遠藤こどもクリニックは小平市の小児科アレルギー科のクリニックです。こども達の近くにいる診療を心がけています。

腰痛とメタボからの脱却とアンチエイジングを決意した59歳体育会系小児科医の日記

結果

2018年08月21日 | 日記
努力すれば報われると
信じてましたと優勝者が
インタビューに答えても
その人以外の敗者たちも
報われると信じて努力した。

優勝してもそのうちどれだけの者が
それを職業として生きていけるかは
さておいても、好きなものを続けて
結果を伴う事は稀だ。

素質があって努力を続けられる才能と
恵まれた環境と更に運が必要だ。
それら全てが整いようやく成果が
得られるのだろう。

一生をそれにかけるのではなくても
その一時期、すべてをかけて努力する
事は宝になる。
知恵と勇気と忍耐と喜びを知る。
若い頃、そんな事を言われたら
反発した自分なのにそう思う。

戦車とトラクターの戦いと揶揄した
記事をみて腹立たしくも感じたが
さもありなんとも見えた。
4回から力入らなくてなった由
悔しいだろう。

勝者だけでなく、それに次いだ者も
胸を張っていた。
第2の故郷秋田に帰ったお盆休みに初戦を
そして今日大会最後まで応援を続けさせてくれた
金足農業おめでとう。そしてありがとう。



コメント

応援

2018年08月20日 | 日記
生まれも育ちも八王子。
ならば日大三高を応援すべきだ。
しかし19歳から多感な7年間過ごし
家内も出身の秋田を応援せずには
いられない。

金足農業はずっと夢をくれていて
胸が痛くなるくらいにドキドキも
させてくれている。

横浜高校に勝っただけでじゅうぶん。
それなのに日大三高にも堂々と戦い
勝利した。
何人の人が号泣しただろう。

奇跡と言っては失礼だ。
絶対無理とかもう言わない。
もう一度校歌を聞かせて欲しい。





(留年してません。卒後1年働いてたから7年です。)
コメント

更に南へ(夏休み4日め)

2018年08月14日 | 日記



午前は早めにドコモショップに
並んで機種変更して、買い物して 
帰ってきて、ご飯を食べながら
金足農業の応援をした。
充実した時間。

お義母さんは81歳にしてついに
スマホデビューを果たした。
更にLINEも使い始めた。
まだまだ進化している。

サザエさん症候群になりつつ
空路帰京している。
迷惑はかけるけれどもう少し
休めばと毎年思うが休めない。  



18歳はもう遠い彼方、81歳の方が
ずいぶん近く感じる最近だし
今日はまだ1705歩しか歩いていない
のはさて置いて、まだ59歳の僕は
もうふた頑張りぐらいしたい。







コメント

言葉の力(夏休み3日目)

2018年08月13日 | 日記
初日、2日目ともにゆうに
万歩計は1万5千歩を超えた。
しかし、どう考えても
摂取カロリー≫基礎代謝+運動消費
今日久しぶりに身につけた
ワイシャツとパンツ(ズボン)は
思いのほかピチピチになっていた。

動いたから昨夜はぐっすり寝れた。
寝坊して、ゆっくり朝ご飯を食べた。
またゆっくりしてからお墓参りして
用事をすました。
昼は稲庭うどんでついビール。
そしてつい昼寝してしまう。

起きてもゴロゴロしていたら
お義母さんに言われた。
「たかしさん、お腹でたっすな」
悪気無い言葉だから決して
僕は傷ついたりはしなかった。
反省はした。




この状況でまた夜はご馳走だろうし
もう涼しいので近所を散歩した。
お風呂にも入り、本日2回目の
乾杯が近づいている。



明日はもっとゴロゴロするだろう。
明後日は運動の予定だが
炎天下重い身体を動かせるか?
練習もせずにそれなりの
パフォーマンスを発揮出来るか?
不安で肥満気味だ。
毎日散歩をするために犬を飼う
事も再考しようかと思う。



コメント

南へ(夏休み2日目)

