タイでゴルフ友達になりましょ。

ゴルフをしながらタイの豆知識・エピソードを発信するプログです。チョット得する、心が元気になる、そんなブログにしたいな?

今度は畑岡奈紗プロが海外メジャーを獲ります!

2019年09月17日 | タイのゴルフ、あれこれ
 
 畑岡奈紗プロは日米通算で7勝です。海外メジャーではプレーオフで惜敗した18年「全米女子プロ」の
2位が最高位。“いつか海外で日本人女子がメジャーを獲るのは自分” と自他ともに認めていたことが、
渋野日向子プロの勝利で、それがモロモロと崩れ落ちました。 昨日の続きになりますかネ。

渋野日向子プロが8月の海外メジャー「AIG全英女子オープン」を制した時は、“すごく悔しかった。
自分も頑張ろうと思った“ と語っています。それはそうでしょうネ。同じ試合に出て自身は予選落ち
してしまったわけだからですからネ。 そして 悔しかった理由が、もう一つあると思います。

 

同じ年代の渋野日向子・勝みなみ・新垣比菜・河本結・原英莉花・大里桃子・小祝さくら・淺井咲希・松田
鈴英・吉本ひかる・高橋彩香・小滝水音・三浦桃香・山路晶・田中瑞希プロら多くの「黄金世代」の先頭を
切って、けん引してきた自負もあるでしょうから。 絶対に自分が最初に獲りたかったはずです。

同世代の活躍、存在について、“数え切れないぐらい良い選手がいて、アメリカに居る時も
結果は見ているので、いつも刺激をもらっている” といいます。渋野プロが「AIG全英女子

 
 <黄金世代の面々>

オープン」を制したその時も、“日向子ちゃんが優勝してくれて、自分たちもまだまだできるんだ”
と、逆にモチベーションが上げたというから、偉いし 素晴らしい心の入れ替えでしたネ。

持ち味のショットが、崩れ始めるとなかなかスコアをまとめられないらしく、渋野プロが優勝した
「AIG全英女子オープン」で、海外メジャー2戦連続の予選落ちとなり、その直後に一時帰国した
といいます。 一度 “原点に回帰し” 再び米国に戻りました。これが良かったのでしょうネ。

結果がでなくてゴルフを楽しむことができなくなっていたので、頭の中を一度リフレッシュしたそう。
「日本では鏡を前に置いてスイングチェックをしたり、若干筋力が落ちているのが分かり、最初から
トレーニングをやり直したり」と2週間のオフに土台を作り直したそうです。

 

今回 優勝した「日本女子プロゴルフ コニカミノルタ杯」直前に再渡米後、出場した米国女子
ツアーでは、2戦連続トップ5入り(5位と4位)を果たし復調しました。ここで勝ち切れ

なかった分、その調子をずっと継続しながら上り調子で国内メジャーの同大会で3勝目を
挙げました。 この辺も渋野日向子プロ 同様、今時の20歳の女の子ではありませんよネ。

 

でも 想像しますに、渋野日向子プロの全英制覇までは、海外メジャー優勝の期待をほぼ一人で
背負っていました。今は少し身軽になって、“私も頑張らなくちゃ” という感じが良いんでしょう。

今後の日程について、日本にはあと3週間滞在する予定で、2週間後の「ミヤギテレビ杯」と、その翌週の
「日本女子オープン」に出場するとのこと。再度の黄金世代の戦いが楽しみです。でも 今回の日本メジャー
3勝目で大きな自信にもなり、海外メジャー 今度は 畑岡奈紗プロが勝ちそうですヨ。  


「タイでゴルフ友達になりましょ」 のホームページです  



  タイ・ゴルフを何でもランキングで紹介する情報サイト


コメント   この記事についてブログを書く
« 渋野日向子・畑岡奈紗プロ、ど... | トップ | タイのタピオカが世界一の輸... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

タイのゴルフ、あれこれ」カテゴリの最新記事