タイでゴルフ友達になりましょ。

ゴルフをしながらタイの豆知識・エピソードを発信するプログです。チョット得する、心が元気になる、そんなブログにしたいな?

生まれ変わった、ロータス バレー ゴルフリゾート!

2012年03月18日 | タイのゴルフ場
  
 久々に 楽しいゴルフと、楽しいゴルフ後の会食を 満喫して来ました! ゴルフ場は、ロータス バレー
ゴルフリゾート (Lotus Valley Golf Resort) なんですが、ここで アドバイザーを なさっている
戸川一郎プロが、我々と一緒に ラウンドして戴いて、楽しいゴルフと会食の一日となった次第です ・・・

メンバーは、今年 スーパーシニアのプロテストを 受けるT渕さん、タイの女性にも タイのゴルフ
コースにも ジェントルマンのT田さん、ワタクシ、そして 戸川一郎プロの4人でした。

 
   <左 二人目が戸川一郎プロ、77歳とはお若い!> 

 1998年に ゲーリープレーヤーの設計で、ワールド トレード ゴルフ & スポーツクラブ と いうゴルフ場で
オープンしていました。 その後 2008年に 完全リニューアルされ、生まれ変ったコースです。 304号線の
プレジデントCCを 過ぎ、3481号に 入って約20分に 位置し、バンコク市から車で 90分前後でしょうか?

昔のワールドを 知っている者に とっては、以前に 基本の残っているレイアウトを 活かしながら新旧の
バランスを うまく取り入れている印象です。 難易度が高くなっているホール、逆のホールと 色々でした。

 
<完全にリニューアルになったロータス バレー ゴルフリゾート…>

コース全体は 雄大な景観とフラットなフェアウェィで、距離は余りありませんが、タイのコースには珍しく
「左 池、右 OB」 のようなホールも多々あり、ワタシには 結構 プレッシャーを 感じさせます (苦笑)。

フェアウェイは 余り 広くはないのですが、見通しが良いので助かります。 が、ラフに 入ると厄介ですヨ。
ここのラフは、絡んだような草が粘っこくて、通常のラフの感覚で打つと、ケガと苦労が待っています (笑)。

 
    <落とし所を コントロールできないと大叩きに…>

広めのグリーンは どのホールもアンジェレーションがあって、カップの位置によっては 物凄く 難易度が高く
侮っては 3、4パットです!  ワタシだけかな ? いや いや T渕さんも 苦戦していましたねぇ~

フェアウェイの管理も良いのでしょうが、カートは強制にも拘わらず、フェアウェイに 入ることを 禁じて
いるからか 非常に 良いコンディションで、フカフカで 絨毯みたい、と言ったら オーバーでしょうかネ …

 
    <グリーンの池と手前のバンカーが憎たらしい…>

 ゴルフ場へ到着すると、コースへ吹き抜けの大きなロビーが 待っていてくれ、リゾート感 溢れる新しい
クラブハウス、芝からも打ってOKな打ちっぱなし、広々としたグリーン練習場など 日本人好みでしょうネ。

そうでした、ここは T田さんが大好きな日本風な大浴場もあります。 タイのゴルフ場多しと 言われても
日本風な大浴場があるのは、ロータス バレー ゴルフリゾートだけでしょうかねぇ~ 

同ゴルフ場の戸川一郎プロは ・・・ 長くなりますネ、明日に続きましょう。 



「タイでゴルフ友達になりましょ」 のホームページです   


  タイ・ゴルフを何でもランキングで紹介する情報サイト




『ゴルフ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« ナラヤの製品、日本でも人気... | トップ | ロータス バレー、戸川一郎プ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

タイのゴルフ場」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事