やっほ の 散歩フォト。

四季の散歩写真と望遠視点(◎◎)の雑話。時には時事問題など綴ります。

サクラ・‥が咲いた\(^o^)/

2024-03-03 11:02:29 | サクラ
冬名残の空の下、サクラが咲いた!
'樹の幹に<オカメザクラ>と名板があった。
おかめのお面を連想する。
いったい何処がぁ(p_-)
 >
 
 1/4 ”春の走り” 切る風寒し

      
   
   2/4 早咲き競争の覇者

                 
                 3/4 夢の中

        
        4/4 下向きに咲く
★ せいじの話題をちょこっとだけ
我が居住の市より<価格高騰緊急支援給付金>の案内が来た。
世帯あたり全国一律でしょうが、こども加算もあるようだ。
これは来たる ”総裁任期満了” を迎える岸田首相の人気稼ぎ
ではないかとも言われている。

総理継続に誇示の現首相。
令和6年(本年)9月30日にて自民党総裁任期が満了する。
支持率は悲しいかな 歴代首相最低の14%
それでも首相を継続したいらしい。

何はともあれ解散総選挙で ”ガラガラポン”とやれば良い。
保守新党が結成で 自民支持者に大人気らしい。
マスコミは沈黙・黙秘だが、
彼らにとって〈保守〉というのが
どうやら気に入らないらしい。
end
              

コメント (4)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

こんなふうな元旦になるとは思いも寄らなかった。

2024-01-03 11:30:32 | 散歩
何かが違う今年の日本列島
(昨年暮 横浜市内)
  
  
  1/5 平穏な景色


  
  '2/5 マンリョウの実
     「日陰が好きで寒さが少し苦手」だとか、なんて自己中な実。

  
  
  3/5 寒さ好きな山茶花
     それでも日向ぼっこは好きなようだ。

         
         4/5 秋の名残り

  
  5/5 暮の夕日
      黒い雲に隠れる晦日の夕陽、
      今思えば荒れる日本列島の 前兆だったかも?
★ 繰り返し起きる災害頻発国ニッポン。
まさか元日の石川県能登半島沖震源の大地震発生。
この地震は本震とは限らず余震であった可能性も否定できないという。

そんな矢先の2日夕刻6時頃
思いも寄らない航空機事故発生!
羽田空港に着陸したJAL旅客機に何と、
海上保安庁の航空機が滑走路で衝突したという。
乗員乗客は367名との情報だった。

'乗客を乗せたまま機内消火活動をしているとか?
滑り台で脱出させれば良いのに、と思ったがそれが出来ない事情が
あったのだろうか?
とか脳裏に浮かんだ。

ところが(報道陣が現場到着以前に全員が脱出していたようです)
'機敏で秩序ある日本人の行動意識は流石。
'世界でも特異かも。

令和6年(2024年)初頭から何というアクシデントの連続。
この先、余す363日というべきか
 日本のみならず世界にどのような出来事が待ち受けているやら予測不能。
不吉な年の序章を感じる。
この先どうか平穏な一年でありますように!

 '********************

新春恒例の箱根駅伝復路が今スタートした。
暗いニュースが続く中 この中継は心和ませてくれる。
関東学連と銘打つが 実は選手達は日本全国からの映え抜きだ。
昼過ぎまでこの中継に釘付けになる。

自宅は2区(復路9区)沿いにあるが
最近は沿道応援よりもっぱらTV観戦だ。
この中継が終わるまでは暗いニュースから逃れることが出来るぞ!
選手達の放出するエネルギーをほんの少しは戴ける気持ちになれる。
中継を聴きながら、この文を書いている。
レースは今、9区に移った。
お昼過ぎゴールインまで続く。

コメント (8)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

落葉の遊歩道

2023-12-16 13:04:49 | 散歩
★ 落葉の遊歩道
この時期 紅葉真っ盛りの遊歩道であっても 上を見上げ乍ら
歩く人は見かけない
シャカシャカと落葉を踏み締め乍ら歩くもまた良いものだ

