YB&YBRダイアリー

中国ヤマハのYB125SPとYBR125でバイクライフを満喫するブログ
(自己責任を伴う整備・改造を多く含んでいます)

社外品のリアサスペンション・YSS(2014年追記有り)

2012年10月09日 | YBR125改造

元々ブラジルで発売され始めたYBR125は現地の人の体格に合わせてリア
サスペンションが若干固くセッティングされてるようだな。
購買層の食生活を考えると大柄でうなずけるし、タンデム走行が当たり前に頻繁
にしてる事情もあるんだろう。
その後、各国で発売されても大荷物だったり家族全員乗車wだったりで固いサス
ペンションは理にかなってる。

しかし、日本人の平均的な体重には少し固い気がする。
俺なんか60キロ台なんでサスの初期動作が鈍くて、ギャップ通過時に動きが遅れて
後が跳ねる傾向が気になっていた。

つーことで、ドレスアップも含めてリアサスを社外品に交換して様子見する。
選んだのがYSS社のレーシングショック
YSSはタイ(タイランド)やマレーシアのミニバイクレース界で活躍している
メーカー
らしくて、設計はヨーロッパレース界で活躍したメカデザイナーが担当し
てるらしい。

YBR純正はアイの中心間の長さが仕様書で350mm、実測で345mmであった。
モン・ゴリ・APE系の社外品にもこれに近いものが見受けられるけど、車重を考慮すると、
たぶん柔らかいだろう。
(試しに手持ちの有名な国産モンゴリ用335mmを付けてみたら車重に負けて
柔らかすぎた
w)

探してた当時、ヤフオクで検索しまくって見つけたYSSショックは340mmしかなかっ
たけど、その後350mm、360mmが出品されてたようだ。
この手の出品は生ものなので、タイミングさえ合えば色や長さが色々選べる。
サスペンションのカテゴリーで「YSS ~mm」(~に希望数値入力)で探すと見
つけや
すいかもね。

入手したYSS・340mmは純正と比較して5mm短いだけで、そのまま無改造でポン
付けできた。
ただし左側にあるチェーンカバーをよけるためには、下側アイの表裏を写真のよ
うにしなければならない。
右側は左側と対象な構造で付ければいい。


アイに収まってる金属カラーはドライバーでこじりながら、隙間の潤滑用に水でもア
ルコールでもシリコーンオイルでもアーマオールでもいいから、少し流し込むと外し
やすい。
純正もアイにカラーは入っていない。
メインスタンドで車体を立てて片側ずつ交換すると簡単だ。
リアサスペンションの袋ナットは16mmって対辺なので、あまり一般的なものじゃな
いけど、強いトルクじゃないから安物レンチで十分だろう


工具箱にワコーズのラバーグリスがあるのを発見したので、ついでにアイの穴に塗っ
ておいた。
ゴムの擦れが減れば動きも少し良くなるだろうし、受けのシャフトのサビ防止・・・


さて、交換後はほんの少し後下がりな姿勢になった。
しかし、動きは非常に良くてサグ調整したらコーナリング中にギャップを通過しても純
正よりも確実に安定するようになった。
足つきも少しよくなった気がする。


ただし、後下がりになったおかげでフォークのキャスター角が少し寝てしまって、クイ
ックなターンが少し苦手になったようだ。
これはフォーク上部の突き出しを10~15mm程度にすると解決する。

この340mmで約2000km走りこんで満足してたけれど、タンデムや大荷物
機会が増えたのをきっかけにYSS・360mmの物を入手して入れ替えてみた。
これもなかなか守備範囲が広くていい。
キャンプ道具満載ではプリロード最強にすれば悪路でも底付きしない

その後、約1年間走り込んで得た結論は

YSS・340mm
・小柄の人には足つき性向上
・リアタイヤを太いのに換えてる車体のサイドスタンド駐輪の傾き緩和

YSS・360mm
・タンデム・大荷物に有利。
・大柄やファットな人にもいいだろう。
・駐輪時にテールアップ気味になるフォルムがちょっと今風でカッコイイ?

YSS・350mm
・たぶん一番平均的かも?
・実体験してないので評価できない・・・

どちらもバネのプリロードを5段階調整できるので、状況に合わせたサグ調整が
可能かと思うよ。

余談だけど、オクでよく見かけるリザーバータンク付きのオーリンズ風アルミサスペ
ンションは装着車オーナーの話では純正よりも固くてリアが非常によくはねるそうだ
見た目重視ってことならあれもアリかな?
色々調整できるようなので、全長を長くしてプリロードを最弱にしてみたらいいかもし
れないけど、これらを調整して走りやすさを追求してみたと言う記事を今だに見た事が
ない。
見た目重視のモデファイってそんなもんだろう。

俺はYSSで十分満足してるし、他人にもお勧めできる。

追記:読者様からYSSのHUMMERというモデルの
サスペンションの
情報をいただきました。

純正色と同じく黒くてかっこいいね。

でも、このモデルは俺のYSSとちょっと違う仕様みたいだ。

YSS社の資料によるとスプリングの刻印の表記には以下の意味があるらしい。

I.D(内径)-SPRING RATE(スプリングレート)-自由長

uiuiさんのHUMMER 340mmは表記が49-20-30-195なので
内径49mm、スプリングレート20-30N/mm、自由長195mm ってことだ。

また社外サスのスプリングレートの例では
・オーリンズの400~750クラスのサスは16-26N/mm
・クァンタムでは400クラス1.7kg/mm、750クラス2kg/mm
ってことで、HUMMERは数値上では硬いはずだけど御本人の体感では純正よりも
動きが良くてソフトな感じだとのこと。

