タイでゴルフ友達になりましょ。

ゴルフをしながらタイの豆知識・エピソードを発信するプログです。チョット得する、心が元気になる、そんなブログにしたいな?

マークセン選手が3試合連続優勝で またもや快挙達成です!

2022年10月17日 | タイのプロゴルファー

 プラヤド・マークセン選手が凄いのか、他の日本人シニアがだらしないのか、「トラスト

グループカップ佐世保シニアオープン(長崎・佐世保CC=6,688ヤード、パー72)」にて、

マークセン選手が、通算13アンダーでツアー史上二人目の3試合連続優勝を果たしました。

天野勝氏(1992年)以来、30年ぶりの快挙で、またもや 彼は 新たな勲章を手にしました。

 

最終日、首位タイから出たマークセン選手は、9番からの3連続バーディーで混戦を抜け出し、

その後16・17番と連続バーディーで7バーディー、1ボギーの「66」で回り、上がってみれば

一人二桁アンダーの通算13アンダーと、王者の貫禄を見せつけての勝利でした。

 

マークセン選手と同じく首位から出たシニアツアールーキーの宮本勝昌プロ(50)は

70で回り、4打差の9アンダーで2位でした。 ツアー史上初となる二度目の年間

 

メジャー2冠に輝いた翌週に勝ち、3試合連続優勝という、この圧倒的な強さは

彼がスバ抜けているのであって、決して他の選手が だらしないのではありません。

 

 <2試合連続で初優勝を逃がした宮本勝昌プロ>

失敬しました。鉄人マークセン選手は、56歳になっても力が衰えることはなく、連戦でも

疲れや身体の痛みも全く無いといいます。日々の鍛錬の賜物かと思いがちですが、特別な

トレーニングや練習はしておらず、スイング用の棒を振っているだけらしいですからネ。

 

“ケガをせず、健康でいることが最も大事で、よく食べて、しっかり睡眠を取って、

そして笑顔でいることが、今の強さに繋がっている” とインタビューで応えています。

 

 <163センチ68キロですが、メンタルも強いのでしょう>

ここ三試合の強さの秘訣は、ショットの調子とパッティングが良く、ドライバーショットを

フェアウェイに置ければ、不安要素は無いといいます。 “最終日のフェアウェイキープも

 

8割の確率だった。フェアウエーを外したのは3回だけで、そのラフも3回とも短めの

ラフだったので問題なかった” と勝因を分析していました。今のところ敵なしですネ。

 

これでシニアツアー通算18勝となりましたが、2016年にシニアデビューした時の強さを

彷彿させる勢いです。来週から三週連戦となり、今季は残り4試合です。 タイ国の

ツアーでは、4試合連続優勝の経験はあるそうですが、日本でも達成して快挙となるか。

 

また、四年ぶり4度目の賞金王に向け、賞金ランク1位(約4,121万円)も快走しています。

2位の藤田寛之プロ(53歳 約3,572万円)とは、約550万円差です。今季も藤田プロは

 

レギュラーツアーにも出場していますが、スケジュールを調整し、賞金王を狙ってくるでしょう。

現在、心技体ともに完璧な状態というマークセン選手と藤田プロとの賞金王争いも楽しみです。  


コメント    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 首相の銃所持と麻薬に関する... | トップ | 国内で行なわれた男女ツアー... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

タイのプロゴルファー」カテゴリの最新記事