絵本の古本屋 【えほんやるすばんばんするかいしゃ】

営業時間:14時~20時
定休日:火曜、水曜
電話/FAX:03-5378-2204

《 延長決定 》 2/28(月)まで「日本の絵本 100年100人100冊」刊行記念展(仮称)の会期を延長します

2022-02-16 | ●展示のお知らせ



《 延長決定 》
2/28(月)まで「日本の絵本 100年100人100冊」刊行記念展(仮称)の会期を延長します。
もう一つの会場のbupposoも同じく会期延長します。

こういう状況なので、慌てずゆっくり見て頂けたらと思っています。
なんにしても、どうかご無理なさらずです!
もう少しだけこの展示をやれると思うとうれしいです。
皆さま、本当にありがとうございます。



【 会場 / 2ヵ所同時開催 】
※会期、営業時間、定休日全て同じです
(1) えほんやるすばんばんするかいしゃ 1910~1950年頃
(2) bupposo 1953年~現在

会期|2022.1.15(土)-2.28(月) ※延長決定!
定休|火曜、水曜 ※2.23(水/祝)は営業します
時間|14:00-20:00
住所|(1)東京都杉並区高円寺南3-44-18(えほんや)
(2)高円寺南3-49-12 セブンハウス202号(bupposo)
最寄|JR高円寺駅6分、メトロ新高円寺駅12分
※えほんやるすばんばんするかいしゃ ⇔ bupposo
の行き来は徒歩1分です



◎営業時間 14:00~20:00 / 火曜・水曜定休

※現在、新型コロナの感染防止対策のため、変則的な営業日程になっています。



1/15(土)~2/28(月)の期間、「日本の絵本 100年100人100冊」刊行記念展(仮称)を開催します

2022-01-13 | ●展示のお知らせ


高円寺のお店を、1/15(土)~2/28(月)の期間、営業致します。
この営業期間にあわせて「日本の絵本 100年100人100冊」刊行記念展(仮称)も開催します。
今回も近所のbupposoと連動企画です。

今回のイベントは、昨年末に発売された広松由希子さん著の「日本の絵本 100年100人100冊」
の刊行記念イベントみたいな感じになりそうです。

イベントのあれこれを書く前に、この本についてさらっと。
著者は広松由希子さん。
気付けば、広松さんとは長い付き合いになってしまったけど
未だに広松さんのことをどんな風に説明していいのかずーっとわからないままです。
でも、たぶん、本人はそんな感じで思われてるくらいがちょうどいいんじゃないかなと思ってます。
がんばって説明するなら、絵本のことをあれこれ考えてあれこれやってきた人って感じかなあ。
◎広松由希子HP → http://www.y-poche.com/

そんな広松さんが5年の歳月をかけて作り上げたのが今回の本「日本の絵本 100年100人100冊」。
簡単に言うと、100年の間に日本で出版された100冊の絵本と画家100人を選び紹介した本です。
100年も、100人も、100冊も、文字にするとたった4文字で済んじゃうけど
もちろん、そんな簡単なものではないので、簡単に説明しちゃうとちょっと罪悪感が残ってしまいます。
と言っても、ここで長々とは書けないので本の内容についてはすみません、端折ります。
ただ、「あぁ、こんな本、よく作ったなあ、、、」と手に取る度に思っています。
なぜそんな気持ちになるのか、そしてこの気持ちは一体何なのかすごく気になってます。
上手く言えないけど、僕にとって、いまのところそんな本です。

そして、今回イベントをやってみようと思ったのは、
この本が出たタイミングが自分にとってすごくタイムリーだったというのと
(これについては、また別の機会に書けたら書きたいです)
この本の存在に背中を押される感じがあって、
これは見過ごしちゃいけない気がして、このイベントを企画いたしました。
不要なことと思いつつも、敢えて、この本の存在意義や意味を考えてみたいと思いました。

この本に沿って、展示を構成しようと思っていたので
当初は、広松さんに相談しながら展示を作っていくイメージでした。
しかし、準備をはじめてみると、絵本のことやこの本のことを一度自分なりに咀嚼しないと
どうにもならないことを痛感し、広松さんにはほとんど展示の相談はせず
ほぼ僕の解釈で(構成で)展示を作ることにしました。
(なので、なんか不備や問題があったら僕のせいです)

