雅工房 作品集

長編小説を中心に、中短編小説・コラムなどを発表しています。

正月十余日のほど

2014-09-30 11:00:44 | 『枕草子』 清少納言さまからの贈り物
          枕草子 第百三十七段  正月十余日のほど

正月十余日のほど、空いと黒う、曇り厚く見えながら、さすがに日はけざやかに射し出でたるに、えせものの家の、荒畑といふものの、土うるはしうもなほからぬ、桃の木の若だちて、いと楚(シモト)がちにさし出でたる、片つかたはいと青く、いま片つかたは濃く艶やかにて蘇芳の色なるが、日陰に見えたるを、いとほそやかなる童の、狩衣はかけ破りなどして、髪うるはしきが、登りたれば、ひきはこへたる男児、また小脛にて半靴はきたるなど、木のもとに立ちて、
「われに毬打切りて」
など、乞ふに、また、髪をかしげなる童の、衵(アコメ)ども綻びがちにて、袴萎えたれど、よき袿着たる、三、四人来て、
「卯槌の木のよからむ切りて下ろせ。御前にも召す」
などいひて、下ろしたれば、奪ひしらがひ取りて、さし仰ぎて、
「われに多く」
などいひたるこそ、をかしけれ。

黒袴着たる郎等の、走り来て乞ふに、
「まして」
などいへば、木のもとをひきゆるがすに、あやふがりて、猿のやうにかいつきてをめくも、をかし。

梅などのなりたるをりも、さやうにぞするかし。


正月十日過ぎの頃、空が大変暗く、曇り空が厚ぼったく見えていながら、それでも日の光がくっきりと差し出ているときに、それほどの身分でもない者の、荒畑(アラバタケ・冬で何も植わっていない畑、あるいは開墾中の畑か)という土がきれいにならされていない所に、桃の木のまだ若木が盛んに徒長枝を出していて、その一方はとても青く、もう一方は色濃く艶やかで、蘇芳の色をしていて、その違いが日の光で目立っているのを、ずいぶん細い男の子で、狩衣はかぎ裂きなどしているのに、髪はきれいに整えているのが、登っているので、着物を縫い上げしている男の子、またすねを丸出しにして半靴を履いている子などが、木の根もとに立って、
「われに毬打(ギチャウ・毬を打つ柄の長い杖)を切ってくれ」
などと頼んでいると、また、髪の美しい女の子で、袙は綻びていて、袴もよれよれになっているけれど、立派な袿を着ているのが三、四人来て、
「卯槌にする木によさそうなのを切って落として下さい。ご主人でもご用です」
などと、もっともらしく言うが、いざ落とすと、寄ってたかって奪い合い、仰ぎ見て、
「私にもっとたくさん」
などと言っているのが、微笑ましい。

黒袴を着ている男が、走って来て頼むと、
「まだこの上にか」
などと嫌がると、男が木の幹をゆさぶるので、危ながって、猿のように木にしがみついてわめいているのも、とても可笑しい。

梅の実などがなった時も、同じようなことがあるようですね。



一月の卯槌・卯杖の行事の前日当たりの様子なのでしょうね。
子供たちの元気な姿が、そのまま素直に描かれています。少納言さまにとって、穏やかな一日だったのでしょうね、きっと。
コメント

歴史散策 気軽に歴史を楽しみたい

2014-09-30 08:00:31 | 歴史散策
     歴史散策
            気軽に歴史を楽しみたい

歴史は楽しい。

それは、日本の歴史であれ、他国の歴史であれ、あるいは、どの時代のものであろうと、興味深い事実や逸話がちりばめられているからです。
その時代のさなかにあれば、とても経験できないことや、哀しさや残酷さゆえに直視できない事柄でも、数百年、あるいはそれよりも遥かに長い時間を経ることで、多くの出来事はかぐわしい香りを伴って私たちに話しかけてきてくれます。

歴史の重大な出来事さえも、気軽に散策したい。

時代小説は楽しくても、歴史そのものをテーマにした作品は馴染みにくいという人がいます。私自身、歴史を授業として学んだ頃は、少しも楽しくありませんでした。
その理由はごく簡単で、覚えなくてはならない、やがてテストがある、というのが主因でした。そもそも学問というものはそのようなもので、なにも歴史に限ったことではないのですが、「覚える必要がなく、テストもない学問」は、楽しいものなのです。

素人が書く歴史の散策ですが、

次回からこのカテゴリーでは、歴史上の事件や出来事をテーマとした作品を紹介させていただきます。
ただ、それらはすべて散策ですから、学術的な真偽の追及などとは程遠いもので、ごく限られた参考文献をもとに個人的な見解を加えたものですから、ごくごくありふれた知識の羅列になる可能性もあります。
でも、散策なのですから、ぜひ、気楽にお付き合いいただきますようお願いいたします。

