花*小紋日記

出張着付師kyoさんの奮闘記

ようやく手に入りました(^^)/

2023-01-31 11:39:00 | 仕事
日に日に寒くなってきましたね~
ここ最近は、ホームページの手直しで、パソコンにかかりっきりでした

簡単な更新は日頃していますが、新しいページを作成するのはあまりに久しぶり過ぎて作り方を全く覚えていない・・・
変な作り方をしては、やり直しの繰り返しで涙・・・・
よくぞこんなズブズブの素人が15年前にホームページを作り上げたと思うと、自分自身を誉めてあげたいですね

もう少しで出来上がりそうなので、近々アップできそうです


さてさて、最近、ようやく手に入った物があります

 Kateのリップモンスター



色落ちせず、マスクにつかない、高発色
その上、お値段も安い
「水晶玉のマダム」「地底探索」「ラスボス」「3時AMの微酔」などとても変わった名前なのも面白いです。

人気コスメサイトでベストコスメ大賞を受賞し、どこのお店もずーーーーっとすべて品切れ
仕事柄興味もあったのですが、これは手に入らないと思っていたら・・・

たまたま仕事先のスタジオのそばのドラッグストアで発見
駅から遠くお客様少なめの場所だったからかもしれません。

今回手に入ったのは、人気色の2つ
どちらも肌なじみの良い色なので、お仕事でもばっちり使えそうです。




早速、試してみましたが、確かにマスクにつかないですね。
そして、口コミ通り発色もGood
ただ、食事をたくさんして帰宅すると、薄くなっていますが、・・・
あと、落ちない=成分が強めということもあるのか、少し唇に負担がかかっている感じがしました
デイリー使いよりも、塗りなおしができない時、お出かけの時などに向いているかもしれません。

お仕事でお客様にメイクをしても、マスクで現地到着までに薄くなってしまう心配が大きかったので、リップモンスターは強い味方になりそうです





花*小紋のインスタグラムは → こちら
素敵なお着物姿がいっぱいです




コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

成人式2023

2023-01-17 12:57:35 | 仕事
新年のビッグイベントの成人式(今は18歳が成人なので二十歳の集いでしょうか・・・)が無事に終了しました
体調万全で当日を迎える事だけを考えていましたが、昨年コロナ感染したのも幸いして穴をあけることなくお仕事をすることができました

落ち着いた日常が戻ってきたので、ゆっくりテレビを見る時間もできるのが嬉しいですね
昔からドラマ好きで、先日まではまっていたのが「silent」と「エルピス」
新しいドラマで今好きなのが安藤サクラさんの「ブラッシュアップライフ」 
バカリズムさんが脚本なだけあって、なかなかシニカルな面白いドラマです。

そのドラマの中でちょうど11年前の成人式を表現した場面があったのですが、当日の流行が再現されていて懐かしくなりました
女の子達のヘアが皆モリモリで、そのヘアスタイルのまま洋服に着替えて同窓会。。。。という笑える流れ

当時流行のヘアスタイルは皆こんな感じでしたね




さてさて、今年の成人式終えてみて感じたのは・・・・
着物のバリエーションの多さです
昔はお振袖が赤だらけだったり、緑や紺、紫などダーク系が多かったりと割とその年の流行が繁栄されていたのですが・・・
今年は古典柄以外に、モダン柄も多く、とても変わった模様、全身白のワントーンコーデなど驚くお振袖もお見掛けすることが多かったです

ヘアについては今年もここ数年人気の首元に低めにまとめるスタイルがスタンダード
編み下しやポニースタイルについても昨年に引き続き多かった印象です。

成人式の心得を本当は年末頃にブログでアップしたかったのですが、なんせ七五三シーズンが続いてなかなか手が付けられず
来年の成人式に向けて、いくつか参考にしていただきたい内容を記載してみました


 ヘア・メイクについて

成人式当日の現場は大忙しで、前撮りのようにゆっくりヘアやメイクの相談をする時間は取れない事が殆どだと思います。
大きな現場だと、日頃アップスタイルの経験の少ない美容師さんが直前練習だけでヘアスタッフとして入ることも・・・
今年も仕上がりに雑さがあったり、髪飾りが取れたりしたお嬢様もお見かけしました

正直大きな会場でヘアメイクさんを選択することは難しいと思いますが、事前にしっかりご希望を伝えることはとても大事です
時間のない中、短時間で意思疎通を図るのは難しいので、ヘアやメイクの仕上がり希望があれば画像等をご準備されるのがお勧めです。
やっている途中で仕上がりが怪しい時は途中でもきちんとお伝えしましょう。
仕上がってしまった後の修正は大変なので、途中でお伝えすることがとても重要です

メイクについても同様で、ヘアメイクさんが初めてお会いするお嬢様のお好みを的確に把握するのはなかなか難しいと思います。
その為、最初に

「薄めでお願いします」
「目元を濃く大きく仕上げてください」
「口紅は暗めの濃い赤でお願いします」
「口紅はナチュラルなピンク系にしてください」
「アイラインは引かないでください」
「眉毛は太くならないようしてください」

など、できるだけ具体的にお伝えすることが重要です

「ヘアメイクさんなら似合うメイクにしてくれるに違いない

は大きな間違いです
ヘアメイクさんのお好みがお嬢様のお好みと合うとは限らない事から、しっかり自分の意見を伝えるとよいですね。
もし、どう伝えてよいかわからない場合は、途中気になった時でもよいので

「もう少し薄く(濃く)してください」

とリクエストすれば、多少足し引きしてくれると思います
ヘアメイク側からすれば、正直なところ途中に変更をお願いされるより最初にご希望を言ってくれた方がやりやすいですね。

若いお嬢様は奥ゆかしく、なかなかリクエストするのが恥ずかしいというのもとてもわかります。
納得できない仕上げで1日過ごす事を考えたら、はっきりお伝えして少しでも納得の仕上がりになった方が楽しく過ごせると思いますよ。


ただ、成人式当日は前撮りほど時間が取れない所が殆どですので、100%ご要望が叶うかは正直難しいかもしれません。
あまり細かすぎるとヘアメイクさんが対応できない場合もあるので、当日は少し差し引いてリクエストしてくださいね
「前撮り」と「当日」は別物と考えられて臨まれるとよいと思います


 帯結びについて

「前撮りの時と同じ帯の形にしたいです」というお嬢様が時々いらっしゃいます。
前撮りの時と同じ着付け師さんであれば問題なくできますが、他の美容室さんや会場、同じ場所でも着付け師さんが変わると出来ない可能性が高いです。
オーソドックスな帯結びもあれば、それぞれの着付け教室や着付け師さんが作ったオリジナル、稀にお上手でない着付け師さんが何となく当日に造った帯結びまで様々です。
その為、当日お写真を見せてすぐ誰でも出来るかと言えば「NO」なんです
可能であれば事前に担当の方に「前撮りの時の帯結び」のお写真を送られると良いと思います。
それが出来ない場合は、同じ帯結びにしてもらうのはあまり期待されない方がよいかもしれませんね。
また、帯が変わってしまうと長さや硬さによって同じ形は出来ないことが多いのでご注意ください


最後に今年のママ振り3連チャン











花*小紋のインスタグラムは → こちら
素敵なお着物姿がいっぱいです









コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

明けましておめでとうございます(^^)/

2023-01-05 16:22:23 | プライベート
明けましておめでとうございます
今年もよろしくお願いいたします
皆様にとって今年1年が素晴らしい年になりますように・・・

昨年は戦争やコロナ、値上げなど、常に不安定な空気が流れていた1年だったと思います
平和が一番と願っていても、なかなか収束しないもどかしさもありました
とにかく、皆が平和に幸せに暮らせる日が1日も早く戻ってくることを願うばかりです


さてさて、毎年年始に掲げている「今年の目標漢字」
昨年までの漢字を遡ると・・・

伸→ 安→ 省→ 潤→ 清→ 整→ 学→ 成→ 満→ 優→ 極→ 楽→ 健→ 緩

ここしばらく体調管理に苦戦していて、それが目標に出ていますね
体調ばかり気にしていても後ろ向きになってしまうので、今年は気持ちを切り替えて目標を考えました


 進 


2-3年前くらいから、ずっとやらなければいけないと思いつつ先延ばしにしていて、今年こそは進めたいと思っていることがあります
今年は実行に移すべく、進んでいかなければ・・・という思いから目標にしました
小さな1歩でも積み重ねていけば、大きな前進になると思っています

この1年、ちょっとずつでも前に進んでいけるように頑張っていきたいですね
そしてお客様に喜んでいただけるお仕事ができるよう励んでいきたいと思っています



花*小紋のインスタグラムは → こちら
素敵なお着物姿がいっぱいです






コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

今年もお世話になりました(^^)

2022-12-31 15:47:50 | 仕事
今年も残りわずかとなりました
七五三シーズンが終わって一段落する間もなく、年末となってしまいました
クリスマス頃から、少しずつ家の大掃除に励み、ようやく新年を迎える準備ができました

今年の七五三シーズンも色々な事はありましたが何とか終了し、ホッと一安心
昨年、体調を崩した反省もあり、今年はかなり計画的にお仕事と休息のバランスを考えてご予約を入れましたが・・・・
それでも体調管理はなかなか大変でした

繁忙期ぎりぎりの10月にコロナ感染
着付け師さん、ヘアメイクさんに助けていただき、何とか穴をあけずに済むことができました。
忙しい中、直前の仕事に対応していただき感謝しかありません
重症化せず症状も軽かったので無事に復帰することができました

しかし、シーズンが終盤を迎えた頃には、またまたウィルスに・・・

2か月ほど左目だけゴロゴロするので、パソコン作業も忙しかったこともありドライアイだと思っていたのですが・・・
なかなか治らないので眼科にいくと

 角膜ヘルペス

免疫力が落ちている時に、体に潜んでいるウィルスが活性化して発症してしまうみたいです。
軟膏の目薬初体験でしたが、1週間ほどで回復

と思ったら・・・今度は胴体に複数の赤い発疹が・・・
ダニ??蕁麻疹??帯状疱疹??? と心配になったので

今度は皮膚科にいくと

 ジベル薔薇色粃糠疹

「ベルサイユのバラ」のような豪華な名前(オスカル様~
豪華で強そうな病名の割には、感染力もなく、日数の経過とともに収まっていくような病気らしいです。
20-30代で発症するケースが多いそうで、こちらもヘルペスウィルスが原因のようでした
倍の年齢で発症してしまって、なんだか微妙

発疹が消えるまで1か月程度かかるみたいですが、塗り薬と飲み薬でかなり良くなってきました

自分で勝手に判断せず、気になるときはすぐに病院に行くって大事ですね
お医者さんの適切な診断はさすがだと思いました

診察室を出る時、看護師さんからの

「ゆっくり休んでくださいね

の言葉に癒されました

出張や事務作業の忙しさもありますが、七五三シーズンは内容が煩雑で変更や追加等も多く、間違いや穴をあけられないプレッシャーもあり疲労が蓄積されていたのだと改めて感じました
もちろん、年齢の影響もかなりあると思いますが・・・
もともと体が強い方ではないので、頑丈な体は本当に憧れです 
ということで、免疫力をアップするサプリを試しに購入してみました




年の最後に健康の話になってしまいましたが、来年も仕事と体力のバランスを考え、無理なく頑張っていきたいと思っています

今年も大変お世話になりました。
来年もどうぞ宜しくお願い致します

良いお年をお迎えください




花*小紋のインスタグラムは → こちら
素敵なお着物姿がいっぱいです




コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

丸帯に挑む!

2022-11-18 11:38:20 | 仕事
10月から続いている七五三シーズン
連日のお仕事で、明日の事しか頭に入っていない状況となっております
七五三当日の11/15は過ぎましたが、12月までまだまだお仕事が続きます
疲れもたまりつつありますが、睡眠と食事で乗り越えたいと思っています

さてさて、お仕事の数か月前にお客様と必ずお電話で細かいお打ち合わせをさせていただいております
お打ち合わせではお着物の状況についても確認させていただくのですが、あるお客様から

「子供の帯が丸帯で、結ぶのが大変かもしれません

というお話がありました。

 丸帯とは・・・

幅広く織った帯地を二つに折って、芯を入れて仕立てた帯。
片側は縫い目が無く輪になっていて、表も裏も同じ織りになっています。
金襴・錦織・唐織等で織られた通し柄で、裏も表も帯全体に柄があり、とても豪華で重厚な礼装用の帯です。

戦前までは第一礼装として使われていたそうですが、重くて扱いづらいことから昭和初期に考案された袋帯にとって代わられてしまいました。
現在では、花嫁様の衣装、舞子さん、芸子さんなどの世界でしかお見掛けすることがなくなっています。
現在主流の「袋帯」は裏表2枚を重ねて縫い合わせてあり、裏側は織りがない軽い物が多いことから扱いやすく結びやすいのが特徴です。


扱いずらくいて、すたれてしまった丸帯・・・・
この帯は、まさに「着付け師泣かせの帯」

袋帯二本分の重みと分厚さなので・・・

 硬い
 重い
 分厚い

ということは・・・

 結べない
 締まらない
 折れない

それは、それは大変で、着付けた後は汗だく
丸帯の時は、

着付けに挑む

という気持ちでお支度に入ります


事前に丸帯と伺っていたお客様宅で、帯を確認すると思ったより厚みがなく一安心
確かに袋帯よりは硬くて厚みはあったものの、なんとか無事にお着付けが終了しました

そして、その日の2件目。

ご自宅にご訪問して、お着物を拝見すると・・・・

またまた丸帯ではないですか

まさかの2件連続の丸帯
それも1件目より、さらに刺繡が多く、厚みも重みもある豪華さ

結ぶというより格闘するといった感じでした
2件目も大汗をかきながら、無事に終了~

着付け側も大変ですが、お嬢様も本当によく頑張ってくださいました
重い上、着付けに時間もかかるし、足を踏ん張る時間も長い

頑張ってくれた二人のお嬢様に感謝です




七五三シーズンはまだまだ続きますが、丸帯でないことを密かに願っております




花*小紋のインスタグラムは → こちら
素敵なお着物姿がいっぱいです









コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

神社問題。

2022-10-31 18:19:54 | 仕事
今日で10月も終わり
今年も残り2か月だなんて、本当に1年過ぎるのが早いです

来月はいよいよ七五三シーズンもピークを迎えます
たくさんの可愛いお子様たちにお会いできるのを楽しみにしています


さてさて、先日お仕事で赤坂の日枝神社に行くと・・・
なんと下りのエスカレーターが新しく出来ていて感動~
今までは上りのエスカレーターしかなく、帰りは階段か、遠回りして坂を下るしかありませんでした
きっとたくさんの参拝者の方々が喜ばれていると思います



神社といえば・・・

今年の七五三の打ち合わせで意外と多かったのが神社の問題です

・七五三を予定していた日がご祈祷を受け付けていない日だった
・今まで七五三でお食事ができた神社の会館が、結婚式のみしか受けない日ができて七五三で利用できなくなっていた
・改修工事中で更衣室が使えないかもしれない
・神社が改修中で遠い神社に変更することになった
・出張カメラマンの出入りが完全禁止になってしまった

などなど・・・
早々にご予約を入れていただいていたのに、神社の問題でお日にちやお時間の変更が今年は多くありました
神社は1年中お休み無しで参拝できるイメージがありますが、そうでない場合もあるようですね。

七五三を計画する際、どうしても

日程調整 → 撮影予約 → 着付け予約 → 食事予約 → 神社確認

という流れが今までのスタンダードでしたが、神社確認を一番最初に行う事がベストかもしれませんね。
せっかく、良いお日にちで調整ができても、神社でご祈祷ができないと一から調整し直しになってしまいます

これからご祈祷をお考えになっているお客様は、まず神社の状況をご確認ください
来年、七五三をご検討されるているお客様も神社に確認してから日程調整をされると安心です。
ただ、あまりに早すぎるお問い合わせだと変更がある場合もありますので、そこはご注意ください

意外と盲点、神社問題はしっかり確認してから当日をお迎えください




花*小紋のインスタグラムは → こちら
素敵なお着物姿がいっぱいです






コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

余白が大事!

2022-10-19 21:23:46 | 仕事
あっという間に、10月も後半です
今年は例年になく寒暖差が激しいので皆様体調にはお気を付けください。

忙しいシーズンではありますが、新しくスタートしたドラマ「silent」にどっぷりはまっています
初回から涙涙涙・・・映像も音楽もきれいで、登場人物が皆相手のことを考えている優しいキャラクターなのも〇
俳優さん達の演技も繊細で、作品が丁寧に作られているのが伝わってきます。
耳の不自由な主人公のドラマといえば「愛していると言ってくれ」や「オレンジデイズ」が有名ですが、個人的に「君の手がささやいている」が大好きでした
今後の展開が楽しみです

さてさて、七五三シーズンも始まり、忙しい日々となってきました
昨年は仕事を入れすぎて体調を崩してしまったので、今年はとにかく休みを組み込むように慎重にご予約を入れさせていただきました

本当はスケジュールをぎっちり詰め込みたいタイプ
いつも旅行やテーマパークは1日の行動を緻密に計画して、かなり楽しめる反面余裕ゼロ
余暇というより合宿という感じ(笑)
仕事も同じようにガンガン予約を入れてしまっていました

数年前までは1か月ほぼ休みなし・・・
4時起きで1日3件はしご・・・

なんて事もありましたが、さすがに年齢には勝てず
無理して体を壊しては本末転倒ということで、今年はだいぶお休みを入れて計画しました

スケジュール表に余白があると、ついつい予約を入れてしまいたくなるのですが、そこは我慢
今年も10日連続の時期はありますが、午前か午後のどちらかはお休みにしたりとしっかり対策。

休むことも仕事の一つと考える事にしています
お客様のご予約を受けきれず、ご迷惑をおかけしてしまう心苦しさはありますが・・・

とはいえ、今年もたくさんのご予約が入っていますので、体調管理をしながら乗り切っていきたいと思っています



花*小紋のインスタグラムは → こちら
素敵なお着物姿がいっぱいです




コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

七五三の心得 2022 (^^)

2022-09-30 16:06:15 | 仕事
お久しブログです
ハッと気が付けば9月も今日で終わり
慌ててブログ書いてます

9月に入り、ご予約の波が大きくなる一方で、毎年恒例、事務作業に日々せっせと励んでいます
すでにご予約をいただいたお客様の打ち合わせ&資料作りを地道にこなす毎日
ようやく11月末分まで進んできています

この作業が本当に大事
細かい打ち合わせはお客様が安心して当日を迎えられる為には欠かすことができません。
お客様の当日のスケジュール、ヘアメイクについて、着物の状況、ご自宅の場所など1つ1つを確認させていただいています

根気のいる大変な作業ではありますが、七五三シーズンが無事に終了するために頑張ります

さてさて、いよいよ明日から七五三シーズンがスタートです
これから七五三を予定されるお客様用に、毎年「七五三の心得」を書かせていただいております
既に手配を済まされているご家庭も含めて是非、参考にしてみてくださいね



日にち

日程はお決まりですか?

七五三で一番最初にやるべき事は日にち決めです
正式には11/15となっておりますが、近年では混雑する当日をさけ、あえて他の日にちを選ぶお客様が多いようです。

早いお客様で9月末、遅いお客様で12月中旬位まで七五三は行われています。
10月下旬-11月中旬のお日柄の良い土日祝日は、神社が大変混雑します
駐車場にすぐに入れなかったり、ご祈祷の待ち時間が長かったりしますので、時間に余裕を持って行動される事をオススメしています。

特に小さいお子様のいらっしゃるご家庭は混雑日を避けてお日にちを選ぶと良いかもしれませんね。
(10月初旬までや11月下旬以降は混雑がだいぶ緩和します)
ご両親がお休みを取る事ができるのであれば、平日のお参り&撮影が断然お勧めです

今はコロナ禍で、ご祈祷も人数制限を設けている可能性があり、さらに待ち時間が長くなる場合も・・・
事前に神社にご祈祷についてご相談されると良いと思います



撮影

写真撮影はお決まりですか?
大手子供写真館、ハウススタジオ系写真館、地元密着型写真館、出張撮影・・・撮影方法は色々とあります。


(大手子供写真館)

メリットは気軽に利用できて、衣装が何枚も着替えられる事。
着付けヘアメイク料金も無料の場合が多いようです。
衣装が選び放題なので、おしゃれな女の子は大喜びだと思います。

デメリットは仕上がりが作り笑顔気味なのとシンプルな家族集合写真。
ネガの受け渡しが1年先で、それまでの現像は写真館にお願いしなければいけない所が多い事です。
オフシーズンは値段を安く設定しているお店もありますので、撮影代を節約したい場合はシーズンを外して検討されると良いですね。


(ハウススタジオ系写真館)

メリットは部屋の内装の美しさ、おしゃれなお洋服、凝った構図やライティングでモデル風な仕上がり。
1日数組限定の所も多く、ゆったり撮影するのでプライベート感があり、お子様の自然な表情を撮影してもらう事ができます。
撮影データをその日のうちに渡してくれるので、ご自身で年賀状にしたり、プリントできるところも魅力です。

デメリットはお店によってはコンサートチケット並みに予約が取りずらい事、別途着付け・ヘアメイク料金がかかる所が多い事。
衣装の数は大手子供写真館より少ないかもしれません。
七五三シーズンに限定せずに、前撮りや後撮りを含めて検討することをお勧めしています。


(地元密着型写真館)

地元密着の昔ながらの写真館のメリットは何といっても撮影技術。
何代にもわたって技術が受け継がれているので、仕上がり、ポージングの美しさが魅力です。
赤ちゃんから成人式までお世話になることができ、成長を見続けてくれる心強い存在です。

デメリットは撮影のバリエーションの少ないところ、着付け、着物を自分で手配する事。
写真館によっては着物レンタルや着付けの手配をしてくれるところも増えています。
今どきの撮影方法をプラスされて仕上がりのバリエーションも多い写真館から、昔風のカッチリした撮影方法を継承しているお店まで様々なので、事前調べが必要です。


(出張撮影)

メリットはお子様のリラックスした笑顔と屋外の自然な光の中でのお写真。
お外の撮影なので、お子様の活き活きした表情が魅力です。
神社でのご祈祷風景など、七五三ならではのお写真を撮ることが出来ます。

デメリットは、どうしてもお天気に左右されること。着物・着付けの手配は自分でする事、衣装が何枚も着替えられない事。
出張撮影会社の方で着物レンタルから着付け手配まで行ってくれるところもあります。

出張撮影会社を選ぶポイントはなんといっても、七五三撮影の経験値とお子様の対応に慣れているお店です。
お子様の心を開く事が上手なカメラマンさんだと安心してお任せできると思います。
最近では多くのカメラマンさんが七五三に新規参入している事から、お子様に不慣れな方もちょいちょいお見受けします
やはり、七五三の経験豊富なカメラマンさんが断然お勧めですね


それぞれのメリットデメリットを考慮し、写真の仕上がり、お値段、空き状況を参考に撮影依頼先をどこにするかを決めましょう。

今はまだまだ「3蜜」厳禁。スタジオは風通しが良く、衛生管理をしていて、人数制限を設けている所を選ばれると良いかもしれません。
また、万が一の体調不良に備えて「キャンセル料」の発生時期についてはしっかり事前に確認しておきましょう。
キャンセル料を気にして、体調が悪くても決行してしまわないように、ギリギリまでキャンセル料が発生しないお店がお勧めです
どの撮影店も、早撮り、後撮りはすいているので、上手に活用したいものですね



ご祈祷

ご祈祷する神社はお決まりですか?
地元の神社、またはご実家近くの神社でご祈祷されるお客様が多いようです。

繰り返しになりますが、10下旬-11月中旬のお日柄の良い日は大変混雑します。
事前に神社に連絡して、ご祈祷の予約ができるか確認しましょう。
もし予約が出来ない場合は、神社に到着したら、まずご祈祷の待ち時間を聞きに行って、その状況で撮影を進行されると良いと思います。
もし、駐車場が混んでいたら、一人代表で先に神社に向かってご祈祷について確認、申し込みをされると、待ち時間も少なくスムーズです

そして、撮影があるのであれば、ご祈祷の前が断然オススメです
先に撮影をした方がお子様の着崩れがなく、元気もあるので良い表情が撮れると思います。
「苦しい」「脱ぎたい」「暑い」「疲れた」となる前に、まず撮影を済ませましょう



衣装

お着物はチェックされましたでしょうか?
レンタルの場合は小物やサイズが整っているはずですが、お持ちの着物の場合は小物に不足が無いか確認しましょう

「着物はあるから安心」なんて思っていても、直前になって小物が全然揃っていなかったなんて事がよくあります
特に、7才お子様は箱迫(はこせこ)やしごきなど大人には使用しない小物が多いので、しっかり確認してくださいね。
また、久しぶりに箱を開けたらシミだらけ・・・なんて事もありますので、早めにチェック&ご相談される事をオススメいたします。

髪飾りも、房がヨレヨレ、お花も凹んでたり・・・
そんな時はやかんでお湯を沸かして、出てきた蒸気にあてると綺麗に戻ります
近づけすぎて燃えたり、溶けたりしないように気を付けてくださいね。


そして、忘れてはいけないのは「肩上げ」




お子様の着物に限って、袖の長さのサイズを調整する為に肩にタックを取って縫いつける「肩上げ」作業があります
「肩上げ」はサイズ調整の他に縁起物の意味もありますので必ず済ませておきましょう。

肩上げについて記載していますので参考にしてください ⇒ こちら

「肩上げ」の他に裾の長さを調整する為に、腰のあたりにタックを取って縫いつける「腰上げ」もあります。
「腰上げ」をしておくと、紐が1本少なくて済むので着心地がとても楽ちん。どんなに激しく動いても着崩れもしません。

但し、7才さんの場合は、おはしょりがどうしても長くなってしまう為、「腰上げ」はしない方が見栄えは良いと思います
一方で、やんちゃさんや苦しさに耐えられない3才さんには絶対オススメです

レンタル着物の場合は、お店によっては「肩上げされていません」という所もありますので、事前に必ずホームページやお電話で確認しましょう



食事

食事の場所はお決まりですか?
撮影、ご祈祷のあとにご家族やおじいちゃま、おばあちゃまと一緒に食事をされる方が多いようです。

ただ、お子様にとってお着物でのお食事は汚す&苦しくて大変
そこで、オススメなのはお食事場所を個室にして、そこで洋服へお着替え。
皆にお着物のお披露目も出来るし、その後は着替えて楽しくお食事できます。

食べこぼしを気にしながらの食事は楽しくないですもんね。
「どうしても脱ぎたくなーい」という、お洒落さんにはエプロンを用意しておいてもよいかもしれません。



その他オススメ

それ以外に・・・意外と役立つ小物です。



3才さんは履き慣れた靴をもっていきましょう。歩いている途中で「脱ぎたーい」と草履をポイッなんて事もあるんです。
事前に足袋や草履を履いて歩く練習をしておけば、靴の出番は少なくなるかもしれません。

お菓子

七五三は着付けやら撮影やらご祈祷やらと子供にとってはかなりハードなスケジュール。

疲れてついつい不機嫌さんに・・・そんな時に「お菓子」を口に入れてあげるとなんだか元気に・・・・
ただし、棒つきの飴やチョコレートは着物が汚れるのでNG、ガムも撮影中口に残るのでNGです。
ラムネやグミは食べやすく、噛んですぐになくなってしまうのでお勧めです。
そして、水分補給用の水筒も便利です。できればストロータイプの方がお子様の口紅が落ちないのでオススメです

おもちゃ

待ち時間や撮影の時に役立つ小物です。お子様の機嫌を取る為に、この日は好きなおもちゃを持って出かけると良いと思います。
ゲームやPad、ポータブルDVDなども飽きさせないツールとしてこの日は特別に許してあげましょう。

数日前から「七五三の日は可愛いお姫様、かっこいいヒーロー」と伝えて、お子様と七五三を迎える事についてお話されるのも良いと思います




七五三は大忙しな1日でもあり、楽しい素敵な1日
イライラしないで、和やかに過ごせるように、事前にきちんと準備して当日をお迎えください








花*小紋のインスタグラムは → こちら
素敵なお着物姿がいっぱいです





コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

世も末(>_<)

2022-08-26 21:20:34 | プライベート
8月も残りわずかとなりました
お子様達の夏休みもいよいよ終了ですね
子供の昼食づくりから解放されるのは私もひじょー--に嬉しいです

さてさて、先日「世も末」と思うような出来事が・・・・

母とランチをしようと恵比寿駅で待ち合わせをしていた日の事
電車で恵比寿駅に向かっている途中寝てしまったのですが・・・(外国だったら間違いなくスリにあう
ふと目を覚ますと、なんと隣りに座っていた若いお嬢様が椅子からずり落ちた状況になっているではありませんか

どの位の間、その状況だったのか分からなかったのですが、お嬢様の向こう隣りのおば様が心配そうに声掛けはしていた模様。
起きた私を見て、おば様いわく

「貧血みたいなのよ~


お嬢様に意識はありましたので、体調を確認してみると

「貧血です 大丈夫です

と弱々しい返事が返ってきました。
降りる駅を確認すると次に停車する池袋駅との事。

駅に到着すると、まだフラフラしながらも降りていくお嬢様。

「大丈夫かな~

と心配しながら車内から見ていたのですが・・・
その現場にいて同じドアから降りていくお客様もたくさんいたので、きっと誰かが気にかけてくれるはず・・・と

ところが・・・・
フラフラとホームに座り込むお嬢様
にもかかわらず、気にかけてくれる人なんて誰もいないじゃないですか
誰一人としてお嬢様を心配する様子もなく、全員消えていくのでした

おいおいお~い

そんなお嬢様を放っておけるわけはなく、一方で待ち合わせに遅れて高齢の母を長時間暑い中待たせることもできず・・・
ほんの一瞬の間に、色々な選択が頭の中をうず巻きましたが、すぐに電車を降りてヘルプにGO
待ち合わせ時間にかなり余裕をもって出てきたのも幸いでした。

お昼の時間帯という事もあり、駅員さんは見当たらず・・・
お嬢様を1人置いて呼びに行くこともできず、周りを見回すとカップルさんが心配そうに来てくれました。

その場をお願いして、駅員さんを呼びにダッシュです
改札の窓口で駅員さんに体調不良のお嬢様の件とホームの場所をお伝えして急いで戻ると、慌てていた私は間違って別のホームに行ってしまいました
隣りのホームを見ると駅員さんがお嬢様の元へ来ているのが見えました

元のホームへ戻った時には、お嬢様も駅員さんも誰もいませんでした
私が呼びにいった駅員さんなのか、他の駅員さんだったのかわかりませんが、とりあえず救護室に運ばれた様子に一安心

とっさの事で私自身も慌ててしまいましたが、よくよく考えれば駅員さんを呼びに行かず、その場で携帯電話から池袋駅に電話して救護依頼をすればよかったと・・・
慌てていると適切な対処ができないもんですね

その後どうなったかはわかりませんが、あの状況で手を差し伸べる人が誰一人いなかったことに愕然としました
きっと、皆待ち合わせや予定があって急いでいたのかもしれないし、誰かが助けてあげるだろうと思っていたのかもしれませんが・・・
私ももし、仕事に向かう途中だったら、電車を降りてまで助けに行ったかはわかりません

それでも、車内でたくさんの人が倒れたお嬢様を見ていて、一緒に降りる時に誰も関心を持たなかった事には世の中の冷たさを感じざるを得ませんでした
コロナで人との距離が遠くなっている時代ではありますが、困っている人がいたら皆で助け合えるような社会になって欲しいですね






花*小紋のインスタグラムは → こちら
素敵なお着物姿がいっぱいです





コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

足下を掘れ。

2022-08-13 23:18:27 | 仕事
お盆に入りました~
台風も接近中
大きな被害が出ませんように・・・


さてさて、毎日見ているNHK連続小説「ちむどんどん」
暢子の結婚式での房子さんの言葉がとても素敵でした

ニーチェの言葉を引用し、

「足下を掘れ、そこに泉あり

深く心に染みる言葉。
哲学って素晴らしいですね


私自身、花*小紋という会社を作り、着付けという仕事を掘り続け、17年。
掘り続けた結果、泉が見つかりました
もちろん、最初から泉が見つかるとは思わず、ただただ着付けヘアメイクの勉強と仕事を地道に続けてきただけです
継続は力なりですね


先日パソコンの容量が埋まってきてしまったので、写真整理をしていたところ・・・
昔の写真が保管されていたファイルを発見
このお仕事を始めたばかりの頃のお客様のお写真がたくさん出てきました

17年前の私が、どんな着付けをしていたのか・・・とドキドキしながら見ていくと・・・

意外とちゃんと着付けていたではありませんか


未熟な部分がありつつも、仕上がりに几帳面な面がでていて一安心
そんな中、忘れもしないお仕事の写真を見つけました



13年前の成人式のお客様
そして、ホームページを開設して、一番最初にお申し込みのあったお客様なんです

お願いしていた着付け師さんが入院してしまい、困っていた時にネットで出張着付けを見つけてご依頼されたとのお話でした。
確か、サーバーやらドメインやらチンプンカンプンな中、どうにかこうにかホームページをアップして、1週間くらいでお申込みがあった記憶があります

「ホームページを作っても、なかなかお申込み来ないと思うよ~

と周りから言われた中、すぐにお問い合わせが入ってかなりびっくりしました
そこからは、あれよあれよとお問い合わせが入り、今に至っています


思い返せばあの頃、出張着付け業界は・・・

 ブルーオーシャン(新しい領域に事業を展開していく戦略。他社と競合することなく事業を展開することができる。)


今でこそ、すっかりレッドオーシャンとなってしまいましたが、あの頃は出張着付け会社が本当に少なかった
素人の私がなんのSEO対策もせずに「出張着付け」の検索で1ページ目に出てきた良い時代

この最初のお仕事が今につながっているのだと、なんだかしみじみしてしまいました


13年前の成人式のお写真を客観的に改めて見てみると・・・

ヘアが今の流行とはかなり違ってカールモリモリ。しかもカールの作りが雑
衣紋にシャープさが無いのが気になります
帯はそこそこ頑張りが伝わりますが、大味な仕上がり
後ろのおはしょりやお尻部分が綺麗にできていたのは

13年前の私に及第点を与えたいと思います

これから10年、20年後、今の着付けやヘアメイクの写真を見返した時に

「下手だったな~

と思わないような、良いお仕事をしていきたいですね






花*小紋のインスタグラムは → こちら
素敵なお着物姿がいっぱいです








コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする