タイでゴルフ友達になりましょ。

ゴルフをしながらタイの豆知識・エピソードを発信するプログです。チョット得する、心が元気になる、そんなブログにしたいな?

悔しい、松山プロよりモリカワ選手が先に勝って!

2020年08月11日 | タイのゴルフ、あれこれ
 
 米国ツアーのメジャー戦では、もう一歩の松山英樹プロ、さぞかし悔しいでしょうねぇ~ 

全米プロ選手権で首位に2打差の4位から出た日系米国人のコリン・モリカワ選手(23)が、通算
13アンダーでメジャー初優勝(通算3勝目)を果たしてしまいました。 18位から出た松山英樹
プロ(28)は、通算4アンダーで22位でした。経験も少ない若手に先を越されてしまいました。

 
 <ガールフレンドと喜ぶモリカワ選手>

モリカワ選手も “メジャーに勝つことは生涯の目標だったが、まさかこんなに早く勝てるとは
思っていなかった” と、言っているように ホント そうですよネ。大学のアマチュア時代から
マスターズに出場している松山プロにとっては、腹立だしい言葉に聞こえたかも知れませんネ。

今回のメジャー戦で日本男子歴代5番目に並ぶ通算30度目のメジャー出場で25度目の決勝進出。
大会8年連続の予選通過を果たしている松山英樹プロは、すでに世界の青木功を超えています。

 
 <これから二人は良きライバルに>

予選通過率83.33%は歴代の日本勢(30戦以上)では断然のトップです。この数字はタイガー・
ウッズ選手(44)の84.70%と余り変わらず、遜色ない驚異的な数字と高く評価されています。

ウッズ選手並みの安定感を武器に、米国ではドライバーからパターまで高いレベルで、どんな
難コース、難設定にも対応できる幅のある選手と言われています。今では高度な技術と強靭な
体力、妥協知らずの練習量は、どこの世界最高峰の舞台でも屈指の存在と言えるでしょうネ。

 
 <久しぶりの再会も石川遼プロは予選落ちでした>

そんな英樹選手が、2勝しているとは言え、実績も経験も自分より少ないモリカワ選手が
メジャーに勝ったことは、さぞ口惜しかったと思います。彼は そんなこと考えないか(笑)。

一時は7人が首位に並んだ最終日。混戦を抜け出し逆転優勝を飾ったコリン・モリカワ選手は、
日系人の父と中国系の母を持つプロ二年目の選手。ハーフジャパニーズの日系3世か4世で、
日本との縁は薄く、日本語も話せないとか。家族と複数回 来日したことがあるそうですヨ。

 

でも新たな日系メジャーチャンピオンの誕生です。昨年の「全米オープン」(35位)に続く
二度目の挑戦でメジャータイトルを手にしました。戦後では英国のローリー・マキロイ選手、
米国のニクラウス選手に次ぐ若さで 全米プロ選手権の王者になりました。 アッパレです。

こうした若手選手には、かえって無観客試合だったのが、のびのびプレーでき、良かったのかも
知れませんねぇ~ あのギャラリーとあの大声援だったら、また違っていたかもと思いますよネ。

 

昨年、日本での日米共催「ZOZOチャンピオンシップ(10月)」では22位でしたが、日本食は
世界一の食べ物だと思っているそうで、日本に行くのが大好きとのこと。世界ランキングも

12位から5位へ浮上し、米国勢では3番手になりました。 同ランク15位以内なら各国最大
四人に出場権がある東京五輪も視野に入ってきました。開催されるなら、今から楽しみです。  


「タイでゴルフ友達になりましょ」 のホームページです  

  タイ・ゴルフを何でもランキングで紹介する情報サイト

コメント (1)   この記事についてブログを書く
« タイでレンドブルの不買運動... | トップ | 今日は母の日、シリキット王... »
最新の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
モリカワプロは飛ばないが正確 (AOKI)
2020-08-11 17:28:23
モリカワプロと松山プロのスタッツを比較すると、「トータルドライブ」の差が目立ちます。
「トータルドライブ」とは「ドライブの飛距離」と「フェアウェイキープ率」を合算したものです。
ドライブの飛距離では、松山プロが303ヤードで38位、モリカワプロが295ヤードで107位と差がありますが、松山プロはFWキープ率が低く、「トータルドライブ」ではモリカワプロがかなり上位です。(ちなみに、タイのJAZZプロは295ヤードでモリカワプロとほぼ同じ)
松山プロの弱点と言えば、パッテイングですが、ドライブのFWキープ率がより問題かもしれません。
★コーリン・モリカワ
https://news.golfdigest.co.jp/players/stats/18091/2020/
★松山英樹
https://news.golfdigest.co.jp/players/stats/6607/2020/

コメントを投稿

タイのゴルフ、あれこれ」カテゴリの最新記事