     ☆   ☆   ☆
コメント

清げなる男の

2014-09-29 11:00:22 | 『枕草子』 清少納言さまからの贈り物
          枕草子 第百三十八段  清げなる男の

清げなる男の、双六を日一日うちて、なほ飽かぬにや、短き燈台に火をともして、いと明う掻上げて、仇の賽を責め請ひて、頓(トミ)にも入れねば、筒を盤の上に立てて待つに、狩衣の領(クビ)の顔にかかれば、片手して押し入れて、強(コハ)からぬ烏帽子ふりやりつつ、
「賽、いみじく呪ふとも、打ち外してむや」
と、心もとなげにうち目守りたるこそ、誇りかに見ゆれ。


小ぎれいな男が、双六を一日中打って、まだ満足しないのか、背の低い灯台に火をともして、たいそう明るくかき上げて(灯心をかき上げて炎を大きくする)、相手のサイコロに呪いを込めていて、すぐには筒の中に入れないので、相手は筒を盤の上に立てて待っていると、狩衣の襟が顔にかかるので、、片手でそれを押し入れて、固くはない烏帽子を後ろへ振りやりながら、
「さいころを、どんなに呪っても、打ち損ないをするものか」
と、じれったそうに見守っているのは、自信満々に見える。



いつの世も、勝負事にのめり込む男性は多いようですが、それを、少納言さまは意外に好意的に描写しているように思われるのですが、どうでしょうか。

なお、この双六の遊び方が今一つはっきりしないのですが、黒白十五程のコマを、サイコロを使って競い合うもののようです。いずれにしても、ここにあるように大の男がのめり込むのですから、賭け事なのでしょう。
また、「きよげなる」というのは、「見た目がきれいな」といった意味で、「きよし」とは明確に意味が違うようです。
「男(ヲノコ)」は、それほど身分の高くない男性を指します。「強からぬ烏帽子」も略式のものを指していて、あまり身分の高い者でないことが分かります。
コメント

碁をやむごとなき人の打つとて

2014-09-28 11:00:09 | 『枕草子』 清少納言さまからの贈り物
          枕草子 第百三十九段  碁をやむごとなき人の打つとて

碁を、やむごとなき人の打つとて、紐うち解き、ないがしろなる気色に、ひろひ置くに、劣りたる人の、ゐずまひもかしこまりたる気色にて、碁盤よりはすこし遠くて、およびて、袖の下は、いま片手して控へなどして、打ちゐたるも、をかし。

碁を、高貴な方が打つとて、襟元の紐をはずし、気楽な態度で、無造作に石を置くのに対して、お相手の身分の低い人は、座り方からして緊張している様子で、碁盤より少し離れて、及び腰になって、袖のたもとは、もう片方の手で押えたりして打っていいるのも、滑稽です。


現在でも見られるような光景ですが、さすがに少納言さま、厳しく観察されています。
コメント

恐ろしげなるもの

2014-09-27 11:00:59 | 『枕草子』 清少納言さまからの贈り物
          枕草子 第百四十段  恐ろしげなるもの

恐ろしげなるもの。
橡の梂(ツルバミノカサ)。
焼けたる野老(トコロ・山芋)。
水茨(ミズフブキ・鬼蓮)。
菱。
髪多かる男の、洗ひて乾すほど。

                                    
見た目に恐ろしいもの。
つるばみのかさ(クヌギの実のかさ、即ち大型のドングリか)。
焼けた山芋。
みずふぶき。
菱の実。
髪の多い男が、洗って乾かす間。



この章段を見る限り「恐ろしげ」というのは、深刻な恐ろしさというほどのものではないみたいです。
全部で五つ列記されていますが、いずれもとげとげしいもののようです。前の四つは食用にされるもので、最後に髪の多い男を加えているあたりが少納言さまらしいといえばいえるのですが、少々ブリッコの感じがしないでもありません。
コメント

味わいの境地

2014-09-27 08:00:22 | 短文集
          『 味わいの境地 』

「人間、どんな環境になっても、生きて行けるもんだよ」
と、明石氏は年齢に似合わない悪戯っ子のような笑顔を見せた。

明石氏が、かなり長い期間入院していることは聞いていたが、見舞いに訪れる機会がなかった。
明石氏に部下として仕えたのはもうずいぶん前のことで、転勤の関係もあって久しく会う機会もなかった。ただ、私にとっては、サラリーマンになって間もない頃の、いわゆるやんちゃ盛りの頃の上司で、職階には相当開きがあり、直接一緒に働くようなことはなかった。
ただ、一度、若手のグループでちょっとした問題を起こした時に本社との矢面になって私たちをかばってくれたことがあり、それ以来、転勤で職場が離れた後も折々に薫陶を受けてきた人物である。

