タイでゴルフ友達になりましょ。

ゴルフをしながらタイの豆知識・エピソードを発信するプログです。チョット得する、心が元気になる、そんなブログにしたいな?

女子ツアー開幕戦でタイ人若手が頑張りました!

2019年03月11日 | タイのプロゴルファー
 
 日本女子ツアーの第一戦「ダイキン オーキッド レディース(琉球GC)」は、比嘉真美子・
新垣比菜プロの沖縄勢が、ワン・ツー・フィニッシュで終了。 理想的な形で終わりました。

同大会では 日本人の優勝は13年森田理香子プロ以来で、14年のO・サタヤ選手(タイ)から
外国人選手の優勝が5年間続いていたそうです。 また沖縄県勢では04年宮里藍さん以来と
なる大会優勝でした。 ですので、表彰式ではダイキンの井上札之会長も嬉しそうでしたネ。

 

優勝賞金は2,160万円ですから比嘉真美子プロは、もう来年のシード権を確保しましたねぇ~
昨年プロテストにトップ合格した、ハワイ出身のエイミー・コガ選手(23)は2位タイに入って
872万円を獲得。 早くも7月以降 後半戦の試合への出場を ほぼ手中に収めてしまいました。

こうして1試合(1発)で、チャンスを狙っている選手は多いんですが、そんなシンデレラガールに
そう簡単にはなれないのが現実です。 昨年の賞金ランク・QT共に70位に終わったO・サタヤ選手も
今大会には歴代優勝者の資格で出場しましたが、3オーバーで予選落ちでした。 残念でしたねぇ~

 
 <S・ランクン選手>

でもタイプロで頑張った選手がいます。11位タイ(約217万円獲得)に入ったS・ランクン
選手です。 昨年のQTで32位に入り、ギリギリで今年 前半戦の試合に出場できています。

今年1月3日の当ブログでも、正式名のサランポーン・ランクンガセットリン(SARANPORN LANGKULGA
SETTRIN)選手として、彼女のことを書きましたが、選手登録名をS・ランクンとして出場しています。
タイの選手は名前が長いですからねぇ~ これなら覚えやすくて良いですヨ。

 

プーケット出身のランクン選手は、1999年12月9日生まれですから19歳です。昨季は 欧州ツアーに
出場しながらタイ・中国・アジアの女子ツアーに参戦していました。16年6月タイのローカルツアー、

17年7月には 中国LPGAツアーの「 Zhuhai(珠海市)ツアー」、18年5月のアジア女子ツアー「香港
オープン」などで勝ってきました。 タイでは将来 有望な若手選手と期待されていたそうですヨ。

 

その彼女が日本でプレーすることを決め、昨年末のQTに臨んで32位になった次第。でも
ラッキーでした。今年から日本のLPGAは、プロテスト及びクォリファイングトーナメント

(QT)のシステムが完全に改正され、プロテストに合格しLPGAの会員でなければ、QTに
出場できませんからネ。昨年のQTは会員でなくとも出場できた最後のチャンスでしたから。

 
 <ヌック・スカパン選手は昨年7月、ローカルツアーで優勝>

そのQTには、70位 サタヤ、77位のスパマス・サンチャン、88位 ブッサバコン・スカパン、89位
ポラニ・チュティチャイ選手ら5名が参戦しましたが、前半戦の試合に出場できるのはランクン
選手だけです。 4人は今年、下部ツアーであるステップアップ ツアーに出場し頑張ります。

そう言えば、ブッサバコン・スカパン選手(21)もヌック・スカパンと登録名を変えています。
タイの若手女子も日本でのプレーを望むプロが多くなりました。このシステム改正は「外国人の
締め出し」と言われていますが、チャンスを活かすよう頑張ってほしいですネ。   



「タイでゴルフ友達になりましょ」 のホームページです  

  タイ・ゴルフを何でもランキングで紹介する情報サイト
『ゴルフ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 解党は タクシン派に 大打撃... | トップ | 肥満は タイの新たな社会問題... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

タイのプロゴルファー」カテゴリの最新記事