事に向かおうとしていた。

そして、知識と想像力は必要だ。

それを実践して行く場として、今の自分はあるはずだ。

貪欲に、貪欲に、貪欲に。

さて、もうそろそろ寝ますか。

コメント

言葉はさんかく こころは四角

2007年07月20日 | Weblog
世間一般の会社と同様に、うちの会社にも昇格制度があり、来週月曜日にそれを受けます。
まぁ、給料はあんまり変わらないんだけどね…

今の自分の担当業務について、面接で突っ込まれると思うので、まとめなきゃいけないんだけど全然掴めない。
過去三年間やってきた営業についてしゃべれと言われればいくらでもしゃべれるんだけども。

部署が変わり、業務が変わるとはそういうものなのかもしれない。

自分の仕事が掴めないと、やっぱり仕事が面白くない。仕事の理解度は仕事の面白さに通じる。

あぁ、そういうことか。
自分が何を何のためにやっているのか、それがわからなきゃ、仕事が面白くなるはずがない。

新入社員時代も仕事がつまらなくて、全くモチベーションが上がらなかった記憶があるが、それは仕事が分からなかっただけなのかもしれない。
事実、営業の三年目は仕事が辛いという感覚はあんまりなかったな。

となれば話は早い。自分の仕事の位置を早く掴めばよい。

それに、業務が変わることのダイナミズムみたいなものは今でなければ掴めないのだから、いまのうちに‘なんで’を考えなければならない。
それが次回異動したときの糧になる。

普段のポジティブさが全くなくなっている最近なのでなんとかかんとか上手く自分のエンジンを始動させなければ。
コメント

久しぶりに日記を書く

2007年07月02日 | Weblog
大学自体の友人から結婚の案内がきた。とりあえずメールで。

ということで、今年の秋、広島に向かう。
そして受付をやる(結構受付って楽しいのです)。

大学生の時、車で広島に行ってBUMPとくるりとモーサムのLIVE観て、彼の家に泊まり、いざ出発というときに全員が下痢と吐き気にみまわれ医者に連れられ痛い注射を打たれたなぁ。

何にせよ、友人の結婚はめでたいですよね。




コメント