小金沢ライブラリー

→新刊→新刊 ~SCP-1802 スーパーNXTタイム

2/7のNXT #434  反則裁定無しは暗黙の了解

2018年09月18日 | 今週のNXT
NXTタッグ王座戦
アンディスピューテッド・エラ(カイル・オライリー&ボビー・フィッシュ) --- SAnitY(エリック・ヤング&アレクサンダー・ウルフ)
(試合不成立)

リングに上ったエラをSAnitYが背後から襲撃し大乱闘に。
GMのウィリアム・リーガル卿はタッグ王座戦を中止し、メインでエラとSAnitYによる6人タッグトルネード戦を命じた。


ヘビーマシーナリー(タッカー・ナイト&オーティス・ドーゾビッチ) ◯-× ティノ・サバテリ&リディック・モス
(コンパクター)

モスが捕まりドーゾビッチが反撃し、最後は必殺ツープラトンで押しつぶしモスがサバテリをフォールした。

内容はいつも通りだったが、試合中からぎくしゃくしていたモスとサバテリが決裂の兆候を見せた。ついこの前、初勝利を上げたばかりなのに。


・ジョニー・ガルガノが演説

ガルガノがしゃべっているとアンドラーデ・シエン・アルマスとゼリーナ・ベガが冷やかし、ガルガノの嫁のキャンディス・レラエが割って入った。
ガルガノとトマソ・チャンパの抗争にはすんなり行かず、アルマスとの再戦がある様子。


ビアンカ・ブレア ◯-× ジェシックス・ヒル
(アーリウープ)

ジェシックスが握手を求めると、ビアンカは握った手を離さずトーチャーラックに担ぎ上げ、乱暴に落とすとそのまま必殺技につなげ完勝した。


6人タッグトルネード戦
SAnitY(エリック・ヤング&アレクサンダー・ウルフ&キリアン・デイン) ◯-× アンディスピューテッド・エラ(アダム・コール&カイル・オライリー&ボビー・フィッシュ)
(アルスター・プランテーション)

トルネード戦はタッチ不要で参加者全員が同時に戦うルール。特に言及されていないが反則裁定も無く凶器の使用もOK。
場外乱闘も交えながら激闘が繰り広げられ、最後はコールが必殺技の変型牛殺しを決めるもヤングが2.9で返してしまい、エラが恐慌をきたしたところに、テーブル自爆から復活したデインが3人に襲いかかり、フィッシュを仕留めてSAnitYが勝利を収めた。
コメント

1/31のNXT #433  TM61復帰

2018年09月16日 | 今週のNXT
ニッキー・クロス ◯-× レイシー・エヴァンス
(ゴールデンルール)

恒例の特番で放送されなかった試合を放送。
トップロープから足を払われ落下したニッキーが攻め込まれるが、ムーンサルトプレスを自爆させると一気に畳み掛けて快勝した。


TM61(シェイン・ソーン&ニック・ミラー) ◯-× イーリー・ブラザーズ(ユリエル&ゲイブリエル)
(サンダーバレー)

故障明けのTM61は実に1年ぶりの復帰戦。
イーリー・ブラザーズを全く寄せ付けず、ゲイブリエルと思われる方をサンダーバレーで叩きつけミラーがフォールを奪った。


・NXTアワード2017

2017年の活躍選手が表彰され、アリスター・ブラック、ベルベティーン・ドリーム、アスカが選ばれ、シカゴ特番でのタイラー・ベイトとピート・ダンによるUK王座戦がベストバウトに選ばれた。


UK王座挑戦権争奪戦
ロデリック・ストロング ◯-× タイラー・ベイト
(エンド・オブ・ハートエイク)

絶対面白い一戦は予想通りに盛り上がった。
最後はベイトがタイラードライバー'97を狙うが、再三に渡りバックブリーカーを喰らっていた背中の痛みから担ぎ上げられず、その機を逃さずストロングが反撃に転じ、ブレーンバスターの体勢から両膝に落とす必殺技で勝利した。
コメント