退院されてからひと月ばかり経った明石氏は、見た目には顔色もよく、すっかり健康を取り戻したかに見えたが、実際は、闘病はなお続いており、明石氏の希望で自宅療養となったが、いつ再入院が必要になるか分からない状態らしい。
このことは、少し前に見舞った同僚から教えられたことであるが、そのこともあって、退院後少し時間を置いて見舞いに訪れたのだが、明石氏も以前から面識のある夫人も、実に穏やかな表情で私を迎えてくれた。
そのうえ、見舞いに訪れたはずなのに、夫人の手料理の昼食までご馳走になることになってしまっていた。

「あなたには、味が薄すぎるかもしれないが、辛抱してくださいよ。私は、すっかりこの味に慣らされてしまってね。味覚というものは、個人差もあるが意外に訓練や習慣で変わるものみたいだ」
というような話になり、明石氏は、さらに続けた。

「これは、何かで読んだ話の受け売りだが、人間の味覚というものは、本能的に持っているものは、つまり、生まれたての赤ん坊が持っている味覚というものは、甘味だけらしいのです。
人間が感じる味覚には、甘味・酸味・塩味・苦味とあって、この四種の味覚を調合することによって、すべての味を生み出せると考えられていたそうです。甘味というのは、赤ん坊が最初に口にするはずの母乳の味であり、これは本能的に授けられているらしいのです。
しかし、他の味は、経験や訓練によって、身に付けていくらしいのです。つまり、酸味は腐敗した物の味であり、塩味は生命の起源である海水から教えられるものかもしれないし、苦味は毒の味です。もっとも、私たちが苦味を毒の味から覚えたというのは納得できない面もあるのですが、ある料理研究家は、日本人の場合はサンマのはらわたの味から覚えるのだと言っていましたが、さあ、本当かどうかはよく分かりませんがねえ」

「ところが、基本となる四つの味の調合だけではどうしても説明のつかない味があることを日本の学者が発見したそうです。現在では『うま味』と呼ばれるものです。この『うま味』成分が、他の四つの味と絡み合って、さまざまの味や料理が生みだされているらしいのです。
しかし、ね、どうもそれだけではないらしいと、最近私はしきりに思うようになったのですよ。
つまり、もっと他の物も絡み合って、味というものは生まれてきているように思うのですよ。味ということでは、何かの組み合わせで生まれるものかもしれないが、辛味とか渋味といったものは独特の風味を与えてくれるし、それに何よりも、食べる者の味覚からいえば、食器や、周囲の雰囲気、一人で食べるのか、誰かと食べるのか、といったようなこと・・、あるいはそれ以上に、その時の精神状態によって、料理の味は大きく変わってくると思うんだ。いや、空気の味さえ変わってくるよ」

「あるとき、ふっと、私はそんなことを思ったんだ。
思わぬ大病をしてしまったが、それに、自分ではそれほど生に執着しているつもりはないと思っていたが、あの時、病室で食べたおそらく味など無いような重湯のようなおかゆを口にした時、『ああ、おいしい』と、感動さえ覚えたよ。
そのとき思ったんだ、これだけ美味いものを食べられるのであれば、生きているのも悪くはないなあ、ってね」

「少々オーバーだけれど、何か、一つの境地に達したような気がするんだ。
それから後は、食事を摂ること自体が辛いこともあるが、いただく食事の味は、うまく説明できないけれど、何とも優しく美味しく感じられるんですよ。
若いあなたにはうまく伝えられないかもしれないけれど、そう、『味わいの境地』とでもいうんですかねぇ、食べる物の味ばかりでなく、生きていること自体も、お金を儲けるとか、社会的に名を上げるとか、そう、勝ったとか負けたとかといった価値では判断できない境地のようなものがあるような気がしているのですよ・・」

     ☆   ☆   ☆
コメント

平安の装束

2014-09-26 11:00:34 | 『枕草子』 清少納言さまからの贈り物
     枕草子  ちょっと一息


平安の装束

平安時代の人々は、どのような服装をしていたのでしょうか。
私などは、平安時代の装束といえば、まず十二単が浮かんでくるのですが、実際は実に多彩な着物が用いられていたようです。
その実態についても、一般庶民、特に地方の一般庶民の場合は難しい面も多いのでしょうが、宮中を中心とした貴族社会の服装については、文献や、実際に残されたり伝えられているものから相当正確に分かっているようです。

