なまず++の徘徊日記 Ⅲ(自然と野鳥gooブログ版)

キノコ、粘菌(変形菌)、花、蝶、トンボなどと野鳥写真のブログです。

箕面徘徊 9/17ぶん その②

2018-09-20 14:12:55 | 自然観察

17日の続きです。

スッポンヤドリタケ スッポンタケに寄生する菌 カエンタケと同じニクザキンの一種。毒性は、わからんのじゃけど触らぬ神にたたり無しと言いますから触らない方が無難かも・・・


タマゴタケ 食う人が多くなったのか最近は、すぐになくなります。 人じゃ無くて動物が食うのかも知れないが・・・


タマゴタケ幼菌


シロツルタケのようにも思います。 ドクツルタケって傘に条線無かったよね。 柄の模様も違うし・・・もしかしたら。


シロソウメンタケ


シダレハナビタケ


ザラエノハラタケ


あんまし良く見ずに撮ったけれど帰って見たらウスキテングタケっぽい。


シロウツボホコリ


※ オリンパスTG-5 FD-1

コメント

箕面徘徊 9/17ぶん その①

2018-09-20 13:36:51 | キノコ・粘菌

今日も箕面の徘徊に・・・ 地面もだいぶ乾いてきたけれどまだまだキノコもありそうなんでゴソゴソ。

アカヤマタケ 箕面は、ヤケノアカヤマタケの方が多いけどこれは、本家?


カバイロツルタケ

カバイロコナカブリテングタケの幼菌

カエンタケ 成人5人前くらいか・・・ 致死量で。

ミヤマザラミノヒトヨタケ

ロクショウグサレキン これでもキノコじゃけど


わからんもん ここのはヘルッメット型なんよね。

サラナシアミホコリ(粘菌)の胞子が抜けたの・・・

アオモジホコリ たった1日でこの状態


クダホコリ 粘菌の出来たて。


オオムラサキホコリ(粘菌)


ニジゴミムシダマシ 虹色できれいじゃが虫っ!


チュウガタシロガネグモ


※ オリンパス TG-5 FD-1

コメント

ハナハチノスケホコリ(粘菌)など 9/16ぶん

2018-09-19 13:30:08 | キノコ・粘菌

16日にうろついたぶんがやっとこさで片付きました。 名前はあいかわらずわからんのが多いけど・・・

コシロオニタケじゃったか・・・ 1年経てば名前も記憶がリセットされてて・・・ウニョウニョゴニョゴニョ・・・ おい! じいさんしっかりせい! はいっ! せめて返事だけでも・・・


ウスキモミウラモドキ あったら何となく撮ってしまいます。

ハナハチノスケホコリ(粘菌) 胞子の抜けた後が蜂の巣状

コムラサキホコリ

タマモチモジホコリじゃろな・・・ 同じ場所じゃし



たぶん上のんの変形体


サラナシアミホコリ マルナシアミホコリに比べてへた?がありません。

出来たてのアオモジホコリ 色盲表現の日本風に言えばアオ 蒼でも碧でもなくて緑じゃけどね。



ヘビヌカホコリの出来たて・・・

 

何なのか?

何か判らんけどフウセンタケの仲間?

イグチなんじゃが・・・ 何とかニガイグチ・・・

管孔側は、白い

ベニチャワンタケ ちょっとだけ成長したか・・・  

何か判らんけどきれいじゃなと思いましたんで・・・

ススキの寄生植物でナンバンギセル


トゲカメムシ


オオツマグロヨコバイ


何か忘れたな・・・ あれあれそれそれじゃな。


※ オリンパス TG-5 FD-1

コメント

ウスキテングタケとカッパツルタケ 9/16ぶん

2018-09-18 20:45:30 | キノコ・粘菌

何となく気が向いて箕面に行ったら・・・ 箕面じゃ珍しいキノコがありました。

最初は、ウスキテングタケ 箕面の標高が低めの場所と甲山では、見た事があったけどね~ あんましお目にかかれません。









んでから次は、カッパツルタケ カッパの頭を連想するような傘の模様。




傘が開いてないのん



ダイダイウラベニタケかな・・・


不明菌


不明菌


ベニチャワンタケかモドキか・・・


キツネノハナガサ


ムラサキフウセンタケじゃろか?


