タイでゴルフ友達になりましょ。

ゴルフをしながらタイの豆知識・エピソードを発信するプログです。チョット得する、心が元気になる、そんなブログにしたいな?

大西魁斗プロのお父さんは 英語の大西泰斗先生でした!

2022年09月05日 | 日本のゴルフあれこれ

 国内男子ツアーも 女子ツアーを見習うように若く新しい選手が優勝し、良い方向に向って

いるように思います。 今度は「フジサンケイクラシック」にて、23歳の大西魁斗プロが

 

初優勝を遂げました。負けたと思っていた試合をプレーオフでは勝利の女神が微笑みました。

先週、河本力プロが韓国のイ・サンヒ選手を逆転したように、韓国プロのパク・サンヒョン

選手(39)からの優勝を奪っただけに痛快でした。

 

大西魁斗プロは、名古屋市名東区出身で祖父の影響もあって5歳でゴルフを始め、優れた

練習環境を求めて9歳でゴルフのために渡米。 錦織圭選手らも通ったIMGアカデミーや

名門の南カリフォルニア大で腕を磨き、卒業後 昨年5月にプロに転向し二年目になります。

 

初めて知りましたけど、お父さんは英語講師としてNHKのテレビ番組にも出演している

大西泰斗氏(61)だったんですネ。これには驚きました。9歳の時の渡米は、泰斗氏の

“ゴルフだけでなく英語も身につけさせたい” という希望もあったようです。

 

 <大西泰斗先生の狙いは、今後のゴルフ人生に活きてきますね>

今季は下部のABEMAツアーでの賞金ランク15位の資格で出場していますが、トップ10が

8試合に、2位が2試合と優勝を逃がした試合もあり実績を残して来て、今回の優勝でした。

 

今大会4位のドライビングディスタンス  321ヤードを武器に、初日のスタートホールから

プレーオフの73ホール目まで、諦めることなく攻めの気持ちを貫いて引き寄せた勝利でした。

 

 <攻めのゴルフを勝利の女神が微笑んだのかな>

次の目標は まずは、日本で2勝目を挙げ、日本のシードを確定させて、11月には欧州ツアー

出場権をかけた予選会に挑戦しながら、米国下部ツアーの予選会出場も視野に入れ、将来は

PGAツアーでも優勝することだそう。また一人、松山英樹プロを追う有望な若手が出て来ました。

 

そう そう、世界アマチュアランク1位の中島啓太クン(日体大4年 22歳)が、フランスで

行なわれている世界アマチュア大会から帰国後、プロに転向し、今月22日に開催される

 

 <大西魁斗プロは中島啓太クンのライバルになりそう>

「パナソニックオープン」でプロデビューするようです。 昨年9月の同大会で史上五人目の

アマチュア優勝を達成していますから、アマとプロ両方で同大会優勝の二連覇達成なるか、

注目されるでしょう。 そうなると、男子ツアーも何年ぶりかで盛り上がってきますネ。

 

そう言えば、世界最高峰のゴルフプレイヤーが集まるPGA TOURトーナメントで、10月13日

開催の「ZOZO CHAMPIONSHIP」のタイトルスポンサーを務める株式会社ZOZOが、今年3月に

 

大西魁斗プロと所属契約を締結しています。 ZOZO社が男子プロゴルファーとしても男性

アスリートとして所属契約を結ぶのは初めてでした。当然、同大会にホストとして出場します。

 

ZOZO社としてタイミングがバッチリでしたネ。 同大会には松山英樹プロはじめ、世界の

トッププレイヤーと中島啓太クンも推薦枠で出場するでしょう。今からとても楽しみですネ。   


コメント    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 世界の素敵な大通りとして ヤ... | トップ | 男女ツアーの人気ぶり、ハッ... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

日本のゴルフあれこれ」カテゴリの最新記事