これを書いている今もどういう構成にしようかと考えています。
明後日から始まるのに、どんな展示にしたいのかはっきりとはわかりませんが、
絵本の歴史を辿りながら、絵本について考える時間になったらいいなと思います。
どうしてそんな図々しいことを思ってしまうのか、何度も自問自答しましたが未だ答えは出ぬままです。
それでも、もし、きれいごとを言っていいのであれば
これまでたくさんの絵本から頂いてきたものをそろそろ還していきたい
と思っているのはちょっとだけあるかもしれないです。
あとは、なんだろう。なんかあるかもしれないけど、無理やり言葉にしなくてもいいような気もするので
抽象的なまま、なにかを感じて頂けたらうれしいです。がんばります。

せっかくなので、会期中、広松さんとオンラインでお話し会みたいなものをやれたらいいなと思っています。
これについては、詳細が決まり次第、お知らせいたします。

あと、ぼく単独でのお話し会も開催するかどうかっていうのをずーっと迷ってますが
いまは若干やらなくていいかなという気分になってきました。
諸々決まり次第、お知らせさせてください。

初日の15日(土)は、広松さんもたぶん在廊されてます。
二つのお店を行ったり来たり、どちらのお店にも居たり居なかったりだと思うので
お気軽に遊びにいらしてください。


---- 「日本の絵本 100年100人100冊」刊行記念展 ----

【 会場 / 2ヵ所同時開催 】 ※会期、営業時間、定休日全て同じです
(1) えほんやるすばんばんするかいしゃ 1910年~1950年頃まで
(2) bupposo 1953年~現在まで

会期|2022.1.15(土)-2.14(月) ※2/28(月)まで延長になりました!
定休|火曜、水曜 ※2/23(水祝)は営業します
時間|14:00-20:00
住所|東京都杉並区高円寺南3-44-18(えほんや)、高円寺南3-49-12 セブンハウス202号(bupposo)
最寄|JR高円寺駅・徒歩6分、メトロ新高円寺駅徒歩12分
※えほんやるすばんばんするかいしゃ ⇔ bupposo の行き来は徒歩1分です


11/20(土)~12/14(火)|山元伸子・狩野岳朗「本をひらくと」展を開催します

2021-11-15 | ●展示のお知らせ


【展覧会のおしらせ】
11/20~12/14の期間、実店舗を営業致します。
それに合わせて、展覧会も開催します。
ヒロイヨミ社の山元伸子さん( @hiroiyomisha/ )と
画家の狩野岳朗さん( https://sktec.org/ )の展覧会です。

山元さんの言葉と、狩野さんの絵で一冊の本が出来ました。
この展覧会で初めてお披露目されます。
完成品は、ぼくもまだ見ていないので楽しみです。
おふたりとは付き合いが長いけど、
こんな風に展覧会を一緒にやったことはないのでそういう意味でも楽しみです。

そうそう。
今回は2会場での開催で、すぐ近所のbupposoでも開催しますので
両方ともぜひ観てみて下さい。

すでに情報量が多いので、これから小分けにしてお知らせしていきますね。

-


以下DMのテキストより~

ちいさな本をつくりました。
本を読む人、本が好きな人におくりたい、「絵本」です。
原画やことばの展示と、その〝つづき〟のような、
プロローグのような展示も、近くで開催いたします。
みなさまのお越しを、お待ちしております。

山元伸子 狩野岳朗

――-

『本をひらくと』

会期|11/20(土)~12/14(火)
会場|えほんやるすばんばんするかいしゃ
時間|14:00-20:00
定休|水・木曜日
住所|東京都杉並区高円寺南3-44-18
(JR高円寺駅南口から徒歩5分)
ehonyarusuban.com

※お店の奥に部屋があります。
そこが展示会場です。

=====

『の、つづき』

会期|11/20(土)~12/14(火)
会場|bupposo (ブッポウソウ)
時間|14:00-20:00
定休|水・木曜日
住所|杉並区高円寺南3-49-12 セブンハウス202
(えほんや から徒歩1分)
Instagram: @bupposo_

※建物の下に小さな看板が出ています。
2階に上がってすぐの部屋です。

=====

10/16(土)~10/31(日)の期間、営業致します / ハダタカヒトさんの絵の展示も延長します

2021-10-17 | ●展示のお知らせ


10/16(土)~10/31(日)の期間、営業することにしました。
それに伴い、ハダタカヒトさんの絵の展示も延長させて頂けることになりました。
会期終了後に、ハダさんに相談して了承頂けました(よかった、うれしい!)。
ハダさんありがとうございます。

