長野県の滝 こだる

私、こだる(なかしま)の訪問した滝の中から
信州、長野県の滝や自然景観を中心にご紹介させていただいております

木曽川サツキ咲く渓谷 上松町

2022年06月30日 | ◆上松町,大桑村の滝

今年も「木曽川サツキ」見て来ました(2022年6月)

昨年8月豪雨で岩場の花株が流されたり痛められていました

小川渓流~赤沢渓流の様子です

焼笹の滝付近

 

 

 

類似写真いっぱい

 

 

これは豪雨以前の様子

 

麝香沢の様子も一変していました
美しい場所だったのですが土石土砂に埋まっています

無残です

 

 

花株も減って

 

 

・・・・・・

これが

 

こうなって  
今年は花が無い 一の渡し付近

 

南股付近


白滝 小曽部川

2022年06月26日 | ◆塩尻市、朝日村,山形村の滝 

白滝 

塩尻市 小曽部川本沢

白滝 落差15m 長さ32m(簡易計測値)

 

 

雨が降ってきた

出かけると雨に逢う雨男・・ ボデーシャワーはしたくないが・・

車体に傷つけながらこすって洗えるわ

 

安治郎橋から見る渓流

 

 

 

木曽義仲公の宿り木 この付近に駐車

 

白滝歩道入口

 

 

いつ熊が出てもおかしくない

 

遊歩道は崩れ土砂止めも壊れていた

 

白滝

 

 

 

ハート形に浸食されたポットホール

          2022.06.22 塩尻市


三本滝のイワカガミ ”滝と花”

2022年06月24日 | ◆松本市の滝 ~乗鞍、奈川、安曇、梓川、波田、四賀

三本滝とイワカガミ

滝には花もよく似合う・・

2022.06.17 松本市乗鞍高原 三本滝にて

 

今年は例年より花株が少ないように思えた・・

 

駐車場から往復50分・・まあ40分か50分 こんなものかな
私は滝と遊ぶ時間もっと取るのでいつも90分くらいはかける・・

 

滝への道 熊鈴つけて

 

「虹の吊り橋」

 

吊り橋下の無名滝

 

吊り橋上の無名滝

合わせて「三段の滝」

 

この看板を読んでいただければ説明は要らないね(笑)

 

イワカガミ

 

黒い沢の滝

 

三本滝

 

 

 

キバナノコマノツメ

 

 

 

 

 

 

本沢の滝

 

 

無名沢の滝

 

マイヅルソウ

 

ムラサキヤシオ


松本市街から近い滝 清滝

2022年06月22日 | ◆松本市の滝 ~乗鞍、奈川、安曇、梓川、波田、四賀

少し時間がとれる・・滝を見たい
滝に触れたい そんなとき

私が良く行く 手軽に行ける滝
松本市入山辺 観峰の山中 
「清滝」(清龍さま) 落差22m

桂の大樹、20数体の神様たちに守られて
清滝は緑の中 さらさらと

 

松本市入山辺から扉温泉と三城方面分岐の三城橋を渡る
橋を渡って三城方面へ3.2キロ

三城橋から3.2キロ地点、右側にこの小さな看板と
お祭りのときにのぼりを立てる柱は折れている のが目印
ここに駐車し大門沢に降りる

 

昨年の8月豪雨で石が動き 大門沢は長靴は無くても飛び石伝いに渡れるようになった^^

 

対岸に渡り 林内に入ってゆく  よじれた木

 

まもなく鳥居
春には一部壊れていたが修復されている

 

セルフタイマーで自撮りしてみる
後ろ姿がずいぶん歳取ったなあ って言ってる^^;

 

 

車を停めて「清滝」までわずか200mくらい
超お手軽な滝であるが 地元の人しか知らない
ここを青龍様と呼ぶ地元の方もいたなあ
道路からは滝があるなんて予想もつかないし

 

今 滝は緑の中 美しいころ

 

岩窟にはたくさんの神様
20以上の神様が祀られていて まとめて手を合わせています(笑)

 

 

 

また来ますよ~

松本市の滝記事一覧へ


棧沢 棧の滝

2022年06月19日 | ◆上松町,大桑村の滝

長野県上松町棧沢 棧の滝

滝の中段で撮影する 「滝のお姉さんプラリネ」さん 

「魅力的な滝 一日中離れずここで遊んでいられる・・」 と
気に入っていただけた

 

倉本の林道を利用して棧沢左岸の鉄塔巡視路下降地点にゆく
鉄塔巡視路から下降するがすぐに鉄塔巡視路から離れ、道無き斜面を棧沢に下ってゆく

先導案内する私(プラリネさんからのいただき写真)

 

崩落地を巻き

 

この先で棧沢に合流 そこから滝は近い

 

棧沢 この先に滝がかかる

 

棧の滝(三段) 落差27m

 

 

透き通った清冽な水

水と岩の芸術作品・・ 
私はこれ見たさにこれまで何度もここに通ってきたのです

 

中段のきれいな滝壺

 

 

全景

(老いぼれこだるの足で 林道駐車地点から滝へ 下り45分 
滝から駐車地点まで、登り55分)


ヒョングリ滝 「さかさぎの滝」

2022年06月18日 | ◆上松町,大桑村の滝

見事なヒョングリの滝

この日は上松町の「棧の滝」の案内がメインなのだが朝の光を待つ間に
大桑村の「さかさぎの滝」へご案内

さかさぎの滝とプラリネさん ↑ (画像掲載許可いただいております^^)

 「滝のお姉さんプラリネ」さん 

浦川の豊富な水が思いっきり跳ねてジャンプしています!