終盤を迎えた紅葉、
'おそらく今年最後の紅葉画像となるだろう。

せいじのおはなし
★ ポスト岸田は?
内閣支持率ついに20%台前半に 岸田政権「裏金」疑惑でさらに逆風 対応は
大いに問題の自民党。
ここに来て「'政権復帰以来最低の支持率」
という或るネット上の見出しが目に付いた。

岸田首相、自民総裁の任期満了迎える24年9月までの改憲に努力
見えない改憲の本音 意欲示す一方、言葉少な・・・
ソース:毎日新聞 2023/6/21付 


岸田文雄内閣への逆風が6月以降さらに強まっている。
産経新聞・FNN(フジニュースネットワーク)と、
NHKがそれぞれ11日に公表した世論調査で、
'内閣支持率がいずれも20%台前半となり、
発足以来、最低に落ち込んだ。

NHKの調査では、自民党の支持率が2012年の
政権復帰後最低となった。
自民党派閥の政治資金パーティーをめぐる問題が大きな打撃を与えた。
有権者はどの派閥というより、自民党全体に厳しい視線を向けている。


かと言って有権者の心が自民以外の既成政党に向くかというと
それもまた違う。
岸田さんには衆議員解散に持ち込む器量も勇気もない
何故なら
'如何に任期満了(’24年09月)まで持ち堪えるかが課題だからだ。

岸田後の次期総理総裁候補は 
'どの派閥にも属さない女性議員が有力視されれ始めている。
オバマ&バイデン政権が推す、
岸田派のもうひとりの女性議員も総裁への意欲を示す。
この米政権肝入りの日本国総裁候補は私的には御免被りたいところ。
オバマ民主党はLGBT法の他にもまた 何を日本に企む、

'岸田婦人はオバマ側の要望で招待を受け、
単身米国に参じている。
ソフトに何らかの「恫喝」を受けたものと、私は思う。
岸田さんも原爆記念館拝観でオバマ・バイデンから
大きな借りをしたものだ、悲しきかな敗戦国日本・・・

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

今が紅葉 たけなわ です

2023-12-02 12:17:27 | 散歩

いよいよ今年も師走に突入。

師走の語源には「年果つ(としはつ)」が変化して「年が果てる」と

いう意味たとする説があるそうです。

(恥ずかしながら俄か知識です)

語源はさて置き、 

晩秋の先月は個人的には特に気忙しかった。

と言いながらも居住管内ではあるが 紅葉狩りには楽しんだ ^^

  

  1/4 山火事もよう!

 

  

  2/4 里の秋

     ここにきて朝夕の冷え込みが厳しくなりました。

 

  

  3/4 秋咲桜

     いつまで咲くだろうか? 燃える紅葉に紛れてっそり咲いていた。

 

  

   4/4    紅葉の遊歩道

     横浜駅東口 ー みなとみらい駅 間を繋ぐ遊歩道を行く。

★ 我が国の将来は?

国民民主前原代表代行らが離党の意向を固める会見を行った。

「日本の失われた凋落の30年を取り戻すことが離党の目的」

日本の窮状を取り戻すこと、と前原代行は言わはった。

 

'失われた凋落の30年って?

バブル崩壊後の経済低迷期のことだと思われるが。

'今の問題はそこでは無いと思う。

経済はIT技術を基軸に好調 で 観光業もゆく先 はともかく

中国からの訪日客はお国の方針で全くお見えにならないが、

欧米からの観光客がそれを補っている。

よって現時点では人手不足が課題ではなかったろうか。

 

日本はこれまで輸入に頼る資源貧国と思われてきたが、

実は輸入量も多いが資源大国であったのだ。

'東(南?)太平洋 伊豆諸島の先にも日本固有の諸島が連なり、

日本本土よりハワイ島の方が遥かに近いという日本の島々だ。

その海底には数百年分のお宝資源(レアアース類)が眠って

いることが'海底調査で確認されている。

 

