絵本の古本屋 【えほんやるすばんばんするかいしゃ】

営業時間:14時~20時
定休日:火曜、水曜
電話/FAX:03-5378-2204

「日本の絵本 100年100人100冊」購入特典(アーカイブ動画)のお知らせ

2022-02-25 | ● ネット販売のこと


先日2/13に生配信した広松由希子さんと僕(荒木)のオンライントークイベントのアーカイブ動画を
3/4(金)~3/6(日)の三日間のみ配信(限定公開)することになりました。

-

広松由希子著「日本の絵本 100年100人100冊」の購入特典(おまけ)として
限定公開URLをお知らせします。ご購入は、店頭でも通販でも大丈夫です。
(※2/13以前に購入された方にも順次メールさせて頂きます)

◎詳細と通販はこちら
https://karinsha.stores.jp/items/61e7f538c15c5a46f3dfa8fe

-

なお、アーカイブ動画のみの販売は行いませんので、ご了承ください。
あくまでもオマケとして捉えて頂けたらありがたいです。
3/4(金)、5(土)、6(日) の三日間のみの限定公開なので受付締切は 3/2の予定です。
動画の時間は 約2時間です。

===============

*ご購入の方へ 特典について*

[アーカイブ動画の内容]
2/13(日)に、著者・広松由希子さんと えほんやるすばんばんするかいしゃ店主が
「日本の絵本100年100人100冊」の本について絵本について喋りました。
そのときの様子を録画したアーカイブ動画となります。


[限定公開配信]
・日時|3/4(金)、5(土)、6(日) の三日間のみの限定公開です。
・配信方法|Youtube
・収録時間|2時間10分
・受付締切日|3/2(水)

※購入された方のみが観られる限定公開URLとなります。
※限定公開URLは、3/3(木)あたりにお送り致します。
※3/3~3/6に購入された場合は、自動送信メールに動画URLを添付致します。
※2/13以前に購入された方にも順次メールさせて頂きます。
※詳細は、果林社からメールにてご案内させて頂きます。


-

「日本の絵本 100年100人100冊」展は、2/28(月)まで。
会期終了まで休みなく営業しています。
こちらもどうぞよろしくお願い致します↓
https://blog.goo.ne.jp/nabusuraynohe/e/e1085ed9f9eafa9e4ffcf67b2871710b






広松由希子著「日本の絵本 100年100人100冊」(サイン本&特典あり)の通販がスタートしました

2022-01-22 | ● ネット販売のこと


<お知らせ>
広松由希子著「日本の絵本 100年100人100冊」(サイン本)の通販が
果林社( bupposo )のオンラインショップでスタートしました↓
https://karinsha.stores.jp/

この本の購入特典として、広松さんと僕(るすばんばん〜店主)のオンライントークイベントに
招待させて頂きたいと思います。ご興味のある方は、ぜひぜひチェックしてみて下さい。
ご都合が合わない方や不要な方は、書籍のみの購入も可能です。
ちなみにオンライントークイベントの内容は、
二つの会場からギャラリートークのようなことをやってみる(中継する)予定です。
本や展示のことだけでなく、広松さんと一緒に絵本の話も出来たらいいなと思っています。
※有料ですが、トークイベントのみの販売もやってます
https://karinsha.stores.jp/items/61e80163fd2e736629bcacbd

-

個人的には、オンラインも苦手だし人前で喋るのも苦手なので
こういうことは絶対にやりたくない(やれない)と思ってきたんですけど
どういうわけか今回はやってみようと思いました。
いろいろ不安もあるので、決心した今もずっとぐるぐると考えてます。
うまくやれるかどうかわかりませんが、広松さんがいるので大丈夫なんじゃないかなと思います。
自分にとって初めてのことだらけでなので、見てほしいような見てほしくないような変な気分です。
どうぞよろしくお願いします。