割ってみたら・・・


シロテングタケ




不明菌


※ オリンパス TG-5 FD-1

コメント

箕面徘徊残りその② 9/14ぶん

2018-09-16 19:24:32 | キノコ・粘菌

残り物その②です。調べてもわからんのです。

いきなりわからんのん ちっこくて食うにしても集めるの大変で毒にも薬にもならんようなのは、図鑑にも載ってないんよね。

ニガイグチの仲間っぽいが・・・


裏が苦そう? 虫は、食ってるが・・・




わからんもん表裏




アカヤマドリタケも幼菌は、つるっとしてると言うけれど・・・ う~ん?








※ オリンパス TG-5 FD-1

コメント

箕面徘徊残りその① 9/14ぶん

2018-09-16 18:55:43 | キノコ・粘菌

コウボウフデの日の残り物です。名前わからんのも他にようけあるけどね~ 

キイロイグチ 黄色いアルね~ 手で触ったら手が黄色くなります。


幼菌は傘の裏に膜があります。


傷つけたらすぐに紺色になります。


ヌメリコウジタケ 濡れてたらヌルヌルするで~。


ヌメリコウジタケの裏はこんなん


これもヌメリコウジタケかと思ったら違います。 仮称 ニセヌメリコウジタケ とかヌメラナイヌメリイグチとかの名前のキノコ ヌメヌメぬめりません。


仮称 ニセヌメリコウジタケの裏側はアミタケの目が細かい感じです。 


倒木に映えていました。 モリノカレバタケは、地上生らしいし・・・ ヌメリツバタケとも違って見えるし・・・ カブベニチャって見た事無いから・・・何かわからんのよね。 


上のんと同じ まあきれいじゃからええけどね。


ザラエノハラタケあな・・・


ツノマタタケ


ツエタケ


シロジクモジホコリに似た粘菌の出来かけ


上記のが出来たてになったの。ファイルの日にちコピペしたら何でか間違ってるけどね。


※ オリンパス TG-5 FD-1

コメント

コウボウフデが生えた。 9/14ぶん

2018-09-16 08:36:33 | キノコ・粘菌

連続で行くとますます画像の整理が出来ません。整理っつうてもピンボケかちゃんと写ってるか見てブログサイズにリサイズするのと一応名前調べてファイルに名前残すだけだけじゃけどね。調べるのに時間が掛かります。 半分は、何か判らんけど・・・

と言う事でコウボウフデです。 山口市あたりは、公園にも生えてるらしいけどね。大阪府じゃ珍しいんとちゃうかな? 字が上手じゃった弘法大師っつうて讃岐出身の空海という坊主にちなんでコウボウフデじゃそうな。 何か食うかい? 


卵から出て間が無いのん


コウボウフデの卵?


セイタカイグチ あんまし傷んでなかったかね。


テングタケ ダマシが多いけれど本家じゃな。


ナカグロモリノカサ


コテングタケモドキ


カバイロツルタケ


ハナオチバタケの褐色型かなぁ~?


アシベニイグチ?


アシベニイグチ? まあ 足が赤いけどね~。


ダイダイイグチじゃったか? まあ そんなようなもん 一年経ったら多くの記憶がリセットされてるし・・・ 座ってて起き上がる時は、魔法の言葉が必要な年頃・・・ よっこらしょ! どっこいしょ! 困ったもんじゃ・・・


ホオベニシロアシイグチ


※ オリンパス TG-5 FD-1

コメント

箕面の粘菌(変形菌) 9/13ぶん

2018-09-15 15:39:12 | キノコ・粘菌

キノコの続きです。何やかやようけ撮ったんで画像整理がなかなか出来ません。

と言う事で粘菌です。シロジクモジホコリの子実体が出来かけ。技術評論社 川上新一著 変形菌と言う本を見ていたら141頁のタマモチモジホコリが一番似ていました。


まだ柄の部分も一部透明で出来かけじゃし子嚢(丸い玉の部分)が白っぽい。


ヘビヌカホコリの出来たて・・・出来たては、白い。


ヘビヌカホコリの時間が経ったのん


木の葉に付く病菌のようなチャワンタケのような訳判らんもん チャワンタケのサイトで調べてたらクヌギじゃったかの葉の裏に付くもので Hypoderma ilicinum とか言うのが近いような・・・そのようなものっつうことで・・・ 同一かどうか判りません。


何か判りません 虫の卵じゃ無いように思いますが・・・ 何じゃろね。



※ オリンパス TG-5  FD-1

コメント

箕面のキノコ 9/13ぶん

2018-09-14 19:22:51 | キノコ・粘菌

9月と言えばぼちぼちキノコシーズンじゃし。雨もまとまって降ったんでキノコに期待して箕面に行ってみました。

と言う事でキノコです。タマゴタケが15本くらい出ていました。まとまっては、8本じゃったか9本じゃったか・・・


もう古くなって色が変わったのも6~7本


ザラエノハラタケかな?