ミステリ感想-『メーラーデーモンの戦慄』早坂吝

2018年09月15日 | ミステリ感想
~あらすじ~
「一週間後、お前は死ぬ」メーラーデーモンからガラケーに届く殺害予告が現実になり次々と犠牲者が現れる。顧客を殺された上木らいちは犯人を追い、謎めいたツイートを残す。一方、刑事を辞めた藍川は青の館に流れ着き、仮面生活を始める。


~感想~
ここ2作は社会派と本格を融合させつつ館ミステリに新境地を拓いたり、空前絶後の密室を描いたシリーズが原点回帰。大抵の無茶な展開を「性技がすごい」で強引に納得させ、無数の筋道からわざわざエロ縛りを選びつつも、破綻を生じさせず、1~2作目の頃のようなエロ伏線とエロトリックが火を噴く。
特に○○○○から導き出されるダブルミーニング(?)とそれを軸にした論理展開には度肝を抜かれるが、やってることを絵で思い浮かべると完全無欠にエロ&バカ。真犯人の動機や開き直ったようなメタ要素もバカなのだが、総括するとよくぞこれを200ページちょいでまとめてみせたと感心するばかり。
シリーズの他作品に登場したキャラが顔を出し、過去の話も多々言及され、まさにこれまでの集大成と呼ぶべき傑作である。
デビュー以来の作者の打率の高さと、全く軸のぶれない安定感には本当に驚かされる。いや本当に今最も安定感あるミステリ作家なんじゃなかろうか。


18.9.14
評価:★★★★ 8
コメント

ミステリ感想-『土漠の花』月村了衛

2018年09月13日 | ミステリ感想
~あらすじ~
ソマリアでPKO活動中の自衛隊は、消息不明のヘリを捜索に向かい、墜落地点のそばで野営を張る。
そこへゲリラに追われる現地の小氏族の女性が駆け込み、保護した自衛隊にゲリラは躊躇なく銃を向けた。

2014年日本推理作家協会賞、このミス6位、本屋大賞候補


~感想~
自衛隊が!! ソマリアで!! ゲリラと!! 戦う!!
以上!!!!!

本当にただそれだけの話で、高野和明「ジェノサイド」のような大風呂敷も広げずただただ自衛隊とゲリラがガチで殺し合うだけなのに「ジェノサイド」以来のサバイバルドンパチ傑作である。
この舞台とこのキャラ設定から想像し、期待するそのほとんど全てが入っており、少しでも興味があれば迷わず読んでいただきたい。
月村了衛はロボットから降りても超面白かった。

ただし文庫版の井家上隆幸氏の解説はネタバレ三昧なので要注意。
三浦明博「滅びのモノクローム」では的外れな読者批判をしていたが、ネタバレも(しかも機龍警察シリーズもネタバレしている)かますのかよとドン引きしたものの、作者たっての希望だったそうで、作者がいいなら別にいいのだが。


18.9.11
評価:★★★★★ 10
コメント

SCP-1611~1620

2018年09月11日 | SCP紹介
SCP-1611 - Guarded Apartment (守られたアパート)
マイアミのあるアパートとそこの最後の居住者に似た女性。アパートに近づいた人物に助けを求め、中に入ると24時間閉鎖される。その後、入った人物の身体の一部が排出され、二度と現れない

SCP-1612 - Fires of Pangloss (パングロスの火)
未知のダイズ科の植物。絶えず小さな火を灯しており、水没させても地上に出ると再点火される。周辺でパングロスという人物が署名した「火を絶やさぬように」と記された文書が発見された

SCP-1613 - The Spoken Fool (ザ・スポークン・フール)
ザ・スポークン・フール(物申す愚者)というタイトルの新聞連載漫画。アメリカの一部の州で発行される新聞連載漫画が、徐々にこの漫画に変化する。やがて他の全ての漫画が消失し、代わりにこのSCPや作者を糾弾する批評が載せられる