2018年08月12日 | 日記


朝7時前から並んで
海鮮丼を食べた。
美味しかったが
ややヘビーだった感は否めない。



観光して遊覧船にも乗った。
昼もつい似た様な物をお腹
いっぱい食べてしまった。
もちろんビールも飲んだ。



特急電車に乗って移動し
新幹線に乗り換えてまた
トンネルを潜った。
お祭りは終わってしまったが
雰囲気残す駅でまた乗り換えた。



目的地に着いて、もうお風呂にも
入ってビールを飲む体制になった。
生き急いでる感はあまり無いが
カロリーオーバー感は確かだ。



まだ夏休み前半なので日曜日の
サザエさんの音楽を聴いた時の
休みが終わってしまう感はない。
自分へのご褒美もまだ許そう。
帰京した15日から生まれ変わりたい。


コメント

104.8

2018年08月11日 | 日記
完璧を求めると苦しくなる。
オールorナシングではいけない
少しでも確率を高めて
自分なりの合格点を目指すべきだ。

ひとつ身体に良い事を始めたら
引きづられるように確率は
上がりついに100%を超えた。
思い出した。
昔はやれば出来る子だった。

小学校の夏休みのラジオ体操の
出席スタンプを全て押してもらえた
時の嬉しさを思い出した。

7月の仕事の日の朝のテレビ体操
の出席率を算出した。
22÷21×100=104.8%

まるでやる気のない体操に見える
のはさて置いても習慣になった。
ちなみに8月もまだ欠席していない。

This year’s goal is to get six pack abs!  



僕は週に1回だけだけれども
ちゃんとトレーニングをしているし
書いてごまかそうとはしない。





コメント

北へ(夏休み初日)

2018年08月11日 | 日記


今日からお盆休みだ。
やはり嬉しい。
5時前に起きて移動している。
まずは陸路で帰省先を通り越して
更に北へ向う。
お盆の前の寄り道。

たまにはリア充ブログを書く予定。
2009年のお盆休みには5日連日で
ブログの更新をしていたし
真面目な事も書いていた。
今回は頑張ってみたい。

秘境(秋田県大館市2日目)

横断歩道

丁寧な物言いをしていたと思う。
最近の乱暴さはさておき
円熟期と考えたい。

ところで清水の舞台から飛び降りる
覚悟でグリーン車に乗っているが
車内販売がない新幹線だった。
こんなことならパラシュートを着けず
飛行機から飛び降りるつもりで
グランクラスに乗れば良かった。

青函トンネルを初めて通った。
着いてウロウロしていたら
腰がパキッといった。
旅は始まったばかりなのに。



やはり湿布は必需品だ。
3枚貼って日程を終えた。
昼間の小雨があがって
夜景が見れた。
もう17時間起きている。




コメント

景色

2018年07月29日 | 日記
見上げると



足元をみると



落ち着いてみるクリニックの景色
コメント

16/24

2018年07月24日 | 日記
先月体調を崩してから
少しだけ心を入れ替えた。
今月からは週1回だけだけれど
パーソナルトレーニングにも
通っている。

なるべく歩けば良いのは
解っているが暑い今日この頃。
バランスボールに座っているだけで
身体に良いことしている感を
十分に感じられる性格。

万歩計からフィットネス対応で
活動量、心拍数、電話の着信など
色々教えてくれるFitbit charge2 なる機器に
変えてすぐに息が上がるのが判明した。

準備で安心してしまうのは人の常。
しかし今回は更なる改心もしている。
家内から五日市さんがどうのこうの
とはこのところ言われてはいない。

(「五日市さん」参照)

仕事のある日には必ず6:20に起きて
6:25〜6:35までテレビ体操をする。
月に3-4回しかしなかったのはもう昔
そんなに僕はもう何処にもいない。
今月はパーフェクトを続けている。

