少年の日々

はじめて考えるときのように

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ロックン・ロール

2005年04月28日 | Weblog
カタカナで書くと面白いね“ロックン・ロール"

さて、やっと休暇が取れます。連休はカレンダー通りなのでまったくもって遊べませんが、まあ、いいか。

眠るとき、僕はハツカネズミとなってご主人に食されるのを待つのだけれど、そこには『生きたい』という感情が起こるはずもなく、ただただ待つ。


コメント

本を読むことについて

2005年04月28日 | Weblog

音楽は受動的に聴くことも出来る(もちろん能動的にも)けど、読書は受動的には出来ない。頭に入ってこない。

だから、能動的に読むためには忍耐が要る。その忍耐から逃げると結局は本が読めるようにならないし、想像力を広げる訓練のうちの一つの方法を破棄したことになる。

うーん、疲れました。土日出てると体が変になってくる。
コメント

憲法第9条について

2005年04月27日 | Weblog
僕は政治的思想の持ち主ではないので、どちらかと言えば理念をもとに行動するよりも日常生活を楽しく過ごせればそれでいいと思っている。

憲法9条で戦力の不保持を謳っていて、それを変えるか否か議論は絶えないと思うけど、僕は日本が戦争を肯定(ちょっとニュアンスがずれますが)することになって徴兵制が布かれて多くの若者が戦場に赴いたとしてもそれでいいんじゃないかと思う。

「戦争は人類が生み出したもっとも悲惨な出来事です!」

なんて言葉聞いたって、だからどうしたとしか感じない。
戦争を否定して、平和を希求するように育てた子供が「死体が見てみたかった」といって弱者をハンマーで殴る世の中で、一体あなたたちは何を求めているの?と言いたい。戦争の悲惨さを訴えることは否定しない。平和を求めることが平和を作り出すだろう。

だから、徴兵されて二年ぐらい「死」と向き合う事は、平和と向き合う事となんら変わりないじゃないか。都合のいいところしか見ないで、綺麗な言葉しか聞かないで、一体あんたらは何を望んでいるのか。自衛隊には入りたくないけど、徴兵されて戦場に行くのは悪くない。そういう体勢は悪くない。
コメント (2)

あ、ライブやりますんで

2005年04月25日 | Weblog
長谷川night vol.1『正直てんやわんや。』開催決定!!
4月30日(土) 東高円寺LA
open 18:00 start 18:30 price \1500
出演者 MILK☆RUSH(ID:008ともえ,ID:007ホリイ,ID:004 コチヤ,ID:009コノミ所属)・September Projekut・富士見野レシーブハウス(Ba⇒ID:004 コチヤ)・灯井ジマカメ甫witHチャァ■んドン・いずかなち(仮)(Vo&Gu⇒ID:003 イズ、Vo⇒ID:002 かなっち)

http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=on_gaku_
コメント

憲法なんて知らないよ

2005年04月25日 | Weblog

4泊5日の出張から帰ってきました。
僕の言う出張はたいてい新規店のオープン手伝いで、行くとまずは荷物の搬入から始まり、開荷、粗詰め、棚決め、返品などなど、いろいろ肉体労働(と言ってもたいしたことないけど)が待っている。

荷物を出していると必ず欲しい本が出てきちゃうんですよね。
まだPOSもちゃんと設置してないからそのお店では買えない。だから僕は帰りにブックファーストに寄ってしまう。今日はふらふらの足でswitch(下北特集!)買って、池澤夏樹の『憲法なんて~』が出てたから買った。

下北沢は変わってしまうんだなあ。

>>>
僕らには意識的にか無意識的にか分からないけど行動習慣というものがあって、例えば自転車の鍵をいつも何処にしまうか決めておくと何も考えないでも駐輪場に着くと鞄の右ポケットに手を伸ばす。

そのときに働いている力というか、無意識下の意識と言うものが面白いと思って考えていたのだけれど、確か小学生のときに反射という人間の反応があって、体に受けた刺激を脳を通さずに神経に直接命令をおくるような感じだったので案外それに近いかもしれない。

行動習慣と反射は科学的に言えばまったく違う事柄だろうけど、僕らの日常生活においては煙草に火に手が触れそうになって引っ込める事も朝会社に向かうときに財布を取る事も大差ない。

科学と認識の違い、なんて書くとまた別のネタが思い浮かんでしまったから、もう寝よう。


コメント