それら資源をC国が虎視眈々と狙っているらしい。

他にも同盟国であるはずのK国までもが・・・

国際的には日本固有の領土と認められているが、

イデオロギーの異なるお国に対しては迂闊に出来ない状況である。

 

これらを守る我が国の防衛体制が現状では 手薄の状況。

政権が代わろうとも時の政府には本腰でこの資源を 守って

頂きたいものだ。

我が国が世界有数の資源国家になりうるという認識者がいらっしゃる。

 

環境問題も主要国参加で 青森で建設中の実験核融合炉が期待されて

いる。これが完成すると世界の原子力発電所が必要なくなるそうだ

未来に亘って輝く 日本であれ!

'ーーーend

 

コメント (4)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

今が紅葉盛りなんです

2023-11-26 15:20:44 | 散歩

今が旬を迎えた関東南部の紅葉

ブログ上では既に見飽きた景色かと思われるが

地域に依っては12月中旬まで見頃が続きます。

>紅葉ではない画像も混じっています。

  

  '1/6 皇帝ダリア

       空から優しく見下ろす皇帝であった

  

  

  2/6 人里では紅葉が始まったばかりです。     

 

  

        3/6 紅葉帽子

     緑葉樹が高木の紅葉を頭に被っていた

 

  

  '4/6 黄葉の傘の下から見上げて

 

  

  5/6  河原の垂れススキ

       決して枯れた雰囲気はありません 称して現代版「 垂れススキ」

 

  

  '6/6 あしたはあしたの風が吹く

      今日も一日ありがとうございました。

★ 次期米大統領 ポストバイデンは誰?

米民主党からバイデン後の大統領を狙う人物として

日本大使に就任したエマニエル氏?女史?

前任大使は凶弾に倒れたJ・Fケネディー前大統領のお孫さん

でケネディー大使であった。

 

岸田首相には力強い援軍が存在しているかも知れない。

援軍というより寧ろ「操り人形」と思っているかも知れない。

某国政権与党の実力者(元大統領)

 

その 御方は安倍元総理とは馬が合わなかったご様子。

だがしかし岸田総理夫人は単身で米国に招待された。

私人とは言え日本国首相のご婦人に米国政権与党関係者から

いったい何の御用だったのだろうか。

 

日本大使にケネディー女史からエマニエル大使に交代するや否や、

彼?彼女?は我が国 国会にLGBT法案とやらを持ち込み

あっという間に国会でそれが最優先的に成立してしまった。

これってどういう流れからなのかが全く理解出来ない。

突然降ってわいたようなもの。

このエマニエル大使は「次期大統領を狙っている」との噂である。

 

次の政権は共和党かも知れない?

民主党に共和党 日本としては時の 政権に靡くしかない。

安倍元総理は当時の選挙戦流れを的確に読んでトランプに賭けたのだ。

これには民主党頭(ガシラ)元大統領のオバマは苦虫を潰したのでは

と思われる。

岸田夫人の米国単身招待の意図は解からないが、婦人引き入れが 岸田

操作に繋がっているのだろうか?

何だか良く分かりませんね。

ということで

本日はこれにて終了させていただきます。<(_ _)>

ーーーend

 

 

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

平日でも賑やかな晩秋の鎌倉

2023-11-10 16:02:13 | 散歩

久々に鎌倉に行き外国人観光客の多さに驚いた。

以前は外国人というとほゞ中国人が占めていたが、

今は政治的理由からでしょうか、中国人はめっきり減り

それを補うかのように欧米系観光客が多く見られた。

 

今回はそんな様子を交えて画像を掲載しました。

(鎌倉八幡宮にて)

    

   1/6 拝観客を見守る朱色の舞殿

 

   

   '2/6 参道より本殿を望む

 

   

   '3/6 源氏池で昼休

 

 (小町通りにて)

   

   4/6 平日でも賑わう小町通り

 

   

   5/6 小町通りで昼食

 

   

   6/6 秋の締めくくり ”わくら葉”

