タイでゴルフ友達になりましょ。

ゴルフをしながらタイの豆知識・エピソードを発信するプログです。チョット得する、心が元気になる、そんなブログにしたいな?

今日からの日本女子の最終プロテストにタイから二人が挑戦!

2022年11月01日 | 日本のゴルフあれこれ

 10月の「日本オープン」で95年ぶりのアマチュア優勝を飾り、9月の「パナソニック

オープン」に続くアマチュア史上初のプロツアー2勝の偉業を達成した蝉川泰果クンが、

プロ宣言して 蝉川泰果プロになりました。 21歳の東北福祉大在学中の四年生です。 

 

世界アマチュアランキング1位にもなっており、悔いのない学生時代でしたでしょう。

「日本オープン」制覇により今後、国内ツアーでの5年間シードが約束されています。

 

先輩の松山英樹・金谷拓実・中島啓太プロら、誰もが成し得なかったプロのスタートです。

デビュー戦は、明後日 3日開幕の「マイナビ ABC チャンピオンシップ」になります。

 

同会場となる ABC ゴルフ倶楽部は 昨年、49位でベストアマを獲得した愛着のある大会と

言います。それは、彼の出身地は兵庫県加東市であり、プロ2勝も兵庫県で手にしており、

何かを持っている感じがします。「マイナビ ABC」は注目の一戦となりそうで楽しみですネ。

 

そんな素晴らしい、羨ましいスタートが切れる蝉川泰果プロとは裏腹に、国内女子ゴルフの

最終プロテストが、今日から(1日~4日)茨城県の大洗ゴルフ倶楽部で実施されます。

 

一昨年はコロナ禍のため延期され、20年度分は昨年6月に行なわれ、21年度分は、

11月に実施されています。今年は通常通りのスケジュールで行なわれており、8月から

 

 <21年11月の最終プロテストに合格した選手>

一次(5カ所)、10月に二次(3カ所)と実施されました。その二次予選通過者と日本女子

アマ選手権覇者など同予選免除者の合計101人が出場し、ついに最終プロテストを迎えました。

 

最後の戦いに挑み、プロを目指して4日間 72ホールのストロークプレーで、20位タイまでが

合格です。が、誰もが最後まで戦えません。 三日目の54ホールで80位タイまでの選手が、第四

ラウンドへ進めます。最後の18ホールを終え、20位タイまでの選手が晴れて合格となります。

 

 <パナラット選手>

この難問に挑戦し、最終プロテストを迎えるタイ人が二人いますネ。スパマス・サンチャン選手

(26歳)とパナラット・タナポンブンヤラス選手(24歳)です。二人ともアマチュア時代から

活躍しており、最近まで米国のLPGAで参戦していた選手です。今度は日本での挑戦ですかネ。

 

 <スパマス選手>

また今回、注目されているのは、吉田優利プロの妹・ 鈴さん(りん、18歳)はじめ、

植竹希望・臼井麗香・脇元華プロら、既に活躍しているプロの妹さんらが最終テストに

残っており、今年の「日本女子アマ」の覇者である寺岡沙弥香さん(20歳)や、ツアー

 

実績もある高木優奈(24歳)さんなども出場しますからネ。且つ、米国ツアーの経験者である

タイの二人も交え、ハイレベルな関門突破争いが予想されます。 さて、どなるでしょう。   


コメント    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 鉄人と呼ばれているプラヤド... | トップ | アッタヤ選手が世界1位にな... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

日本のゴルフあれこれ」カテゴリの最新記事