本とトークイベントにつきましては、今後もちょこちょことお知らせさせてください。

◎通販URL
https://karinsha.stores.jp/items/61e7f538c15c5a46f3dfa8fe


メインの通販サイトでも、クレジットカードが使えるようになりました。  

2020-04-05 | ● ネット販売のこと


いまさらですが、メインの通販サイトでも、クレジットカードが使えるようになりました。
 
◎通販サイト
https://rusuban.ocnk.net

 
-
 
導入までの手続きがややこしかったり
古本の場合、在庫の有無のことを考えると
問題が発生しそうなので 今まで敬遠してました
が、案外簡単なことで解決しました。
 
古本の通販をスタートするにあたり、振り込みだけだと
外出の機会を増やしてしまうのも申し訳ないなあ、
と思っていたので、よかったよかった。
.
.
.
.
ちなみに、、、、
 
◎杉本さなえ作品集・特設サイト
https://www.closeyourears.com/


 
◎自社出版本のサイト
http://www.ehonyarusuban.com/c-item-list

 
では、元々カード利用可能です。
ではでは、どうぞよろしくお願いします。


初山滋「たべるトンちゃん」と「山のもの山のもの」を入荷しました。

2019-10-05 | ● ネット販売のこと


久しぶりに、初山滋「たべるトンちゃん」と「山のもの山のもの」を入荷しました。
この本たちが いま自分のお店に必要な気がして急に思い立って、阿佐ヶ谷まで取りに行ってきました。
出版元は、隣駅・阿佐ヶ谷にあるお店、よるのひるね(よるひるプロ)さん。
高円寺には、書肆サイコロさんがあるしお店なのに素晴らしい本を作っている人たちが
こんな近所にいることが本当に頼もしい。
.
.
「たべるトンちゃん」のオリジナルが
出版されたのは今から80年以上前の昭和12年(1937年)。
左が復刻版で、右が当時のもの。
こんなにも忠実に復刻してくれて感謝しかありません。
この時代にこんな素晴らしい復刻をすることはものすごいことだと思います。
そして、いつかこの復刻版も古くなり朽ちていくのかもしれないと思うと不思議と安心してしまいます。
 
もちろん、作品としても素晴らしいです。
あと、なんと言っても 初山滋という人間自体が
素晴らしくかっこいいのでぜひ知ってもらいたいし 読んで頂きたいです。
※「山のもの山のもの」は、また改めて。
.
.
.
◎初山滋「たべるトンちゃん」通販
http://rusuban.ocnk.net/product/6732

 
 
◎初山滋「山のもの山のもの」通販
http://rusuban.ocnk.net/product/7396



出口かずみ画集「小八」、 通販の先行販売が始まりました。

2019-07-11 | ● ネット販売のこと


大変ありがたいことに、画集についてのお問い合わせが 多くなってきたため、
本日より通販の先行販売をスタートします。
 
そのほかの画像は、後日追加します。
気になる方はぜひぜひ。
 
ちなみに、先行販売は 直筆サイン&イラスト入りです。
(※数に限りがあります)
 
 
◎出口かずみ画集「小八」通販 / 先行販売
http://rusuban.ocnk.net/product/9135

The second printing of "Close Your Ears" by Sanae Sugimoto is in stock.

2019-05-05 | ● ネット販売のこと



For International Customers,


The second printing of "Close Your Ears" by Sanae Sugimoto is in stock.
 
You can purchase the book at our international online store.
We ship world wide.
 
+++Online Store URL+++
https://closeyourears.stores.jp/

 
We have published "Close Your Ears" by Sanae Sugimoto on November 2018.
This hand-binding book is a collection of her works mostly drawn in 2016-2017.
 