さて、せっかくネタを頂いたので俺の手持ちのYSSショックを調べてみた。
まずは340mm


そして360mm


内径はHUMMERよりも細い46mmでスプリングレートは13-18N/mmで弱い。
自由長は若干長くて200mm。(360mmモデルでは220mm)
つまりHUMMERよりも細くて長いスプリングって事だ。
オーリンズ社の400~750ccクラス用に比べて少し弱い関係なのかYBR125との
相性が非常に良い事が数値的にも分かる。

追記♪
さて某日、偶然にもYSSの「HYBRIDリアショック350mm」の実装車両を目にする機会
に恵まれた。

なんか窒素ガスとオイルの複合ダンパーが特徴らしい。

さっそくプリングレートを確認させていただいた。

赤にオレンジの刻印は見え辛いけど、なんとか解読したら46-13-18-220
俺のYSS360mmと同じスプリングレートなので感触は近いんだろうけれど、
このモデルのプリロードは7段階の可変ができる構造だ。
YBRに合いそうな長さは350mmと思えば良いと思う。
例によってラバーブッシュにはまっている金属カラーを抜けば装着可能。

サスもいろいろあるものだなぁ・・・


コメント (4)    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
goo blogユーザーが出品しています
他の出品作品をマルシェルで見る
« 上野原市の貯水池へ | トップ | 流用可能なドレンパッキンの例 »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
YSSサス (uiui)
2013-05-25 12:55:23
こんにちは
当方のYSSサスは最近見かけない黒いHUMMERという型なんですが
ちょっと整理したのでネタ投下します~
ネタ切れの時に使ってください

YSS HUMMER
http://img.wazamono.jp/futaba2/src/1369453560082.jpg
本体箱No.RD222-340P-29=88
YSSの採番規則によると
R:REAR TWIN SHOCK
D:DOUBLE TUBE HYDRAULIC SHOCK
222:PISTON 22 mm. + SHAFT 12 mm
340:LENGTH340mm
P:STEP SPRING PRELOAD
あとは判らんw

スプリング刻印:49-20-30-195
http://img.wazamono.jp/futaba2/src/1369453588899.jpg
YSSのバネのNo.によると下記らしい
I.D.49mm
SPRING RATE 20-30N/mm
LENGTH 195mm

また社外サスのスプリングレートは
・オーリンズの400~750クラスのサスは16-26N/mm
・クァンタムでは400クラス1.7kg/mm、750クラス2kg/mm
YSSのバネは強すぎるように思うが、実際はノーマルに比べソフトできちんと動いている感じ・・・なんでかな?
青バネはどんな感じでしょうか
サスが! (雷太)
2013-05-25 21:17:00
uiuiさん、たいへんおもしろいネタをありがとうございます。
早速私の青サスと共にネタを追加しました。
RCリアショック (早川)
2015-03-02 21:50:47
 初めまして、YBR125FI(2012)に乗っています。かなり今更ですが、言及されている「リザーバータンク付きのオーリンズ風」、付けてみましたよ。「50-10-32-320」と箱に書いてあります。
 プリロードは無段階調節式です。リザーバータンクにはエアバルブがついており、窒素ガスと思われる(?)異臭を発する気体が入っていました。測ろうとして間違えて抜いてしまったため、どれほど入っているのかわかりません。一応窒素70%ガス(要するに空気)を100kpaほど入れています。それ以上減らすと露骨に底付きするようになるので・・・
 左側はチェーンカバーと干渉するので多少エンドアイを伸ばし(ロックナットで固定する機構がついている)、なるべく車高が上がらないようにしました。それでも純正よりは若干尻上がりになった気がします。
 体重64キロの自分が座ってみたところ、スプリングレートからの計算通り30mm近く沈み込んでいるようです。
 自分は純正よりも硬いといった印象は受けません。というのも、納車から1か月くらいで路肩で転倒して左リアショックが折れ曲がり、タンデムでもびくともしないかなーりリジッドな状態になってしまっていたためです。
 ほかのバイクに乗ったことも、サスの調整もしたことも無く、細かくセッティングを追い詰めたりなんて到底できませんが、買ったままの状態でそれなりの性能を発揮してくれるのではないでしょうか。それに何より安いしかっこいいです。
http://s1.gazo.cc/up/122066.jpg
http://s1.gazo.cc/up/122068.jpg
社外ショック (雷太)
2015-03-02 23:45:41
情報をありがとう御座います。
私の知ってる物はRFYと書かれてる物でRCと違うかもしれません。
YBR乗りの1人が分解内部確認したところダンパーオイルが少々足りない感じだったらしく、
個体差や製造元で色々あるみたいですね。
実際に乗ってて問題が出なければいいと思います。
またカッコイイのも重要な要素ですよね~。
わざわざ画像リンクまでありがとうございました。
他の皆さんも参考になる事でしょう。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

YBR125改造」カテゴリの最新記事