延長したいと思った主な理由は、
この展示でやり残したことがあるなあ、と思ったことです。
展示を観て下さった方々と話しているうちに
自分がこの展示で何をしたかったのか気付かせてもらえたり、
それに加えて、こまかな発見もいっぱいあったりして、
もう少しこのもやもやの正体を掘り下げてみたいという気分になりました。
と言っても、まだまだ言語化できない感覚もあって、未だ迷いの中にいます。
うーん、自分でも自分がめんどくさい。
けど、この迷いの中にいることはとても楽しいことであり
すごくすごくありがたい時間になっています。
これからのなにかに繋がりそうな気がしています。
「表現力」なんて言葉を使うのは気持ち悪いけど
自分の「表現力」が全然足りてない。あと、勇気みたいなものかな。
延長期間の31日までに、頭の中にあるもやもやを少しでも形にできたらいいなと思っています。

-

期間|10/16(土)-10/31(日)
休み|水曜、木曜 ※木曜も定休日ですのでご注意下さい
時間|14:00-20:00
展示|ハダ展(仮称) 延長開催
場所|えほんやるすばんばんするかいしゃ
住所|東京都杉並区高円寺南3-44-18
(JR高円寺駅6分|メトロ新高円寺駅12分)

-

あと、延長したかった別の理由としては、
ハダさんがやっている「古道具屋 ハダ」が今月31日で閉店することが決定したので
その営業とともにこの展示も終わるとちょうどいいのではないかと思った、というのもあります。
土日のみの営業ですが、このお店が持つ意味(っていうと大袈裟かな)を
体験・体感してほしいなと、ひそかに思っています。
お店は、高円寺から二つ隣の駅・荻窪にありますので、もしよかったら足を運んでみて下さい。

展示もハダさんのお店もどうぞよろしくお願いいたします。


◎古道具 ハダ
https://twitter.com/hurudougu230131

◎住所|東京都杉並区天沼3-12-8 鈴木荘 202

9/18から、ハダタカヒトさんの個展のように見える展示が始まります

2021-09-17 | ●展示のお知らせ


9/18(土)〜10/12(火)の期間、営業いたします。
この期間に合わせて、名前の無い展示(ハダタカヒトさんの個展のように見える展示)が始まります。
なんかそ妙にそわそわします。
胃は全く痛くないのに「胃が痛い」って言うのって
気持ちとしてはほんとなのですが全然痛くないから嘘ついてるんでしょうか。

明日の初日は、台風が来るとか来ないとか。
お店はちゃんと営業しますが、台風の日はお家でじっとしているのがおすすめです。

※今回の期間限定営業は、水曜日だけでなく木曜日もお休みしようと思います。
(ただし、祝日23日は営業します)

※画像はハダタカヒトさんの階段画より

[期間限定営業 & 展示]
会期|9/18(土)-10/12(火) ※10/31(日)まで延長になりました
定休|水曜、木曜
時間|14:00-20:00
会場|えほんやるすばんばんするかいしゃ
住所|166-0003
東京都杉並区高円寺南3-44-18

www.ehonnyarusuban.com

9/18(土)〜10/12(火)の期間、お店を開ける予定です / この期間、展示も開催します

2021-09-14 | ●展示のお知らせ


今せっせと準備中ですが、間に合えば9/18(土)〜10/12(火)(※10/31(日)まで延長になりました)の期間、お店を開ける予定です。それに合わせて絵描きのハダタカヒトさんに協力頂き、僕とお店のやや個人的な展示をやってみようと思ってます。一見、ハダさんの個展のように見えると思うのですが、少し違うのでぽろぽろと言葉で補っていこうと思います。

たぶん、余計なことをいっぱいやっていく感じになると思います。よろしくお願いします。

会期前から会期終了まで、ここのブログをたくさん更新するつもりです。
(できるかなあ、、、がんばろう)



7/31(土)から8/31(火)まで期間限定で営業致します。ポーランドとドイツの古い絵本のイベントも開催します。

2021-07-27 | ●展示のお知らせ


7/31(土)から8/31(火)まで、えほんやるすばんばんするかいしゃの奥の部屋に
ポーランドとベルリンで買い付けをした絵本がたくさん並びます。

買い付けに行ったのは、2019年の冬のこと。
なんだかずっと外に出せずにいた本たちをようやく解放します。

真夏ですし、まだまだ世の状況は落ち着く気配もなく、
とても良いタイミングとは言えないのですが、
なかなかしばらくずっと良いタイミングもなさそうで。

できたらたくさんの方に見て頂けたらいいなあとぼんやり考えていましたので
これらの本はなるべく通販サイトに載せることにして、こんな本があったよ、
という記録のインスタグラムのアカウントをつくりました。
遠いところの方も、ほー、と眺めて頂けたら嬉しいです。