SCP-1614 - The Flea
未翻訳

SCP-1615 - Photosynthetic Manna (太陽育ちのマナ)
未知の菌類。食品等に感染し、摂取した人物が10,000ルクス(晴天の木蔭くらいの明るさ)以上の光を浴びると、体内に葉緑素に酷似した組織が作られ、光合成を行えるようになる。非常に高効率でビタミンを補えば食事は不要となる。効果は永続するが、1日に1,700カロリー以上の食事を7日間続けると元に戻る

SCP-1616 - Nibbles (カリカリくん)
実物・写真・イラストを問わず目にした物を口に含みかじるハムスター。眼球を食われた職員もいる

SCP-1617 - Cracked Classics (違法コピーな古典芸術)
美術品の贋作。鑑賞すると様々な幻覚とともに80~90年代歌謡曲のカバーの幻聴が聴こえ、作品のタイトルや作者からのコメントが見える。10分間隔で何度でも観られる

SCP-1618 - Gilded Urinal (黄金色の小便器)
黄金色に塗装された小便器。小便をすると周囲350m内の価値のある物をガラクタに変え、人糞を同体積の純金に変える。腸内の人糞も変化させるため危険

SCP-1619 - Site-45-C: Floor 24 (サイト-45-C:フロア24)
地下区画サイト-45-Cのフロア24で起こっている異常現象。エレベーター以外の入口が消失しており、内部は調査した限り無限に続く異次元空間に作り変えられている。内部には黒ペンキで満たされた防水紙で作られた女性型の彫刻が徘徊し、呼吸を浴びると襲いかかり、口中にペンキを噴出する。ペンキは自己増殖し身体を破裂させ、彫刻はそれを摂取する。また照明器具の身体を持つ動物もおり、彫刻を攻撃する

SCP-1620 - Reflection Infection (鏡に伝染る病)
鏡とその鏡面に現れる人型実体。姿を映した人物を模倣し、徐々にひとりでに振る舞うようになる。脅迫や挑発するジェスチャーを行い、さらにその人物が内面で描く最もネガティブな自身の姿へと変身し、精神を病ませ、鏡恐怖症を患わせる
コメント

ミステリ感想-『ねむりねずみ』近藤史恵

2018年09月07日 | ミステリ感想
~あらすじ~
若手屈指の歌舞伎役者の中村銀弥に嫁いだ一子は、話の面白い若ハゲとの浮気に心傾くが、銀弥が徐々に言葉を失っていく心の病に悩む。
一方イケメン以外にこれといった特徴のない私立探偵は、いつでも女口調の女形と、昭和ミステリみたいな少年助手という濃すぎるワトスンを従え劇場内で起こった殺人を追う。

本格ベスト73位


~感想~
話自体はいろいろ無茶であまり楽しめなかったが、2時間ドラマの世界にしれっと紛れ込んだバリバリの本格ミステリの住人を探す、ある意味で人狼形式は興味深かった。
終盤までいたって普通の2時間ドラマだったのに、真相開示とともに「あれ?ジャンル変わった?」というほどの突飛過ぎる動機が飛び出す。
その動機がバリバリの本格ミステリ、それも異セカイもとい異世界本格ミステリの手法であり完全に浮いているものの、この舞台と設定ならば「きわどい!でも…入ってる!(チャンスアップ演出)」とギリのギリで受け入れられよう。
これを二作目で出してくるとはさすが作者は孤島物でデビューした鮎川賞作家なだけはある。「凍える島」超つまらなかったけど。


18.9.4
評価:★★★ 6
コメント (4)

ミステリ感想-『そして夜は甦る』原尞

2018年09月05日 | ミステリ感想
~あらすじ~
私立探偵の沢崎のもとを訪れた男は、右手を見せず名前も名乗らず、20万円を預けて去っていった。
その直後、男が行方を尋ねたルポライターの佐伯について実業家から依頼が入る。
佐伯は離婚調停の場に現れず行方をくらましていた。

