雅工房 作品集

長編小説を中心に、中短編小説・コラムなどを発表しています。

平成はあと何日?

2018-03-31 19:41:54 | 日々これ好日
        『 平成はあと何日? 』

     朝刊の一面トップに 「即位礼日程決定」とあった
     新元号も 来年二月頃に 公表されるらしい
     いつの間にか すっかり慣れ親しんだ「平成」だが
     残り日数が限られると ちょっぴり寂しい
     あと何日あるのかな?

                     ☆☆☆   
コメント

春らんまん

2018-03-31 08:16:37 | 短詩集
          『 春らんまん 』

     ここかしこ 花咲き乱れ
      我も我もと 春告げるよう
       ユスラウメの 花つつましく 山桜に似て


        ここかしこ はなさきみだれ
         われもわれもと はるつげるよう
          ユスラウメの はなつつましく やまざくらににて
コメント

行け行け どんどん

2018-03-30 19:16:16 | 日々これ好日
         『 行け行け どんどん 』

     プロ野球 開幕
     米大リーグからも 日本選手が話題に
     オープン戦で 負けるだけ負けた わが贔屓チームは
     早くも ホームラン2本
     行け行け どんどん 今日は勝てるぞ

                   ☆☆☆
コメント

ひと浴び いかが

2018-03-29 18:59:03 | 日々これ好日
        『 ひと浴び いかが 』

       菜園の中に 種をまくために きれいに整地している畝(ウネ)がある
       その畝に 直径10cmほどの穴が 七つも八つもある
       雀の家族がやってきて 砂浴びをしていった跡だ
       今なら 土が柔らかく 最高ですよ
       どうぞ ひと浴び いかがですか

                   ☆☆☆
     
コメント

修行が無となる ・ 今昔物語 ( 13 - 12 )

2018-03-29 08:19:08 | 今昔物語拾い読み ・ その3
          修行が無となる ・ 今昔物語 ( 13 - 12 )

今は昔、
京の東山に長楽寺という寺があった。
そこに仏道修行をする僧がいた。花を摘んで仏に奉るために、山深く入って、峰々谷々を歩くうちに、日が暮れてしまった。そこで、とある樹木の下で野宿することにした。
亥の時(午後十時頃)の頃から、宿りしている木の側で、細く微かな尊い声で、法華経を読誦しているのが聞こえてきた。僧は、「不思議なことだ」と思いながら一晩中聞いていたが、「昼間はこの場所に人はいなかった。仙人でもいるのだろうか」と思うと不審であったが、尊いことだと聞いているうちに、ようやく夜も明けてきたので、この声がする方角にしだいに歩いて行くと、地面より少し高くなっているものが見えた。

「何者がいるのだろうか」と見ているうちに、辺りはすっかり明るくなった。見れば、それは巌(イワオ・岩)で、苔蒸していて茨が生いかぶさっていた。「さて、あの経を誦していた声はどこから聞こえてきたのか」と不思議に思って、「もしかすると、この巌に仙人が座って経を誦していたのではないか」と考え、まことに尊く思い、しばらく見守っていると、にわかにその巌が動く気配がすると高くなった。
「不思議だ」と見ていると、その巌は人の姿になり、立って走り出そうとした。見ると、年が六十ばかりの女法師である。立ち上がるにつれて、茨はばらばらになって切れてしまった。

僧はこれを見て、恐る恐る、「これはいったい何事でしょうか」と聞くと、その女法師は泣きながら答えた。「私は、長い年月の間この場所にいますが、これまで愛欲の心を起こしたことはありません。ところが、たった今、あなたが来るのを見て、『あれは男か』と思ったとたんに、本の姿になってしまったことは悲しい限りです。人間の身ほど罪深いものはありません。この上は、これまで過ぎ去った年月より、さらに長い年月をかけて本のようにならねばなりません」と言うと、泣き悲しんで、山の奥深くに向かって歩いて行った。

この話は、その僧が長楽寺に帰ってきて語ったのを、その僧の弟子が聞いて世間に語り伝えたものである。
これを聞くに、入定(ニュウジョウ・禅定に入ること。禅定とは、精神を統一して、静かに真理を観想すること。)の尼でさえこのようなのである。ましてや、世間の女はどれほど罪深いものであるか思いやることが出来よう、
となむ語り伝へたるとや。

     ☆   ☆   ☆


* 女性蔑視的な結論であるが、古い時代の仏教は、男尊女卑的な考えがあったので、念の為。

     ☆   ☆   ☆
コメント

真っ赤な日の出

2018-03-28 19:15:44 | 日々これ好日
        『 真っ赤な日の出 』

     今朝の日の出は 真っ赤な太陽
     幻想的で 美しく しばらく見とれていた
     しかし その原因を考えれば
     ひのき科の花粉か PM2.5か その両方か らしい
     幻想的な自然現象が 傷つけられた自然によるとすれば
     複雑・・・

                    ☆☆☆
コメント

ご立派なことで

2018-03-28 07:58:54 | 麗しの枕草子物語
          麗しの枕草子物語 
               ご立派なことで


女性関係にお盛んな御方は、そりゃあ、まあ、ご立派なものですよ。

沢山いらっしゃる女性のうち、昨夜はどちらに泊まっていらっしゃったのでしょうねぇ。明け方に帰ってきて、そのまま起きているのですから、見るからに眠たそうなのですが、硯を取り寄せて、丁寧に磨りだしました。後朝(キヌギヌ)の文を書くのでしょう。