Sanae Sugimoto HP
https://www.sanaesugimoto.com/

 
===============
 
 
Close Your Ears / Sanae Sugimoto
 
Price : 4,104JPY
Shipping : 1,600JPY to any countries
(AIR MAIL)
 
Second Printing April 30, 2019
(First Edition November 15, 2018)
Binding : Hardcover
Size : 19.3cm × 22.3cm
Pages : 56
Printing : Risograph
Language : Japanese / English

いろんなためいきさんのCD「聴こえてきたこと」新装版、完成のお知らせ。

2019-01-29 | ● ネット販売のこと






お待たせしている方々には、本当にお待たせしました!
いろんなためいきさんのCD「聴こえてきたこと」(新装版)が
数日前に無事完成しました。
11月に完成予定でしたが、遅れに遅れてようやく、ようやく、、、です。
本当に嬉しい。

ひとまず通販できるようになりました。
お店でももちろん購入可能なので、お店でもぜひ。
 

 
そして今回の新装版には、それぞれの曲に
いろんなためいきさんの言葉が添えられています。
解説っていうのとちょっと違う、なんだろう、記憶みたいなものかな。
これがたまらなく素晴らしい、、、。 長くなりそうなので、また改めます。
 
 
[通販]いろんなためいき「聴こえてきたこと」新装版
rusuban.ocnk.net/product/8495

 
[試聴] ちょっとだけ聴くことができます

いろんなためいき「いつもいつかのこわれたじかん」 ※「聴こえてきたこと」収録曲

杉本さなえ作品集「Close Your Ears」/海外用のオンラインショップがオープンしました。

2019-01-21 | ● ネット販売のこと


We have published “Close Your Ears” by Sanae Sugimoto on November 2018.
This hand-binding book is a collection of her works mostly drawn in 2016-2017.

Online store for overseas has opened finally.
(Sorry it took longer than we planed)
.
+++URL+++
https://closeyourears.stores.jp

Please have a look, hope you will like it!
Thank you.
 
 
===============
 
 
Close Your Ears / Sanae Sugimoto

Price : 4,104JPY
Shipping : 1,600JPY to any countries
(AIR MAIL)

First Edition November 15, 2018
Binding : Hardcover
Size : 18.5cm × 25.0cm
Pages : 56
Printing : Risograph
Language : Japanese / English

杉本さなえ作品集「Close Your Ears」特設サイト開設のお知らせ

2018-12-07 | ● ネット販売のこと





作品集「Close Your Ears」の特設サイトが無事完成しました。
本日、予約販売スタートです!
 

◎特設サイトURL
https://www.closeyourears.com/
 
 
※一つ一つ手作業で製本されているため、納品までにお時間がかかります。
(ご予約分の発送は年末~来年1月になる予定です。何卒、ご了承下さい)

※店頭(展覧会)では、すぐに購入できますので、ご来店予定の方はご予約(ご注文は)不要です。
 
 
〇写真:寺岡圭介(本と音楽 紙片)









手製本「わたしはしらない」完成と販売開始のお知らせ

2018-09-14 | ● ネット販売のこと


|手製本「わたしはしらない」完成と販売開始のお知らせ|

おととい、製本がんばりました。


というわけで、店頭とオンラインショップにて
まつむらまいこさんの「わたしはしらない」が
購入可能になりました。今回も完全手製本なので
少しずつがんばります。
いや、出来るだけ頑張らないようにしたいです。

◎まつむらまいこ著「わたしはしらない」詳細
http://rusuban.ocnk.net/product/9123
.
.
.
松村さんの「わたしはしらない」の発行元は、うちのお店。
お店発行の本はこれで13冊目。
本当に本当に、たくさんの人に感謝。


松村さんと長ーいやり取りがありました。
気付いたら2年半という時間が流れていました。
 
2年半もの間、いったい何をやってたんだろうと振り返ってみると
1年目はメール。そして、たまーにうちのお店で立ち話。
2年目は、喫茶店でのんびりお茶をしてたような気がします。
3年目の今年は、突然慌て始めたような、、。
 
まあそんな感じでこの2年半は、3人で集まってはただただ喋ってただけかもしれません。
(松村さんは絵を描いたりいろいろ大変だったと思う)
2年半前に思い描いていたものと 最近思い描いたものはきっと違うけれど
根っこの部分は何も変わってないことを確認できたことは大きかったのかも。
そして、この本ではそれを描けたような気がしてます。
 
 
松村さんの根っこにあるものに触れるたび、安心するものがありました。
たぶん、そんな本になったと思います。
本の内容に全く触れてなくて申し訳ないですけど、読んでもらえたらうれしいです。