1988年このミス2位、文春7位、本格ベスト68位


~感想~
超かっこいい私立探偵・沢崎の無双乱舞を愛でる大人のおとぎ話。
一冊読めば沢崎名言日めくりカレンダーが作れそうな勢いで皮肉を吐きまくり、敏腕刑事と憎まれ口をたたき合いながら阿吽の呼吸で連携し、傷ついた女を据え膳喰わずに家に送り返す。
オヤジ狩りを瞬殺し、大富豪や知事を向こうに張ってもスタイルを崩さず、ヤクザに一目置かれ、沢崎アイでどんな些細な手掛かりや黒幕の気配も見逃さず、必要経費以上の報酬は決して受け取らない。
かっこいい! なんてかっこいいんだ! かっこよすぎて現実感が全く無い!

ぶっちゃけ後半の展開は入り組みすぎて話自体にはついていけなかったが、そんなことはどうでもよくなるほどただ読むことが楽しくて仕方ない。これは熱心なファンが多く付くのも納得である。
冬ならコーヒーでも飲みながら、酒が好きならブランデーでも傾けながら、一字一句見逃せない重厚な大人の無双乱舞をじっくりと楽しむべし。


18.8.29
評価:★★★☆ 7
コメント

1/27のNXT TakeOver Philadelphia #432

2018年09月04日 | 今週のNXT
NXTタッグ王座戦
アンディスピューテッド・エラ(ボビー・フィッシュ&カイル・オライリー) ◯-× オーサーズ・オブ・ペイン(エイカム&レーザー)

(スクールボーイ)防衛成功

ゴング前にペインが襲撃してしまうが特にお咎めはなく普通に試合が始まる。
エイカムがツープラトンのストンピングを決めた際に左足を負傷し、エラがそれを狙い撃ち優勢に進める。
なんとかレーザーに交代すると逆転し、エイカムも負傷を押してツープラトンに加わるが、パワーボムに担ぎ上げた相手を衝突させるいつもの連携が、足の負傷でこらえきれず体勢を崩すと、オライリーが隙をついて丸め込み辛くもベルトを守った。


カシアス・オーノ ×-◯ ベルベティーン・ドリーム
(パープル・レインメーカー)

謎の大声援に背中を押されベルベティーンが猛攻を加えるが、オーノも重いエルボーやブートで反撃。
普段なら決まり手になるような大技を返し合い、最後はデスバレードライバーからトップロープを越えコーナーポストの上に立ったベルベティーンが、パープル・レインメーカーと名付けられたダイビングエルボードロップでとどめを刺した。


NXT女子王座戦
エンバー・ムーン ◯-× シェイナ・ベイズラー
(ロールアップ)防衛成功

エンバーがドロップキック3連発とトペで先手を取るが、わずか2戦目でタイトル挑戦にこぎ着けたシェイナは技らしい技は使わず強烈な蹴りで圧倒。エンバーの左腕を容赦なく踏みつけ大ダメージを与える。
油断を見逃さずエルボーで反撃に出たエンバーはイクリプスを命中させるが、左腕の痛みからカバーに行けず、ドクターチェックも入るが試合を続行。
倒れたままのシェイナに近づいたところを腕ひしぎに捕らえられ、数分にわたって絞められ続けるが、上手く体勢を入れ替えると全体重を掛けて強引にフォールを奪い取った。

だが引き上げるところを背後から襲われチョークスリーパーで絞められてしまい、抗争は続く模様。


エクストリーム・ルール戦(※反則裁定なし)
アリスター・ブラック ◯-× アダム・コール
(後ろ回し蹴り)

コールは序盤から凶器を持ち出すが、ブラックは手にしたイスや竹刀を投げ捨て余裕を見せる。
ブラックはムーンサルトアタックを竹刀で叩き落とされるが、コールが設置した凶器のだいたいをコール自身に喰らわせていく。
イスの背にデスバレーボムで落とし、さらにイスごと膝蹴りでコールの頭を蹴り抜き勝負あったかと思われたが、そこにエラの二人が乱入してフォールを阻止。実況席への投棄を狙うが、今度はSAnitYが現れエラの二人を排除。
コールは実況席破壊を引き継ごうとするが、逆にブラックのメテオラで自分が沈められると、後ろ回し蹴りで仕留められた。