しかしまた次回同様の報告が出来る
自信がないので約束はしないでおきたい。

コメント

熱波

2018年07月23日 | 日記


土曜日仕事に終わりに水撒きして
少しだけ草むしりをしたら
すぐにボーっとした。
ひまわりはそろそろ終わり。
何を植えようか。

帰りに練習に寄ろうかと考えては
いたけど、これ以上の活動は
無理だと判断し真っ直ぐ帰宅した。
サボろうと思っていた勉強会に
改めて向かった。勤勉だ。

約束していたし
体調も悪くはない。
雨でも雪でもないし
雷の予想でもない。
言い訳がしにくい。

けれど異常な暑さ。
そーっとやったとしても危険。
詳しい天気予報は東京よりは
やや低い予想の34度。
OS1を人数分買って凍らせた。

しかも皆んなは電車で向かい、
帰りは僕の車で帰ってきて
近所で軽く一杯の設定済み。
久しぶりだからとてんこ盛りの
ジョイフルな休日。

もう十分大人だから中止する
勇気だってあった。
根性なしとか呼ばれても
傷つかない。
けれど嫌いじゃない。

省エネ、危険ならスキップし
日陰で休むこともあり、
ユルいやり方もあるからと
実行された。
スタート前の練習は少しだけ。

前半は
「暑くない、行けるね」
後半は
「暑い、辛い」
結局苦行になった。

こんな状況で今季ベストスコア。
力みようがなかったのが幸いした。
後半足腰がフラついたのは
パーソナルトレーニングで
今後改善していきたい。

なんとか全員無事完走した。
水風呂に入ったり、
アイスコーヒー飲んだりして
生き返ってから帰路につく。
ゆっくりし過ぎお店から電話貰う。

急用で昼の部のキャンセルもあったが
夜の部は増員して開始になった。
楽しくてとても美味しかったが
少量ですぐ酔っ払う。後半水を飲む。
経済的になったとも言える。

年に一度の大学同期でのゴルフ。
この時期は厳しいから、
ラウンドワンでボーリングに
すれば良かったかも知れない。
または卓球バーも捨てがたい。

18歳から20歳で出会った
青年たちももう還暦が近い。
大人と言うよりおじいちゃんだが
元気なうちに集まりたい。
時期と種目は考慮したい。


コメント

努力もとい他力本願

2018年07月14日 | 日記
ついに決心した。
だって自分ではやらないから。
やったとしても続かなかったから。
そのうちに本気になるは言い訳だ。

半年頑張って力つきて
半年幽霊部員になる。
それを5年毎に繰り返した。
しかも3回。

基本地味な運動が大切なことは
重々承知してはいる。
けれど勝敗とかスコアとかが
伴うスポーツの方が楽しい。

先月お腹を壊して体重は減ったが
それ以上に体力の低下を来した。
仕事にも差し支えかねない事態に
これまでの自堕落さを反省した。

パーソナルトレーニングを始めた。
45分間地味なトレーニングをして
15分間ストレッチをする。
負荷は1番軽くてヘトヘトになる。

まだ体験含めて3回目。
今日も身体に良いことをした。
しかもその前には練習したし
トレーニングの後は芝刈り。

体重の回復度は体力の回復度を
上回ってはいるけれど
お腹は凹んだ気がしてならない。
けして気のせいではない。


お酒も一杯で十分な今日この頃。
アイスクリーム選手権を見て
ついついに食べてしまうけれど
それくらいは許したい。

一昨日はチョコモナカジャンボ
昨日はパピコのシチリアレモン
そして今日は小さい白熊。
自分へのご褒美は大切だ。

コメント

焼肉

2018年07月08日 | 日記


実家はお肉屋さんだ。
メインは豚肉、鶏肉も牛肉も扱うが
あくまで豚肉屋。
豚なら枝肉を部分に分けるのを
見ていたし教えられてやったことも
あるが戦力になる前に挫折した。

豚肉は日常食で牛肉はご馳走だ。
けれどステーキはあまり好きで
はなかった。
年齢を経て変わってけれど、
牛肉は牛乳の匂いがして不得手。
もっぱら焼肉だった。

大学生の頃、休みが終わって秋田に
帰る前日には家業を継いだ兄が
必ず焼肉に連れて行ってくれた。
「どうだ?」
「大丈夫、留年とかしない。」
で難しい話は終わって世間話を
しながら色んな部位を食べさせて
くれた。兄なりの僕との
コミュニュケーションだった。

自宅の近くに2軒よく行く焼肉屋さん
があったが、そのうちの一軒が
店じまいした。
ちゃんと美味しくてリーズナブルで
時々しか混んでいない。
ご飯が無くなるとランチ終了するし、
そう言えばこのところは面倒なのか、
冷麺がメニューからなくなっていた。

改装していると思ったら、新しい
焼肉屋さんに変わっていた。
聞けば営んでいたご年配のご夫婦は
国に帰ったらしい。

「お母さんお勘定お願いします」

と会計の時に言っていたが文字通り
お母さんの年齢だった。

今日観た映画も焼肉屋さんの話。
時代は昭和44年から46年。
思えば、僕は小学校4年生になって
担任の先生からの言葉で初めて自分の
ハンディキャップを正面から受け止め
られるようになった頃。

時代背景の他に様々な背景があった。
濃過ぎると感じる場面や表現も
少なからずあったし、辛いことや、
せつないことばかりではあった。
けれど救いのある映画だった。

お父さんお母さん(特にお父さん)
が印象的だった。
韓国映画通の家内に聞いたら有名な
俳優さんらしい。
演劇が映画になったのは知っていた。

「焼肉ドラゴン」


コメント

観察日記 2

2018年07月08日 | 日記
夏の暑い時期にはクリニックの
仕事が1つ増える。
雨が降らない時の花壇の水まき。
月曜日、木曜日、土曜日を基本に
雨が降らないと更に適宜撒かな
ければならない。