 

★ひと昔前は

今国会にて

首相や官僚の給与増に野党が「待った!」

立憲や維新が修正案も・・・と報道があった。

が、法案は14日にも衆院を通過する見通しとなっているらしい。

 

ひと昔前多くの一般企業は、賃上げやボーナス支給額は

お役所の支給動向をみて、それに準じて自社の額を決めた

時代があった。

役所が護送船団を組んで率いていた時代である。

まさに親方日の丸の時代であり

日本経済はバブルに沸いた絶好期でもあった。

 

岸田総理はその再来の夢を見たかどうかは知る由はないが

賃上げは 先ず手っ取り早く「国会議員から」始めようと、

それが ”向かい水” となって一般企業が続くだろう。

とでも思ったのかも知れない。

残念ながらオーラが無くなった総理の旗に靡く

企業が今どきあるだろうか。

 

来秋9月には 自民党総裁選が行われる。

現状を鑑みるに、

この成り行きでは、

このまま岸田総裁継続では、

次回衆議院選挙でお灸を据えたいとする

自民支持者が多く居ることを自民執行部は

認識しているだろうか?

 

以前にも記した覚えがあるが、

今度の選挙では保守同士の面白い展開が待ち受けている・・・

岸田さん、解散を打つなら相手の勢力が整う前の方が好いですよ。

ってまあ 時すでに遅いかもしれませんね。

自民党に熱~いお灸を据えたい

「自民党支持者の声」でした。

ーーーend

 

コメント (4)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

今年は暖秋” ?

2023-11-06 13:20:18 | 散歩

11月初旬というのに昼間はまだ半袖でも外出できる。(南関東地方)

紅葉狩りは時期尚早かも?と思いながら、

その進捗状況の確認を兼ねて地域のスポットに出向いてみた。

 

この地方は例年11月下旬が紅葉シーズンであるのだが

11月に入ったばかりの昨日、

 ”鮮やかな紅葉” 場面をカメラに収めることが出来ました。

勿論本番は例年通りの時期になるものと思われる。

気温よりも定められた営みの時期が優先される?

その営みに感謝、感謝!

地球環境が懸念されている中、

いいえ地球はまだ健全だ!

前置きが長くなってしまいました<(_ _)>

 

>以下はレンズを透して見えた光景です。

 

 1/5 木々を仰ぎ見て

     自然公園駐車場より

 

 

 

 2/5    なにか御用?

     いいえ、あまりにもキレイなものでついつい見上げて・・・

 

        

        3/5 垂れ下がり

 

 

 

 4/5 そよ吹く風に揺さぶられていた。

 

 

 

 '5/5 憩いの広場にて

 

ーーーend

 

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

晩秋からの贈り物

2023-11-03 14:40:17 | 散歩

そろそろ紅葉の時期来たる?

この地域 例年の紅葉時期は11月中旬過ぎ。

年に依っては12月前後が最盛期となることもある。

市内でも場所に依ってマチマチだが、

今年は紅葉が早ければいいな!。

 

もしかして・・・紅葉が進んでいるかも?

そんな期待をもって私の紅葉スポットのひとつ、

「横浜四季の森自然公園」に出向いた。

以下が昨日取材した画像です。

見流し程度でもご覧頂だければ幸いに存じます(^^

                         

'1/5 西日を受けて

   黄金色に浮かびあがった木々の枝葉

 

 

2/5 赤・緑・黄

    頭上から 行楽の人々を覗き込んでいた。

 

       

       3/5 野原に咲いていた紫色のコスモスの花

 

 

4/5 センリョウ?マンリョウ?の花

    紅い実の重さで枝が垂れていた。

 

 

'5/5 秋色の森に堂々紅葉加勢の大木。

   どっしり構えていた。

ーーーend

 

コメント (3)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

黄金拾い & 日本の宝島

2023-10-31 11:02:13 | 散歩

★ 黄金拾い(写真)

秋とは言えまだ幾分夏の名残があった10月も去り、

愈々紅葉の 晩秋 ”里の秋”が待ち遠しい。

  

  1/4 陽だまりの公園にて

      芝生にはモグラが沢山の出入り窓を開けていた。

 

  

  2/4 金貼りの池 

      池ではカイツブリが優雅に泳いでいた。 

 

  

  3/4 後ろ髪を結ったカイツブリ(ちゃん?君?)