枕草子の中にも、装束に関する記事が数多く登場してきます。
その中で特に感じられることは、いったい何枚着ているのか、と思われるほど何枚も重ね着をしていて、しかもそれらが透けて見える色合いをとても大切にしていることです。
また、用いられている色の数は極めて多彩で、しかも微妙な表現がされています。
そして何より驚くことは、男性の装束に関する配慮です。上級貴族の服装は、それこそ十二単を上回るほど華やかなものであったようなのです。
王朝文化華やかし頃、当時の貴族はどのくらいの衣装代を使っていたのか、計算してみたいような誘惑にかられます。

枕草子をより楽しく読むためには、当時の装束をよく知ることがとても大切だと思います。
しかし、これはなかなか難しいことです。
枕草子に登場してくる着物や色の種類だけでもかなりあり、それらを参考書などで確かめてみるのですが、なかなか十分に理解することができません。何せ、漢字をパソコンから見つけ出すだけでも苦労しているような状態なのですから。
まことに申し訳ないことなのですが、装束などの描写に関しましては、一生懸命伝えられるよう頑張りますが、私の力はこの程度ですので、「ああ、そんな感じの装束なんだな」という程度で、読んでいただきたいと思います。
無責任なことですが、装束などに興味があるお方は、古典からだけでは無理ですので、その方面の専門書を見つけて勉強されるのも、きっと楽しいと思います。
コメント

清しと見ゆるもの

2014-09-25 11:00:08 | 『枕草子』 清少納言さまからの贈り物
          枕草子 第百四十段  清しと見ゆるもの

清しと見ゆるもの。
土器(カワラケ)。
新しき鋺(カナマリ・金属製の碗)。
畳に刺す薦。
水をものに入るる透影(スキカゲ)。


清らかに美しく見えるもの。
土器。
新しい金属製のおわん。
畳の表にするこも。
水を容器に入れる時の光の影。



土器は、表面のなめらかさを指していると思われますが、素焼きのものは当時使い捨てにされていたので、常に美しかった。反対に金属製の容器は、銀か銅製と考えられますが、古くなるとくすんでくるので、特に新しいものと限定しているのでしょう。
最後の部分は、前段が、四つ物を並べた後「男」を登場させていることから、本段も、三点の物の後に「女」を置いたという研究者もいます。すなわち、御簾を通して見える水仕事をしている女性が美しいという意味です。
少々無理があるようにも思うのですが、少納言さまのすばらしい感性を考えますと、こちらのほうが正しいようにも思うのですが。

コメント

卑しげなるもの

2014-09-24 11:00:31 | 『枕草子』 清少納言さまからの贈り物
          枕草子 第百四十二段  卑しげなるもの

卑しげなるもの。
式部丞の笏。
黒き髪の筋わろき。
布屏風の新しき。古り黒みたるは、さるいふかひなきものにて、なかなか何とも見えず。新しう仕立てて、桜の花多く咲かせて、胡粉・朱砂など彩りたる絵ども描きたる。
遣戸厨子。
法師のふとりたる。
まことの出雲筵の畳。


下品なもの。
式部丞(シキブノジョウ)の笏(シャク)。
黒い髪の毛筋がよくないもの。
布屏風の新しいもの。古くなって黒ずんでいるものは、もともとどうというものではないので、かえって気にならない。しかし、新しく仕立てた布張り屏風に、桜の花をたくさん咲かせて、胡粉・朱砂(ゴフン・スサ・ともに彩色用)などで彩色した絵を描いているもの。
遣戸(ヤリド・引き戸のこと)の厨子。
法師が太っているの。
本当の出雲筵の畳。



「卑しげなるもの」を下品なものとしましたが、その内容からは、少納言さまがひどく軽蔑しているものというものでもないようです。
内容を若干補足させていただきますと、
式典などを担当する式部省の丞(三等官。六位相当)の持つ笏は、その裏に式次第などの備忘用の紙片を貼り付けているが、何度も剥がしたり張ったりしているので汚くなっている。
絹張りに対して布張り(麻や葛などの布)の屏風は安手のものなのに、大げさな絵などで飾り立てるのはむしろ下品だという意味で、少納言さまらしい観察です。
厨子(収納箱)の扉は観音開きが普通で、引き戸は下品に見えたのでしょうか。
出雲筵の畳が下品というのは意味がはっきりしません。「目が粗い」とか「『まことの』ではなく、『まこもの』が正当で『真菰』製は質が落ちる」などの説があるようです。
コメント

秋日和

2014-09-24 08:00:21 | 短詩集
          秋日和

     あれをして これもすべきと
       心あせれど 体動かず
         秋日和 荷物を置いて しばし休息


        あれをして これもすべきと
          こころあせれど からだうごかず
            あきびより にもつをおいて しばしきゅうそく
コメント