なまず++の徘徊日記 Ⅲ(自然と野鳥gooブログ版)

キノコ、粘菌(変形菌)、花、蝶、トンボなどと野鳥写真のブログです。

箕面徘徊残りその① 9/14ぶん

2018-09-16 18:55:43 | キノコ・粘菌

コウボウフデの日の残り物です。名前わからんのも他にようけあるけどね~ 

キイロイグチ 黄色いアルね~ 手で触ったら手が黄色くなります。


幼菌は傘の裏に膜があります。


傷つけたらすぐに紺色になります。


ヌメリコウジタケ 濡れてたらヌルヌルするで~。


ヌメリコウジタケの裏はこんなん


これもヌメリコウジタケかと思ったら違います。 仮称 ニセヌメリコウジタケ とかヌメラナイヌメリイグチとかの名前のキノコ ヌメヌメぬめりません。


仮称 ニセヌメリコウジタケの裏側はアミタケの目が細かい感じです。 


倒木に映えていました。 モリノカレバタケは、地上生らしいし・・・ ヌメリツバタケとも違って見えるし・・・ カブベニチャって見た事無いから・・・何かわからんのよね。 


上のんと同じ まあきれいじゃからええけどね。


ザラエノハラタケあな・・・


ツノマタタケ


ツエタケ


シロジクモジホコリに似た粘菌の出来かけ


上記のが出来たてになったの。ファイルの日にちコピペしたら何でか間違ってるけどね。


※ オリンパス TG-5 FD-1

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« コウボウフデが生えた。 9... | トップ | 箕面徘徊残りその② 9/14... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

キノコ・粘菌」カテゴリの最新記事