決して書き流すようなことはなく、念入りに言葉を選んでいる様子が、ちょっといいものですねぇ。
白小袖などの上に、山吹色や紅の衣を着ていますが、白い衣などにしわが寄ってしまっているのを何度も見つめながら、文を書き終えると、前に控えている女房には手渡さず、自ら随身を呼び寄せて、先方での心得などを低い声で何度も言い含めて、急いで届けさせるようです。

随身が出掛けた後もそのままぼんやりとしていて、お経の適当なあたりを小さな声で口ずさんでいると、奥の方より、御粥・手水の用意が出来ていると催促があるのですが、奥の部屋に入ってからも、文机にもたれかかって、書などを見ているのです。
手を洗い、着替えた後は直衣ぐらいだけ着て、法華経の六の巻を暗誦しています。なかなかに信心深く有難い様子ですが、先ほど使いに出した随身が帰ってきた気配がしますと、折角有難さが出てきた暗誦を突然止めてしまって、女からの返事に心を奪われてしまうなんて、ご立派と言えばいいのかどうか、「きっと仏罰を受けるだろう」と思ってしまいますよ。

(第百八十一段・好き好きしくて、より)
コメント

上手になりました

2018-03-27 19:32:59 | 日々これ好日
        『 上手になりました 』

     ご機嫌が良かったらしく ウグイスがすばらしい鳴き声を 聞かせてくれた
     数日前から 数か所で 鳴き声を聞いていたが
     日に日に鳴き方が 上手になってきて
     今朝は すぐ間近で逃げようともせず 存分に聞かせてくれた
     大変上手になりました

                        ☆☆☆ 
コメント

何もかも荒れ気味

2018-03-26 19:24:58 | 日々これ好日
        『 何もかも荒れ気味 』

     どうも 何もかも 荒れ気味のようだ
     政治は停滞 それも荒れ模様で
     自由貿易システムも 向かい風が強い
     国際情勢も あちらもこちらも 揺れ動いている
     桜までも 何をそんなに急いで 満開になっているのか

                      ☆☆☆
コメント

願を果たす ・ 今昔物語 ( 13 - 11 )

2018-03-26 08:19:41 | 今昔物語拾い読み ・ その3
          願を果たす ・ 今昔物語 ( 13 - 11 )

今は昔、
一叡(イチエイ・出自不詳)という持経者(ジキョウシャ・常に経典を所持し読誦信奉する者。特に法華経の信奉者を指す。)がいた。幼い時から、法華経を受持し、日夜に読誦して長年を経た。
そうした時、一叡は帰依する心が起こり、熊野参詣に出たが、宍の背山(シシノセヤマ・和歌山県内)という所で野宿することになった。
夜になって、法華経を読誦する声が微かに聞こえてきた。その声は尊いことこの上なかった。「もしかすると、他にも誰かが野宿しているのだろうか」と思って、一晩中これを聞いていた。
明け方になり、法華経一部を誦し終わった。明るくなってからその辺りを見てみたが、野宿しているような人はいない。ただ、死骸(シカバネ)が一つあった。
近くに寄ってそれを見ると、骨はみな連なっていて離れていない。死骸の上には苔が生え、長い年月が経っているように思われた。髑髏(ドクロ)を見ると、口の中に舌がある。その舌は鮮やかにして生きている舌のようである。
一叡はこれを見て、「不思議なことだ」と思い、「さては、夜に経を読誦していたのはこの死骸だったのか。いかなる人がここで亡くなり、このように読誦するのだろう」と思うにつけ、哀れで尊くて、涙を流して礼拝し、この経の声をもう一度聞くために、[ 欠字あり。「その」か。]日はその場所に留まった。その夜、また聞いていると、昨夜のように経を誦した。

夜が明けてから、一叡は死骸の近くに寄って、手を合わせて、「死骸であるとはいえ、現に法華経を読誦し奉った。ということは、お心はあるはずです。私はその事情をお聞きしたいと思います。ぜひ、それをお示しください」とお願いして、その夜もまた、それを聞くためにその場所に留まった。
すると、その夜の夢に、一人の僧が現れて、こう言った。「私は、比叡山東塔の住僧で、名を円善(エンゼン)といいます。仏道を修行してるうちに、この場所に来て、思いがけず死んでしまいました。生きていた時に、六万部の法華経を読誦するという願を立てていましたが、半分を読誦し終わりましたが、あと半分を読誦することなく死んでしまいました。そこで、それを誦し終わらせるために、ここに住んでいるのです。すでに誦し終わろうとしています。残りはいくらでもありません。今年だけはここに住むことになります。その後には、兜率天(トソツテン・天上界の一つで、内院は弥勒菩薩の浄土。)の内院に生まれて慈氏尊(ジシソン・弥勒菩薩)にお会いしようと思っています」と。
そこで一叡は夢から覚めた。

その後、一叡は死骸を礼拝し、その場所を立って熊野に参詣した。
その翌年、その場所に行って死骸を探してみたが、どうしても見つからなかった。又、その場所で野宿をしたが、読経の声も聞こえなかった。
そこで一叡は、「夢のお告げのように、兜率天にお生まれになったのだ」と知って、泣きながらその跡を礼拝して帰って行った。
その後、この事が広く世間に語り伝えられたが、それを聞き継いで、
語り伝へたるとや。

     ☆   ☆   ☆
コメント