傘の裏がほんのりピンク色 見慣れてないけん今一自信が無いが・・・


良い形で大きくなったテングタケダマシじゃったか、そのようなもの。


シロハツかな?


シロヒメカラカサタケじゃったか・・・ 何本か生えてたけれど、かたちのええのが無いね。


ノウタケ


コアラホウキタケか・・・


マントカラカサタケ


傘の上から・・・


ニオイワチチタケ?


ニセビョウタケじゃったかそんなたぐいのもん 何種かにたのがあるみたいで・・・


キツネノカラカサとかそのたぐい。


ヘビキノコモドキじゃったか・・・ とにかく良く忘れる年頃じゃけん困ってるんよね。


アカヤマドリの幼菌


アカキツネガサ


何かわからんもん


ウスアオモミウラタケとかじゃろか・・・ 北陸のキノコ図鑑なんちゅうもん買ってみたけれどイラストじゃと、わからんね。似たのが何種類かあるみたいじゃが・・・


ナラかカシかそんな木から生えてました。 痛んで無くてきれいなんで撮ってみたり・・・ クヌギタケで良さそうな気もしますが、最近根気が無くて調べきらんもんね。


※ オリンパス TG-5 FD-1

コメント

うどんげの花など・・・

2018-09-08 11:42:12 | 自然観察

ずっと雨っぽいんで暇つぶしみうどんげの花でも・・・ それと福島の原子炉メルトダウンの時に買って電池切れっつうか劣化で充電不能になってた シンチレーションカウウンターの DOSE RAE2が復活したので気になるもんを計ってみました。 おおざっぱじゃけどね。 まあ個人じゃけん白か黒か判ればええんよね。 怪しいと思ったら食わないもんね。

と言う事でうどんげの花です。 クサカゲロウとかの卵らしいけどね。うどんげって梵語のउडुम्बर(uḍumbara)を語源 3000年に一回咲いて金輪王が出現するとか・・・ まあボウズなんつうもん何教にかかわらず何かかんか戯言を言うもんじゃし・・・


ツガサルノコシカケ このキノコ去年からあるような・・・成長が遅いよね。


ソロヒメツツタケ パイプタケより大きいけれど微小キノコ


ヒメコナカブリツルタケじゃなかろうかと・・・


粘菌のシロウツボホコリ


粘菌の本 入門本じゃけど判らなかった粘菌とか判ったし知らない事やがたくさんあって役に立ちました。


上記の本でやっと判った粘菌名 ムレウツボホコリ これはH29.10に撮った正体不明だったものです。


サンマもいまだトリチウム汚染水を垂れ流し中なんで、なかなか食う気が起こらないんじゃけど、今の内なら福島からの距離も遠いし食えるかな? と思って12匹買って来ました。ダメならカラスにやればええもんね。


山形の米で ツヤ姫 っつうのも計ってみました。 何かネットで検索したらひどい放射能汚染とかいう記述があったけどね。 おらは、買ってみました。 ストロンチウム90の方が怖いし、核種が違った場合も考えてシンチレーターとガイガーカウンターで計りましたがどっちゃも大丈夫です。


特別栽培米ツヤ姫の方が計測値は大きいけれど、食った場合の被曝量換算してみたら・・・ 日本の自然放射能の値より小さかったね。 サンマも今のところ福島から離れてるしこれ以下じゃけん大丈夫っぽい。 おらは、疑り深い性格じゃから国が大丈夫と言おうが、県や産地が大丈夫と言おうがまったく信じないけれど、自分ではかって納得すれば、OKじゃね。


豆板醤入りピリ辛サンマの煮物  今のところ食っても大丈夫っぽい。


※  オリンパス TG-5 FD-1

コメント