ポーランドとベルリンの記録
@books_in_poland_and_berlin

予告編みたいなかんじで本を載せてます。ただただひたすら本の記録を残すだけの場所です。
よかったら、覗いてみてくださいね。

少しぶりに高円寺の実店舗オープンになります。暑い日が続くと思いますので
ご来店の際には涼しい恰好と水分ご持参で気を付けていらしてください。

3/12(金)~3/30(火)出口かずみ「名前のないことば辞典」展を開催します。

2021-03-11 | ●展示のお知らせ


3/12(金)~3/30(火)出口かずみ「名前のないことば辞典」展を開催します。

出口かずみさんと編集の谷口香織さんとわたし(荒木純子)の3人でやんややんやと楽しみながらつくった本です。発行は遊泳舎さん。

原画の展示や、雑貨の販売、原宿のシーモアグラスさんにご協力頂いてお菓子も販売します。引き続き出口さんのサイン本も販売します。

宣言明けから、、と思っていましたが延長になりましたね。なんと言ったらいいのかことばが難しいですが、来て頂けるのは、とってもとっても嬉しいことです。

お店を開けて窓を開けてお待ちしております。

===

出口かずみ「名前のないことば辞典」展
会期:3/12(金)~3/30(火)
定休:水曜日
場所:えほんやるすばんばんするかいしゃ
住所:東京都杉並区高円寺南3-44-18
営業:14:00-20:00

https://www.ehonyarusuban.com/

営業日と展覧会の会期延長のお知らせ|11/3(火)まで営業します。

2020-10-27 | ●展示のお知らせ


今日でおしまいの予定でしたが、どうもやり残したことがあるような気がするので
一週間延長して11/3(火)まで営業と展覧会をやることにします。

作品をお預かりしている皆さまのご協力に感謝いたします。


残り一週間、本のことも少し掘り下げられたら、と思います。
今回、何度もお越し頂いている方もたくさんいてすごく嬉しいです。
初めての方はもちろん、一度いらした方もぜひぜひお気軽に遊びにいらして下さいね。
目的なく、店内でぐだーっとしてくれるだけでもうれしいです。



< 参加作家 >
・きくちちき ※原画の販売はありません
・近藤晃美
・はらぺこめがね
・中村まふね
・出口かずみ
・花松あゆみ
・まつむらまいこ
・杉本さなえ ※原画の販売はありません
(敬称略・刊行順)

-

会期も残りわずかですが、これまで出版した15冊のことをブログに一冊ずつ書いていくつもりです。
興味のある方は見てみてください。

・ブログ|https://blog.goo.ne.jp/nabusuraynohe
・15冊の展覧会(仮)|https://blog.goo.ne.jp/portal/tags/15冊の展覧会(仮)
(少しずつ更新してます)

-

会期|10/10(土)~10/27(火) → 11/3(火)まで延長になりました
休み|水曜(10/14、10/21、10/28)
時間|14:00~20:00
会場|えほんやるすばんばんするかいしゃ
住所|東京都杉並区高円寺南3-44-18
(JR高円寺駅6分|メトロ新高円寺駅12分)

※この期間が終わったら、お店はまたちょっとだけお休みに入ります。


==========


< 出版リスト >

2013 「つながる」 きくちちき
2014 「いちにのさん」 きくちちき 
2015 「そのたの束」 近藤晃美
        「レンガおとこ」 はらぺこめがね
        「とおのちいさな とびらのむこう」 中村まふね
2016 「どうぶつのねいろ」 きくちちき
        「円い草」 近藤晃美  /  「聴こえてきたこと」いろんなためいき(CD)
        「TOOMIN VALLEY」 「ABCかるた」出口かずみ
2017 「ロシアの装丁と装画の世界」
        「VOYAGE」 花松あゆみ
2018 「とらこのおくりもの」 きくちちき
        「どうぶつせけんばなし」 出口かずみ
        「わたしはしらない」 まつむらまいこ
        「Close Your Ears」 杉本さなえ
2019 「小八」 出口かずみ




花松あゆみ個展「近くで 遠くで」開催のお知らせ|2020年2月15日(土)~3月3日(火)

2020-02-13 | ●展示のお知らせ


2016年11月。
花松あゆみさんの個展「近くで 遠くで」を当店で開催しました。
あれから約3年。
あの展覧会をもう一度観たくなってしまいました。

展示される絵も、お店も、やってる人間も同じですが
ちょっとだけ時間が経ち、
ちょっとだけ店内も変わりました。

いま、どんな風に見えるのか楽しみです。  


=========

花松あゆみ個展「近くで 遠くで」
会期 | 2020/2/15(土)~3/3(火) ※水曜定休
時間 | 14:00-20:00
会場 | えほんやるすばんばんするかいしゃ
住所 | 166-0003 東京都杉並区高円寺南3-44-18
(JR高円寺駅6分 / メトロ新高円寺駅12分)