少年の日々

はじめて考えるときのように

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

考えることを考える

2007年05月30日 | Weblog
部署が変わって、ダメだしを山のように喰らっている。
自分はこんなに思考能力が低い人間だったっけ?と思わざるを得ない状況。

なんでこんなにダメなんだろう、と考えてみたら、実は今、考えることを停止しているのではないだろうか、という考えに至った(考えって単語使いすぎだ)。

異動したばっかりだから『様子を見る』、って言葉で言い訳している。

根本がそんな考えだと、考える基準が自分の外側にできてしまって、やっぱり上司先輩の意見に流されてしまうわけです。
部署が部署だけに、上司のいうことはロジカルで的を射ている。
『なるほど』と思うと考えないわけです。
どうせダメだしされるから考えないでもいいや、と。

だから、今、ダメだしされていることは精神的にまったくこたえない。

この状況はどうなんだろ、と今日ちょっと思ったわけです。


ちょっと自分でも驚きですが、基本的にスロースターターなのかもしれない。

場に溶け込むのは早いですが、かなり遠巻きに自分を見ている。

遅くまで残っていようが、始発で家に帰ってまた出社しようが、当事者意識がないからたいしたことない。


どうしよか。
考え始めたら、かなり精神的に辛くなるぞ。

でも、リミッターは外したほうが良いと思うので、そろそろ反撃してみますか。
DoCoMoみたいに。


そういや大前研一がDoCoMoの販売戦略にダメだししてたな。
コメント (2)

きついきつい

2007年05月29日 | Weblog
大学時代の友人の、『いつも終電』とか『会社に泊まった』というセリフを実感中。

うちの会社にもこんな部署あったのね…


営業との違いは、
指令を出す側と実行する側というとこで、
指令を出す側はもともと形がないものを
わかりやすく、広く伝える為に徹底的にロジカルな思考をしなければならない。

『まぁ、適当にやっとけばいいや』って感覚は営業時代にはとてもよく使っていたのだけど、
今の部署ではそんな感覚は徹底的に排除される。

全社に影響を及ぼすというのも理由だが、
もともと形がない新しいものを伝える為には、
『まぁ、適当でいいや』だと伝わらない。

いくら自分で『こういうことですよっ』って声高に叫んでも、こっちの考えなんて感覚じゃ分かってもらえない。


これからは、いままであまり仲良くなかった『客観的なデータ』ってやつらと上手く付き合わなくちゃならない。

あいつらすげーよ、めちゃめちゃ説得力ある。

コメント

心・技・体

2007年05月24日 | Weblog
お相撲さんの話しですが、
若い頃、勝負は「体」の大きさで決まる。

学生チャンピオンとかも、まず「体」あってのものだ。

しかし、アマチュアの世界では「体」が大きいのは
当たり前で、勝負に勝つためには「技」が必要になる。

「体」だけでは勝負に勝つことはできない。

「技」を磨いた戦士はプロの扉をたたく。

しかし、プロの世界は「体」も「技」も鍛え抜かた
猛者が当然のように蔓延っている。

その中で、横綱になるためには「心」を鍛えなければならない。
「心」を鍛えてこそ、横綱になることができる。


というように、
「心」「技」「体」
すべてを兼ね備えた者が頂点に立つ日本の国技。

相撲について書きたいわけではなく、
人が成長するためにはひとつずつランクを上げていくしかない。

自分の現状を把握し、そのステージで限界まで
上ったところで次ぎのステージが見えてくる。

さて、僕は今どのステージにいて、
ここを乗り越えるためには何が必要だろうか?

コメント

内定者の方々と飲む

2007年05月23日 | Weblog
先週のことですが、人事部のお手伝いで、来年入社の大学四年生20人くらいと飲む。

現部署は自分もまだよく分からないから、営業時代の経験をこれでもかってくらい話まくりました。
ストレス溜まってる分、舌が回る回る。

新部署だと、経験もなにもないから教えてもらうばかりで、自分の仕事を伝えることもできやしないですね。


さて、この売り手市場な就職活動で、
うちの会社を選んで入社を決めてくれた内定者の方々は、
やはりそれなりにやる気に溢れていて有り難いのですが、

希望の部署を尋ねると
『どこでもいいんすけどね~』
という子も中にはおって、
やる気ある若者の中で気になったので、酔った勢いもあって
『どこでもいいと言ってると、一番行きたくないとこに配属になるよ』
と説教をしたりしてました。

せっかく本人の配属希望をそれなりに聞いてくれる会社なのに、もったいない。

と、まぁそんな感じで二時間飲んだわけです。

まぁ、オチなどないわけです。
コメント (2)

DoCoMo2.0

2007年05月20日 | Weblog
DoCoMo2.0ということで、CMがガンガン流れてますね。

妻夫木はauのイメージが強いですが、気が付けばDoCoMo・・・

でもCMは面白そうなので今後に期待。
コメント (2)