浦川上山林道を歩きます

 

ゲートから15分ほどで滝が見えてくる
この斜面を笹につかまりながら降りると

ど~ん!! 今日も跳ねてる跳ねてる!!

 

 

私も何度来ても もうたまりません どんどん撮る^^

 

 

 

 

4段の滝 下段にも降りて見る

 

 

きらきらゆらゆら・・

 

 

 

帰りに落ち口にも立ち寄り 「また来るよ」と別れを告げて 

 

 

棧の滝へ続きます


小野の滝 上松町

2022年06月15日 | ◆上松町,大桑村の滝

松本から国道19号を南下するとき
この小野の滝付近まで一時間半~二時間くらい

カーナビからも「そろそろ休憩しませんか・・」と
アナウンスが流れそうなとき
国道脇の小野の滝前で小休止する お不動様に手を合わす

ついでにちょこっと滝を撮る

 

お不動様

 

線路が頭上にあって 列車の通過時は轟音!

 

 

 

滝前に・・ 体中にマイナスイオンが入って来る

 

 

すごい飛沫・・レンズふきふき

 

 

 

さあ 眠気もとれたし 目的地へあと一頑張り


柿其渓谷 銚子滝

2022年06月13日 | ◆南木曽町 の滝

柿其渓谷 銚子滝
落差26m

渓谷の奥地 行きどまりの林道の先
「柿其エメラルド」の美しい滝壺をもつ滝  <2022年5月>
崩落地通過多しお勧めしません、事故あっても自己責任です

 

林道の北沢橋からしばらく行くと大荒れの林道となる

 

 

 

おお! 新たな崩落

 

林道終点近く ここの崩落は相変わらずひどい・・

 

久しぶりの銚子滝
昨年8月豪雨災害で以前と比べ滝壺が浅くなったように感じるが
美しさはまだまだ格別

これを見たさにこの奥地まではるばるやってきたのです

 

 

 

 

 

 

 


野鳥との出逢い♪ キビタキ

2022年06月12日 | ■ 野鳥  ・・

野鳥との出逢い♪

妻が桜の頃、近くの霊園に眠って以来 ここをよく歩くようになった、
滝へ行くためのトレーニングにもなる・・ というのは強がりで・・

尾根道

アオゲラ 全長29cm 大型のキツツキ 
「キョッ キョッ」「ピョー ピョー」と独特の鳴き声

ここには仲間のアカゲラもいる

 

 

美しい囀りの野鳥たちが楽しませてくれる

キビタキ

キビタキ 全長14cm 

   美しい囀り 聴き惚れる

コンパクトデジカメで・・画質最悪

妻も空から見てるだろう 聴いてるだろう

この日もホオジロは同じところで美声を張り上げて

 

またこの日も

 

 

松本市南部

 

 

遥か 槍ヶ岳

 


柿其渓谷 名前不詳滝

2022年06月11日 | ◆南木曽町 の滝

南木曽町 柿其渓谷の奥地

前述の ねじだる~霧ガ滝~雷滝~渡の滝と過ぎ
北沢分岐付近までやってきた

無名の支流滝

 

北沢出合 北沢の滝 名前不詳

北沢橋を渡り銚子滝方面に向かう、大沢橋の下流に

大沢の滝(仮称)としておこう

なおさらに奥には 銚子滝手前右岸支流に「大沢の大滝」もある

あまり良い場所ではないが 時間も時間、ここで遅い昼食と休憩をとる

 

大沢橋の上流もいい雰囲気♪

そして以前から気になっていた滝へ道無し斜面を降下、滝前へ

名前不詳 落差7~8m 三方を屏風のような岩壁に囲まれている

屏風の滝 とでもしておくかな^^;

 

 

壺 なかなかいい!

達人滝ガール かっぱ♪さん         ↑

 

屏風のような一枚岩の壁

この滝 これまで滝か堰堤か??わからずにいた
それは あまりにも岩壁がまっすぐで遠目には堰堤かも? と
・・・

ほら 堰堤に見えるでしょ

 

でもいつか確かめなくちゃ とさらに斜面を降りると・・

おお こんどは自然滝に見えたゾ これはいつか滝前に立たなくちゃ って^^
それで今回の機会を得て初めて滝懐での対面となりました

 

ワタクシこだる(かっぱ♪さんからのいただきもの)

渓谷奥地は銚子滝と大沢大滝二つが見所だったが
この滝も奥柿其の滝の仲間に入れてあげよう
さあ 目的の「銚子滝」まであと一頑張りだ!

屏風の滝(仮) 渓谷奥地地図