月曜日と木曜日はスタッフが交代で
土曜日は僕が担当だ。
農業に従事しているわけでもない
けれど金曜日には雨乞いをする。
晴れが続くと辛い。
朝なら短パンで出勤して水まき、
着替えて仕事。
夜なら虫除けスプレーをつけて
水まきしてそのまま練習に寄る。
カジュアルな通勤だ。

向日葵のつぼみ達が開きだした。
他の花も花摘みしたり、もう形を
整えねばならない。
同時に雑草達も元気をだした。
雑草との戦いは終わりのない戦いだ。

モッコウバラの挿し木に挑戦した。
駐車場のフェンスのみならず、
スロープもモッコウバラで囲われた
花に溢れた優しいクリニック、
あくまで外観の話ではあるけれど。
しかしアイビーの挿し木ほどには
簡単ではなく数パーセントは
生き長らえている気もするが
予断は許されない厳しい状況だ。

花咲爺さんになりたい。

コメント

旅行記

2018年06月30日 | 日記
高校も予備校も同級生の
いなばなおと君は建築家で
紀行作家で小説家だ。
性格も成績も良く知っていて
仲も良いがその後の伸び代が違った。
この前マツコの知らない世界に出た。
今月のサライの特集を書いている。
けど威張らない良い奴だ。
昨日アマゾンで買って今日届く。



予備校でも理系で同じクラス。
下北沢の喫茶店でサボる回数は
私がやや多かったが成績は大差
なかった。そう思いたい。
そんな友達に今更だが少しずつでも
近づくための今日からの小旅行を
紀行文として残そうと思う。

それによって現役で文学部を受け、
英語は完璧な出来て受かったと
安心しもう1つの科目に数学を選び、
1問だけの問題がまったく解けず
落ちたことが幸いだったかどうかが
明らかになるだろう。

しかし悔やまれる。
理系だったがなぜ未完成な数学を
選んだのか?
18歳の僕には理系であることの
プライドなど無いはずなのに。
こんな感じで書き進める。


第1章 空へ

第2章 秘湯へ

第3章 再会

第4章 楽しい宴

第5章 泥酔

第6章 露天風呂で頭痛

第7章 約束

第8章 帰京

第9章 明日へ

てな感じのプロットを書いただけで
じゅうぶん満足感を得た。
やはり作家の道を目指さなかった
ことは正解だった。
友達の宣伝は果たした。
機会を見て内容を付け加えたいが
約束はしないでおこうと思う。

そういえば紀行文を以前書いた。

奔流

これも今日集まる友達との旅行。
大作だ。


コメント

北へ

2018年06月29日 | 日記
まだ30歳位のころ、3日近く
ほとんど寝ないで仕事をした時。
帰りにビデオを借りに行った。
会員カードを忘れ自宅の電話番号を
聞かれてぜんぜん思い出せなかった。
ほんとうに疲れていた。

自分の歳がすぐに答えられない
状態ではないが、それも解らない
ではなく許したい気持ちだ。
卒業からなん年目が即答できない。
東京オリンピックに卒業後35年の
集まりがあり、そこから逆算する。
CPUの劣化は確実に進んでいる。

大学の同級生で国家試験の勉強を
一緒にやった友達と毎年集まる。
卒業して3年目に最初に集まり、
こどもも一緒だった時期もある。
その子が母になりおじいちゃんに
なった同級生もいる。
30年ぶりで最初に集まった場所に
明日仕事終えて馳せ参じる。

久しぶりの秋田。
集合場所の位置がうろ覚えだった。
秋田市と大館市なら今でもきちんと
イメージできる。
まあ仕事終わって夕食には間に合う
だろうとたかをくくっていた

空港から90km車で2時間だったこと
を忘れていた。
仕事場からは新幹線の方が楽だった。
往復格安航空券の早割のキャンセル
料を知らなかった。
泣く泣くの飛行機になった。
なぜ大宮からの新幹線を嫌って
しまったのだろう?

贅沢をすることにした。
帰りは東京の同級生と新幹線。
宴会しながら帰れる。
そっちの方が時間も都合いい。
もしもの復路の用意もあり万全。
今後無駄な事は一切しない覚悟だ。

反省している。
航空会社のメンバーカードの
パスワードが思い出せないからと
すぐに諦めてしまったこと。
ちゃんと検索してから予約すること。
せっかくだから楽しんで来ようと思う。



行って来ました



コメント