      銀杏の紅葉が池に透写されていた。

 

  

  4/4 暮れ行く茜の空

      平和の夕焼け世界中にとどきますように・・・

★ 日本の宝島

現状の日本は資源輸入国であるが、しかし日本の領海海底には

貴重な資源が眠っているそうだ。

とすれば日本は資源大国である。

 

現状日本は石油や天然ガスは中東やロシアから輸入している。

IT産業に欠かせない半導体の素材であるレアメタル等の資源

は日本近海の海底に眠っていることが確認されているそうだ。

これら金属・鉱物資源は主要各国がおもに中国に依存している

ようだ。

しかし日中関係は政治的にも不安定な情勢にあり、

将来に於ける供給依存は避けたいものだ。

 

そんな情勢下、ご存知の方もいらっしゃると思うが

実は地震大国日本の副産物と言うか、

日本は資源大国という明るいニュースがある。

 

日本の太平洋側には伊豆諸島をはじめ、それに連なる数々の

諸島が点在する。

そして海底火山の噴火による新島も生まれている。

その海底には貴重な金属や鉱物資源が眠っていることが

海洋調査で確認されている。

これら新島は地震災害国日本にもたらされた貴重な余得

というべきものである。

 

これにより日本は将来に於いて資源大国なのである。

これには中・韓が羨やんで何かとイチャモンを付けているよ

うだ。

あなた方は大陸に属する国・日本は神世の昔から海に囲まれ

た海洋国なのだ。

 

伊豆諸島の列島を形成する新しい島々は

日本国 東京都に組み込まれている。

それら島々から得られる海底資源の恩恵は、

数百年分はあると云われている。

 

将来子孫の為にもこの宝島のこの資源、

残すべき量は残し末永く守ってほしいものである。

'ーーーend

 

コメント (4)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

秋たけなわに謳歌の宴

2023-10-23 14:36:13 | 散歩

コスモスが野に花開きその喜びを謳歌していた。

撮影場所:神奈川県藤沢市遠藤(2023,10,22撮)

  

1/8 道中景色

 

          

        2/8 漲る花のエネルギー

 

   

   3/8 キバナと蜜蜂

 

   

   '4/8 浮遊中のピンク花

 

   

   '5/8 キリン首のレッド花

 

   

   6/8 秋風に浮遊のレッド花

 

   

   7/8 時期はぐれ彼岸花が咲いていた。

 

   

   '8/8 天までとどかず

        痩せススキがここ近年の主流とか・・・

★ 政治の話

マスメディアでは報道されない新政党が立ち上った。

メディアはいつまでそっぽを向いていることやら。

 

政党名は「日本保守党」

党首、百田尚樹氏・有本香氏が10月17日に立ち上げた。

'結党間もなくそのフォロアー数は自民党のフォロアー数を抜く

'27.5万人だそうだ。

無視出来る人数では無いが、何故かメディアは無視。

視聴率しか頭に無いマスメディアに最新情報は蚊帳の外。

東京新橋駅前の保守党党首の街頭演説に大観衆が集まった。

 

総理は一刻も早く解散総選挙を打たなければ

遅れる程にこの新政党と票の取り合いになる様相。

保守同士の争いに野党はソッポか。

自民離れとその受け皿になるか「日本保守党」の出現。

面白い展開になりそうだ。

 

但し「日本保守党」は27.5万人の支持者数公表はあるもの

の、いったいどの程度の立候補者数が集っているやら。

その実態の公表がない。

自民議員からの鞍替え?

選挙は保守同士の票獲り合戦だろうか。

ーーーend

 

コメント (5)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする