手稲山麓チッターズ

北海道中彷徨奇譚

エゾサンショウウオの変態

2019年06月26日 | 生き物

3月下旬頃よりタマゴの状態から育てているエゾサンショウウオです。

赤虫をせっせと食いまくってここまで大きくなりました。

こいつらは数百ものエゾアカガエルのオタマジャクシを捕食し

バトルロワイヤルに勝ち上がってきたベスト30個体です( ̄▽ ̄)

まぁ当然のことだけど、上のようにそろそろ幼生から幼体に変態すんのよね・・・

こうなると面倒くさいんだなこれが・・・

水深のある水槽に入れると溺れるんで別の水槽に移して陸を作ってあげるんだけど

調子に乗ってガラスを這い上がり脱走するんで網を貼った蓋が必要です。

しかもまだ小さいから白サシSしか食えないし・・・

さらに白サシSは普通に入水自殺するんで餌の管理もえらい大変なんですよ・・・

すべての個体が上陸したら元の棲息場所に返します(^_^)

コメント

今年の家庭菜園は?

2019年06月09日 | 家庭菜園

4月初旬からコツコツと苗を作り始めて早2か月。

いい感じに成長してきましたのでそろそろチッターズ農場に移植かな?(´∇`)

苗作りのコツもつかんだので昔のようにモヤシ風ではなく

売り物に近い苗を作ることができるようになりました(*^^)v

ナスはもうちょいかなぁ~

種まきトレイからポットに移し替えてあと10日くらいで完成かと。

これは普通のピーマン。

豊作と凶作を繰り替えす我がチッターズ農場のピーマン。

順番にいくと今年は凶作なんだよなぁ~・・・(´△`)

ミニトマトも順調に育ったのですべて畑に移植。

例年失敗はないので今年も恐ろしい数の実をつけてくれることでしょう(笑)

先月中旬から育てているダイコン。

今年から3つの畑の面積を拡張したので、結構な数の苗を

育てることができるようになりました(´∀`*)

ハバネロ&タバスコ&激辛南蛮&超激辛南蛮です。

ワシは食わないけど友人たちのリクエストでやんす(·∀·)    

ここは、そば処味彩用超絶辛味ダイコン「羆殺し」栽培用の畑。

契約農場ではないですぞ~!!!ボランティアですから(´∀`*)

そして・・・・2年連続で不作だったキュウリ。

もし今年も凶作ならキュウリは完全にレパートリーから外します。

一応マルチを貼って保温、保水、病原菌対策を徹底します。

4~5年あけてるんで連作障害ではないんだけどなぁ~・・( ´·︵·` )

ちなみに2年間でまともに収穫できたキュウリはたしか2~3本だったような・・・

あまりの収穫量の少なさに毎夜涙で枕を濡らしていた我が家の消費者庁長官。

とりあえず頑張ります!(爆) 

今年はキュウリ35株、ナス45株、ミニトマト21株、シシトウ10株、唐辛子4株

ピーマン4株、ダイコン300株、辛味大根300株という

完全に家庭菜園の枠からはみ出した馬鹿げたスケールに挑みます。

収穫祭は慌てるね。確実に(´Д`;)

 

コメント (2)

ギョウジャニンニク2019開幕

2019年03月26日 | 山菜

まだ早過ぎるって?(。・w・。)

そんなことはわかっています( ̄ー ̄)ニヤリ

今回の道南遠征メンバーは高田社長F村氏S社長(85才)

S社長の友人(86才)、そしてワシの計5名。

そして天候は・・・まさかの雨模様・・・・

これ以上の大降りにならんことを願いつつ出発進行ですv(=w=)v

車をとめてから現場までの距離はけっこうあるんですよね・・・・

それにしてもワシらの機動力にまったく引けをとらないS社長コンビは

ワシらの遥か先を歩いています。人生こうありたいモンですな(●~▽~●)

背丈ほどもある屈強な笹薮群を数百メートルも下り採取ポイントを目指します。

途中、断崖絶壁に阻まれ数十メートルの迂回を余儀なくされます。

それにしてもこんな絶壁あったっけ?・・・まさか崖崩れか?( ̄Д ̄;)

約1時間かけて採取ポイントに到着しましたが・・・・

微小なピョンピョンが無数に出てます。

こんな小さいんじゃ刈り取る気にもならんですな・・・・

やっぱ早過ぎたんだ(風の谷のナウシカ風)

さらに下のほうへ下山すると幾分マシになってはきましたが・・・

さらに下へ下へと下って行くもどうやらここらが限界のようです。

でもせっかく数時間もかけて遠征してきたんだしね・・・

できるだけ大きく育ったモノに的を絞って片っ端から刈り取っていきますが・・・

全然数が延びませんね。当然ですがね(´ヘ`;) 

 

スーパーで馬鹿高い金額で売られてるサイズはこんなモンでしょうか。

せめて平均サイズがこれ位まで成長していれば言うことないんですけどね。 

これからスパートをかけようと気合い入れた矢先に雨が大降りになり

本日の活動は2時間もたたずにここで終了っす(TmT)ウゥゥ・・・

帰りの道中発見したエゾサンショウウオの卵。

今年は雪融けが早かったとはいえまだ3月。さすがですな道南(o^∇^o)ノ

 

で、本日の収穫はこんな感じ。大撃沈っす・・・

お裾分け予定だった友人知人の皆様、申し訳ござんス・・・

しかしギョウジャニンニクはまだ開幕したばかりですので

今後の収穫に乞御期待願います( ̄ー ̄)ニヤリ 

コメント (4)

春・・・なのか?

2019年03月03日 | 雑記

ここんとこ連日暖かいですね~(^◇^)/ 

その影響でもう雪の中から完全に姿を現した居酒屋ガーデン。

こんなことは今までで初めてですね。

物置の前も完全に雪が融けちゃいました。

まだ3月になったばかりですし、これからまだまだ雪が降るとは思うけど

なんか身近に春を感じられて気持ちいいですね♪

第一物置の後ろの原野から庭に延びていた雑木林の枝をカットしました。

日当たり良好になったから今春のチッターズ農場の

苗の育成が非常に楽しみです(‐^▽^‐)

ちなみにこんな感じだったんですよ(ー_ー;)

切る前の写真取り忘れたんで夏の画像ですけどね。

100坪ある庭に隣接する原野の延びた枝をすべてカットしたんでマジ疲れました。

ちなみに脚立からこちら側に延びる怪しい雪道は

ワシが除雪機で造った犬キチの散歩用メルヘンコースです( ̄ー ̄)ニヤリ

こうやって比較するとかなりスッキリしましたね。

ただ、ギョウジャニンニクは日当たりが良すぎると硬くなるんで

ある程度の枝は残しておきました。ブドウのツルは切ったけどね(´m`)

丸々半日もの間作業してたモンだから腕と腰が筋肉痛です・・・・

今日は雛祭りですね。

毎年恒例の娘の部屋で家族お茶会♪(*^m^*)

ゲートの向こう側で雛あられが飛んでくるのを静かに待つ犬キチ。

もう爺さんなんだからあまり食いすぎたらイカンよ♪

さぁて・・・今月末にはいよいよネギがスタートしますね。

専用冷凍庫購入したんで今年は爆裂モードで頑張ります( ̄ー ̄)ニヤリ

コメント (2)

ちょい寝ホテル札幌手稲

2019年02月10日 | 雑記

皆様大変ご無沙汰しておりました♪

なんか最近は色々バタバタしておりましてね・・・(ー_ー;)

さて、先日の話ですが、われらが清純社長のちょい寝ホテル札幌手稲

手稲区富丘の国道5号線沿いに2/1無事グランドオープンとなりました。

ゲマタニ社長の「味彩」から徒歩3分の距離です(笑)

ワシは予約も宿泊も記念すべき第1号をGETできたので大変満足です( ̄ー ̄)ニヤリ

ワシの大好きなポッカの自販機が設置されていますヾ(=^▽^=)ノ

電気ポットのお湯やお茶などは自由にお飲みいただけますよ(o^∇^o)

小腹が空いた時にはインスタントラーメンや缶詰をお買い求めいただけます。

受付カウンター前には貴重品BOXも完備していますので安心ですね。

宿泊者だけでなく、ちょい寝利用のお客さんもゆったりくつろげるロビー。

もちろんお客さん同士の飲酒など交流の場としての利用も可能です。

キッチンには電子レンジや冷蔵庫だけでなく多種のクッカーを完備。

普通に調理できちゃいますから食材を持ち込めば

外食するよりも安上がりですね(*´▽`*)

こちらはエコノミータイプ(ベッド上段)のお客さん用ロッカー。

パスナンバー付だから安心して荷物を預けられますね。

寝室はこんな感じ。

ほぼすべてが木で作られているので景観的にもヒーリング効果抜群です(*´ェ`*)

こちらは1階デラックスタイプ。

2階のエコノミーに比べ天井が高く、下段には豊富な収納スペースがあります。

エコノミーとデラックス共にマットレスにお金をかけただけあって

寝心地に関してはまったく申し分ありません。

朝までぐっすり熟睡できること間違いなし(^m^)

こちらは2/1のグランドオープン1週間前に実施された

高校同期限定のプレオープン(無料お試し宿泊会)のひとコマ。

つっち~ウニヘットゲマタニ社長なんかも実は同期なんですよ。

いや~盛り上がりすぎてOPEN前にビールこぼしてスミマセンでした(爆)

そして、平日にもかかわらず苫小牧や中標津、そして東京のような遠隔地から

わざわざ駆けつけていただいた同期の皆様、誠にありがとうございました。

清純社長は本当に幸せ者ですね♪♪(●´ω`●)

このホテルはとにかくアットホームな雰囲気が魅力的なので

各国から訪れる宿泊者同士がお互いに親睦を深められる

とても貴重な存在であると感じています。

皆様も札幌にお越しの際はぜひ「ちょい寝ホテル札幌手稲」を

お気軽にご利用いただければ幸いです(o^∇^o)ノ

 

コメント (2)