NXY王座戦
アンドラーデ・シエン・アルマス ◯-× ジョニー・ガルガノ
(スパイク式ハンマーロックDDT)防衛成功

アルマスは楽団に迎えられ、メキシコ国旗をあしらった衣装とラ・ソンブラ時代のマスクをまとい登場。
普通に登場したガルガノと30分を超える大激戦を繰り広げた。
いつ決着してもおかしくない大技と、初披露の危険技をカウンターで応酬し合う素晴らしい試合で、終盤にゼリーナ・ベガがハリケーン・ラナで鉄階段へ叩きつけてからのハンマーロックDDTという必殺コンボも炸裂するが、ガルガノは3カウント寸前で肩を上げる。
するとガルガノの実の嫁のキャンディス・レラエが駆けつけゼリーナを排除。息を吹き返したガルガノはガルガノ・エスケープに捉えるもロープに逃げられると万事休す。
エプロン上の攻防から、アルマスがコーナーポストにWニーアタックで叩きつけ、スパイク式の必殺技につなげベルトを守り抜いた。

試合後、ガルガノは大歓声を背に嫁とともに引き上げようとしたが、そこに負傷欠場していたトマソ・チャンパが現れ、松葉杖で背中を一撃してしまった。
コメント

今週のキン肉マン #258 白と黒のデルモンテ会談!!

2018年09月03日 | 今週のキン肉マン
・タイトルで遊ぶなwww
・ゼブラメダルどこから飛び出したのwww
・ゆでのこういうところたまらなく好き
・亡霊じゃないんだから二重人格が肩を貸せるのはおかしいだろww
・キッドの顔面破壊が普通に描かれている。コンプライアンス関係なかった
・人格ってシュワーっと分離するものなのかww
・あと当時はゼブラじゃなかったはずだけどな
・ゼブラメダルって「契約金いただきました」の領収書代わりじゃなかったんだ
・その黒部分はマリキータの縞模様なんだけどゼブラの意志で取り外せるものなの?
・マリキータエリコプテロとかいうナパームストレッチ
・ゼブラ絶対勝利フラグ
・白ゼブラが友と呼んでいたしやはり友情パワー発動か
・友情パワーを見せなかったカレクックの意地が実を結びマリキータは発動できない流れか
コメント

ミステリ感想-『異セカイ系』名倉編

2018年09月02日 | ミステリ感想
~あらすじ~
ニート脱出を目指しバイトを始めたばかりの名倉編は、小説投稿サイトで10位にランクインし、自身の生み出したファンタジー世界を行き来できる能力を得る。
だが自分の書いた展開でキャラが死ぬことを悔やみ、さらに11位以下に落ちると世界が消滅することに気づく。

2018年メフィスト賞


~感想~
自分は1ミリも楽しめなかったし死ぬほど嫌いな小説だが、作品自体は良く出来ていることと、作者に実力があることは確か。あの深水黎一郎が「ウルチモ・トルッコ」でデビューしたことを思い出せば、二作目で名倉編が深水黎一郎になってしまっても少しも驚かない。超笑うけど。
もう一つ確かなことは本作はミステリではない。異世界系でありセカイ系である。だが間違いなくメフィスト賞だ。既視感バリバリの設定てんこもりで、最終的にはクソみたいな説教と遊助みたいな提言で締められるため虫酸が走るが、こんなメタな小説はメフィスト賞以外ではありえない。
自ら望んで異世界系もセカイ系も一冊も読んだことがないし、関西弁の文章に嫌悪感しか抱けない自分にはとにかく苦行だったが、そうした作品に抵抗がなければ問題なく読めることだろう。
ミステリファンよりもむしろラノベファン、それも異世界系というよりもセカイ系のファンで、しかもメタに理解のある層ならば、楽しんで読めるのかもしれない。


18.8.29
評価:★ 2
コメント